国際ブランド「ダイナースクラブ」に一番詳しいページ!気になるステータスや審査は?

Pocket

DinersClub

クレジットカードの中でも、屈指のステータスを持つダイナースクラブ。世界の富裕層、社会的地位の高い人たちの定番ともいえるカードには、人生を豊かにする各種サービスが凝縮されている。

VISA、MasterCard、JCB、アメックスと5大国際ブランドを形成。全体のシェアこそ最少だが、ステータスでいえば最上級レベルだ。

ダイナースクラブは、アメックスと同じく「T&E」(トラベル&エンターテインメント)の性質を色濃く持つ。世界的に見る加盟店数は、5大国際ブランドの中で最も少なく、利便性が高いとはいえない。

高級ホテル、高級ブランドショップなど、高額決済が予想される店舗が従来の主戦場だった。しかし最近では、日常生活での利便性を高めるなど、方針変化の兆しも見られる。

レストランで財布を忘れたことが事業の発端に

ダイナースクラブの歴史は、ハプニングから始まった。

創業者で実業家のマクナマラ氏が、米国・ニューヨークのレストランで食事をした際、財布を忘れたことに気づいた。夫人に現金を届けてもらい、支払いを済ませたことがきっかけだ。

こんな思いをしなくてもいいように、「ツケ」で食事をする方法を模索。友人の弁護士とともに、1950年、ニューヨークで設立した。

ダイナーズの英語表記は「Diners」=「ディナーの複数形」=「食事をする人」になる。まさに、同社を最も象徴するネーミング。

世界屈指のステータスを持つダイナースクラブが誕生した背景は、かなりイレギュラーな経緯があった。日本展開は設立10年後の1960年で、高度経済成長の初期の時代だった。

ダイナースクラブの主な歴史

1950年:米国・ニューヨークで実業家・マクナマラ、弁護士・シュナイダー両氏によって設立

1960年:日本交通公社(現JTB)、富士銀行(現みずほ銀行)が出資して日本で創立

1961年:日本発のJCBとほぼ同時期にクレジットカードを発行

1964年:ダイナースクラブインターナショナルがフランチャイズ契約に基づいて資本参加

1981年:米国・シティコープ(現シティグループ)が買収

2000年:シティコープ子会社が日本ダイナースクラブの全株式を取得

2004年:シティカードジャパンが営業権を継承

2008年:シティグループが経営不振でディスカバー・フィナンシャル・サービシスに売却

2010年:ディスカバー加盟店でカード使用、「PULSE」のATMでキャッシング利用を開始

2015年:三井住友信託銀行がシティカードジャパンを買収。三井住友トラストクラブに変更

ダイナースクラブのステータス

ダイナースクラブは、ステータスを語るうえで欠かせないクレジットカードだ。カードホルダーの社会的な地位の高さ、著名度などがブランドイメージを高めて定着させた。

同じようなT&Eを象徴するクレジットカードに、アメックスがある。ダイナースクラブは洗練されたイメージがより強く、アメックスとは一線を画している。

ダイナースクラブは、シンプルなカードラインナップが上品さを物語る。

プロパーカードは2002年にダイナースクラブ プレミアムが登場するまでたった1種類のみ。アメックスのプロパーカードは6種類ある(ビジネスカードを除く)。

幅広い顧客を対象にするアメックスに対し、ダイナースクラブは高属性の顧客に絞ったブランド展開が、上質な顧客確保につながっている。

ダイナースクラブとアメックスの位置関係

1.アメックス・センチュリオン =ブラックカード
2.ダイナースクラブ プレミアム=ブラックカード級
3.アメックス・プラチナ    =プラチナカード
4.ダイナースクラブ      =プラチナカード級
  ↓
5.アメックス・ゴールド    =ゴールドカード
  ↓
6.アメックス・グリーン    =ゴールドカード級

ダイナースクラブ プレミアムは、アメックス・センチュリオンに迫る唯一のカードになる。

ただし、各種サービスや年会費を比較すると、プラチナカードに近いので「ブラックカード級」、ダイナースクラブも明らかにゴールドカードを上回る性能があるので「プラチナカード級」と表記した。

ダイナースクラブのステータスは、利用限度額にも表れている。よく誤解されがちなのが「利用限度額なし」と解釈されることだ。

正確には「一律の制限はない」という表記で、個別に利用限度額の上限を定めている。初期段階はダイナースクラブで100万円~、ダイナースクラブ プレミアムで300万円~と、アメックスより与信枠が高くなっている。

ダイナースクラブの審査基準

最も気になるのが、ダイナースクラブの審査基準ではないだろうか。もちろん、ハードルはかなり高めに設定されている。

各クレジットカードの審査基準は以下に明記する4つの項目が最重要ポイントになる。この中でダイナースクラブが最重要視するのが年収。最低でも500万円以上なければ審査に通るのが難しいことが明らかになっている。

  • 年収
  • 雇用形態と職業
  • 自家保有の有無
  • 過去のクレジット関連での延滞歴の有無

ダイナースクラブの審査基準は「27歳以上の方」。これでは、あまりにも解釈が広すぎるので、公式ホームページ上にある申し込みの予備審査的な「カードクイック診断」というシステムを利用した。

この診断結果でカード発行の簡易診断を行い、発行可能との結果が出たら「オンライン入会」へ進む。以下に入力する4項目を明記した。

  1. 年齢
  2. 年収
  3. 直近3カ月以内のクレジットカードの利用歴
  4. 過去1年以内のクレジットカードの1カ月以上の延滞歴

カードクイック診断の結果

▽1.=26歳 2.=500万円 3.=○ 4.=× 診断結果×
▽1.=27歳 2.=499万円 3.=○ 4.=× 診断結果×
▽1.=26歳 2.=1.000万円 3.=○ 4.=× 診断結果×
▽1.=27歳 2.=500万円 3.=○ 4.=× 診断結果○
▽1.=27歳 2.=500万円 3.=× 4.=× 診断結果○

年齢は100歳で直近3カ月以内のクレジットカードの利用歴がなくても、年収で500万円と入力すれば診断結果は○だった。

4.の延滞歴は、全てのクレジットカードの審査で拒否されるので全て×とした。この結果、27歳以上で年収500万円以上が審査基準で最もウエートを占めることが判明した。

ダイナースクラブは経営不振が続き、2000年以降に経営母体が次々と変わっている。このため、審査基準を大幅に緩和して、会員を増やし収益改善を目指してきた。

1990年代までの審査基準は「33歳以上の役職者で自家保有」と明記され、年収基準は1,000万円以上だった。とはいえ、総合的に見てハードルは下げられたが、相対的に見て低くなったわけではない。

例えば年収でアメックス・プラチナは400万円以上、アメックス・ゴールドは300万円以上で審査をパスできる可能性がある。

国税庁の2014年「民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した4,756万人の給与所得の平均は約415万円。これを見ると、ダイナースクラブの年収500万円以上の審査基準は、決して低い数値ではない。

国内・海外での使いやすさは?

ダイナースクラブの国内・海外での使いやすさという利便性を見てみる。クレジットカードはステータスとともに、使える店舗が多いか少ないかによって、選択する大きな基準となる。

ダイナースクラブの利便性は、VISAやMasterCardの国際ブランドに比べて大幅に劣っているのが実情だ。特に欧州ではダイナースクラブを使える店舗がほぼない。EU諸国の中心国であるドイツでは、VISA、MasterCardが高頻度で使用でき、アメックスが続く。

最近の傾向ではEU圏で初めて「銀聯ユーロクレジットカード」を発行した。しかし、ダイナースクラブは、世界的なチェーン展開のホテルなどで利用できるが、それ以外はほぼ使えない。

ダイナースクラブのぜい弱な加盟店数は、手数料の高さにも表れている。飲食店などの加盟店がカード会社に支払う手数料は、最も低いVISAやMasterCardの3~5%に対し、ダイナースクラブが7%前後と突出している。

アメックスも5~6%と高い。ダイナースクラブは、高級ホテルなど、高額決済がある程度担保できるような店舗でしか使えないのが実情だ。

国際ブランドの世界の加盟店舗数の目安

  • VISA=3,900万店(日本800万店)
  • MasterCard=3,900万店(日本800万店)
  • JCB=2,850万店(日本850万店)
  • アメックス=2,000万店(JCBと相互加盟店開放)
  • ダイナースクラブ=1,300万店(JCBと相互加盟店開放)
  • 中国銀聯=1,000万店(日本1万5,000店)
  • ディスカバーカード=400万店(JCBと相互加盟店開放)

ダイナースクラブは、日本唯一の国際ブランドであるJCBと2006年に相互加盟店開放を提携。

両カード会社の決済機能を使えるため、日本国内ではJCB加盟店でダイナースクラブが使える。海外ではその逆も可能だ。

ただし、決済端末の古い加盟店や決済代行業者が間に入っている場合、ダイナースクラブで決済できないが、全JCB加盟店の約90%で決済が可能になった。

ダイナースクラブのカードホルダーは、サブカードにVISAかMasterCardを保有しているケースも数多い。これはアメックスホルダーにも言えることだが、メインカードだけではどうしても利便性が確保できないからだ。

さらに、ネットショッピングでは不便も生じる。通常のカード番号が16ケタに対し、ダイナースクラブが14ケタで対応できないサイトも数多くあるためだ。

ダイナースクラブカードのラインナップ

ダイナースクラブには3種類のプロパーカードに加え、航空会社などの提携カードも数多くラインナップされている。各カードの基本スペックなどをまとめてみた。

プロパーカード

ダイナースクラブカード
年会費:22,000円。家族会員5,000円(ともに税抜)
入会基準:27歳以上の方
利用可能額:一律の制限なし(100万~300万円が目安)
ETCカード:1枚を無料で発行
ポイント還元率:通常で0.4%
付帯保険:自動付帯・利用付帯

▽海外(自動付帯)
・死亡、後遺障害は最高で1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
・傷害治療費は最高で200万円
・疾病治療費は最高で200万円
・賠償責任は最高で1億円
・携行品損害は1旅行で最高50万円
・救援者費用は最高で300万円

▽国内(利用付帯)
・死亡、後遺障害は最高で1億円
・手術費用5万~20万円
・入院費用日額5,000円(180日限度)
・通院費用3,000円(90日限度)

▽ショッピング・リカバリー
・補償額は年間最高500万円(自己負担金10,000円、補償期間は購入日から90日間)

ダイナースクラブ プレミアムカード
年会費:130,000円(税抜)。家族会員は無料
入会基準:ダイナースクラブカード会員の中から招待制
利用可能額:一律の制限なし(300万円~が目安)
ETCカード:1枚を無料で発行
付帯保険:自動付帯

▽海外旅行保険
・死亡、後遺障害は最高で1億円(家族特約最高1,000万円)
・傷害治療費は最高で1,000万円(家族特約最高200万円)
・疾病治療費は最高で1,000万円(家族特約最高200万円)
・賠償責任は最高で1億円(家族特約2,000万円)
・携行品損害は1旅行で最高100万円(家族特約50万円)
・救援者費用は最高で500万円(家族特約200万円)

▽海外航空便遅延費用保険
・乗継遅延費用2万円
・出航遅延・欠航搭乗不能費用2万円
・受託手荷物遅延費用2万円
・受託手荷物紛失費用4万円

▽国内
・死亡、後遺障害は最高で1億円(家族特約最高500万円)
・手術費用5万~20万円
・入院費用日額5,000円(180日限度)
・通院費用3,000円(90日限度)

▽ショッピング・リカバリー
・補償額は年間最高500万円(自己負担金10,000円、補償期間は購入日から90日間)

ダイナースクラブ ビジネスカード
年会費:27,000円(税抜)。追加会員無料
入会基準:27歳以上の個人事業主、法人企業の代表者または役員
利用可能額:一律の制限なし(100万~300万円が目安)
ETCカード:1枚を無料で発行
付帯保険:自動付帯・利用付帯

▽海外旅行保険(自動付帯)
・死亡、後遺障害は最高で1億円(自動5,000万円+利用5,000万円)
・傷害治療費は最高で300万円
・疾病治療費は最高で300万円
・賠償責任は最高で1億円
・携行品損害は1旅行で最高50万円
・救援者費用は最高で300万円

▽国内(利用付帯)
・死亡、後遺障害は最高で1億円
・手術費用5万~20万円
・入院費用日額5,000円(180日限度)
・通院費用3,000円(90日限度)

▽ショッピング・リカバリー
・補償額は年間最高500万円(自己負担金10,000円、補償期間は購入日から90日間)

主な提携カード

  • ANAダイナースカード=年会費27,000円、家族会員6,000円(ともに税抜)
  • JALダイナースカード=年会費28,000円、家族会員9,000円(ともに税抜)
  • デルタスカイマイルダイナースクラブカード=28,000円、家族会員9,000円(ともに税抜)
  • MileagePlusダイナースクラブファースト=43,000円、家族会員9,000円(ともに税抜)
  • MileagePlusダイナースクラブカード=28,000円、家族会員9,000円(ともに税抜)
  • BMWダイナースカード=年会費25,000円、家族会員7,000円(ともに税抜)
  • ニューオータニクラブダイナースカード=年会費22,000円、家族会員5,000円(ともに税抜)
  • 三井住友信託ダイナースクラブカード=年会費22,000万円、家族会員5,000円(ともに税抜)
  • 銀座ダイナースクラブカード=年会費25,000円(税抜)、家族会員無料
  • 銀座ダイナースクラブカード和光=年会費25,000円(税抜)、家族会員無料
  • 銀座ダイナースクラブカードヴィーナスクラブ=年会費25,000円(税抜)、家族会員無料

ダイナースクラブのサービス

ダイナースクラブの真価を発揮するのは、手厚いサービス体制だ。

T&Eを重視しているカードだけに、サービスの範囲は多岐にわたる。長年培われたノウハウもあり、独自のサービスも展開。特に旅行関連には絶対的な強さを見せる。

ダイナースクラブカードでもプラチナカードレベルのサービスがあり、見逃せないポイントになる。

トラベル関連のサービス

▽国内空港ラウンジ無料利用
主要28空港でソフトドリンク無料などのサービスが受けられる

▽海外空港では専用の「クラブラウンジ」を無料利用
ダイナースクラブが会員用に100の国・地域で展開する750カ所の空港ラウンジを無料で利用できる。

ダイナースカード プレミアムは、さらに世界900カ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」が無料で付帯する

▽クラブホテルズ
世界中のホテルで優待サービスが受けられる。一部ホテルでは部屋の無料アップグレードもある

▽手荷物宅配無料サービス
成田、羽田、関西、中部の各空港では、国際線を利用した際の帰国時に会員1人1個のスーツケースを無料で宅配してくれる

▽空港送迎タクシー、空港特急列車、前泊の無料サービス
トラベルデスクで50万円以上の海外パッケージツアー、航空券を購入すると受けられるサービス。

タクシーは送迎対象地域から往路か復路のいずれか無料(または一部負担)、空港までの特急列車が2区間分無料になる(一部条件あり)、空港近辺の指定ホテルでの前泊(2名まで利用可能)が無料になる。

飲食店サービス

▽エグゼクティブダイニング
国内の約200のレストランで、指定のコース料理を2名分以上で予約すると、1名分が無料になる。他ではプラチナカード以上のサービスとなる

▽ダイナースクラブ・サインレス・スタイル
専用デスクで予約を済ませると、当日はカードの提示もサインも不要で決済が完了。祝いの席や接待などで重宝するシステムだ

▽料亭プラン
一見さんお断りなどの格式の高い高級料亭でも、ダイナースクラブの担当デスクで予約を代行してくれる。紹介者の必要もなく、料理の内容や演出などの要望も伝えることができる

▽ダイナースクラブ プレミアムのサービス

  • 毎年、会員の誕生日にプレゼントを贈る
  • 空港でコートの無料預かりをしてくれる。対象空港は成田、羽田、関西、中部
  • コンシェルジュサービスは24時間365日対応

ダイナースクラブ、ダイナースクラブ プレミアムのサービス内容は、タイムリーな部分も多いった。

例えば、世界で活躍する有名シェフがプロデュースする店舗での優待サービスも、随時展開。有名ゴルフ場の予約代行も便利なシステムだ。ダイナースクラブカードでも、プラチナレベルのサービスがあり、十分に楽しむことができる。

海外でのキャッシング

ダイナースクラブのクレジットカードは、海外でのキャッシングにも対応している。

世界で利用できるATMは、100の国・地域にある50万台以上となっている。VISAの国際ATMネットワークは200の国・地域にある240万台以上。

両者を比較すれば一目瞭然で、ダイナースクラブの海外キャッシングは、利便性が高いといえない。

  • 米国(ハワイを含む)は「pulse」というロゴマークのある国際ATMネットワーク
  • 米国以外は「Diners Club」のロゴマークのある国際ATMネットワーク

ダイナースクラブは、MasterCardやJCBなどが加盟する国際ATMネットワークの「Cirrus」(シーラス)に加盟していたが、2009年6月末で脱会。

これ以降は海外キャッシングができる対象ATMが半分以下となり、海外で見つけるのはひと苦労だ。

金利手数料は年率15.0%で、VISAやMasterCardの年率18%より低率になっているが、ATMの利便性に期待できないのが大きなネックになっている。

ダイナースクラブでは今後、キャッシングサービスを縮小か、廃止することも検討している。

2010年の改正貸金業法の施行で、年収の3分の1までしか借り入れできない「総量規制」の対象に、クレジットカードのキャッシングも含まれた。

収益性を考えたアメックスは2012年にキャッシングサービスを廃止。カード業界全体でキャッシング事業に消極的なのが実情だ。

ダイナースクラブのポイント

ダイナースクラブのポイントプログラムは、「ダイナースクラブ リワードポイント」というシステムで運営される。

基本的には100円=1ポイントが付与され、1,000ポイントから交換対象になる。還元率は0.3~1%と高ポイント還元ではないが、ポイントの有効期限がないのが大きなメリットになっている。

ダイナースクラブで貯めたポイントを各航空会社のマイルに移行する換算レートは、1対1という高還元率になる。

例えば1,000ポイント=1,000マイル換算となる。マイルへ移行するには「ダイナースグローバルマイレージ」(年会費6,000円=税抜)の加入が必要になる。

ANAダイナースカードでは移行手数料がかからず、27,000円の年会費を考慮してもお得だ。

ダイナースクラブ プレミアムになると、最強のマイル換算率になる。100円=2ポイント=2マイルという、ダイナースクラブカードの2倍の換算率だ。

現状ではこれ以上のマイル換算率のクレジットカードはない。もちろん、年会費6,000円(税抜)の「ダイナースグローバルマイレージ」の加入は無料だ。

マイル換算の対象となる航空会社

  • 全日空(ANA)
  • アリタリア-イタリア航空
  • デルタ航空
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
  • 大韓航空

航空機以外の利用に対しても、お得な「ダイナースクラブポイントアップ加盟店」がある。対象店舗でダイナースクラブを利用すると、通常のポイントが2倍(もしくは2倍以上)になる。

さらに「ダイナースクラブポイントモール」のネットショップを利用すると、ポイントが2倍以上の高還元率になる店舗を大勢集めている。

ダイナースクラブポイントモール主なサイト

▽総合通販
・JALショッピング       100円=5P…2.5%
・セブンネットショッピング   100円=6P…3.0%
・ニッセンオンライン      100円=3P…1.5%

▽百貨店
・三越オンラインストア     100円=5P…2.5%
・東急百貨店ネットショッピング 100円=5P…2.5%
・高島屋オンラインストア    100円=6P…3.0%

▽ファッション
・GAPオンラインストア     100円=6P…3.0%
・マルイウェブチャンネル    100円=2P…1.0%
・クロックスオンラインショップ 100円=5P…2.5%

▽国内旅行
・JTB              100円=3P…1.5%
・楽天トラベル         100円=2P…1.0%
・るるぶトラベル        100円=3P…1.5%

▽食品関連
・ピザハットオンライン     100円=5P…2.5%
・カゴメの通信販売       100円=4P…2.0%
・テレビ東京 虎ノ門市場    100円=10P…5.0%

ハイステータスだが元を取るにはそれなりの覚悟を

ダイナースクラブは、22,000円以上(税抜)という高額な年会費が目につく。しかし、各種のサービス内容を年に一度でも受ければ、十分に元が取れる可能性が高い。

例えば23,000円のコース料理を提携サービスの「2名以上で1名分無料」にできたら、それでペイできてしまう。要は個人のライフスタイルに適合するか否かだ。

ステータスにあこがれて保有するのもいいが、使いこなさなければ意味がない。このクラスのクレジットカードになると、その性能を最大限に引き出すのはかなり上級レベルになってくる。

ちなみに、ダイナースクラブでやや懸念していたのは、セキュリティー面だったが、2016年4月18日発行分からICカードに切り替わった。

Pocket

こちらの記事も読まれています