国際ブランドVISA(ビザ)とは何か徹底解剖!おすすめのVISAクレジットカードは?

Pocket

logo_visa_new_300

メニュー

国際ブランドVISAとは?

クレジットカードには、「VISA」「Master」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」の5大国際ブランドがある。

5大国際ブランド

中でもVISAは、世界で200カ国以上、世界で4000万店に迫る最大の加盟店数を誇るネットワークを構築し、ほぼ使えない国・地域がない。利便性では間違いなく、VISAが国際ブランドの中で最も優れている。

提携しているカードの種類も豊富で、世界のクレジットカードでナンバーワンの国際ブランドだ。

日本ではJCBに次ぐ発行枚数だが、日本国内でも加盟店舗数がJCBとほぼ互角である。なぜ、VISAは世界一の国際ブランドになったのか。そんな頼れるVISAブランドのクレジットカードを徹底解剖した。

VISAブランドに人気があるワケ①

あなたが所有するクレジットカードにも、VISAがあるかもしれない。カード初心者、ビギナーに最初に薦める国際ブランドとしても定着。

メインカードが使えない国・地域が多いため、VISAブランドを持つ方々も多くいる。圧倒的な信頼感と安定感という点で、VISAを上回る国際ブランドはない。このような観点から、VISAとMasterは2大国際ブランドとも呼ばれる。

【国際ブランドの主なデータ】

国際ブランド 会員数 加盟店舗数 国名
VISA 20億 3850万店 米国
Master 10億 3850万店 米国
JCB 0.7億 2500万店 日本
アメックス 1億 2400万店 米国
ダイナースクラブ 1億 2400万店 米国

※NILSON REPORT、各社の公式ホームページなどを参照

VISAがいかに突出しているかが、分かるだろう。北米、南米、アジアなど幅広く網羅している。Masterは、VISAと営業部門が重複しているシステムもあり、加盟店舗数がほぼ同数になっている。

アメックスやダイナースクラブをメインカードにしている方々は、ほぼ100%の確率でサブカードにVISAかMasterを所持している。メインカードが使えない状況が多いからだ。

「VISAが使えて、JCB、アメックス、ダイナースクラブが使えない」というような状況は、国内外においてよくある。

しかし、その逆はほとんどない。米国発のスーパーチェーン「COSTCO」は、2016年3月にアメックスとの独占契約が解除される。

アメックスの唯一ともいっていい「聖域」崩壊の背景には、カードの使い勝手の悪さをたびたび、指摘されていたことがある。

VISAブランドに人気があるワケ②

VISAブランドが世界一の規模で発展してきたのは、もう一つ大きな理由がある。加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料があり、VISAの手数料は低額に設定されているからだ。

手数料が高ければ、加盟店側の利益も少なくなるので敬遠されるのは当たり前。薄利多売的な商法でVISAが大きく業績を伸ばしてきたのだ。

【クレジットカードの使用相関図】
card_relationship

【各カードの手数料】
▽VISA・Master   2~3%
▽JCB        3~4%
▽ダイナースクラブ  4~5%
▽アメックス     5%以上

手数料の高さはアメックスが突出しており、ダイナースクラブが続いている。世界的にも同様な傾向でこの2つのカードを提示すると、店側からVISAかMasterはないかと聞かれるケースが多いという。

アメックスとダイナースクラブは、JCBの決済システムを利用しなければカバーできないことも多く、その分の費用も含めて総じて手数料が高めに設定している、という現状がある。

支払いをめぐって、アメックスとダイナースクラブは、しばしば店側の一方的な理由でトラブルになることも少なくない。

高額な決済なら問題ないが、雑貨などの少額商品では高額な手数料があるため、加盟店の利益を圧迫。加盟店が契約を解除するケースもある。こうした理由があるため、VISAブランドに安定したニーズがあり、利用者が多いというのが実情のようだ。

VISAブランドの歴史を考察する

VISAの正式名称は「Visa International Service Association」(ビザ・インターナショナル・サービス・アソシエーション)で、それぞれの頭文字を取ってVISAとしている。

米国カリフォルニア州に本社を置き、クレジットカードをメインとする決済手段を運営している会社となる。海外旅行時など、入国の際に必要な査証を意味するVISAとは、全く関連性がない。

発足は1958年にバンク・バンク・アメリカンが「BANK AMERICARD」を設立したことがルーツ。その後、BAICへ社名変更後、1976年に現社名とブランドである「Visa International Service Association」となった。

目的は国際決済サービスで提供する「世界通貨」の役割をクレジットカードに持たせたわけだ。日常生活の買い物にリンクするのが大きな目的だ。

【VISAブランドの主な歴史】

  • 1958年 バンク・オブ・アメリカンが「BANK AMERICARD」を発行
  • 1968年 日本の住友クレジットサービスがVISAカード(前身)を発行
  • 1976年 現社名のVISAに変更
  • 2004年 VISAアジア・パシフィックが「Visa Wave」を独自に開発
  • 2007年 「Visa pay Wave」のサービスを開始
  • 2008年 米国・ニューヨーク証券取引場に株式上場

VISAが銀行系カードといわれるゆえんで、銀行と提携しながら発展してきた経緯がある。VISAやMasterカードは、食料品を含めた毎日の生活で利用される「生活系カード」ともいわれ、世界規模で急速に発展。一方のアメックス、ダイナースクラブは「E&Tカード」とも呼ばれ、富裕層を対象にエンターテインメント、旅行での利用をメインにしてきた歴史がある。

VISAカードの発行形態とは

VISAブランドのクレジットカードは、世界で約25億枚前後が発行されている。もちろん、クレジットカードとしては、最多の発行枚数を誇る。

しかし、VISAはクレジット機能を提供している運営会社であり、カードの発行業務を行っていない。つまり「VISA」というブランドの使用を承諾し、提携機関等がカードのライセンス発行をしている。

【ライセンス発行しているカード会社】

  • VISA
  • Master

【自社発行しているカード会社】

  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

VISAは日常生活に根差したカードの性質上、世界各国の主要機関などでライセンス発行した方が広く浸透するとみていた。

Mastercardも同様で、原則的に使えない国や地域がないよう徹底したネットワークの構築に主眼を置いている。レジャー的な要素で発展したアメックスやダイナースクラブとは、そもそもコンセプトが違うからだ。

自社でクレジットカードを発行しない分、経営の体力は十分すぎるほど備わっている。

カードの提携発行先は、ライセンス生産を承諾の代わりにVISAに手数料を支払う仕組みになっている。このため、かなり優良な経営スタイルを維持している。

アメックスやダイナースはカードを自社発行しているため、経営が良好とはいえない。サービス低下を指摘する声も出ている。

便利!国内外のATMが利用できる

VISAは世界で4000万近くの店舗で利用できる。ショッピングに大変便利なのは分かったが、実はそればかりが利点ではない。

世界中でネットワークがあるといえ、現金が必要なときにも利便性があるということだ。海外旅行や出張では、カード決済がメインだが、現金がないと生活や仕事ができない。

ホテルでのチップやタクシーには、現金が絶対に必要になる。クレジットカード非対応の自動販売機も多く、まれに少額決済ではカード対応可能な店でも、手数料がかかるので、現金での支払いを強く求められることがある。こうした対応のため、少なくとも100ドルほどは現金で持ち歩いた方が良いだろう。

VISAで現金を引き出したときは、「PLUS」と明記されたATMが利用できる。
plus
VISAが加盟している「PLUS」ネットワークのATMは、世界200カ国以上で230万台以上が稼働している。現金を引き出す際には、暗証番号を打ち込む必要がある。さらに、キャッシング枠がいくらまで可能か把握しておくことが重要だ。

日本でライセンス発行している会社

日本でVISAのブランドのクレジットカードをライセンス発行している加盟店は7社。加盟店契約会社(プリンシパルメンバー)とも言われている。VISAは基本的に銀行とライセンス発行を契約するケースが多い。生活に密着し、より多くの利用者を促したいからだ。提携先の属性も重視し、消費者金融との提携はしていない。

【日本のVISAブランド加盟店】

  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • ユーシーカード株式会社
  • すみしんライフカード株式会社
  • 株式会社セディナ
  • 楽天カード株式会社

VISAカードの審査基準

それでは、VISAカードの審査基準は、どうなっているのか。一番、関心のある分野ともいえるが、正確にいうとVISA自体がカードの審査をしているわけではない。

例えばVISAと契約した「A銀行VISAカード」「B信販VISAカード」など、ライセンス発行の契約をした各加盟社に任されることになる。このため、審査基準は多種多様になる。

ライセンス発行会社のカード審査は、その性質によって差がある。カード利用者によって審査基準に一定のガイドラインをつくっているのが通常。

銀行と大手スーパー、ネット関連会社なら利用者の属性も違ってくる。ライセンス発行をする加盟社はあくまで、利用者の状況を想定して審査のハードルの高さを調整している。

【VISAブランドを発行する加盟社の属性ランキング】
1) 銀行系 審査が厳しい
2) 信販系 審査がやや厳しい
3) 流通系 審査が柔軟

銀行系ではゴールドカードだと最低でも500万円以上、プラチナカードは800万円以上の年収が必要とされている。MasterやJCBも同様の審査基準を設けている。

このため、銀行系のカードはステータスカードともいわれている。信販系は幅広い顧客を獲得するため、銀行に比べて審査基準がやや下がる。流通系は主婦層の取り込みがメインのため、容易に取得できるといえる。

日本のVISAといえば三井住友カード

日本のVISAブランドを最もイメージさせるのは、やはり三井住友VISAカードになる。VISAのライセンス発行は1967年で、米国以外の企業で英国に次いで2番目に提携した。

もちろん、日本で発行された初めてのVISA(当時はバンク・オブ・アメリカン)カードとして、今日に至るまで業界をけん引してきている。

【三井住友カードの主な種類】

   

カード種類 限度額
プラチナカード 300万~
ゴールドカード 50万~200万円
クラシックカード 10万~80万円

クレジットカード会社が自社発行するカードをプロパーカードという。JCB、アメックス、ダイナースクラブが独自に発行するカードのことだ。

一方のVISA自体はライセンス発行のため、厳密な意味でのプロパーカードは存在しない。プロパーカードはステータスが高く、審査基準も提携カードより厳しい。

VISAの日本におけるプロパーカードの役割を担うのが、三井住友VISAカードになる。一般的に入手できる範囲で、日本におけるVISAカードで最もステータスが高いのは「三井住友VISAプラチナカード」になる。

インビテーション(招待制)が通常のプラチナカードだが、申込制であるのがポイント。しかし、取得するのは当然、困難なカードであるのは間違いない。

日本のVISAブランドの最高峰カード

一般社団法人日本クレジット協会によると、2015年3月末時点の国内で発行されたクレジットカードの総数は2億5890万枚。

多くのカードの中でも、日本で最もステータスが高く、唯一の「ブラックカード」がVISAにある。意外にも三井住友VISAカードではない。実はこのカード、「Visa infinite」という特別なカードだ。

「Visa infinite」はスルガ銀行(静岡県)が発行しているクレジットカードになる。券面がブラックで、高級感にあふれている。

一見すると、世界一のステータスを誇るとされるアメックス・センチュリオンに似ている。

ただし、スルガ銀行の「Visa infinite」は一般にアナウンスされていない。同銀行の大口顧客のためにつくられたカードだからだ。

【スルガ銀行Visa infiniteと三井住友VISAプラチナの比較】

カード名称 限度額 年会費
スルガ銀行Visa infinite 500万円以上 12万円
三井住友VISAプラチナ 300万円以上 5万円

※年会費は年抜きの金額

スルガ銀行Visa infiniteには、世界各地の空港ラウンジを使える「プライオリティー・パス」がついてくる。

本人以外にも、同伴者も人数に関係なく利用することが可能だ。ちなみにプライオリティー・パスの1回当たり27米ドルがかかる。加えて、24時間対応のコンシェルジュサービスもある。

VISAのETCカードってあるの?

一番有名なところでは三井住友VISAカードがETCカードを発行している。ETCカードは通常ETCカードだけで申し込むことは出来ないため、クレジットカードの追加カードとして申し込む必要がある。

そのためVISAブランドのクレジットカードを作って、別途ETCを申し込めばVISAのETCカードということになる。現在ではほぼすべてのクレジットカードでETC発行は可能である。ETCは発行手数料と年間利用料があり、どちらも無料のカードと、片方だけ費用が発生するカードなどがある。

三井住友VISA ETCカード
※三井住友VISAカードのETCの場合、年会費500円+税 (初年度年会費無料)、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料となっている。

VISAブランドの代表的なカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
※2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

REXカード

REXカード

REX(レックス)カード

年会費無料で1.25%の超高還元率!Amazonや楽天の利用もお得なカード!

通常時1.25%の超還元率で、ポイントモール経由でさらに還元率アップと、インターネットでの買物では大きな力を発揮するだろう。

年会費無料
還元率1.25%〜1.75%
旅行保険国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高2,000万円(自動付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

エポスカード

エポスカード

エポスカード

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

まとめ

VISAカードは、世界で最も使い勝手に優れたクレジットカードだといえる。海外旅行や海外のビジネスシーンでは、VISAブランドのカードが1枚あれば事足りる。

世界のクレジットカード市場は、VISAが使用できることが大前提となっている。クレジットカードの基本の考え方として、VISAかMasterのどちらか1枚を所有することが必要不可欠になる。

日本でのVISAブランドは、三井住友VISAカードが世界でも認知されている。国内のクレジットカード全体のステータスを考えると、国内トップであるといえる。

実用的な面では、アメックスやダイナースクラブは、加盟店が少なく、特に日本国内でかなり限定されてしまう。VISAに乗り換えるカードホルダーも多い。

関連する記事

Pocket

こちらの記事も読まれています