個人事業主がマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードは何?マイルの貯め方も解説

Pocket
LINEで送る

マイル
個人事業主やフリーランスならば、事業用にクレジットカードを作ろうと考えたこともあるだろう。

事業専用カードを作ると、経費の支払いが可能となり、経費管理も楽だ。

さらに経費をクレジットカードで支払ってもマイルが貯まり、ビジネスだと経費の金額が多くなるので、マイルがどんどん貯まる。

クレジットカードを使ってより多くのマイルを貯めるならば、経費の支払いをすべてカード払いにすることだ。

経費にできるものはいくつもあるのでカード払いにすると、支払額が多くなりマイルがたくさん貯まる。

原則として経費は個人用クレジットカードでは支払いが認められないので、経費の支払いのできる法人クレジットカードを作成しておくことだ。

今回は、個人事業主フリーランスにおすすめの法人クレジットカード、そしてマイルの貯め方をご紹介する。

マイルを貯めることを前提として法人クレジットカードを選ぶ場合、還元率以外に、審査の通りやすさやどんな特典が利用できるかもチェックしておきたい。

開業したばかりの個人事業主でも審査に通る可能性の高いカードや、ビジネスに役立つ特典があるカードなど、自分に合ったカードを選ぼう。

法人クレジットカードがおすすめ

個人事業主やフリーランスなど、自分で事業を行っているなら、事業用に1枚クレジットカードを持つと良いだろう。

個人用のクレジットカードでも、十分に支払いはできる。

しかし事業用のクレジットカード、つまりは法人クレジットカードを持てば、メリットを得られるのだ。

法人クレジットカードとは?

法人クレジットカードとは、事業経費の支払いを目的としたクレジットカードである。

ビジネスカードとも呼ばれており、事業を行っている人なら誰でも作成可能だ。

法人クレジットカードは、カード表面に使用者の個人名、さらに会社名や屋号が入る。

これによって、自分の事業で使うカードであるとわかるだろう。

個人事業主やフリーランスでも作れる

法人クレジットカードは、法人の役員などの他に、個人事業主、フリーランス、さらには副業をしているサラリーマンでも作成可能だ。

つまり何かしら事業を行って収入を得ていれば、作れるクレジットカードである。

カードを作成したときは、法人名義の銀行口座から引き落としがされる。

経費の決済をカードで行えば、現金精算や立替金精算など必要なくなり、経理事務が楽になるのがメリットだ。

作成するには条件があり、開業後3年以上なおかつ2期連続黒字であることが、1つの目安とされている。

ただし、一部のブランドのカードにおいては、開業した1年目でも作れる可能性の高いクレジットカードがある。

経費の支払いができる

個人事業主やフリーランスがクレジットカードを持つなら、法人クレジットカードが良いだろう。

個人用のクレジットカードは、生活資金の支払いを前提としているので、仕事の経費の支払いはできない。

事業経費を支払うなら、支払いが認められている法人クレジットカードを持っておいた方が、後々面倒にならない。

個人と事業の線引きをしておかないと、税務調査が入ったときに大変だ。

例えば、レストランに行き食事をした後の会計をクレジットカードで支払い、プライベートなのか、それとも仕事の打ち合わせや業務のために使ったのか、わからなくなるときがあるかもしれない。

もしもプライベートの支出を、自分が経費として考えて税務申告すれば、脱税と見なされる可能性があるのだ。

脱税や税務署から不審に思われないために、法人クレジットカードを持っておくことをおすすめする。

経費の支払いをカードで行えば、その分マイルも貯まりやすくなるだろう。

またカードによっては、福利厚生サービスも提供しており、会社に所属していなくても、会社員なみのサービスを受けられる。

法人クレジットカードの選び方

選び方
法人クレジットカードの選び方には、いくつかポイントがあるのでご紹介する。

審査が通りやすいか?

審査が通りやすいのかどうかは、カードを作る上では、重要なポイントだろう。

いくらマイルが貯まりやすく、サービスの充実したクレジットカードでも、審査が厳しく事業を始めたばかりでは作成できないとなると、カードを持ちたくても持てない。

先にも記載の通り、審査基準としては、ある程度の事業年数と黒字が必要だ。

しかしカードによっては、起業1年目でも作成可能としているので、起業したばかりならそのようなカードに申し込むと良いだろう。

マイルがよく貯まり、カード特典が充実

マイルを貯めたいなら、マイルの貯まりやすいカードを持った方が良いだろう。

1つには、還元率はいくらなのか、という部分を見るようにしておく。

目安としては、マイル還元率が1%以上であれば、マイルの貯まりやすいクレジットカードだと見て間違いない。

法人クレジットカードを作るときには、カード特典もあわせて確認したい。

特典としては、例えば、コンシェルジュサービス、福利厚生、空港ラウンジ利用などがある。

特典は多いに越したことはないが、自分が使うような特典が充実したカードが良いだろう。

マイルを貯めるなら経費はカード払い

経費
マイルを貯めるならば、飛行機に乗るのは基本の方法だろう。

しかし普段から飛行機に乗らないような人は、この方法でマイルを貯めることはしにくい。

多くのクレジットカードでは、1.0%など還元率が決まっており、支払いに使えばマイルが貯まるので、どんどんカード払いすればマイルを貯められる。

経費はカード払いにする

普段飛行機に乗らないという人は、クレジットカードを使って経費を支払い、マイルを貯めるのがベストだ。

個人事業主やフリーランスが経費として支払えるものは、いろいろある。

  • 公共料金
  • 通信費
  • 家賃
  • パソコンやスマホ本体代金
  • 交通費
  • 出張費

経費として一般的に考えられるのはこれらであり、またカフェの代金、講演で使う場所代やスーツ代など、仕事で使い発生するお金は経費と認められる確率が高い。

法人クレジットカードは個人用には使わない

遊びのために使うゲームソフト代、スマホゲームの課金、休日に遊びに行った遊園地や映画館の料金など、仕事と関係ない費用はビジネスカードで支払うべきではない。

仮に法人クレジットカードで支払うと、会社からお金を借りたということになるのだ。

このために、後で会社にお金を返さないとならず、会計での仕訳が複雑になり、面倒な作業が増えるだろう。

どうしてもカード払いをしたいなら、個人用のクレジットカードで支払うべきだろう。

宿泊費をカード払いする

打ち合わせの出張や何かの講演のために、移動してホテルに泊まったときの宿泊費は経費になり、ビジネスカードでの支払いが可能だ。

宿泊費は金額が高いので、マイルを貯めるには良い方法だろう。

またホテルまでの移動にかかったお金も経費として落とせる。

電車代、車でのガソリン代、タクシー代、高速バス代、飛行機料金などである。

これらも法人クレジットカードで支払い経費としておき、マイルを貯めるのに使って良いだろう。

おすすめのクレジットカード

法人クレジットカードはいくつもある。

ここではおすすめのカードをご紹介するので、是非とも参考にして欲しい。

アメックスビジネスゴールド

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

amex-business-Gold

設立後すぐに持てる最強のステータスカード

ステータス、サービス、補償のどれをとっても最高峰のカード!設立後まもない法人、個人事業主でもチャンスあり!

年会費31,000円(税抜)
ETCカード発行手数料無料
年会費:500円(税抜)
年1回の利用で翌年無料
5枚まで発行可能
還元率0.33%〜1.0%
旅行保険海外:最高1億円(自動付帯+利用付帯)
国内:最高5,000万円(利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

事業を開始したばかりの個人事業主でも、審査が通る確率の高いクレジットカードだ。

アメックスというステータス、高いマイル還元率、充実した特典と3拍子揃い、ビジネスカードとしても人気である。

無料の福利厚生プログラム、コンシェルジュデスク、ホテルやレストランの優待プログラムなど、特典が充実している。

マイル還元率は0.5%となっており、JALやANA、海外の航空会社など15社と交換可能だ。

ANAマイルを貯めるなら、年会費3,000円(税別)のメンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば、還元率1.0%と2倍になる。

個人事業主になったばかり、副業を開始したばかりなどの人でも作成可能で、作りやすいクレジットカードである。

その他のスペック

追加カード年会費: 1枚12,000円(税別)
ETCカード: 5枚まで発行可能・年会費500円(税別)/枚
限度額:申告内容や利用実績に応じて
JALマイル還元率: 0.5%
ANAマイル還元率: 0.5%

セゾンプラチナ

セゾンプラチナ
ゴールドカードよりも上のステータスのプラチナカードだ。

プラチナカードながらも、年会費は20,000円(税別)となっており、負担少ないクレジットカードだろう。

起業したその日に申込をしたら審査に通りカードを作れたという話もあり、セゾンプラチナも作りやすいクレジットカードだ。

JALマイル還元率は1.125%と高く、法人カードの中でも特にマイルを貯めやすい。

カード特典としては、コンシェルジュデスク、空港ラウンジ利用、優待プログラムなど、こちらも魅力多い内容になっている。

年会費20,000円(税別)でコンシェルジュデスクが使えるのは、破格のサービスだろう。

スペック

年会費: 20,000円(税別)
追加カード年会費: 1枚3,000円(税別)
ETCカード: 5枚まで発行可能
ETC年会費:無料
限度額:申告内容や利用実績に応じて
JALマイル還元率 : 1.125%
ANAマイル還元率: 0.30%
マイル移行手数料:無料
ブランド:アメックス

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカード
特典豊富で、個人事業主やフリーランスに嬉しいサービスが多いクレジットカードだ。

例えば、ビジネスラウンジの銀座サロン利用、会計ソフト「free」2ヶ月無料などである。

世界600ヶ所以上の空港ラウンジも利用できる。

追加カードの年会費は何枚でも無料で、社員に発行したいときには便利だろう。

ダイナースは作りにくいカードと言われているが、その中でビジネスカードは比較的作りやすい。

マイル還元率は1.0%と、ビジネスカードの中では高い還元率を誇る。

マイルはANAなどの航空会社5社と交換可能だが、JALマイルには交換できないので、その点は残念な部分だ。

申込み条件としては、個人事業主やフリーランスなど事業を行っており、なおかつ27歳以上でないとならないので、注意して欲しい。

スペック

年会費: 27,000円(税別)
追加カード年会費 : 無料
ETCカード: 1枚まで発行可能
ETC年会費:無料
限度額 :制限なし
ANAマイル還元率: 1.0%
マイルの交換先: 5社
ブランド:ダイナース

経費のカード払いでマイルを貯める

クレジットカードでマイルを貯めるなら、経費にできる費用は、すべてカード払いにすることだ。

個人事業主やフリーランスなら、事業開始したばかりでも、作成できるクレジットカードも多数ある。

マイル以外にも、それぞれのクレジットカードにはお得な特典も多く、きっと利用すると便利だろう。

事業用に1枚クレジットカードを作成し、今回ご紹介した方法を参考にして、マイルを貯めていってほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る