クレジットカードとプライオリティパスで入れる空港ラウンジの違い!大型連休前に利用できるか確認しよう

Pocket
LINEで送る

フライト前の待ち時間を快適に過ごすことができる「空港ラウンジ」。

ゴールデンウイーク直前ということもあり、利用を検討している人も多いと思う。

今回は、空港ラウンジの種類や、クレジットカードで利用できるかどうかについて確認していきたい。

まず、空港ラウンジには大きく分けて2つのタイプが存在し、提供元によって空港ラウンジの利用条件が異なる。

【2タイプの空港ラウンジ】

  1. 空港やラウンジ運営会社が運営する空港ラウンジ
  2. 航空会社が運営する空港ラウンジ

クレジットカードとプライオリティ・パスで入れる空港ラウンジの違いは、簡単にいうと

  • クレジットカード→国内の空港ラウンジのみ
  • プライオリティ・パス→世界中の空港ラウンジが使える

というのが使い分けになる。

それぞれについて詳しく見ていこう。

クレジットカードで入れる国内の空港ラウンジ

国内で発行されたゴールドカード以上のクレジットカードであれば、日本国内の空港ラウンジが利用できる。

海外の空港ラウンジは基本的に対象外なので、注意が必要。(ハワイのホノルル空港や韓国の仁川国際空港など海外のラウンジを利用できる場合もある。)

自分のカードが対象か不安な場合は、事前にインターネットで確認するか、ラウンジの入り口に対象のクレジットカードが表記されている。

【クレジットカード例】

  • 楽天ゴールドカード
  • JCB GOLD EXTAGE(20代限定)
  • 三井住友VISAゴールドカード など

【空港ラウンジ例】

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港 など

クレジットカードで利用できる空港ラウンジはソファやソフトドリンクなどが用意されているだけなど、シンプルなものが多い。

後述するプライオリティ・パスや航空会社が提供する空港ラウンジと比較して快適度は劣る。
羽田空港にもいくつかの空港ラウンジがあるが、場所やタイミングによっては混雑している場合もある。

※アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ダイナースクラブ、楽天プレミアムカードなど、国内外を問わず空港ラウンジを利用できるクレジットカードも存在する。

世界1200ヵ所で利用可能なプライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは「世界中の空港ラウンジを利用できるサービス」で、世界1200ヵ所以上の空港ラウンジが対象。

直接プライオリティ・パスに申し込むことも可能だが、一部のクレジットカードには特典として付帯しており、カード経由で利用するとお得に利用できる。

例えば、楽天プレミアムカードは無料でプライオリティ・パスが付帯しているので、直接申し込むよりもはるかに安くプライオリティ・パスを利用可能。

【料金比較】

  • 楽天プレミアムカード:年会費10,000円+税
  • プライオリティ・パス(プレステージ):年会費399ドル(約4万円)

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスは同伴者1人につき3,240円(税込)かかるが、1人で空港ラウンジを利用する場合は無料。

また国内の空港ラウンジと違い、海外の空港ラウンジのサービス内容は充実しているのが特徴。

【海外空港ラウンジのサービス内容】

  • アルコール類が無料
  • シャワー室がある
  • 食事が用意されている

楽天プレミアムカードがあればプライオリティ・パスにより上記サービスを使い放題になるので、「フライト前の待ち時間を有効活用したい」人におすすめだ。

日本だと、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の一部の国際線のラウンジが利用できる。

国内のプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジ
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/japan

ANA、JAL専用の空港ラウンジ

海外の空港ラウンジと同程度サービスが充実しているのがANAやJALなど航空会社提供の空港ラウンジ。

【特徴】

  • 空港ラウンジが広い
  • ソフトドリンク無料
  • アルコール無料
  • 食事が豊富
  • シャワー室がある

上記のようにカード会社の空港ラウンジよりもサービス内容が豪華なので、フライト前の待ち時間をより快適にできる。

ANAとJALの空港ラウンジはクレジットカードを所持しているだけでは利用できないので、注意が必要。

【利用条件(一例)】

  • 航空会社の上級会員になる
  • プレミアクラス(ANA)、ファーストクラス(JAL)に搭乗する

基本的に航空会社の上級会員になれば利用できるが、JALの場合だとファーストクラスに搭乗して利用できることがある。

上級会員になるための条件はフライトを重ねることで、ハードルは高いが仕組みはシンプル。

空港ラウンジ以外にも専用チェックカウンターなどのサービスが用意されているので、国内線のフライト前も快適に過ごしたい人におすすめだ。

GWで利用したい空港ラウンジを確認!

ゴールデンウイーク中に海外旅行を検討している人は、手元のクレジットカードがプライオリティ・パスに対応しているかの確認は必須。

またプライオリティ・パスが利用できなくても、国内線の空港ラウンジならゴールドカードで利用できるため、「自分のクレジットカードがどの空港ラウンジで利用できるか」を事前にチェックしておくことをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る