家族でも入れる!シンガポール・チャンギ空港 第2ターミナルでプライオリティパスで入れる空港ラウンジ、同伴者、子供料金(無料)情報

Pocket
LINEで送る

シンガポール・チャンギ国際空港に行ってきたのでその報告も兼ねて報告したいと思う。

今回は、2歳の子供も同行していたので、子連れでも行けるかどうかという点も含めて紹介したいと思う。

結論から言えば、チャンギ国際空港は日本に比べて、空港ラウンジも全体的にお金がかかっている印象で、快適に過ごすことができた。

プライオリティパスで入れるラウンジ

第1ターミナル

  • Dnata Lounge
  • Plaza Premium Lounge
  • SATS Premier Lounge

第2ターミナル

  • Ambassador Transit Lounge
  • SATS Premier Lounge
  • TGM

第3ターミナル

  • Ambassador Transit Lounge
  • Dnata Lounge
  • SATS Premier Lounge
  • The Haven by JetQuay

第4ターミナル

  • Blossom Lounge

今回はANAを利用したため、第二ターミナルのラウンジを主に利用した。

今回はこの中でも、第2ターミナルのAmbassador Transit LoungeとSATS Premier Loungeについて紹介したいと思う。

TGMラウンジは時間の関係で行くことはできなかったので、施設の紹介にとどめたいと思う。

SATS Premier Lounge

場所

出国ゲートを左に曲がる
SATS Premier Lounge

CIP Loungesと書かれたエスカレーターを上がると、すぐ右側にSATSのラウンジが見える。
SATS Premier Lounge

入り口は高級感のある作り。
SATS Premier Lounge

利用時間・利用条件

24時間利用可能

最長3時間まで滞在可能です – 2歳未満のお子様は入室無料です。 – 服装規定は常にスマートカジュアルです。

以下の通りスマートカジュアルということではあったが、そこまで厳しく服装をチェックされているわけではなさそうだった。

ラウンジの様子

ラウンジはかなりゆったりとした印象。

手前のスペースは、ゆったりとしたソファ席で、余裕をもって座れる。

食事のスペースの周り(写真右奥の掲示板の後ろ)は少しガヤガヤしたレストランのような雰囲気なので、お子様連れで、周囲が気になる方にはおすすめのスペースとなっている。

SATS Premier Lounge

食事、飲み物、アルコール

飲み物はアルコールを含めて無料。シンガポールでお馴染みのタイガービールも自由に飲める。
SATS Premier Lounge

赤ワイン、白ワインも飲める。
SATS Premier Lounge

食事も種類が豊富
SATS Premier Lounge

特にシンガポール系のアジア料理が豊富。
SATS Premier Lounge

ケーキやパンの種類も豊富で食事はしっかり取れる
SATS Premier Lounge

SATS Premier Lounge

チーズやピクルスなどのおつまみも
SATS Premier Lounge

Ambassador Transit Lounge

場所

出国ゲートを通過した後に、右折してエスカレーターを上がると、左側にジムが見えてくる。

チャンギ国際空港、AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE

利用時間・利用条件

24時間利用可能。

最長3時間まで滞在可能です – 6歳未満のお子様は入室無料です – アルコール飲料は毎日午前6時から午前0時の間のみご提供いたします – ベッドルーム、スポーツジムをご利用いただけます。

プライオリティパス以外にも、Lounge Key(ラウンジキー)やダイナースクラブでも利用出来る。
AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE

施設

こちらは利用した時間が遅いこともあって、落ち着いた印象。
Ambassador Transit Lounge

テラスも利用可能。5月に訪れたが、暑くて利用する気にはなれなかった。
Ambassador Transit Lounge

フルーツ、サンドイッチなど軽食が利用出来る。飲み物はりんごジュースに牛乳など簡単な飲み物だけ。
Ambassador Transit Lounge

アルコールもある?と思ったら、ただのディスプレイ(苦笑)。アルコールは有料で提供。毎日午前6時から午前0時のみ提供
Ambassador Transit Lounge

フルーツや野菜の種類が豊富なのが魅力。
Ambassador Transit Lounge

スパゲッティなど、種類は少ないか。
Ambassador Transit Lounge

Ambassador Transit Lounge

ジム、マッサージ、美容サービスなどは有料で利用することが出来る。
チャンギ国際空港、AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE

つみれのヌードル。これはおいしい。
Ambassador Transit Lounge

TGM

こちらは実際には訪問していないので、情報のみの紹介。

こちらはラウンジではなく、日本食のレストラン。ゆったりとくつろぐというよりは、空腹を満たす目的で利用することになるだろう。

営業時間

毎日:午前6時~午前1時

施設

アルコール料金は別。

プライオリティパスで同伴者、家族の料金はどうなる?

クレジットカードに付帯したプライオリティパスによって、同伴者の料金設定が変わってくる。

【プライオリティパスの同伴者料金(一部)】

JCBプラチナカード2000円(税抜)
アメックスゴールドカード32米ドル
楽天プレミアムカード3000円(税抜)
セゾンプラチナビジネスアメックス2000円(税抜)
MUFGプラチナアメックス2000円(税抜)
ラグジュアリーカード27米ドル
ダイナースクラブ※27米ドル

※ダイナースクラブはプライオリティパスではないが参考までに記載

今回はJCBプラチナで使用した。ちなみに同伴者がいる場合でも、クレジットカードの提示は必要なく、プライオリティパスを提示するだけで、後日紐付いたクレジットカードから支払われる仕組みになっている。

プライオリティパス同伴者料金

子供料金

ラウンジによって料金が変わってくるので、以下の表を参考にしてほしい。

第1ターミナル
Dnata Lounge(6歳未満無料)
Plaza Premium Lounge(2歳未満無料)
SATS Premier Lounge(2歳未満無料)

第2ターミナル
Ambassador Transit Lounge(6歳未満無料)
SATS Premier Lounge(2歳未満無料)
TGM(2歳未満無料)

第3ターミナル
Ambassador Transit Lounge(6歳未満無料)
Dnata Lounge(6歳未満無料)
SATS Premier Lounge(2歳未満無料)
The Haven by JetQuay(2歳未満無料)

第4ターミナル
Blossom Lounge(2歳未満無料)

ちなみに子供料金もあるようだが、このあたりは行って聞いてみるしかないかも。。。

<<追記>>
Ambassador Transit Loungeでは6歳〜12歳までの子供料金があるようだ。(S$ 17.65??)

まとめ

今回は2歳の子供をつれて行ったが、SATS Premier Loungeラウンジが広くてゆとりもあり、食事や飲み物の種類も多く安心して利用することができた。

Ambassador Transit Loungeは、一人でゆっくりくつろぐのには最適な空間。ただ、子連れでいくには少し静かすぎるかもしれない。

チャンギ空港の第2ターミナルを利用する方は、是非利用して欲しい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る