韓国のクレジットカード事情 使用上の注意点、使える国際ブランド、おすすめカードまとめ

Pocket

韓国

海外旅行の目的地として人気の高い韓国。首都・ソウルへのアクセスが良い仁川(インチョン)国際空港へは、成田空港から約2時間半で到着する手軽さで、週末や短い連休を利用して旅行する人も多い。

海外旅行時には買い物やレジャー、移動など支払いの機会が増えるが、多額の現金を持ち合わせることに不安を覚える人も多いだろう。

少額な買い物やチップは現金、高額な買い物はクレジットカードと支払い方法を使い分けることで、手持ちの現金を少なくすることができる。

そこで今回は韓国のクレジットカード普及具合や使える国際ブランド、カード利用時の注意点、韓国に渡航する際に持っておきたいおすすめのクレジットカードを紹介する。

クレジットカード普及率 世界1位

1999年、韓国政府が個人消費の拡大と小売店の脱税防止を目的としたクレジットカード推奨策を打ち出したことで、クレジットカードの利用が大いに広まった。

利用額に応じた控除やカードの領収書に宝くじをつけたことが有名で、日本クレジット協会の調査によると、平成26年時点で日本の約70%がクレジットカード決済だという。

日本のクレジットカード決済率は約16%、アメリカで約22%なので、韓国がまさに「クレジットカード大国」であることが分かる。

そのため、デパートやスーパーはもちろん、観光地やコンビニエンスストア、個人の商店に至るまで数百円単位の買い物でもクレジットカードでの支払いが浸透している。

電車やバスなどの交通機関では、日本でいうSuicaやPASMOのような交通系ICカード「T-moneyカード」を利用するのが一般的で、現金を使う機会は日本よりも少ないと言える。

クレジットカードが使えない場所

クレジットカード払いが浸透している韓国でも、年商240万円以下の店舗ではクレジットカードの導入義務がないため、市場屋台など規模の小さな店では現金払いになることも多い。

明洞や東大門市場など有名な観光地では利用できる屋台もあるが、念のため屋台を利用するぶんの現金を用意しておくと良いだろう。

現金とクレジットカードの違い

短期の旅行や出張などで海外へ行くとき、限られた滞在時間の中で両替は大きなタイムロスとなる。

滞在期間の長さに合わせて最低限必要な金額だけを両替しておき、あとはクレジットカードを利用することで両替の機会が減り、現地での時間を有効的に利用することができる。

両替所は空港や街中に多くあるが、手数料として両替する金額の3~8%がかかる。両替所によって大きく差が出るが、行先や時間との兼ね合いから条件の良い両替所で両替できないことも多いだろう。

一方、海外でクレジットカードを利用した場合には為替手数料がかかる。為替手数料は国際ブランドによって異なるが1.6%前後で、両替時の手数料と比べると格段に低いことが多い。

日本円建てと現地通貨建て

海外でクレジットカード利用時には現地通貨建てでカード決済が行われることが一般的だが、韓国やハワイなど観光客の多い国や地域では、自国通貨でのカード決済が選択できるDCC(Dynamic Currency Conversion)サービスが導入されている。

日本円建ては支払い金額がわかりやすいというメリットがあるが、店舗によって3~5%の手数料がかかるので注意しよう。

説明なしに日本円建てとなっている場合もあるので、サインをする前に明細書をしっかりと確認することが大切である。

また、日本円建ての場合はカード利用日、現地通貨建ての場合はカード会社に利用情報が到着した日がレート換算日となる。

便利な海外キャッシング

クレジットカードの海外キャッシング機能を事前に設定しておけば、現金が少なくなったときにもATMで現地通貨を借りることができる。

ATMの使い方はカードブランドによって異なるが、英語・日本語での表記がされていたり、図やイラストを用いた説明がついていたりと旅行者にもわかりやすく、困ることは少ないだろう。

多くのクレジットカードのキャッシング利率は年18%に設定されている。これを1日あたりで割ると0.049%となり、1万円をキャッシングした場合には1日あたり4.9円の利息がかかる。

帰国してから支払いまでの期間が長くなれば利息分の金額も大きくなるため、翌月の支払い日を待たずに繰り上げ返済するのがおすすめだ。

繰り上げ返済の方法は、カード会社に連絡して振込口座を教えてもらい振り込む方法が多い。

また、オンラインでPay-easy(ペイジー)を利用して支払えるセディナカードや、専用ATMが繰り上げ返済に対応しているエポスカードなど、より手軽に支払えるカード会社もある。

注意したいのは、オリコカードや楽天カードのように、海外キャッシングの返済方法がリボ払いのみとなっている場合だ。

海外キャッシングで利用した金額よりリボ払いの返済金額が低く設定されていた場合、翌月に支払い金額を残してしまうため利息が多くかかってしまう。

リボ払い時の返済金額を海外キャッシングの利用可能額と同じに金額に設定しておけば、一括で支払うこととなり利息が多くかかる事態を防ぐことができる。

事前に返済方法を確認し、リボ払いのみの場合は返済金額を上げておこう。

韓国で使える国際ブランド

韓国で主流のカードブランドは、VISA、MasterCard、American Express、銀聯カード、JCBで、日本とほぼ変わらずに利用することができる。

特にVISA、MasterCardは世界中で広く利用されており、韓国での利用率も多い。心配な場合には2つのうちどちらかを持っておくと良いだろう。

クレジットカードを使用する際の注意点

各項目でも注意点を述べてきたが、ここでは韓国滞在時にクレジットカードを使用する際の総合的な注意点をあげる。

一つは、カード利用時には確認をしっかり行うこと。

明細書にサインをするとき、領収書をもらったとき、その都度気になることは確認して、トラブルを未然に防ぐ心構えを持っておこう。

日本国内でカードを利用したとき、明細を少し見ただけでサインするという人は少なくない。しかし近い国ではあるが韓国は外国であり、悪意はなくても言葉の行き違いや受け取り間違いによって会計に誤りが出ることも考えられる。

二つ目は、万が一の紛失や盗難に備えてクレジットカード会社の緊急連絡先をメモしておくこと。

携帯電話に登録したりウェブページをブックマークしていてもカードと一緒に紛失したり盗まれたりすることもあるだろう。

アナログな方法ではあるが連絡先を紙に記し、緊急時にはいち早く連絡ができるようにしておこう。

おすすめのクレジットカード

セディナカード

セディナカードは海外キャッシングの使い勝手が良いカードだ。海外キャッシングの利用日から2~3営業日には請求額が確定され、確定後はPay-easy(ペイジー)で繰り上げ返済することができる。

海外キャッシング時のATM手数料が無料なので、その都度必要なぶんだけを引き出したとしてもATM手数料がかさむことがない。海外旅行保険も利用付帯で1,000万円と補償が手厚く、旅行中の怪我や病気にも備えられ安心感を持てる。

年会費 1,000円(税別)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
家族カード 2名まで・年会費300円(税別)
ETCカード 無料・新規発行時のみ手数料1,000円
ポイントシステム わくわくポイント
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンで毎日ポイント3倍
ショッピング保険 最高50万円まで(年間)※購入日から180日以内が対象
海外旅行保険 1,000万円まで(利用付帯)
キャッシング支払方法 1回払いまたはリボ払い
カード紛失・盗難保険 届出日から60日前までの不正利用を補償
koushiki-200-40

エポスカード

エポスカード

年会費無料でありながら海外旅行保険が最高500万円まで自動付帯のエポスカード。他のカードで旅行代金を支払ったとしても、旅行中の怪我や病気、持ち物の破損、盗難に対応してくれるため、普段は利用しなくても、海外旅行専用のカードとしてぜひ作っておきたいカードだ。

ショッピング利用枠を一時的に増額できるので、旅行費用の支払いや現地で大きな買い物を予定している場合にも使いやすい。海外キャッシングの支払いはPay-easy(ペイジー)、コンビニATMからリボ増額払いができる。

年会費 無料
国際ブランド VISA
家族カード なし
ETCカード 無料
ポイントシステム エポスポイント
「たまるマーケット」からのネット通販で2倍~30倍
ショッピング保険 購入日から90日間、年間50万円まで
海外旅行保険 最高500万円まで(自動付帯)
キャッシング支払方法 1回払いまたはリボ払い
カード紛失・盗難保険 届け日から61日前まで不正利用を補償
koushiki-200-40
shousai-95-40

JCB一般カード

JCBオリジナルシリーズ

JCBが発行するプロパーカードで、知名度・信頼性ともに高いJCB 一般カード。年会費が初年度無料、翌年度以降も条件を満たすことで無料だが、海外旅行保険は利用付帯で最高3,000万円とハイレベルな補償。ショッピング保険も他クレジットカードと比較して補償対象の日数が長い。

日本の国際ブランドであるJCBだが、日本からの旅行客が多い韓国では、クレジットカードが利用できる店舗ならJCBはほぼ使えると言って良いだろう。
ポイント還元率は高くないが、会員対象のショッピングサイト「Oki Doki」ランドではポイントが2倍~20倍獲得できる。

年会費 初年度無料
翌年度以降も条件により無料(通常1,250円+税)
国際ブランド JCB
家族カード 年会費400円(税別)
ETCカード 無料
ポイントシステム Oki Dokiポイント
会員優待サイト「Oki Doki ランド」からの買い物で2倍~20倍
ショッピング保険 購入から90日間、最高100万円まで
海外旅行保険 最高3,000万円まで(利用付帯)
キャッシング支払方法 1回払いまたはリボ払い
カード紛失・盗難保険 届け日から60日前まで不正利用を補償
koushiki-200-40
shousai-95-40

おすすめのデビットカード

ここまで、韓国を訪れる際におすすめのクレジットカードを3つ紹介したが、次に海外で便利なデビットカードを紹介する。

デビットカードはクレジットカードと違い銀行口座から即時引き落としになるため、使い過ぎを防げるメリットがある。また、18歳未満などクレジットカードに比べて申し込みができる人の幅も広い。

ソニーバンクウォレット

デビットカード機能がついたキャッシュカードであるソニーバンクウォレット。年会費・手数料無料で、15歳以上なら誰でも作ることができる。

ソニー銀行で外貨預金をしておけば海外での利用時に外貨預金口座から直接引き落とすことができ、手数料が一切かからない。外貨預金は米ドル、ユーロ、英ポンドなど12の通貨が対象となり、韓国の通貨ウォンは含まれていないが、韓国以外の海外旅行の機会にはぜひ利用したい。

現金が不足したときにも手数料1.76%で海外ATMからの引き出しができ、これもクレジットカードのキャッシング機能よりも安く利用できる。

海外旅行保険はついていないが、他のカードと組み合わせて使えば滞在がより快適になるだろう。また、ショッピング保険は年間50万円を限度に購入日から60日間補償と、クレジットカードと同等の補償が受けられる。

koushiki-200-40

まとめ

今回は韓国のクレジットカード事情とおすすめのクレジットカードについてまとめた。

日本では「現金の方が安心できる」という人も多いが、万が一の紛失や盗難にもサポートがあるため、治安や安全の面ではクレジットカードを利用した方がリスクを抑えられると言える。

先述したように、韓国は日本よりクレジットカードの普及率、浸透率が共に高い。韓国を訪れた際にはぜひキャッシュレスの生活を体験し、その利便性を感じてみて欲しい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。