アメリカのクレジットカード事情 現地で慌てないためのテクニックとおすすめのクレジットカード

Pocket

アメリカのクレジットカード事情

アメリカはクレジットカード大国だ。それだけに、アメリカ旅行やアメリカ留学にクレジットカードは欠かせない。

ただし、日本では見られないアメリカならではのクレジットカード事情もある。そして、カードの国際ブランドによっても利用状況は異なる。

そこでここでは、アメリカならではのカード事情を中心に紹介する。訪米の予定がある人にはぜひ読んでいただき、現地で快適なカードライフを送ることを期待したい。

アメリカでのクレジットカード利用状況

「クレジットカード大国」と呼ばれているアメリカだが、果たしてその実情はどうなのか。
ここでは、アメリカのクレジットカード利用状況について紹介する。

クレジット決済が一般的

最近では、日本でもクレジットカードの利用率が高まっているが、一方で、現金の利用率も依然として高い。しかしアメリカでは、圧倒的にクレジットカードの利用率が高いのだが、これにはいくつかの理由がある。

カード利用店舗数が多い

日本でも、最近クレジットカード利用可能店舗が増えてきたが、小規模店舗や飲食店などでは、現金払いのみというところも少なくない。一方のアメリカは、利用可能店舗数の多さが日本よりもはるかに多いため、極端な話、現金を持っていなくても生活ができるのだ。

日本では、高額商品はカード払い、少額商品は現金払いと使い分けている人も多い。しかしアメリカでは、利用可能店舗数が多いため、コーヒー1杯飲むのにもカード払いをするくらいだ。

支払い方法も日本とは異なり、レジの前のカード読み取り端末に自分でスワイプするか、ICチップに対応したクレジットカードであれば、機械に差し込み暗証番号を入力することでカード決済を完了させることが出来る。

また、新しいクレジットカードに搭載されるようになった、タッチ式の支払い方法も増えつつある。

クレジットヒストリーを積み上げる

そしてもう一つ、アメリカ人がクレジットカードを積極的に利用するのは、良好なクレジットヒストリーを積み上げるためだ。

クレジットヒストリーとは、信用取引(お金の貸し借り)の履歴のことだが、住宅ローンやマイカーローンだけでなく、クレジットカードでの買い物もクレジットヒストリーの対象となる。アメリカで暮らすのであれば、住宅ローンやマイカーローンなどの高額融資を受けるローン商品では、良好なクレジットヒストリーが求められる。

クレジットヒストリーを積み上げるのに最も都合が良いのが、クレジットカードでのショッピングだ。支払いを滞納せずきちんと返済していれば、良好なクレジットヒストリーが積み上がり、車や住宅を買う際のローン審査にも好影響をもたらすのである。

リスク回避のためのクレジットカード

リスク回避のため、クレジットカードを利用するアメリカ人も少なくない。

偽札防止

日本では、100円程度の買物に1万円札を出しても、9900円のおつりがしっかりと返ってくる。一方のアメリカでは、1ドルの買物に100ドル紙幣で支払おうとしても、まず受け付けてもらえないが、これは、特に高額紙幣に多い偽札を警戒しての対応だ。

店舗側だけでなく利用者側からしても、クレジットカード利用はリスク回避となる。ごくまれに、お店側が知らずに受け取ってしまった偽札がおつりとして利用者の元にやってくることがあるのだが、クレジットカード決済ならばその心配もない。

盗難リスクの回避

また、治安面でのリスクを回避することもできる。日本と比較して、アメリカの治安は決して良くはないため、財布を奪われる可能性も日本よりはるかに高い。

財布の中の現金は、盗まれたらまず戻ってこないが、財布の中のクレジットカードは、カード会社に利用停止措置をとれば使用できないため、不正利用を回避できる。

また、クレジットカードを持っていれば、街中のATMを利用した現金のキャッシングも可能である。必要な時に最小限の現金を持ち歩くことで、万が一盗まれたときの被害を最小限にできるのだ。

アメリカではデビットカードが多い

アメリカでは、デビットカード機能の付いたクレジットカードもあるのだが、最近ではクレジットカードよりもデビットカードの利用率が高まってきている。

アメリカのクレジットカードは利息支払いが多い

日本のクレジットカードは1回払いが基本的な支払方法だが、アメリカのクレジットカードはリボ払いが主流である。リボ払いとは、支払残高にかかわらず、毎月一定金額の返済でOKという返済方法である。

確かに毎月の返済額は抑えられるのだが、その分返済期間が延びて、利息支払いが多くなってしまう。

デビットカードならば使い過ぎを防げる

一方、デビットカードは銀行口座と紐づけになっており、カード利用があると即座に銀行口座から利用分が引き落とされる。

つまり、口座の残高分しかデビットカードを利用できないことになり、使い過ぎを防げるのだ。

様々な決済手段、借入手段がある

アメリカでは、これまでクレジットカードが主流の借入方法・決済方法だったが、最近ではクレジットカードやデビットカード以外にも決済方法や借入方法が多様化している。

決済方法としては、日本でも普及してきたプリペイドカードがあるが、一方の借入手段としては、「ホームエクイティローン」がある。

これは、不動産担保ローンのようなものだが、不動産の評価額からローン残高を差し引いた金額を、ホームエクイティローンの限度額とするシステムだ。

ニューヨークなどのホテルでは、クレジットカードを預ける事で保証金代わりになる

アメリカ、とりわけニューヨークのホテルでは、デポジット(保証金)制度が根強い。万が一に備えて、ホテルが宿泊者から徴収する補償金だが、問題がなければもちろん返却される。

チェックインの際、通常の宿泊料金とは別に、1泊分の料金をデポジットとしてホテルに預ける。デポジットの現金を用意するのは大変だが、クレジットカードを持っていれば現金を用意することなくデポジットを預けられるのだ。

ホテル以外にも、レンタカー業界でもデポジットを採用している会社があるので、アメリカでの旅行にはクレジットカードはもはや必須と言えよう。

注意しておきたいのは、デポジットにあたり十分な利用限度額が必要ということである。デポジットは必要になった場合に引き落としが必要な上限枠が必要になるので、利用料金だけが支払えても上限枠ギリギリだと、利用を拒否されるケースもある。海外渡航前に利用上限枠を上げることは可能なので、事前にクレジットカード会社に連絡するようにしておきたい。

両替手数料を考えれば、ATMでのキャッシングの方が安い

海外旅行に行くとき、両替方法によっては手数料を高く取られてしまう。JFK空港や街中の両替所は便利だが、その分通貨レートは悪く、手数料も多く取られてしまう。街中の銀行ならばレートも手数料もお得だが、利便性は決して良くない。

ニューヨークの街中にある銀行ATMならば、為替レートも両替所ほど悪くないし、両替手数料も日本のカード会社から徴収される100円~200円程度だ(現地の銀行でもATM手数料を徴収する場合がある)。

手数料やレートを考えれば、ATMを使ってクレジットカードキャッシングを利用するほうが遥かにお得なのだ。

ガソリンスタンドでは日本のカードが使えない?(窓口なら可能)

日本でも最近増えてきたセルフ式のガソリンスタンドだが、アメリカでは日本以上に普及している。ただし、アメリカ旅行を車でと考えている人は、セルフ式ガソリンスタンドの支払方法には注意したい。

アメリカ国内のほとんどのセルフ式ガソリンスタンドでは、カード登録住所の5ケタの郵便番号の入力を求められる。(求められない場合もある。)

不正利用を防ぐのが目的だが、この際、日本の5ケタの郵便番号を入力しても認証できない。

面倒でも、日本で発行されたクレジットカードでアメリカのセルフ式ガソリンスタンドを利用したければ、以下の方法で給油をしよう。

①使用したいポンプ番号を覚える
②店内スタッフに「フィル・アップ・ナンバー3」(フィル・アップは満タンの意味)と給油する金額を伝えクレジットカード決済をする。この時に伝えるドルは満タンに十分な金額を伝えればよい。
③ID(パスポートなど)の預かりを要求されたら、それも預ける
④ポンプに戻って給油量のゲージがゼロになったことを確認する
⑤給油する
⑥店内に戻り、リファンド(返金)処理をしてもらう

すでに支払った金額一杯給油が完了した場合は、そのまま出発してOK。満タンになり、返金が必要な場合は、レジに再度戻って、リファンド(返金)処理をしてもらうことで、余ったお金は戻ってくる。

クレジットカードを使っていない場合は、現金で返金される。

アメリカで使える国際ブランドの種類

クレジットカードの主な国際ブランドには、以下のようなものがある。

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • ダイナース
  • アメリカンエキスプレス

ここでは、主な国際ブランドがどれだけ通用するのかを見ていこう。

かなりの国際ブランドが使用可能

さすがカード大国のアメリカだけあって、ほとんどの国際ブランドが使用可能である。

最も通用するのは「VISA」

かなりの国際ブランドが使用可能だが、中でもアメリカ国内で最も加盟店舗が多く通用し易いものがVISAである。

今ではかなり平準化されてきたが、かつては「VISAはアメリカで強い」「マスターカードはヨーロッパで多く使える」と言われていたほどだ。

アメリカンエキスプレスは使えるのか

現在は、アメリカンエキスプレスを使用していてまず支払い困ることはまずないと言えるだろう。

以前はアメリカであっても、アメリカンエキスプレスが使えない店舗が多かった。VISAやマスターカードよりも、一般店舗での通用率は低く、高級店舗であれば使えるというような事が多かった。

日本では、アメリカンエキスプレスカードを「ステータスカード」ととらえる向きがあるが、それはアメリカでも変わらない。

アメリカの高級ホテルや高級レストランなどでは、ある程度のステータスカードでないと利用ができないケースもある。

JCBは使えるのか

JCBは、日本発のクレジットカードブランドである。日本人観光客が多く行く場所(ハワイ、ニューヨーク、ロサンゼルスなど)では、ほぼ問題なく利用可能だが、それ以外の地方都市では一気に通用率が下がってしまう。

アメリカンエキスプレスとJCBカードは加盟店を相互に開放しており、アメリカのアメリカンエキスプレス加盟店ならば、JCBカードも利用可能という側面もあるが、読み取り式の機械などでは、アメリカンエキスプレスのマークがあったとして、JCBカードは使えないこともある。

また、JCBはディスカバーカードとも加盟店の相互開放を実施している。ディスカバーカードは、5大国際ブランド、銀聯カードに次ぐ第7の国際ブランドと呼ばれており、特にアメリカ国内ではVISAと並ぶ加盟店舗を誇る。

ディスカバーカード加盟店舗でも、JCBカードも利用可能だ。

2枚持ちがおすすめになる理由

アメリカ旅行に限らず、海外旅行ではクレジットカードの2枚持ちがおすすめだ。
それには、以下のような理由がある。

ブランドによっては使えない店があり、このブランドなら使えるという傾向の統一がない

仮に1枚しかクレジットカードを持って行かず、そのカードがお店で利用できないとなると、現金払いをしなければならない。
利用不可の理由は様々だ。

①特定の国際ブランドが使えない
②カード自体の不具合(磁気不良など)
③お店の端末との相性が悪い

①に関しては、お店によってその基準がバラバラであり、統一の傾向がない。
③に関しては、海外では比較的よくあることで、特に日本で発行されたクレジットカードは、海外の端末との相性があまりよくないようである。
そんなとき、もう1枚のカードを出せばうまくいくことが多い。

予備のクレジットカードをホテルに預けておけばリスクヘッジになる

もう1枚クレジットカードをホテルに預けておけば、万が一の時のリスクヘッジとなる。1枚のクレジットカードを使いすぎて限度額に達してしまっても、もう1枚があれば問題ない。

また、財布に入れた2枚のカードを盗まれると、身動きが取れなくなってしまう。しかし、1枚をホテルに預けておけば、その1枚で引き続き観光が可能だ。

アメリカで使えるお勧めのクレジットカード

ここからは、アメリカで使えるおすすめのクレジットカードを紹介しよう。

アメックスグリーン

まずは、アメリカンエキスプレスで最もグレードの低い「グリーンカード」である。

ただし、アメックスグリーンは、本来ならばブラックカードを持てそうな、かの大富豪のビル・ゲイツやウォーレン・バフェットも、「あえて」持っているほどのカードである。つまり、グリーンカードには、必要にして十分な機能が備わっており、コストパフォーマンスも高いのだ。

空港ラウンジが同伴者も無料、予約手配デスクの対応の良さ、旅行保険の充実など、旅行関連の補償の充実ぶりには目を見張るものがある。

そして、もちろんステータスもVISAやマスターカードのゴールドカードをしのぐ。特にアメリカでは、カードのステータスで人を判断する傾向があるため、より良いサービスを受けたいなら必須である。

アメックスグリーンカード

amex green

アメックスのスタンダードカードといえばコレ、日常で幅広く使える

ポイント還元、サービス、補償、年会費など総合的にバランスがいいカード。とりあえず1枚クレジットカードを欲しいという方におすすめしたい。

年会費 初年度:年会費無料
次年度:12,000円(税抜)
※1回の利用で翌年度の年会費が無料
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
海外旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

三井住友VISAカード


日本最初のVISAカードとして有名な「三井住友VISAカード」も、アメリカ旅行では欠かせない。

三井住友VISAカード会員は、「世界のお得なお店ガイド」を利用可能で、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコやラスベガスなどのお店が掲載されている。ガイド内のクーポンを使って三井住友VISAカードで支払うと、優待特典を受けられるのだ。

特に、3か月以上のアメリカ長期留学者におすすめなのだが、その理由は「三井住友VISAカードクラシック」にある海外旅行保険の裏技だ。

三井住友VISAカードの海外旅行保険の適用開始日は、「海外で交通費を支払った時点」から適用される。他のカードで90日間の海外旅行保険を利用し、それが切れるタイミングで三井住友VISAクラシックカードを使用し、現地交通費を支払えばさらに90日間の保険適用を受けられる。

合計で180日程度の有効期間があるので、半年程度の留学ならば十分に対応可能だ。

三井住友VISAカード

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

VISAブランドは世界200カ国以上、3000万店以上で利用可能なので、海外旅行でも安心して使える。

年会費 初年度年会費無料
※翌年度以降条件により無料
通常:1,250円+税(スタンダードタイプ)
1,500円+税(スタンダードAタイプ)
※学生カードは年会費無料
国内旅行保険 2000万円(スタンダードAのみ)
海外旅行保険 2000万円(スタンダード)
2500万円(スタンダードA)
koushiki-200-40
shousai-95-40

まとめ

アメリカはカード社会だが、日本と使い勝手の異なる場合も多く、何の準備もなく渡米してしまうと戸惑うことが多くあるだろう。特に滞在時間の短い海外旅行では、利便性からもリスク回避の観点からも複数のクレジットカードを使いこなす事が快適な旅のポイントとなる。

旅行前にぜひクレジットカードを複数揃える事をおすすめしたい。

Pocket