シンガポールで使えるクレジットカードのブランドとおすすめカードは?キャッシングも活用しよう!

Pocket
LINEで送る

シンガポール日本と同じアジア圏であり、観光地としても知られているシンガポール

チャンギ国際空港(シンガポール)までは、羽田空港から直行便で7時間前後で到着するスポットだ。

そのため、ゴールデンウィークや年末年始をシンガポールで過ごす人も多い。

海外旅行をするときは、スリや置き引きが起きやすいため、大量の現金を財布に入れて持ち歩くことは危険である。

今回はシンガポールのクレジットカード普及率や利用できる店舗と利用時の注意点、おすすめのクレジットカードを紹介する。

シンガポールは、ホテルや空港のラウンジの利用などクレジットカードが活躍する場面が多い。

また、シンガポールでは、VISA・MasterCard・JCBといった日本でおなじみのブランドが使える。

キャッシュレスが進む国

カードリーダー
シンガポールは、東南アジアでもクレジットカードの利用者が多い国だ。

日本貿易振興機構(通称、ジェトロ)のアジアのEC(2017年3月/ジェトロセンサー)によると、シンガポールのカード普及率は約35%(15歳以上の利用者)と言われている。

日本の66%には届かないが、インド(クレジットカード普及率:4%)タイ(クレジットカード普及率:6%)マレーシア(クレジットカード普及率:20%)といった東南アジア諸国と比べれば、シンガポールのクレジットカード普及率は高い。

ホテル・デパート・タクシー(一部)でもクレジットカードが利用できる。

クレジットカードが使えるお店

カードリーダー
シンガポールでクレジットカードが使えるお店は、年々増加している。

しかし、現地を訪れたことがない人は、どこで利用できるのかわかりにくいはずだ。

主に以下のような店舗で利用できる。

シンガポールの高島屋

シンガポール高島屋は、クレジットカード払いに対応している。

高島屋が発行している「高島屋カード(ゴールド含む)」を利用すれば、5%の割引と100円ごとに0.5%のポイントが加算(口座から引き落とされる時)。

現金の支払いでは、高島屋カードを提示すると上記のサービスが受けられる。

ただし、高島屋にあるスーパーマーケットやブランド品(エルメス・ブルガリ)を扱う店舗では、割引が受けられないため注意が必要だ。

ユニバーサルスタジオ

シンガポールのユニバーサルスタジオでも、クレジットカードの支払いが可能だ。

世界の歩き方によると、利用できるクレジットカードはAmericanExpress・JCB・MasterCard・VISAである。

病院

シンガポールでは、病院での支払い方法にクレジットカードが使える。

例えば「ニチイインターナショナルクリニック」では、AmericanExpress・JCB・MasterCard・VISA・UnionPay(銀聯/ぎんれん)に対応。

また、保険会社の「医療保険」などに加入していれば、現金を使わなくても診察が受けられる。

クレジットカードが使えないお店


シンガポールでは、クレジットカードの使えないお店もある。

特に、特定のクレジットカードブランドが使えないため、旅行する前に知ったほうが良いだろう。

タクシー・屋台・市場では使えない

クレジットカード払いが当たり前のシンガポールでも、屋台タクシーなどではクレジットカードが使えないケースもある。

ポーカーセンターやマレーシアンフードストリートなどの屋台を訪れるときは、現金を持ち歩いた方が良いだろう。

また、タクシーについては、使えないときもある。

使用できるタクシーでも、支払い方法をクレジットカードにすると「10%の手数料」がかかるため、現金での支払いがおすすめ。

JCBカードが使えない店舗も

シンガポールでは、JCBが使えない店舗が多い。

ただし、ユニバーサルスタジオシンガポールなどの観光地では、JCBが利用できるケースが多い。

シンガポールに旅行をされる方は、JCB以外のクレジットカードを用意したほうが良いだろう。

キャッシングも活用する

ATM
シンガポールでおみやげやショッピングを楽しめば、日本から持ってきた現金が足りない人もいるだろう。

このようなピンチで役立つシンガポールのATMでキャッシングする方法を紹介する。

空港などの銀行ATMで「キャッシング」

シンガポールでは、クレジットカードやATMを利用したキャッシングができる。

空港やショッピングモールといった商業施設では、ATMが設置されている。

例えば、中国銀行・CityBankといったATMでキャッシングが可能だ。

しかし、シンガポールのATMは、英語や中国語の場合が多い。

日本語のATMでキャッシングをしたい人は、CityBankのATMがおすすめ。

支払い方法による「レートの違い」

シンガポールで支払い方法をクレジットカードにすると、日本円とシンガポールドルのどちらで支払いをするのか聞かれる。

損をしたくなければ、シンガポールドルでの支払いを選んだ方が良いだろう。

なぜなら、日本円を選ぶと、支払先が決めたレートと両替による手数料がかかる。

そのため、シンガポールドルで支払うよりも、使う人の負担が重いのだ。

スキミングにも注意


日本でも起こりうることだが、クレジットカードの支払い時にはカードの情報を抜き取るスキミングの被害が考えられる。

シンガポールを含む海外ではさらに注意が必要で、スキミングの被害にあう可能性も考えられる。

そのため、スキミングされにくい「ICチップが付いたクレジットカード」をおすすめする。

クレジットカードに金色の四角いマークがあれば、ICクレジットカードである。

シンガポールで使えるクレジットカード

クレジットカード
シンガポールでカード払いをするなら、これから紹介する以下のおすすめクレジットカードを抑えたほうが良いだろう。

年会費無料で海外旅行保険が付いてくる「エポスカード」

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

エポスカードは、年会費が無料で、海外旅行で助かる保険も自動付帯で500万円まで付いている。

また、エポスカードカウンター(丸井)を利用すれば、約20分で審査と発行が終わるため、急な旅行や出張の多いビジネスマンにもおすすめのクレジットカードだ。

カードブランドがVISAのため、シンガポール以外の海外でも利用できる。

学生でも作成できるカードのため「海外旅行に行きたいけど、正社員じゃないから信用がない」と考える人にもおすすめ。

楽天スーパーポイントが貯まる「楽天カード」

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

楽天カードは、年会費無料のクレジットカード。

100円の支払いにつき1ポイントの楽天スーパーポイント(還元率:1%)がもらえるため、還元率の高いカードである。

対応ブランドも、AmericanExpress・MasterCard・VISA・JCBから選べるため、シンガポールで使いたい人は、VISAとMasterCardをおすすめ。

海外旅行保険については、20万円(持ち物に対する補償)~2,000万円(死亡した場合)と幅広い。

家族カード(無料)を所有している人にも保険が適用されるのだ。

また、海外旅行で貯めた楽天スーパーポイントは、ANAのマイルにも交換できる。

楽天市場やモバイルなどを利用すれば、飛行機代をお得にできるクレジットカードだ。

信頼と実績のある「三井住友VISAカード」

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

三井住友VISAカードといえば、小栗旬が主演するCMでも知られているクレジットカード。

スタンダードなクラシックカードは、初年度の年会費会費が無料。

2年目からは年1,250円(税別)がかかる。

マイ・ペイすリボの登録と利用をすれば無料だ。

リボ払いに抵抗がある人は、年会費の割引が受けられるウェブ明細サービスがおすすめ。

クラシックカードであれば、年500円の値引きになる。

そのため、年1,250円(税別)の年会費が750円(税別)とお得だ。

世界で使える「オリコカード・ザ・ポイント」

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドMasterCardJCB
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

海外でもお得に使えるクレジットカードが「オリコカード・ザ・ポイント」。

年会費無料で、100円の支払いで1オリコポイント(還元率:1%)が貯まる「高還元率カード」だ。

発行してから6カ月以内であれば、還元率は2%に上がるため、海外に行く直前にクレジットカードを作れば、お得にショッピングや観光を楽しめる。

オリコポイントゲートウェイを使えば、Amazonギフト券・Tポイント・WAONポイントなどに交換できるため、使い道が広がるだろう。

ただし、他社のように海外旅行保険が付かないのがデメリットである。

海外でキャッシングをするなら「セディナカードjiyu!da」

セディナカード Jiyu!da!

セディナクラシックハローキティ

好きなときに、好きなだけ、自由に払う

年会費無料で可愛いカードデザインと、女性にとってうれしいカード。

年会費無料
還元率0.5%
ポイントの種類わくわくポイント
koushiki-200-40

セディナカードjiyu!daは、年会費無料で使えるクレジットカード。

一般的なクレジットカードのような一括払いがなく、月々払い(毎月27日)よゆう払い(お金があるときに)の2種類から選べる「リボ払い専用カード」である。

キャッシングでは、一週間の無利息キャンペーンは使えないが、提携先のATMでシンガポールドルを使ったキャッシングも可能。

また、海外でのショッピングで利用すれば、商品券などに交換できるワクワクポイントが3倍になる。

Pocket
LINEで送る