エポスカードがよくわかる!即日発行、海外旅行保険、カラオケ・居酒屋優待、ポイントモールなど

Pocket
LINEで送る

エポスカードがよくわかる!

エポスカードは、マルイグループのエポスカードが発行するカード。

年会費無料最短即日発行が可能なため、気軽に作れことのできるカードだ。

マルイ・モディでの買い物でお得になるだけでなく、優待のある店舗が10,000店以上と、優待の豊富さで多くの人に人気を得ている。

また、500万円と高額ではないものの、海外旅行保険が自動付帯なので、とりあえず海外旅行前に保険付帯のカードを作っておきたいという場合にも役立つ。

基本のポイント還元率は0.5%と高くはないが、ポイントアップサイトや優待店舗の利用で大幅なポイントアップが可能。

本記事では、エポスカードのメリットを詳しく紹介すると共に、デメリットとして指摘される点をカバーする方法も解説する。

さらに、エポスカードは、ゴールドカードプラチナカードへのアップグレードを狙いやすいカードでもある。

エポスカードの上位カードは、年会費はリーズナブルなのにも関わらずサービスが非常に充実していることで人気が高い。

これら2つの上位カードについても紹介する。

エポスカードの基本スペック

エポスカード
まず、エポスカードの基本的なスペックを紹介しよう。

エポスカードは、マルイグループのエポスカードが発行するカード。

年会費は無料。国際ブランドはVISAのみだ。

カード利用200円毎に1ポイント(リボ・3回以上の分割払いは2ポイント)、エポスポイントが貯まる。

エポスポイントは1ポイント=1円相当で利用でき、基本の還元率は0.5%となる。

基本の還元率は標準的だが、会員向け通販サイト「たまるマーケット」の利用で2倍~最大30倍、会員向け予約サイト「エポトクプラザ」の利用で最大6倍のポイントアップが可能。

さらに、エポスカードは10,000店以上の店舗で優待サービスを受けることができ、料金の割引のほか、店舗によっては優待で大幅なポイントアップも可能だ。

また、年会費無料のカードとしては珍しく、自動付帯で最高500万円補償の海外旅行保険が付帯している。

エポスカードの申込は、WEBもしくはマルイ店舗内にあるエポスカードカウンターから。

いずれも最短即日発行が可能だ。

その他、追加カードとして、無料でETCカード、年会費1,000円(税込)で家族カードの発行が可能だ。

上位カードとしては、エポスゴールドカード、エポスプラチナカードがあり、インビテーションだけでなく、自ら申し込むこともできる。

こんな人におすすめ

エポスカードはマルイグループの発行するカードだが、マルイ以外にも優待サービスのある店舗が10,000店以上と非常に豊富だ。

基本スペックを見ても、バランスが良くさまざまな人におすすめできるカードと言える。

特に、はじめてカードを作る人や、2~3枚目のカードとして、以下のような人にはぴったりだ。

  • 年会費無料のカードがほしい
  • 急ぎでカードがほしい
  • マルイ・モディをよく利用する
  • 優待がお得なカードがほしい
  • ショッピングで積極的にカードを使う
  • 将来的にハイクラスカードを持ちたい

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

エポスカードのメリット

メリット

ここからは、エポスカードの特徴の中から、以下のような、「特にエポスカードを持つメリット」と言える点をより詳しく紹介していく。

マルイ・モディでお得

マルイグループの百貨店、マルイとモディでは、年4回、エポスカード会員向けの大型セール「マルコとマルオの7日間」が開催される。

このセールは、マルイ・モディ全店と、マルイのネット通販サイト「マルイウェブチャネル」での買物がほぼすべて10%OFFとなるという、非常にお得なセールだ。

また、エポスカード利用額に応じて貯まるエポスポイントは、マルイ・モディ・マルイウェブチャネルなどで1ポイント=1円相当として利用できる。

その他にもポイントの使い方はさまざまだが、マルイ・モディをよく利用するという人には、エポスカードは必須と言える。

10,000店舗以上の豊富な優待

エポスカードは、たとえマルイ・モディをほとんど利用しないという人であっても、おすすめのカードと言える。

その理由が、10,000店舗以上の店舗で受けられる優待サービスだ。

対象店舗は、居酒屋・カフェ、舞台・イベント、遊園地、カラオケ、美容院・ネイル、ジム・スパ・温泉などジャンルもさまざま。

優待の多くは料金の割引だが、カード利用時のポイントアップや、居酒屋・カフェなどの飲食店ではフードやドリンクの優待サービスもある。

また、エポスカードで決済をしなくても、カード呈示だけで優待を受けられる場合もある。

数ある優待サービスのほんの一部ではあるが、以下に人気の優待を紹介する。

モンテローザグループ(白木屋、魚民、笑笑など)

カード利用で会計額へのエポスポイント5倍

ビッグエコー

カード呈示でルーム料金30%割引orドリンクバー付・飲み放題コースお会計総額10%割引/カード利用で会計額のエポスポイント5倍

ユナイテッド・シネマ、シネプレックス

指定ホームページから映画観賞券購入でチケット料金が大人500円割引、小人200円割引

富士急ハイランド

サイト優待画面とエポスカード呈示でフリーパス大人400円割引など ※5名まで適用

ゴールドジム

カード利用で入会登録料5,000円(税抜) が無料

よしもと西梅田劇場

会計時カード提示で当日券300円割引 ※5名まで適用

東急ホテル

エポスカード専用サイトから予約の上、カード利用で宿泊料金50%~10%割引

 エポスカード優待に関しては、下記の記事でさらに詳しく紹介している。

エポスカード優待ガイド2018 10,000店舗以上からシーン別おすすめ優待特典を紹介!

即日発行可能

エポスカードは、即日発行が可能なカードだ。

方法としては、WEBから申し込んでマルイ店舗内にあるエポスカードカウンターで受け取るか、エポスカードカウンターで申込から受取まで行うかの2つがある。

WEB申込のほうが手間が少なくおすすめだが、マルイに買い物に行ったときにカードも作りたくなったといった場合は、エポスカードカウンターを利用すると良いだろう。

WEB申込は24時間可能だが、即日発行を希望する場合、エポスカードカウンターの営業時間内に受取を行う必要がある。

エポスカードカウンターの営業時間は、店舗によって一部違いがあるが、10:00~20:00というところが多い。

WEB申込では、審査結果をメールで受け取った後、受取を行う。

申込を行う人のこれまでの信用情報などにもよるが、一般的に申込から審査完了まで、30分程度を見ておけば良いだろう。

また、休日やセール時などはエポスカードカウンターも混雑が予想されるので、発行に多少時間がかかることを想定しておきたい。

店頭申込の場合、公式情報ではカード発行まで約30分となっているが、こちらも状況によって時間が延びる可能性がある。

 即日発行に関しては、下記の記事でさらに詳しく解説している。

エポスカード即日発行の手順まとめ!即日発行の注意点から対応店舗まですべて解説

海外旅行で安心

エポスカードには、自動付帯で最高500万円の海外旅行保険が付いている。

年会費無料のカードで、自動付帯で海外旅行保険が付くのはメリットとして大きい。

保証期間は、カード加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発する旅行で、1旅行につき最長90日間。

詳しい補償内容は以下の通り。

傷害死亡・後遺障害:最高500万円
傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

旅行保険の他に海外旅行をサポートするサービスとして、「緊急医療アシスタンスサービス」も利用できる。

このサービスは、海外旅行中の不慮のケガや事故、病気などの緊急時、エポスカード海外旅行保険事故受付センターにて、24時間いつでも日本語で電話対応してもらえるというもの。

国によって電話番号が異なるので、旅行前に訪問する国の番号を控えておきたい。

ゴールドカードへの招待あり

エポスカードには、ひとつ上位のカードとして、エポスゴールドカードがある。

エポスゴールドカードは通常年会費5,000円(税別)のカードだが、インビテーション(招待)を受けて申し込むと年会費が無料になる。

また、エポスゴールドカードは、信用情報に問題がなければ、収入や職業などの申込・審査の基準が一般的なゴールドカードに比べて低いと言われている。

早めにゴールドカードを持ちたいと考えるなら、エポスカードで利用実績を積もう。

エポスゴールドカードは、空港ラウンジの無料利用ができる点が、特に人気のカードだ。

その他、エポスカードよりポイントが貯まりやすい点、海外旅行保険の最高補償額が1,000万円となっている点、ゴールドカードならではの特典がある点などもメリットだ。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

デメリットをメリットに変える活用法

デメリットをメリットに変える
エポスカードに多くのメリットがある一方で、次のような点がデメリットとして指摘されることがある。

しかしこれらの点は、カードの使い方によって十分にカバーできるものだ。

基本の還元率が低め

エポスカードでは、カード利用200円毎に1ポイント(リボ・3回以上の分割払いは2ポイント)が貯まり、1ポイント=1円相当で、基本の還元率は0.5%となっている。

ポイント還元率0.5%は、特別に低いわけではないが高いわけでもなく、標準的だ。

しかし、いくつかのポイントアップの方法がある。

もっともポイントアップの幅が大きいのが、エポスカード会員向けのポイントアップサイト「たまるモール」の利用だ。

たまるモールを経由して、提携している通販サイト・予約サイトでエポスカードを利用することで、2倍~最大30倍のポイントアップが可能だ。

提携サイトは400以上。ポイント倍率はサイトによって異なるが、たとえば以下のような有名サイトも多数提携している。

  • Amazon.co.jp:ポイント2倍
  • 楽天市場:ポイント2倍
  • Yahoo! ショッピング:ポイント2倍
  • 楽天トラベル:ポイント2~4倍
  • ニッセンオンライン:ポイント3倍
  • オルビス:ポイント4倍
  • ピザハット:ポイント4倍
  • エクスペディア:ポイント6倍
  • じゃらん:ポイント3倍

実店舗でも、先に紹介した優待サービスを受けられる店舗の中で、カード利用によりポイントアップする場合がある。

また、エポスカードはETCカードを無料で発行できるが、ETCカードの利用でも本会員カードと同様にポイントが貯まる

国際ブランドはVISAのみ

エポスカードの国際ブランドはVISAのみ。

マスターカードやJCB、アメックスを利用したい人には、この点がデメリットに感じられるかもしれない。

しかし、VISAは五大国際ブランドの中でも最大の加盟店数を誇り、世界中の国・地域で利用できる。

そのため、はじめてのクレジットカードにVISAブランドが推奨されることは多い。

また、複数枚カードを持つ場合も1枚はVISAブランドのカードを持っておきたいところだ。

クレジットカードの利便性という点では、国際ブランドがVISAのみでも不便を感じることはほとんどないだろう。

国内旅行保険が付帯しない

エポスカードは、年会費無料でありながら自動付帯で海外旅行保険が付くことがメリットだが、国内旅行保険は付いていない。

あえて挙げるなら、この点もデメリットと言えるかもしれない。

ただ、クレジットカード付帯の保険は、一般的に海外旅行保険のほうが重視される。

なぜなら、海外旅行の際は国内のような保険が適用されないため、ケガや病気など病院で何らかの治療を受けると、非常に高額な費用がかかってしまうからだ。

旅行や出張、留学など海外に滞在する際は、何らかの保険に入っておくことが必須と言える。

そこで、クレジットカードの自動付帯の海外旅行保険は、カードを保有するだけで適用されるので、とても便利なのだ。

しかし、国内に関しては、旅行中であっても日常生活で病院にかかるのと同様に、保険が適用される。

クレジットカード付帯の国内旅行保険は、助かる存在ではあるが必須とは言えないだろう。

そういった意味で、エポスカードに国内旅行保険が付帯していないのは、大きなデメリットではない。

ゴールド・プラチナへのアップグレード

エポスカードは、上位カードにエポスゴールドカードと、エポスプラチナカードがある。

将来的にステータス性の高いカードを持ちたい場合は、この2つのカードについてもチェックしておこう。

いずれも一般的なゴールドカード、プラチナカードより申込や審査のハードルが低く、早く上位カードを持ちたい人におすすめだ。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
エポスカードは、ゴールドカードのなかでも年会費が安く、申し込みやすいゴールドカードとして人気がある。

エポスゴールドカードの通常年会費は5,000円(税別)だが、インビテーション(招待)を受けて申し込んだ場合、年会費無料となる。

そのため、エポスゴールドカードを所有するためには、まずはエポスカードで利用実績を積み、インビテーションを待った方が良い。

また、一般的なゴールドカードに比べてインビテーション、申込、審査いずれも基準がそれほど厳しくないと言われている。

具体的には、信用情報に問題がなく、正社員でなくとも本人や世帯主に収入があれば審査に通る可能性が高い。

エポスカードの利用実績も、少額でも継続的に利用していればインビテーションや審査通過の可能性が高い。

一方で、ゴールドカードならではのサービスは充実しており、次のようなメリットがある。

空港ラウンジの無料利用

エポスゴールドカード会員は、国内主要空港ホノルル空港(ハワイ)、仁川空港(韓国)のラウンジを無料で利用できる。

これは非常に人気のサービスで、エポスゴールド会員増加の影響で空港ラウンジが混雑するようになったと言われるほどだ。

ポイントを貯めやすい

エポスゴールドカードでは、エポスカードでは有効期限2年間だったエポスポイントが、有効期限なしとなる。

基本のポイント還元率はエポスカードと同様だが、エポスゴールドカードでは、年間のカード利用金額に応じたボーナスポイントの付与がある。

基準となる金額はそれほど高くなく、年間50万円以上で2,500ポイント、年間100万円以上で10,000ポイントが付与される。

また、マルイ・モディでのカード利用で、1回・2回・ボーナス一括払いはポイント2倍、3回以上の分割払い・リボ払いはポイント3倍となり、マルイ・モディでのお得度が増す。

マルイ・モディの利用頻度が高い人は、ぜひエポスゴールドカードを目指したいところだ。

マルイ・モディ以外でも、「選べるポイントアップショップ」というサービスにより、対象店舗から3店舗まで登録でき、登録した店舗でのカード利用はポイント3倍となる。

海外旅行時の手厚いサービス

エポスゴールドカードにも自動付帯で海外旅行保険が付いている。

しかもエポスカードでは最高500万円の補償だったのが、エポスゴールドカードでは最高1,000万円となり、全体的に補償額が上がる。

その他、国際線クローク空港宅配、Wi-Fiレンタルなどで割引サービスも提供される。

ゴールドカードだけの特典あり

エポスカードのメリットのひとつが豊富な優待だが、エポスゴールドカードでは、そこにさらにゴールドカードだけの優待が加わる。

通常の優待よりも豪華なサービスや、大幅なポイントアップ・割引が揃っているので、優待をフル活用したい人はこちらもぜひチェックしてほしい。

プラチナカード

エポスプラチナカード
プラチナカードというと非常にステータス性が高いイメージがあるが、エポスプラチナカードは、プラチナカードの中では気軽に申し込めるカードと言える。

かつてはインビテーション(招待)を受けないと申込ができなかったが、現在はインビテーションなしでも申込可能だ。

インビテーションを受けて申込をした場合、年会費は20,000円(税別)と、プラチナカードとしてはリーズナブル。

インビテーションなしだと年会費30,000円(税別)になるが、年間100万円以上の利用があれば20,000円(税別)となる。

インビテーションもしくは審査を通る基準としても、下位カードであるエポスゴールドカードで「年間100万円以上の利用」というのが、ひとつの目安となっているようだ。

また、プラチナカードに相応しく、以下のようにゴールドカード以上にサービスが充実している。

プライオリティパスが無料

エポスプラチナカード会員は、世界400以上の都市で、900以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」に無料で登録できる。

プライオリティパスは、通常年会費399USドル(4万円前後)かかる、ハイクオリティのサービスだ。

海外旅行の機会が多い人は、これだけでもエポスプラチナカード利用の価値があるのではないだろうか。

また、エポスゴールドカード以上で利用できる空港ラウンジについては、本人だけでなく同伴者1名まで無料で利用可能だ。

さらにポイントを貯めやすい

エポスプラチナカードでも、エポスゴールドカードと同じく、エポスポインが有効期限なしとなる。

マルイ・モディでのカード利用、また「選べるポイントアップショップ」登録でのポイントアップも同様。

プラチナカード限定のサービスとしては、まず、年間のカード利用額に応じて、ゴールドカードよりも多くのボーナスポイントがもらえる。

年間100万円以上の利用で20,000ポイント、200万円以上で30,000ポイントと、利用額とボーナスポイントが増えていき、最大で年間1,500万円以上の利用で100,000ポイントが付与される。

また、誕生日月には通常ポイントと同額のボーナスポイントが付与され、ポイント2倍となる。

手厚い海外・国内旅行保険

エポスプラチナカードにも自動付帯で海外旅行保険が付いており、最高補償額は1億円とプラチナカードらしい手厚い補償となっている。

さらにエポスプラチナカードは利用付帯ではあるが国内旅行保険も付き、こちらも最高補償額1億円となっている。

その他、国際線・海外でのクローク、Wi-Fiレンタルの割引が受けられるのはエポスゴールドカードと同様。

プラチナカード限定の特典

エポスプラチナカードは、プラチナカードに相応しく優待の内容もグレードアップしている。

旅行やゴルフの予約を優待価格で行える他、ハイクラスのレストランで1名分のコース料理が無料になるなど、豪華な特典が揃っている。

また、24時間体制のVisaプラチナ・コンシェルジュ・センターを利用でき、旅行の相談やレストランの予約案内など、手厚くサポートしてもらえる。

エポスNetも活用しよう

エポスNet
エポスカードを利用するなら、エポスカード会員向けWEBサービス「エポスNet」を活用したい。

エポスNetでは、以下のように、エポスカードに関する情報の確認や手続きの多くをカバーしている。

  • 請求額・利用明細の確認
  • 締め日・支払日の確認
  • 現在の利用可能額の確認
  • エポスポイントの管理
  • 支払方法の変更
  • ネットキャッシングの利用
  • 会員情報の変更

WEBサービスなので24時間どこでも利用でき、非常に便利だ。

エポスNetを利用するには、エポスカード受取後に会員登録を行う必要がある。

カードが届いたら忘れずに登録をしておこう。

カード選びに迷ったらエポス!

ここまで、エポスカードについて詳しく紹介してきた。

最後に、エポスカードで特徴的な点を簡潔にまとめると、次のようになる。

  • 年会費無料、マルイ店舗受取で即日発行可能
  • マルイ・モディで年4回の会員限定大型セールあり、ほぼ全品10%OFF
  • 10,000店以上で優待サービスあり、料金割引やポイントアップなど
  • 海外旅行保険が自動付帯、最高補償額は500万円
  • ゴールドカード、プラチナカードにアップグレードしやすい

デメリットとして指摘されがちなポイント還元率は、ポイントアップサイトや優待店舗の利用によりカバーできる。

国際ブランドはVISAのみだが、世界最大の加盟店数を誇る国際ブランドであり、利用時に不便さを感じることはないだろう。

はじめてクレジットカードを作る人には、まず、おすすめしたいカードのひとつだ。

また、まだVISAブランドのカードがない場合や、今持っているカードの利用用途が特定の店舗やサービスに偏っている場合も、バランスの良いエポスカードを持っておくと便利だ。

特に、はじめてのカード、2~3枚目のカードで迷っている人は、ぜひエポスカードを検討してほしい。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。