TOP

tsumiki証券、エポスポイントで投資可能に

2020年12月より、エポスポイントを利用した資産形成サービスがリリースされる。

丸井グループの子会社であるtsumiki証券がリリースするサービスで、エポスポイントによる投資信託の購入できるようになる。

本記事では、「エポスポイント×tsumiki証券」に加えて、他のポイント投資サービスについて解説する。

サービスの特徴

tsumiki-epos-sub1

「エポスポイント×tsumiki証券」の投資サービスで抑えておくべき特徴は下記の2つ。

  • 100エポスポイントから投資可能
  • 4つの商品から自由に購入可能

100エポスポイントから投資可能

今回発表されたtsumiki証券の資産形成サービスでは、最低100エポスポイントから投資信託を購入可能。

エポスポイントは、丸井グループのクレジットカードである以下いずれかで貯めることができる。

  • エポスカード:ポイント還元率0.5%(200円=1ポイント)
  • エポスゴールドカード:ポイント還元率(100円=1ポイント)

たとえばエポスゴールドカードの場合、1万円分カードを利用すればポイント投資ができる仕組みだ。

ポイント投資の上限は設定されていないので、100ポイント以上であれば自由に利用できる。

4つの商品から自由に購入可能

tsumiki証券で用意されている投資信託の商品ラインナップは下記の通り。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:分散安定型
  • セゾン資産形成の達人ファンド:世界成長型
  • コモンズ30ファンド:国内安定型
  • ひふみプラス:未来応援型

ひとつの商品に絞る必要はなく、複数の商品にポイントを振り分けたり、4商品すべてを購入したりも可能で、さまざまなユーザーニーズに対応できる。購入するタイミングも自由だ。

tsumiki証券の口座開設が必要

tsumiki-epos-sub2

今回の資産形成サービスを始めるためには、tsumiki証券で口座を開設する必要がある。手順は下記の通り。

  1. tsumiki証券の公式サイトにエポスNet IDでログイン
  2. 口座開設に必要となる質問に回答
  3. スマホで必要書類を撮影+アップロード
  4. 郵便物の受け取り(約1週間)
  5. 投資スタート

必要書類としては、マイナンバーカード(もしくは通知カード)と本人確認書類が必要となる。

またエポスカードの引き落とし口座が本人名義かどうかもチェックしておこう。

tsumiki証券とは?

tsumiki証券は株式会社丸井グループの子会社であり、運営する投資サービス。

クレジットカード(エポスカード)で購入できる、つみたてNISA対象の投資信託の販売を行っている。

商品は4種類で、積立分の金額はカード利用分に加算され、エポスボーナスポイント獲得に有利だ。

クレジットカードではじめるポイント投資

エポスカードのtsumiki証券以外にも、クレジットカードを利用したポイント投資は存在する。代表的なのが以下のカードやポイントだ。

  • クレディセゾン
  • 楽天カード
  • Tポイント

クレディセゾン

セゾンカードを発行するクレディセゾンには、永久不滅ポイントを活用したポイント運用サービスが存在する。

大きく分けて「投資信託コース(6種類)」と「株式コース」の2つがあり、株式コースでは実際の銘柄と連動した投資運用を体験できる。

運用口座にポイントをチャージする際は、100ポイント単位になる。

楽天カード

楽天カードや楽天関連サービスの利用で貯まる楽天ポイントは、楽天証券でポイント投資に利用することが可能だ。

投資の対象としては、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションの3種類が用意されている。

投資信託を購入することで、楽天ポイントのポイントアッププログラムである「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象にもなる。

一方、国内株式(現物)とバイナリーオプションはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象外なので要注意。

Tポイント

Tポイントは加盟店での買い物やクレジット機能付きTカードの利用で貯めることができ、投資にも利用できる。

Tポイント投資の最大の特徴は、1ポイント=1円分から始められる点。

また、株や投資信託、FXや仮想通貨など、商品ラインナップが幅広いのも魅力的だ。

「どの投資方法が自分に向いているのかわからない」という人は、Tポイント投資を試してみるのもいいだろう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る