フランス(パリ)で使用できるクレジットカードのブランドとおすすめカードまとめ!注意点は?

Pocket
LINEで送る


エッフェル塔やルーブル美術館などの世界遺産が数多くあり、留学や旅行先としても人気のフランス、パリ。

しかし、フランスでの犯罪率は決して低いものではない。

近年の犯罪発生数を数値で比較しても横ばいであり、大きな改善が見られないといえる。

そういった事情を踏まえても、海外旅行でクレジットカードを利用する機会は決してすくなくない。

そのため、現在のフランスでのクレジットカード利用や支払い方法、使用可能な国際ブランド等を中心に、フランスへの渡航時におすすめのクレジットカードをみていこう。

フランスで主に利用されている国際ブランドはVISAMasterCardだ。

日本人がよく訪れる場所であればJCBブランドにも対応している場所も少なくない。

しかし、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは免税店や外国人観光客がよく訪れる場所や一部の高級ブランドの店舗でしか利用できない場合が多いことから、VISAもしくはMasterCardを1枚以上用意しておくべきだろう。

そして、パリに訪れるためにクレジットカードを作成予定の方には、以下のカードがおすすめである。

  • セディナカードjiyu!da
  • オリコカード・ザ・ポイント
  • エポスカード
  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード

キャッシュレス事情

カードリーダー
フランスは日本よりも人口が少ない。

しかし、犯罪率は日本の3倍近くの数値が示されており、犯罪を身近に感じるといっても過言ではない。

フランスに限らず、日本人の方は、観光や外出の際には多めに現金を持ち歩く方が多いという傾向がある。

そのため、そのタイミングを狙ったスリや置き引きなどの被害に遭う方が後を絶たない。

このような実状から、フランスではキャッシュレス化が進んでいる。

フランス国民の多くはクレジットカードよりもデビットカードを使用しており、クレジットカードの普及率は2014年時点で10%だ。

ちなみに、デビットカードはカードを利用した瞬間に指定口座から利用分が引き落としされるため、クレジットカードのような使い過ぎの心配が少ないという意識が広まっている。

そのため、パリではキャッシュレスが進んでいるものの、クレジットカードよりもデビットカードの使用が主流となっているのが現状だ。

場所ごとの利用可否

決済

洋服やアクセサリーなどの店舗やスーパー、レストランやフードコート、乗車券の購入、ホテルの宿泊費、公衆電話にいたるまでクレジットカードを利用することが可能だ。

日本と違い、パリではカードでの支払いが日常的に行われている。

利用できる国際ブランドは、事前にインターネットや口コミで確認するか、店舗の入り口もしくはレジの横にある利用可否を確認しよう。

クレジットカードが利用できないケースとして、露店や屋台、タクシー、一部の地方の店舗などが多い。

また、フランスでは公衆トイレも有料で現金を入れることによって扉が開くシステムだが、公衆トイレもクレジットカード利用は不可だ。

そうした事情をふまえても、現金払いを拒否している店舗も少なくないため、1枚はクレジットカードを用意するべきと言える。

加えて、一部のホテルでは身分証明書よりもクレジットカードの提示を求められ、クレジットカードがない場合は支払い保証のための預かり金(デポジット)が必要だ。

チェックアウトの際には、デポジットとして預けた金額を無視した費用を請求されるなどのトラブルになることもあるため、クレジットカードは必要だと言えるだろう。

また、クレジットカードのタイプにはICカードタイプ磁気タイプの2種類ある。

フランスでは磁気タイプのクレジットカードでも利用することが可能であり、磁気タイプの場合はサインが必須となる。

サインを行う場合は必ず漢字を使用しよう。

しかし、磁気タイプのクレジットカードはセキュリティが低く、暗証番号入力が必要ないことから、スキミングされるリスクがあるといえるだろう。

そのため、情報を抜き取られにくいICカードを利用し、セキュリティを向上させるべきといえる。

キャッシングする方法と注意点

ATM
クレジットカード払いが可能な場所は多いものの、まだまだ現金決済を行っている場所は少なくないため、現金が必要となる瞬間が何度もあるだろう。

その際には、現地通貨を素早く入手できる方法であるキャッシングがおすすめだ。

仮にキャッシングする可能性がある場合は、事前にキャッシング枠の申し込みが必要であり契約内容の確認をしておくべきだろう。

また、パリでキャッシングを行う際に、「Plus」「Cirrus」のマークが記載されているATMを利用しよう。

2つのマークはキャッシングに対応していることを示しており、マークによって対応している国際ブランドが異なる。

「Plus」のマークはVISA系のクレジットカード「Cirrus」のマークはMasterCard・JCB系のクレジットカードが利用可能だ。

そして、キャッシングする際のATM操作手順は以下の順である。

  • 1.クレジットカードを挿入口に挿入し、言語選択。
  • 2.レシートの有無を選択。
  • 3.金額を入力。
  • 4.暗証番号を入力。

ATMの新旧や銀行によって多少手順が異なるものの、操作自体は大きく変わらない。

操作完了後はカードの次にレシート、現金の順番にATMから排出される。

キャッシングするためにはATMが必要不可欠であり、パリで過ごすのであれば苦労はしないだろう。

注意するとすれば、屋外設置のATMの利用だ。

例えば、巧妙にスキミング装置を設置し情報を抜き取るという事件が起こったこともあり、治安が悪いところでは使用しないことをおすすめする。

銀行の建物内にあるATMの使用が最も安全であるものの、トラブルとしてATMにカードが取り込まれたまま現金も排出されないことも少なくない。

そのため、パリでATMを操作する場合は、対処できる人員がいる銀行を利用することと営業時間内に操作を行うことを念頭においてほしい。

キャッシングのおすすめカード

セディナカード Jiyu!da!

セディナクラシックハローキティ

好きなときに、好きなだけ、自由に払う

年会費無料で可愛いカードデザインと、女性にとってうれしいカード。

年会費無料
還元率0.5%
ポイントの種類わくわくポイント
koushiki-200-40

キャッシングするには対応しているATMから現金引き出しが必要であるものの、両替してもらう際の換金手数料や手間、時間を大幅に削減できる。

クレジットカードで引き出す際の手数料や、利息は為替レートによって変動する換金手数料より安い。

パリでキャッシングを行う際はセディナカードjiyu!daがおすすめである。

セディナカードjiyu!daは三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナが発行しているカードであり、国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBの中から選択することが可能だ。

カードの紛失や盗難は60日間前まで遡っての補償されるため、すぐに連絡ができず利用されたとしても多く支払う必要がない。

他のクレジットカードと大きく異なる点は年会費や発行手数料だけではなく、ATM利用料も無料ということだ。

時間や場所を気にしてキャッシングをする必要がなく、実質キャッシングした金額と年利だけを支払うことになる。

また、セディナカードjiyu!daの返済方法は基本リボ払いだ。

年利は固定の18%であり毎月末日締めの翌月からの支払いとなる。

加えて、残高スライド定額リボ払いで月々返済していくだけではなく、繰り上げ返済も可能である。

借りている期間が長ければ長いほど利息が多く発生し総支払額が膨れ上がるため、なるべく短い期間での返済が望ましい。

また、セディナカードjiyu!daはPayEasy(ペイジー)サービスを使用することで繰り上げが可能となる。

フランスではPayEasyサービスのサイトが開けるため、問題なく返済が行えるだろう。

繰り上げ返済に関しては認められていないクレジットカードがある中で、セディナカードjiyu!daは便利といえるだろう。

一方、セディナカードjiyu!daの注意点として繰り上げ返済した際の履歴はカード利用明細に残らないことが挙げられる。

繰り上げ返済したことについては、証拠としてお客様控えを保存しておく必要があるだろう。

また、ATMの操作はフランス語や英語などでの表示が可能であるものの、日本語表記はない。

海外旅行保険は付帯されてなく、活躍できる場面は限られるものの、海外でキャッシングを行う場合には使いやすいカードといえる。

おすすめのクレジットカード

クレジットカード

年会費無料で海外旅行保険が付いてくる「エポスカード」

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

エポスカードは、年会費が無料で、海外旅行で助かる保険も自動付帯で500万円まで付いている。

また、エポスカードカウンター(丸井)を利用すれば、約20分で審査と発行が終わるため、急な旅行や出張の多いビジネスマンにもおすすめのクレジットカードだ。

カードブランドがVISAのため海外でも利用できる。

また、日本語対応のサポートデスクは24時間対応しており、時間を気にせず相談できるのは安心感がある。

学生でも作成できるカードのため「海外旅行に行きたいけど、正社員じゃないから信用がない」と考える人にもおすすめ。

楽天スーパーポイントが貯まる「楽天カード」

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

楽天カードは、年会費無料のクレジットカード。

100円の支払いにつき1ポイントの楽天スーパーポイント(還元率:1%)がもらえるため、還元率の高いカードである。

対応ブランドも、AmericanExpress・MasterCard・VISA・JCBから選べるため、シンガポールで使いたい人は、VISAとMasterCardをおすすめ。

海外旅行保険については、20万円(持ち物に対する補償)~2,000万円(死亡した場合)と幅広い。

家族カード(無料)を所有している人にも保険が適用されるのだ。

また、海外緊急サービスは24時間対応しており、時間を気にせずすぐに連絡することが可能である。

また、海外旅行で貯めた楽天スーパーポイントは、ANAのマイルにも交換できる。

楽天市場やモバイルなどを利用すれば、飛行機代をお得にできるクレジットカードだ。

信頼と実績のある「三井住友VISAカード」

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

三井住友VISAカードといえば、小栗旬が主演するCMでも知られているクレジットカード。

スタンダードなクラシックカードは、初年度の年会費会費が無料。

2年目からは年1,250円(税別)がかかる。

マイ・ペイすリボの登録と利用をすれば無料だ。

リボ払いに抵抗がある人は、年会費の割引が受けられるウェブ明細サービスがおすすめ。

クラシックカードであれば、年500円の値引きになる。

そのため、年1,250円(税別)の年会費が750円(税別)とお得だ。

世界で使える「オリコカード・ザ・ポイント」

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドMasterCardJCB
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

海外でもお得に使えるクレジットカードが「オリコカード・ザ・ポイント」。

年会費無料で、100円の支払いで1オリコポイント(還元率:1%)が貯まる「高還元率カード」だ。

発行してから6カ月以内であれば、還元率は2%に上がるため、海外に行く直前にクレジットカードを作れば、お得にショッピングや観光を楽しめる。

オリコポイントゲートウェイを使えば、Amazonギフト券・Tポイント・WAONポイントなどに交換できるため、使い道が広がるだろう。

ただし、保険が付帯されていないことから、使用する際には細心の注意が必要だろう。

クレジットカード利用について

フランス
パリでは、キャッシュレスが非常に進んでいると言っても過言ではない。

犯罪率の高さがキャッシュレス化に拍車をかけているともいえるものの、実際にクレジットカードのみで支払いが可能な場所が多いことは利点と言えるだろう。

また、キャッシングが必要な場面もあるものの、セディナカードjiyu!daを使用した場合、バリに滞在中であっても一括返済が可能となる。

自分のライフスタイルや訪れる場所に合わせて使用するクレジットカードを選んで行こう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る