学生のクレジットカード審査では何が見られている?審査基準や収入についてチェック

Pocket

大学生

日々の買い物や海外での利用など、学生であってもクレジットカードを持つメリットは大きく、是非ともカードを発行したいと考えている人も多いだろう。

しかし、以下のようなシーンを聞いたり、経験したりしたことがある人も少ないないだろう。

「向こうから進められてカード発行を申し込んだのに、審査に落ちてしまった」
「アルバイトでしっかり稼いでいたのに、なぜか審査に落ちてしまった」

便利な機能を多数持ったクレジットカードも、審査に落ちてしまって発行できなければ意味がない。

今回は、学生のクレジットカード審査に関する情報をまとめた。

これから発行を検討している人や、一度審査に落ちてしまって再チャレンジを検討している人はぜひ参考にしてほしい。

カード発行の際の3つの審査基準

結論から言うと、クレジットカードの審査の明確な基準はわかっていない

カード会社により審査のポイントは異なり、かつどの会社もその審査基準を公表していないからだ。

しかし、審査落ちしてしまう人の傾向をまとめると、ある程度の基準は見えてくる。

それが以下の3つのポイントだ。

1.申込者属性

その人の年収、勤続年数、居住年数といった「属性」が、一番メインの審査基準になる

クレジットとはいわば信用を担保にお金を借りる行為と言えるため、この人ならちゃんとお金を返してもらえる、と思えるかどうかが非常に重要なポイントとなる。

年収が高い人であれば貸す側も安心できるだろう。

勤続年数に関しても、長ければ長いほどその会社での地位や立場が確立しているということであり、急なリストラや転職による支払い能力の減少を心配する必要がない。

2.事故情報の有無

高額の年収があり、勤続年数も長かったとしても、過去に支払い遅延やローンの滞納があった場合は「事故情報」として登録され、審査に落ちてしまうケースもある

先ほども述べたようにクレジットカードは信用を担保にしている。

「1回や2回の失敗で…」と思うこともあるかもしれないが、貸す側から見れば、これ以上の裏切りはないと言っても過言ではないだろう。

3.過去の利用履歴

過去にカードやローンの利用履歴が全く存在していない、場合は審査の際に不利になるのである。

カードは正しく使えば使うほど信用が貯まっていく。

親と自身の信用が審査のポイント

学生の場合、基本的には初めてカードを持つことになるため、「過去の利用履歴」を審査で問われるケースはないと思って問題ない。

また「属性」に関しても、年収や勤続年数がないのが普通であるため、そこも審査基準にはならないだろう。

必然的に、本人の「事故情報」が審査で一番注目されるポイントとなる。

そこにプラスして、学生本人が未成年者の場合には、保護者である親の信用情報が加味されながら審査結果が出される

自分自身で事故情報を出さないように気を付けつつ、一方で両親にも正しいカードの利用を心がけてもらわなければならないのである。

学生が気を付けるべき事故情報のケース

それではここからは、学生本人が気を付けるべき事故情報について解説していこう。

事故情報は自分が思っている以上に簡単にできてしまうものである。

ちょっとぐらいなら大丈夫だろうなどと思うことなく、しっかり対応するようにしよう。

公共料金の支払い遅延

一人暮らしなどをしていると、どうしても「うっかり忘れ」をしてしまいがちな、電気・ガス・水道の公共料金。

督促状が届いて、慌ててコンビニに走ったという経験がある人も少なくないだろう。

実はこれらの公共料金は直接信用情報とは結び付いておらず、滞納したとしても信用情報に傷がつくことはない

会社側が信用情報機関の個人情報にアクセスするには、契約の時点で「信用情報の照会と照会登録の承諾」を取る必要がある。

しかし、東京電力や東京ガス・水道局などは信用情報機関に加入しておらず、また契約時に照会登録の承諾を求められることもない。

ただし、もしもこれらの公共料金をクレジットカード支払いで対応していた場合は、支払い遅延ということになり、信用が傷ついてしまうので気をつけよう

最悪のケースで、2枚目以降のカードが契約できなくなったり、今持っているカードの利用が制限されてしまうこともある。

家賃の滞納

家賃の滞納に関しても公共料金と同じで、それそのものがクレジットカード審査に影響を及ぼすことはない。

理由も先ほど解説したのと同じだ。

ただし、入居の契約時に「保証人として保証会社を選択した」場合は要注意

大手不動産会社では、強制的に保証会社に加入を求めるケースもあるだろう。

この場合、家賃の中に保証金が含まれることになるため、家賃を滞納するとその保証会社経由で事故情報が登録されてしまうこともある。

そもそも支払い遅延をしないようにすれば良いだけの話なのだが、十分に気を付けておきたいポイントだ。

携帯料金の支払い遅延

学生にとって一番身近で危険な存在なのが、携帯端末の分割支払金の延滞だ。

普段はあまり意識しないかもしれないが、携帯本体は機種によっては10万円以上もする高額な商品。

だからこそ多くの人は、月々の携帯使用料金と本体代金を組み合わせ、分割払いを選択している現状がある。

しかし何気なく契約をしていると言っても、それはれっきとした借入であり、法律上もクレジットカードと同様の法律(割賦販売法)が定められているのである。

よって分割金を滞納してしまうと、口座振替や払込み用紙での支払いだったとしても、信用情報に傷をつけることになる。

「携帯料金は自分で払っている」そんな学生は特に注意をしておいてほしい。

これだと審査に落ちる?よくある質問

アルバイトをしていない

学生のカード審査において、年収などの属性は重視されないため、アルバイトをしていなくても問題ない。

比較的高額な収入があるのであれば、書くことでプラスになることもあるかもしれないが、書かないことのマイナスはないため安心して欲しい。

奨学金を借りている

在学中は奨学金の返還義務がないため、審査に影響することはない。

親の収入が低い

審査の際、基本的には「本人の返済能力の有無」が重視されるが、未成年の場合は後ろ盾として、親の収入もある程度見られる可能性がある。

場合によっては審査にマイナスに影響するといえる。

もしもそういった場合には、念のためキャッシング枠を0にするなどして申し込むと良いだろう。

学生でも持てるおすすめのクレジットカード

最後に、初めてクレジットカードを発行する学生に向けて、おすすめのカードを紹介しておこう。

それが三井住友VISAカードの学生専用カードとして生まれた「三井住友VISAデビュープラス」。

VISAと三井住友の二つのブランドを持ち、社会的なステータスも非常に高いカードだ。

18歳~25歳までという利用年齢の制限はあるが、高いポイント還元率、使える店舗の幅広さ、そして海外利用もこなせるオールマイティさが魅力と言えるだろう。

審査基準も比較的優しいと言われており、まさに学生向けカードの筆頭とも言えるだろう。

三井住友デビュープラス

三井住友VISAデビュープラス

18歳から25歳が持てる限定カード!安心の三井住友VISA系列

学生、新社会人向けの三井住友VISAカードで、どこで出しても恥ずかしくない。初年度年会費無料で、翌年度以降も前年度にカードを1回でも使用すれば無料となる。

年会費初年度無料
年一回の利用で翌年無料
還元率1.0〜10.0%
海外旅行保険 -
koushiki-200-40
shousai-95-40

とにかく事故情報に注意!

クレジットカード発行の際の審査基準は大きく分けて3つ。

一つは「申込者属性」。その人の年収や勤続年数といった、社会的なステータスが審査基準になる。

そしてもう一つが「事故情報の有無」。過去に支払い遅延などがないかを調べられ、意図的なものでなくても審査が不利になるケースがあるので注意したい。

最後が「過去の利用履歴」。カードを使えば使うほど、信用が貯まっていき、より審査を通過しやすくなるというわけだ。

学生の場合、基本的には「属性」も「利用履歴」もない状態の場合が多く、「事故情報の有無」が最大の審査ポイントになるだろう。

学生がミスをしやすい事故情報は、公共料金の滞納家賃の滞納携帯代の滞納の3つ。

特に携帯代の滞納に関しては、かなり厳しいチェックをされることになるので、特に注意しておくようにしよう。

一般的に言われているような「アルバイトの有無」や「奨学金の有無」が審査に影響を及ぼすことはほとんどない。

カード会社としては、将来の優良顧客候補として、学生の登録を積極的に進めたいのが本心であり、審査基準は社会人などと比べるとかなり低いのである。

これから初めてカードを持つという人には、「三井住友VISAデビュープラス」がおすすめだ。

利用年齢の制限こそあれ、「ブランド力」「利用可能範囲」「還元率」など、すべてが高い次元でまとまっているため非常に使いやすいカードと言えるだろう。

Pocket