ApplePay対応状況まとめ(端末、交通系IC、電子マネー、国際ブランド、クレジットカード)

Pocket
LINEで送る

0060

ApplePayが登場して世間を騒がせている。まだ使いこなしている方は少ないのではないだろうか?

今回はApplePayがどういう端末で、どういうクレジットカードで利用できるのかを整理した。

国際ブランド別対応状況

クレジットカード
国際ブランド別でApplePayに対応しているかどうかを整理した。

「店舗&交通機関」は非接触ICとして利用できるかを表している。

国際ブランド店舗&交通機関アプリ内決済
JCB
Mastercard(マスターカード)
AmericanExpress(アメックス)
VISA(ビサ)×
Diners Club(ダイナースクラブ)××

店舗での利用

「店舗」とは非接触IDとしてかざすだけで決済可能かどうかを表している。

実際のところ対象のクレジットカードを店舗で使う方法はiDもしくはQUICPayに対応しているかどうかに完全に依存している。

QUICPay logo_iD100

ダイナースクラブが店舗で使えないという理由は、単純にiDにもQUICPayにも対応していないというのが理由である。

少々強引な方法であるが、ダイナースクラブもSuicaへのチャージによってモバイルSuicaとして利用することは可能となっている。

店舗でApplePayを使う場合は、QUICPayかiDを使う旨を伝えればOK。

ApplePay専用の端末があるわけではない。

アプリ内決済

現時点では少ないが、ApplePayに対応しているアプリで利用することが可能。

決済の認証にはid touchで指紋認証することが求められる。

  • giftee(オンラインでギフトを購入、送付が可能)
  • じゃらん(宿・ホテル予約)
  • 出前館(様々な出前を検索、注文可能)
  • TOHOシネマズ(オンラインでのチケット予約時に利用)

ネット上での決済

一般的なインターネットショップで利用することはできない。

ApplePayに対応した前述のアプリを使う、またはiOSのブラウザsafariを利用することで決済が可能。

端末別ApplePay対応状況

ビジネス
アプリと店舗でApplePayが使えるかどうかを一覧にした。

アプリとは前述したApplePayに対応したアプリのことだ。

iPhone

端末アプリ店舗&交通機関
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s×
iPhone 6s Plus×
iPhone 6×
iPhone 6 Plus×
iPhone SE×
iPhone5以前××

iPhone7では全て使えることは言うまでもない。

iPhone6/6 plusではアプリを使った決済として利用することは可能。

ApplePayを利用するにはまず、iPhoneの標準アプリケーション内のWalletアプリケーションに登録する必要がある。

iPhone6はアプリに登録することは可能だが、ApplePayとして店頭での決済をすることはできない。

これはiPhone6には非接触IC技術であるFelicaが搭載されていないためだ。

iPad

2014年10月頃以降にリリースされた比較的新しいiPadが対応しており、それ以前の端末は利用することはできない。

端末アプリ店舗&交通機関
iPad Pro×
iPad Air 2×
iPad Air(第一世代)××
iPad mini 4×
iPad mini 3×
iPad mini 2以前××

対応している端末についてはApp内やSafariのWeb上での支払いで対応している。

店舗や交通機関で利用することはできない。

Apple Watch

Apple Watch Series 2
Apple Watch Series 1
Apple Watch (第 1 世代)

Apple Watchを使うにはiPhone5以降とのペアリングが必要となっている。

交通系ICへの対応状況

JR改札

交通系IC店舗&交通機関
Suica(スイカ)
Pasmo(パスモ)×
PiTaPa(ピタパ)×
ICOCA(イコカ)×
SUGOCA(スゴカ)×
TOICA(トイカ)×

早い話がSuica以外の交通系ICは全てApplePayに対応していない。

今後の対応状況は注目したいところである。

電子マネーのApplePay対応状況

カードリーダー

電子マネー対応状況
楽天Edy×
nanaco×
WAON×
Tマネー×

上記のように現在主だった電子マネーにはAppleyPayは対応していない。

「楽天Edy」「nanaco」「WAON」などの電子マネーはいずれもSuicaと同様にFelicaの技術を利用している。

つまり、技術的には対応させることも可能と思われる。

今後対応させるかどうかはApple社と各電子マネー運営会社との関係から決まることになるのではないかと推測される。

今後の利用拡大に期待


交通機関や店舗でタッチしてApplePayを使うためにはiPhone 7、iPhone 7 Plus、または Apple Watch Series 2が必要。

アプリとして利用するには、iPhone6以上のiPhoneや2014年10月以降発売のiPadを利用する必要がある。

電子マネーについてはSuicaのみが利用可能で、それ以外の交通系ICや電子マネーは現時点で対応していないが、今後対応可能な電子マネーは増えると思われる。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る