iPhoneのApple PayでモバイルSuicaを使ったら世界が変わった話

Pocket
LINEで送る

JR改札

以前からiPhone8を使っていた大人のクレジットカード編集部のS氏こと筆者が、定期券を忘れたことをきっかけに、ApplePayを利用したモバイルSuicaを使うことなった。

その使い勝手があまりにも良かったので、今回はモバイルSuicaの使い方とクレジットカードチャージでお得にポイントを貯める方法を紹介したい。

モバイルSuicaの何がいいのか?

支払いを圧倒的に早く済ませることができ、Suicaカード自体が不要で小銭が不要になるというのは大きなメリットだろう。

スマートフォン一つだけで、支払いをSuicaに集約できるので、財布もスリムで、支払いもスマートに済ませることができる。

アプリから簡単にチャージできる

残高が不足している場合にアプリですぐにチャージすることができるので、残高不足にすばやく対応することができる。

乗り越し精算で列に並ぶ必要もない。

使い方はそのままかざすだけ

ApplePayは端末の電源さえ入っていれば、かざすだけで自動的にApplePayが起動し、支払うことができる。

改札を通過する時も、カバンやポケットから出してそのままかざすだけで簡単に利用することができる。

レジの支払いが他の決済サービスに比べて早い

ApplePayは、支払い方法でApplePayといっても通用することは少なく、店員さんには「QUICPayで」や「iDで」ということになる。

しかし、これらの支払い方法はレジ担当者も使うことがあまり多くないのか、一部を除きレジを打つ方のスピードも早くない。

クレジットカードはカードを読み取った後のタイムラグもあり、従業員がその場から離れれるような場合(コーヒーを注文する場合や、お惣菜を注文する場合)に若干時間がかかる印象がある。

その点、Suica、PASMOの支払いは何より店員さんの処理が圧倒的に早い。

私はレジ打ちなどしたことないが、おそらくSuica、PASMOを設定する画面はより打ちやすい位置にあるのではないだろうかと勝手に推測している。

モバイルSuicaとは?

モバイルSuicaは、カード型Suicaの機能がスマートフォンで利用できる機能のこと。

すべてのスマートフォンが対応しているのではなく、おサイフケータイ(FeliCa)に対応した端末が対象となっており、iPhone7以降の端末、Apple Watch Series 2以降の端末がモバイルSuicaの支払いに対応している。

モバイルSuica

交通機関、店舗で使えるApplePay対応端末

iPhone

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • 日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus*

AppleWatch

  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 3
  • 日本国内で販売されたApple Watch Series 2*

自動改札機の支払いや、Suicaを利用した支払いに加えて、モバイルSuicaでは、定期券の購入、オートチャージ、グリーン券の購入などカード型Suicaに比べても機能が大幅にアップしているのが特徴である。

アプリ内で利用履歴も確認可能

モバイルSuicaアプリ内では、利用履歴も確認することができる。

家計簿を後からつけている人にとっても管理がしやすい。

モバイルSuica利用履歴

モバイルSuicaの始め方

モバイルSuicaは専用のアプリをAppleStoreからダウンロードする。

手持ちのカード型SuicaをモバイルSuicaに移行するか、新たにモバイルSuicaをアプリ内で発行するかを選ぶ。どちらの方法も手数料は無料だが、カード型Suicaは移行すると元のカードに戻すことはできない

年会費はかかる?

公式サイトを見てもわかりにくいのだが、クレジットカードの利用をモバイルSuicaアプリ内で登録すると年会費が発生する仕組みとなっている。

ただし、ビューカード系の以下のカードは登録しても利用料が無料という扱いになる。

ApplePayに登録しているクレジットカードでチャージを行えば、この他のカードであっても無料で利用できる。

この他、クレジットカードを一切利用せずに、Newsdaysや銀行チャージでチャージする方法もある。

チャージの方法

モバイルSuicaには以下の方法でチャージすることができる。

  • クレジットカード
  • オートチャージ
  • 銀行チャージ
  • 現金
  • JREポイント

クレジットカード

対応している国際ブランド

  • ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JR東海エクスプレス・カード

この通り、国内で発行している主要なクレジットカードブランドはすべて網羅している。
自身のクレジットカードの右下に記載されているマークがクレジットカードブランドを表している。

モバイルSuicaでは、スマホアプリに事前にクレジットカードを登録しておくことで、いつでも登録したクレジットカードからチャージ(入金することができる。)

クレジットカードで支払う二種類の方法

  • モバイルSuicaアプリ内で登録したクレジットカードを利用する(写真左)
  • ApplePayで登録してあるクレジットカードを利用するかのどちらかである(写真右)

モバイルSuicaのクレジットカードチャージの方法

大事なことなので、強調して伝えたいが、

ApplePayに事前で登録したクレジットカードなら無料でチャージできる。

図の左にある「クレジットカードを登録」の場合は、下記で紹介するビューカード系列のクレジットカード以外はモバイルSuicaの利用料が発生するので注意したい。

なお、同一のクレジットカードを複数の会員情報に重複して登録することはできない。例えば、ApplePayのSuicaアプリケーションに紐付けたクレジットカードはモバイルSuicaのクレジットカードとしては利用することができない。

オートチャージ

オートチャージはビューカードのみ対応している。

ビューカードを持っている方は、「チケット購入・Suica管理」>SUICA管理>「オートチャージの設定」から設定することができる。

設定は1,000円単位で10,000円まで。(1日のオートチャージの上限は2万円まで)

ビュー・スイカ カード
ビュー・スイカ カード

現金でチャージ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど主要なコンビニ、イオンなどの一部の店舗など、カードタイプのSuicaと同様に現金でチャージすることができる。

駅のチャージについては、一部の駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ機でもチャージすることができる。

銀行チャージ

「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「じぶん銀行」の3つの銀行が対象。事前にモバイルバンキングの登録をしている必要がある。

ただし、引き落としには各銀行所定の手数料がかかるので、あまりおすすめできない方法である。

チャージできるクレジットカード

チャージできる国際ブランドやカードの種類は以下の通り。

  • ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JR東海エクスプレス・カード

すべてのクレジットカードでチャージをすることは可能だが、すべてのカードでクレジットカードのポイントが付与されるわけではない。

年会費無料でチャージでポイントが付与されるカード

基本的にモバイルSuicaでクレジットカードを登録して利用するにはモバイルSuicaの年会費1,030円(税込)が発生するが、以下に紹介するビューカード発行のクレジットカードは無料で使える。

しかし、公式サイトにも「当面は無料」と書いてあるのは気になるところだが。

その他チャージでポイント付与されるカード

モバイルSuicaアプリにクレジットカードを登録してチャージする場合には、(年会費1,030円(税込))が発生する。

基本的にはビューカード系以外はアプリに登録せずに、ApplePayに登録したクレジットカードを使うとよいだろう。

チャージ付与対象のカードは多くあるが、特におすすめのクレジットカードに絞って紹介したい。

オリコカード・ザ・ポイント 1.0%
リクルートカード(JCB、VISA、Mastercard)1.2%
※30,000円のチャージまで
エポスカード 0.5%
※ゴールド、プラチナカードは「選べるポイントアップショップ」に登録すれば3倍の1.5%還元

ポイント付与対象外のクレジットカード(一部)

  • 三井住友カード発行のカード
  • ソラチカカード
  • 楽天カード
  • JCBオリジナルシリーズ

※チャージによるポイント付与は、変更が激しいため、最新の情報はお持ちのカードごとに調べてほしい。

モバイルSuicaの利用でポイントは貯まるのか?

ここまではモバイルSuicaのチャージ時のポイント付与について話したが、利用したときはどうなるのか?

基本的にモバイルSuicaの利用についてはポイントは貯まらない。

しかしJR東日本が運営するJRE POINTと連結させることで、特定の利用でJREポイントを貯めるこもと可能。

ポイントを貯めるには、JRE POINTのポイントサイトで利用登録し、モバイルSuicaと紐付ける必要がある。

JRE POINT サイト

ロック画面で使えないようにする

モバイルSuicaは、iPhoneのロックなしでも使える設定と、ロック解除で使える設定を選ぶことができる。

モバイルSuicaの利用にTouchIDを利用する場合の設定

「設定」 > 「WalletとApple Pay」 > 交通系ICカード
「エクスプレスカード」の項目をオフにする。

モバイルSuicaをロック画面で使えなくする

オンにして、対象のSuicaを選択すると、かざすだけで利用することができる。

定期券としても利用できる

モバイルSuicaで定期券の新規購入、継続利用も可能。

定期券の区間を指定し、最後にApplePayか登録したクレジットカードで購入することができる。

デメリット

スマートフォンを紛失・盗難した際のダメージが大きい

Suicaと携帯が一体となって使えるのは魅力的だが、その分、紛失・盗難したときのダメージが大きい。

紛失した場合には、JR東日本の窓口で、一時停止の手続きをする必要がある。

モバイルSuicaの利用に、TouchIDを設定していれば、一時定時の手続きを遅らせることも可能かもしれないが、TouchIDなしで利用できる設定をしている場合、早急に停止の手続きをする必要がある。

電車の移動中にスマートフォンの電池が切れるとやっかい

モバイルSuicaを使うには、最低限スマートフォンの電源がオンになっている必要がある。

万が一、改札通過後に、電池が切れてしまった場合は、改札窓口で乗車区間を現金で支払うことになる。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る