JRE CARDとビュー・スイカカードの違いは?どちらのカードを作るほうがよりお得かスペックを比較!

Pocket
LINEで送る

JR改札

Suica機能を搭載できて、JR東日本沿線での電車移動や買い物がお得になるビューカード。

ビューカードにはいくつか種類があるが、違いがわかりにくいのがJRE CARDとビュー・スイカカードだ。

本記事では、ビューカードの共通点を押さえたうえで、JRE CARDとビュー・スイカカードを比較する。

2種類のカードの違いとともに、それぞれどのような人におすすめか解説していく。

JR東日本で便利なビューカード

JRE CARDもビュー・スイカカードも、JR東日本が発行するビューカードの一種だ。ビューカードに共通するメリットとして次の点が挙げられる。

  • Suica機能付で、オートチャージ可能
  • チャージ・定期券購入、加盟店利用がお得
  • モバイルSuicaに無料でチャージできる

Suica機能付で、オートチャージ可能

ビューカード最大の特徴は、クレジットカードにSuica機能が搭載されていることだ。オートチャージも可能なので、非常に便利に利用できる。

Suicaは公共交通機関のほか、駅ナカ・駅ビルの店舗を中心とした多くの加盟店での買い物に利用できる。

チャージ・定期券購入、加盟店がお得

ビューカードは、利用金額に応じてJRE POINTが貯まる。

JRE POINTはJR東日本が運営するポイントプログラムで、Suicaに1ポイント=1円単位でチャージできる。ただし、期間限定ポイントはチャージの対象外となる。

通常はビューカード利用1,000円につき5ポイントが貯まるが、定期券購入やチャージ・オートチャージではポイント3倍となり、1,000円あたり15ポイントが貯まる。

また、JRE POINT加盟店では100円利用につき1ポイントが貯まる。JRE POINT加盟店も駅ナカ・駅ビルのなかに多いので、日常的にポイントが貯まりやすい。

鉄道利用でもポイントが貯まるサービスを開始

JR東日本は、Suicaでの鉄道利用でもJRE POINTが貯まる新サービスを、2019年10月からスタートした。JRE POINT WEBサイトへ登録することでサービスを利用できる。

Suicaカードは200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント(還元率2%)で、モバイルSuicaを利用したほうがお得だ。

モバイルSuicaに無料でチャージできる

モバイルSuicaはスマホ上でSuicaが使えるサービス。そのチャージ方法としてもっとも便利なのがビューカードだ。

ビューカードは、モバイルSuicaのオートチャージ設定ができる唯一のクレジットカードだ。

また、本来モバイルSuicaの利用には年会費がかかるが、支払い方法にビューカードを登録すれば無料になる。

Android端末の場合、ビューカードはモバイルSuicaに無料でチャージできる唯一のクレジットカードでもある。

ただし、2020年2月26日以降は、ビューカード以外の登録でも年会費無料となる。

JRE CARD/ビュー・スイカカードの違い

JRE CARDビュー・スイカカード
券面ビュースイカカード
年会費初年度無料
次年度以降477円
477円
還元率0.5%~0.5%~
機能3種類から選べる
・Suica・定期券なし
・Suicaのみ
・Suica定期券付
Suica定期券付
国際ブランドSuica・定期券なし:VISA

Suica付き:VISA、Mastercard、JCB
Suica定期券付き:VISA

VISA/マスターカード/JCB
家族カード年会費477円
ETCカード年会費477円477円

年会費に大きな違いはなし

年会費は一見すると、初年度無料のJRE CARDのほうがお得に見える。

しかしビュー・スイカカードは、WEB明細サービス登録で毎月JRE POINTが50ポイントもらえるという特典がある。

年間で600円相当のポイントが受け取れることから、年会費分がポイントで充当される形になる。

よって年会費に大きな違いはないといえる。

JRE CARDは搭載機能の選択あり

JRE CARDは、搭載機能について以下の3種類から選ぶことができる。ただし、搭載機能によって選べる国際ブランドが変わる。

  • Suica機能・定期券なし(VISA)
  • Suica付(VISA、Mastercard、JCB)
  • Suica定期券付(VISA)

ビューカードは、いずれのカードもSuicaと結び付けてチャージが可能なので、Suica機能が付いていなくてもそれほど不便ではない。

ビュー・スイカカードは、すべてSuica定期券の機能が付く。

モバイルSuicaを利用する場合は、カードにSuica機能が付いているかどうかは関係ないので、どちらのカードを選んでも問題ない。

ポイントアップの条件が異なる

いずれのカードも基本的なポイント還元率は0.5%だが、それぞれポイントアップの特典がある。

JRR CARDは優待店でのポイント還元率が高く、ビュー・スイカカードは年間の利用額に応じたポイント付与がある。

JRE CARDは優待店で還元率3.5%

JRE CARDは、優待店であるアトレおよびテルミナなどで利用すると、ポイント還元率が3.5%になるのが大きなメリット。

通常の、利用金額1,000円に対して5ポイント付与に加えて、100円利用するごとに3ポイントが貯まり、還元率3.5%となる。

また、優待店のなかでも特定の店舗では、JRE CARDのクレジット決済を年間で50,000円以上利用すると、500ポイントが付与されるなどの独自の特典もある。

ポイント付与のほかに、ベビーカー貸し出し、食料品配送(アトレ吉祥寺)、即日宅配(アトレ亀戸)、本の本日宅配便(アトレ目黒)などのサービスを利用できる店舗もある。

ビュー・スイカは年間利用に応じて最大2,500ポイント付与

ビュー・スイカカードには「ビューサンクスボーナス」という制度があり、以下のように年間の利用額に応じて追加のJRE POINTがもらえる。

年間30万円:250ポイント
年間70万円:1,000ポイント
年間100万円:1,500ポイント
年間150万円:2,500ポイント

ビュー・スイカカードを固定費用の引き落としなどに利用することで、年間の利用額が大きくすることができる。

入会キャンペーンもチェック

時期によってはJRE CARDおよびビュー・スイカカードそれぞれで入会キャンペーンを行っていることがある。

たとえば2019年11月1日~2020年1月31日の期間中、カードごとに設定された条件を満たすことで、最大5,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施している。

条件はカードごとに異なるので、どちらの条件が達成しやすいかチェックしてみると良いだろう。

どちらのカードを選ぶべきか?

JRE CARDがおすすめなな人

  • JRE CARD優待店を利用する機会が多い
  • Suica・定期券・クレジットカードは別々に持ちたい
  • 家族カードは必要ない

JRE CARDは、優待店での利用で3.5%と高いポイント還元率になるのが大きい。よって、優待店を利用する機会が多い方に特におすすめと言える。

代表的な優待店として、以下の店舗がある。優待店は、駅ビルのなかにある商業施設が中心だ。アトレ、アトレヴィなどでは、各店舗で独自の特典も用意している。

  • アトレ
  • アトレヴィ
  • ペリエ
  • ビーンズ
  • グランデュオ
  • シャボー
  • シアル
  • ラスカ

また、ビュー・スイカカードは強制的にSuica内蔵型となるのに対し、JRE CARDの場合、Suicaを内蔵させない選択肢もある。

すでに定期券機能の付いたSuicaを持っていて、複数のSuicaを持ちたくないといった場合、JRE CARDのほうが良いのではないだろうか。

ただしJRE CARDでSuicaを内蔵させない場合、国際ブランドはVISAのみとなるので注意しよう。

ビュー・スイカカードがおすすめな人

  • 家族カードが必要
  • Suica・定期券・クレジットカードを1枚にまとめたい
  • 年間の利用額が多い

家族カードが必要な場合は、ビュー・スイカカードを選択することになる。通勤・通学など家族がそれぞれビュー・スイカカードを利用し、JRE POINTをまとめることが可能だ。

ビュー・スイカカードはSuica・定期券・クレジットカードが1枚にまとまっているため、カードを複数持ち歩きたくない方にもおすすめだ。

ボーナスポイント制度があるため、年間の利用額が多い方にも向いているカードといえる。

ビューカードラインナップ

ビューカードには、JRE CARDやビュー・スイカカードを始めとして、下記のようにさまざまな種類のカードが存在する。

  • JRE CARD
  • ビュー・スイカカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • ルミネカード
  • ビューゴールドプラスカード
  • JALカードSuica
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード
  • 大人の休日倶楽部ジパングカード
  • ジェクサー・ビュースイカカード

他社と提携したカードもいくつかあり、提携先の施設での利用がお得だ。

たとえば、ビックカメラやルミネといった商業施設でもお得になるカードがあり、利用する機会が多い方におすすめだ。

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラの利用で最大11.5%貯まるのが特徴。ルミネカードは、ルミネやNEWoManでの利用が、いつでも5%割引になる。

JALカードSuicaは、JRE POINTに加え、JALのマイルも貯められるカードだ。

大人の休日俱楽部は、50歳以上から入会できる旅行・ライフスタイルサービスで、プライベートを充実させたいシニア向け。

フィットネスクラブのジェクサーとコラボしたカードは、クラブ会員限定のカードで、月会費の支払いでJRE POINTを貯めることができる。

それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶと良いだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る