Suicaを使うならビューカードがお得! JRE POINTも新登場

Pocket

jre-point

通勤通学などで日常的に電車を利用する人にとって、「Suica」を利用できることもあり便利なカードとして認識されている「ビューSuicaカード」。

ビューカード

交通系ICカードJR東日本グループと提携の「ビューカード」と交通系ICカードの「Suica」が一体化したクレジットカードである。

このカードには、「ビューサンクスポイント」と「提携するお店やサービスのポイント」、さらに「Suicaポイント」と、1枚のカードに複数種類のポイントシステムが付属している。

「ポイントの二重取り」ができるお得な使い方もあって、その方法を知ればポイント還元のメリットもより多く受けられることになる。(この方法の詳細については後述)

だが裏を返せば、「ポイントは付与率も使い方もバラバラ。仕組みが複雑で、上手に使うのは難しい。」という意見があるのも事実。そこで、ここでは上手に利用し、賢くポイントを貯める方法を紹介しよう。

また、ビューSuicaカードユーザーにとって気になるニュースとして、「Suicaポイント」「ビューサンクスポイント」と統合することも検討されている、JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」についても後ほど解説する。

ビューカードのメリットや特徴

このカードの最大のメリットであり特徴でもあるのは、ごく一部の提携カードを除きほとんどのビューカードに、交通系電子マネーの「Suica」機能が付属していることだろう。もちろん定期券機能を付けることもできる。

日常的に「Suica」を利用する人にとって、もう一つ大きなメリットとなるのは、「ビューカード」から「Suica」に「Suica電子マネー」をチャージできるサービスが利用できること。

残額が一定金額に減ったところで、あらかじめ設定しておいた金額が自動的にチャージされる「オートチャージ」機能も利用できるうえ、

そのチャージ利用金額分には「ビューサンクスポイント」が通常のショッピングの3倍も付与される。(通常のショッピングは1,000円利用につき2ポイントに対し、チャージ分は1,000円利用につき6ポイント)

さらに提携クレジットカードの場合は、提携店舗の独自のポイントも貯まり、Suica電子マネーをショッピングに利用することで、「Suicaポイント」も貯まる。

1枚のカードにクレジットカード、ICカード、会員証の複数の機能が搭載され、貯まるポイントも複数に分かれているということもビューカードの特徴だろう。

国際ブランドはJCB、VISA、Masterから選択することができる。(提携カードの種類によっては、JCBだけ、VISAだけのカードもある)

ポイントの種類と付与率、還元率は?どうやって貯める?

どのポイントが、どこでどのぐらい貯まるのか、貯まったポイントはどんなことに利用できるのかをそれぞれ見てみよう。

ビューサンクスポイント*1

すべてのビューカードに付属するポイントシステム。

通常のショッピング利用時に、ビューカードで支払いすると1,000円利用につき2ポイント付与され、ETCカードの利用でも同様のポイントが貯まる。

JR東日本の窓口での切符購入や定期券の購入、Suicaチャージ、Suicaオートチャージに利用した場合は、1,000円につき6ポイント貯まる。

貯まった「ビューサンクスポイント」は、400ポイントを1,000円分の「Suica電子マネー」として「Suica」にチャージして利用することができるほか、商品券や他社ポイントサービスへの交換、Suicaペンギングッズをはじめ、さまざまな商品と交換することができる。

還元率は「400ポイントが1,000円分」と考えた場合、1.5%になる。

Suicaポイント

Webサイト「Suicaポイントクラブ」へ利用登録することで、「Suica電子マネー」を利用した際にポイントが貯まるようになる。

「Suica電子マネー」は、電車の利用時の運賃支払いだけでなく、全国の交通系ICカード利用加盟店でのショッピング利用時の支払いにも利用できる。

ポイント付与率は利用加盟店によって異なり、100円利用につき1ポイント、または200円利用につき1ポイントとなっている。(電車利用時にはポイントは貯まらない。)

貯まった「Suicaポイント」は、100ポイント以上10ポイント単位で「Suica」にチャージすることができ、1ポイントあたり1円として利用できるほか、提携する他社のポイントに交換することも可能だ。

貯まったポイントを全額チャージしたとして考えると、還元率は0.5%~1%になる。

特定の店舗やサービスを利用することで貯まるポイント

特定の店舗と提携しているビューカードは、提携店舗を利用すると、その店舗独自のポイントが貯まるシステムになっている。

なお、この「独自ポイント」と「ビューサンクスポイント」両方つくかどうかは、カードによって異なる。独自ポイントの付き方や還元率について、詳しくは後述する。

ポイントをお得に貯めるための使い方(Suicaチャージと利用でポイント二重取り)

ビューSuicaカードが人気である理由のひとつは、「ポイントの二重取り」ができることにもある。その方法について、具体的な例を挙げて説明してみよう。

まず、「Suica」は、「Suica電子マネー」をチャージして利用するICカードである。

「Suicaポイント」の項で前述したように、「ビューカード」で「Suica電子マネー」をチャージすると、「ビューサンクスポイント」が、1,000円につき6ポイント貯まる。そして、ショッピング利用時の支払いに「Suica電子マネー」を利用すると、「Suicaポイント」が100円利用につき0.5~1ポイント貯まる。

次に、全国の交通系ICカード利用加盟店で、1万円のショッピング利用した場合のときのことを考えてみよう。

ビューカードでクレジットカード払いを利用することももちろん可能である。しかし、そうすると貯まるのは「ビューサンクスポイント」20ポイント(通常のショッピングなので1,000円につき2ポイント)のみとなる。

これを、クレジットカードではなく、Suicaで支払うと、既にチャージの時点で「ビューサンクスポイント」が60ポイントついたほかに、さらに「Suica電子マネー」を利用することで「Suicaポイント」も50~100ポイント、二重で貯まることになるのだ。

「ビューカードでチャージしたSuicaをショッピングの支払いに利用する。Suicaを支払いに利用できるお店では、クレジットカード払いにはしない。」これがSuica機能つきビューカードの、究極の「ポイントをお得に貯めるための使い方」である。

JRE POINTとは?

「JR東日本グループの共通ポイント」として2016年2月23日から新たに登場したポイントサービスのこと。JREとは「JR East」の頭文字。(JRA「日本中央競馬会」とは無関係なので注意)

このポイントシステム、現在までのところは、首都圏の駅ビルそれぞれで異なるポイントが貯まる仕組みだったものが、統合されてどの駅ビルでも共通で利用できるように改善されたというのが、主な特徴でもあり機能でもある。

対象となる駅ビルは、「アトレ」「アトレヴィ」「ボックスヒル」「アトレヴィ」「テルミナ」「グランデュオ」「シャポー」。(グランデュオは2016年3月1日から、シャポー小岩は4月1日から)これらの駅ビルでのショッピングや飲食をした際、カードを提示することで100円につき1ポイント貯まる。

貯まったポイントを利用するときは、1ポイントから1円として利用可能。還元率は1.0%と低めではあるが、すぐに利用できる点は高く評価できる。(付与率が良くても、かなりのポイント数まで貯めないとポイント交換することができず、そのうちに有効期限が来てすべて無駄になってしまうようなポイントシステムよりはずっと良いだろう。)

JRE ポイントカードへの入会には、クレジットカード機能がつく「アトレビューSuicaカード」以外は、入会金や年会費は一切かからない。(「アトレビューSuicaカード」については後述する。)

申し込む駅ビルによってカードのデザインは異なるが、1枚持つとこれらどの駅ビルを利用したときにも同じ「JRE POINT」を貯めたり使ったりすることができるようになる。

「グランデュオ立川カード」「グランデュオ蒲田カード」「テルミナカード」は、各駅ビルのカード発行受付カウンターにて切り替え手続きをすることにより、これまでに貯まったポイントも「JRE POINT」として利用できるようになる。

「アトレカード」「アトレビューSuicaカード」「ボックスヒルズカード」は、切り替え手続きは不要。

以上が現在運用されている「JRE POINT」のサービスだが、このポイントシステムが話題になっている理由がもう一つある。

JR東日本グループでは、将来的に「ビューサンクスポイント」と「Suicaポイント」も、このJRE POINTへ一本化することを検討しているのだ。

ポイント付与率や使い道が統一されれば、利用者にとっては、分かりやすく使いやすくなることが大いに期待できる。ちなみに統合の時期は現時点では未定。

なお、JR東日本グループのポイントサービスにはもうひとつ、切符の予約や検索ができるサイト「えきねっと」を利用することで貯まる「えきねっとポイント」もあり、このポイントは貯まると「ビューサンクスポイント」や「Suicaポイント」に交換可能となっているのだが、現時点ではこちらのシステムとの統合は予定されていない。

個別提携カードの紹介

ビューSuicaカードにはいろいろな提携カードがある。いくつか紹介してみよう。カード選びの参考にしていただきたい。

アトレビューSuicaカード

首都圏の駅ビル「アトレ」と提携のビューカード。

アトレ内の各店舗でのショッピングに利用すると、前述の「JRE POINTカード」(無料で入会・利用可能)よりも3倍お得な100円利用につき3ポイント貯まる。

アトレをよく利用する方には特におすすめできるカード。JRE POINTが利用できる駅ビルでポイントを利用すると、還元率は3%となる。

それ以外での利用について、ビューカードに共通する「ビューサンクスポイント」の付与率と同じ。特約店での利用は、例えばENEOSサービスステーションでの給油を利用すると、1,000円利用につき4ポイントと、通常の2倍貯まる。初年度年会費無料、2年目以降は477円(税抜)。

アトレビューsuica

button_shousai3  button_koushiki3

ビックカメラSuicaカード

家電量販店「ビックカメラ」と提携のビューカード。

ビックカメラ店舗やネットショップ等でのショッピングにこのカードを利用すると、「ビックポイント」が1,000円利用につき5ポイントに加えて、「ビューサンクスポイント」が1,000円利用につき2ポイントと両方貯まる。

これでも十分にお得そうであるが、この利用方法がベストなわけではない。ビックカメラでは「ポイントの三重取り」ができる。実はビックカメラ店舗ではSuicaでの支払いも可能で、この場合は、購入金額の10%(1000円利用の場合10ポイント)の「ビックポイント」付与という高い還元率となる。

ここでさらに、Suicaチャージでビューサンクスポイントが3倍お得に貯まることを知っていれば、「ビックカメラでは、ビックカメラSuicaカードのSuica機能で支払うのが、どんな方法で支払うよりもお得」と断言さえできるだろう。

初年度年会費無料、2年目以降も「年1回クレジットカード機能を利用すれば次年度の年会費が無料」と、実質的に無料になる仕組みとなっている点もおすすめできる理由だ。


ビックカメラsuicaカード

button_shousai3  button_koushiki3

JALカードSuica

ビューSuicaカードの中で最も複雑な仕組みのカードではあるが、条件が合う人にはメリットも多いため、ぜひご紹介したいカード。

「ビューカード」と「Suica」の機能に加え、「JALマイレージバンク」と「JALカード」、そしてJAL国内線に搭乗する際に利用できる「タッチ&ゴー」サービスも付帯するカードである。

飛行機を利用して国内出張が多いような方には、電車での空港までの移動には「ビューカード」と「Suica」、空港では「JALマイレージバンク」と「タッチ&ゴー」のサービスが1枚で利用できることになり、利用価値の高いカードである。

複雑なところは、「ビューカード」と「JALカード」の使い分け。二つのカードの特約店は異なるため、JRの切符購入時に利用するときとJAL航空券等の旅行商品の購入に利用するときには注意が必要。

ここを認識して利用しないと、2倍のポイントが貯まるはずのところ、貯まらない場合もある。ビューカードのショッピング利用時は、ビューカードに共通する「ビューサンクスポイント」の付与率と同じ。

JALカードのショッピング利用時は、200円利用につき「JMBマイル」が最大2マイル貯まる。

「JALマイレージバンク」会員の特典である、飛行機利用時のフライトマイル、フライトボーナスマイルも獲得できる。「ビューサンクスポイント」と「JMBマイル」が、手数料無料で相互交換できるところも特徴である。

なお、JMBマイルは、JALグループと提携航空会社の航空券と交換できるほか、航空券購入代金の一部に充当するような使い方も可能。また様々な商品と交換したり、他社ポイントと相互交換したりすることもできる。普通カードは、初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)。

独身で国際線JALグループ便の利用が多い方には、年会費は10,000円(税抜)と高額だがCLUB-Aカードもおすすめ。

こちらはJMBマイルの付与率がぐっと高くなるうえ、傷害死亡5,000万円、治療費用150万円とまずまず頼れる海外旅行傷害保険も自動付帯する。

なお「独身で」と書いた理由は、このJAL Suicaカードでは家族カードを作ることができないため、家族のマイルを合算して利用することができない。(家族のマイルを合算したい場合には、ビューカードでもなくSuica機能もつかない「JALカード」を持つしかない。)


JALカードSuica

button_shousai3  button_koushiki3

大人の休日倶楽部ミドルカード

男性は満50歳~64歳、女性は満50歳~59歳限定で申込みができるカード。

このカードの最大のメリットは、新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上の利用で、運賃・料金が5%OFFになること、「びゅう」のパッケージツアーなど国内旅行商品が、同行者分もすべて5%OFFとなることである。

JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定のお得なきっぷやツアーも利用できる。なお「201キロ以上」とは、東京-仙台の片道や、東京-水戸の往復も該当するので、新幹線を利用しての国内旅行をよくする方には十分に利用価値は高いことになるだろう。他の付帯サービスとして、旅行傷害保険(国内(利用付帯)/海外(自動付帯))もついているが、補償内容は低めで、特筆するほどの内容にはなっていない。

通常のクレジットカードとしての利用については、ビューカードに共通する「ビューサンクスポイント」の付与率と同じ。年会費は初年度が無料、2年目以降は2,384円(税抜)となっている。


大人の休日ミドルカード

button_koushiki3

まとめ

通勤通学に電車を利用する人だけにお得、と思われていたかもしれない「ビューSuicaカード」。
Suica機能の活用範囲が広いことを知り、ポイントを最大限に獲得できるお得な利用方法と、将来より便利にお得になることが期待されている「JRE POINT」についてご紹介してみた。ご参考になれば幸いある。

*1ビューサンクスポイントは2018年6月28日より「JRE POINT」に変更される。

Pocket