楽天カード×楽天ペイ×Suicaの連携で還元率はどうなる?

Pocket
LINEで送る

2019年6月5日、スマホ決済アプリの楽天ペイと、東日本を中心に普及している交通系電子マネーのSuicaの連携が発表された。

これにより楽天ペイアプリ内からSuicaへの発行・チャージが可能になり、電車・バスなどの交通機関をはじめとする全国約60万店舗での利用が実現することになる。

連携の概要

今回の楽天ペイとSuicaの具体的な連携概要は下記の通り

  • 開始時期:2020年春(予定)
  • 内容:楽天ペイアプリでモバイルSuicaが発行可能になりチャージもできるように。鉄道やバスなどの交通機関や、Suicaの電子マネー加盟店の支払いにも利用できる。
  • 対象端末:おサイフケータイ®に対応したAndroid端末™(iOSについては検討中)

注意点として、Suicaへのチャージに使えるクレジットカードは楽天カードのみとなっている。

また連携の対象端末もおサイフケータイ®対応のAndroidのみとなっており、iOSについては検討中の段階。

今後続報が手に入り次第情報をアップデートしていきたい。

Suica連携の何がすごいのか

今回の連携により楽天ペイにモバイルモバイルSuicaの機能が搭載されるので、交通機関の利用から日常生活の利便性が格段に向上する。

楽天ペイのキャッシュレス機能とSuicaの交通カードとしての機能を、楽天ペイアプリで完結させることができるからだ。

  • コンビニでの買い物→楽天ペイで対応可能
  • 電車やバスでの移動→楽天ペイで対応可能

1つのスマホアプリで買い物から移動まで可能になるところに、今回の連携の本質が感じ取れる。

楽天ペイからSuicaへのチャージでポイントも貯まる

普段Suicaに現金でチャージしている場合、楽天ペイを利用することでお得にチャージできる。

楽天ペイからSuicaへチャージしたときに、楽天スーパーポイントが貯まるからだ。

  • 楽天ペイに登録した楽天カードからSuicaにチャージ→カード分のポイントが貯まる

楽天ペイからSuicaにチャージする際は楽天カードの登録が必要で、ポイント還元率は1.0%を考慮すると下記のポイントが貯まる計算だ。

例)楽天ペイからSuicaに1万円チャージ→10,000円×1.0%)=100ポイント

現時点(2019/6/6)でSuicaのJRE POINT利用の有無を楽天ペイ広報部に問い合わせたところ回答は得られなかったが、連携内容を考慮すると利用できる可能性は高い。

普段Suicaを利用している人は、楽天ペイとの連携でよりお得になるチャンスがあるので、今のうちに楽天ペイをインストールしておくことをおすすめする。

楽天経済圏の構築

キャッシュレス決済だけでもスマホ決済アプリ・クレジットカード・電子マネーを展開している楽天だが、楽天銀行や楽天ウォレットといったバンク機能も有しており、まさに楽天経済圏が着々と構築されつつある。

また楽天市場といった日本最大級の通販サイトの運営も考慮すると、楽天カードに楽天銀行を登録し、買い物は楽天市場で済ませるといった生活圏に食い込む流れになる可能性も高い。

1つの企業というよりもインフラとして機能している面が強く、今後楽天サービスなしでは生活できない時代がやってくるかもしれない。

【関連リンク】

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る