TOP

「Visaのタッチ決済」がApple Payでも対応開始。iD・QUICPayは引き続き使える?設定方法、使えるカードなど

2021年5月11日より、国際ブランドのVisa(ビザ・ワールドワイド・ジャパン)がApple Payへの対応を発表。これにより「Visaのタッチ決済」がApple Payでも利用できるようになった。

Apple Payとは、iPhone等を展開するApple社のウォレットアプリ。専用端末にクレジットカードを登録したiPhoneをかざすだけで支払いができるキャッシュレス決済だ。

これまでもiDやQUICPayなどを通して、VisaのクレジットカードのApple Payの利用はできたが、今回はこれらに依存することなく、「Visaのタッチ決済」端末での利用が可能になった。

つまり、iD・QUICPay加盟店での利用に加え、利用できる場所が大幅に増えたということになる。

本記事では、どのようなクレジットカードを登録できるのか、設定方法などを中心に解説する。

スピーディーな決済、オンラインでも利用可能

Apple PayがVisaに対応したことにより、利便性が大幅に向上した。

代表的なのがVisaのタッチ決済で、スピーディーさはもちろん、店員との接触機会が少ない買い物をVisa加盟店でも実現できる。


(このマークがある店舗でVisaのタッチ決済が利用可能)

また、加盟店のネット通販ではTouch IDやFace IDで承認するだけで支払いが可能だ。

セブンイレブンやローソン、イオンやイトーヨーカドー、マクドナルドやなか卯など全国チェーンを展開する店舗での利用も幅広い。

また、Apple PayにVisaブランドのクレジットカードを登録すれば、モバイルSuicaやモバイルPASMOへのチャージも可能になる。

海外の加盟店でも利用できる点もポイントだ。

もちろん、iDやQUICPay加盟店でも引き続き利用できる。

対応カード会社

VisaのApple Payは、以下のカード会社が発行するクレジットカードに対応している。

  • 三井住友カード
  • クレディセゾン
  • 楽天カード
  • ジャックス
  • アプラス
  • SMBCファイナンスサービス
  • NTTドコモ
  • エムアイカード

例えば三井住友カードの場合、スタンダードカード、ANAカード、Visa LINE Payクレジットカード(以下LINEクレカ)が対象だ。

利用可能スケジュールやその他情報に関しては、各カード会社ごとに確認する必要がある。

設定方法

VisaをApple Payに追加する場合、すでに対象のクレジットカードを登録しているかどうかで手順が異なる。

例えば、三井住友カードを新しくApple Payに追加する方法は以下の通り。

  1. Vpassアプリをインストール
  2. ログインして「Apple Payをはじめる」を選択
  3. 「Apple Payを設定」をタップ
  4. SMS認証または電話番号認証
  5. クレジットカード情報を確認
  6. 利用規約に同意
  7. 登録完了

最短1分程度で登録できる。

また、すでに三井住友カードをApple Payに登録している場合は以下の通り。

  1. iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」に進む
  2. 対象のクレジットカードを選択
  3. 「このカードを削除」をタップ
  4. 「カードを追加」に進む
  5. カード情報を読み取り、登録完了

「カードを追加」に進むと、セキュリティコードの入力画面が表示されることがある。

しかし、セキュリティコードの入力だけではクレジットカードを再設定できない。

しっかりとカード情報を読み取る必要がるので覚えておこう。

三井住友カードのキャンペーン

三井住友カードでは、期間限定でApple Pay関連のキャンペーンを開催中。

具体的なキャンペーン内容は以下の通りだ。

  • 期間:2021年5月11日~6月30日
  • 特典内容:Apple Pay(Visaのタッチ決済)の利用金額の15%、最大1,000円分をプレゼント
  • 対象カード:スタンダードカード、ANAカード、LINEクレカ

利用分のプレゼント方法に関しては対象カードごとに異なるので要注意。

スタンダードカードとANAカードの場合はVポイント還元、LINEクレカの場合は請求金額に還元される。

最終更新日:2021/05/19

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る