VISAのデビットカード、タッチ決済対応カードの発行が1000万枚を突破!記念イベントに吉田沙保里とダンディ坂野も登場

Pocket
LINEで送る

ビザ・ワールドワイドジャパン株式会社は2019年9月12日、VISAデビット、VISAのタッチ決済対応のクレジットカードの発行が2019年6月末に1000万を突破したことを記念して「Visa デビットならびにタッチ決済1,000 万枚達成記念イベント」を都内にで開催した。

スペシャルゲストとして、元レスリング選手の吉田沙保里氏と、お笑い芸人のダンディ坂野氏も登壇、キャッシュレスがいかに早くてよい決済手段であるかをアピールした。

VISAタッチをPRする吉田沙保里、ダンディ坂野

冒頭に登壇したビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 代表取締役社長 スティーブン・カーピン氏は、キャッシュレスへの道のりまだ20%と遅れていると語る。多様な決済手段が乱立しているのが原因ではないかと考えており、VISAのタッチ決済はそれを解決する手段であると豪語する。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 代表取締役社長 スティーブン・カーピン

VISAのタッチ決済とは?

VISAのタッチ決済とは、レジにあるリーダーに非接触対応のVISAカードをタッチするだけで、サインや暗証番号の入力なしに支払いがスピーディーに完了する支払い手段。

VISAタッチに対応するsquareの端末
実際にSquareの端末にVISAカードをかざすデモンストレーション

利用可能端末と店舗は急速に拡大している

VISAのタッチ決済が利用可能な場所や端末は、急速に増えており、2019年9月時点で、端末は直近6ヶ月で4倍に、発行枚数は直近6ヶ月で200%増で増えている。

三井住友カードは来年までに1000万枚の発行を目指す

パートナー企業である、三井住友カードでは、2017年7月のデビット、2019年3月から順次クレジットカードへのタッチ決済の標準搭載と開始し、現在300万枚、2020年7月までに1000万枚の発行を目指す。

三井住友カードのタッチ決済対応カード発行枚数

イオンはレジ10万台で対応可能に

イオンフィナンシャルサービス株式会社は2020年3月末までにイオングループのレジ10万台でタッチ決済が可能になる整備を進めている。

さらに発行するイオンカードにおいても、VISAのタッチ決済に対応したクレジットカードに順次切り替えており、すでに300万枚が発行されており、来年には500万枚、2021年までに1000万枚まで増やす計画という。

イオンカードは2020年までにタッチ決済対応のカードの1000万枚の発行を目指す。

拡がる利用可能店舗

VISAのタッチ決済が利用可能な店舗は、以下のような店舗で利用可能になっている。

  • マクドナルド
  • ローソン
  • TSUTAYA
  • Airport Limousine
  • メガネスーパー
  • 表参道ヒルズ
  • ぐるなびPay
  • Hotel Villa Fontaine
  • Phiten
  • KIX(関西国際空港)
  • JTB(C→REX端末の店舗)

今後はイオングループを始めとして、さらに利用可能な店舗が拡がっていく。

また、同日9月12日にタクシーアプリを展開するJapan Taxiでは、セルフレジ型マルチ端末『決済機付きタブレット』の全国での稼働が1万台を突破し、さらに、今秋よりVISAのタッチ決済に対応すると発表した。

QR決済とタッチ決済はどちらに軍配があがるのか?

各種スマホQR決済が話題を集めるなか、ジェーシービーのQUICPayや、VISAのタッチ決済など、非接触技術を利用した支払い手段も大規模な展開が進んでいる。

スマホQR決済に比べてもジェーシービーやVISAは既存の決済インフラを強みとして、一気に攻勢をかけている。

2020年のオリンピックという一つの節目に向かって、どちらが主流の決済となるのか注目だ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る