TOP

ダイナースクラブでもタッチ決済が使える?非接触で安心して支払うにはコンタクトレス決済で

ダイナースクラブカード コンタクトレス

2020年12月に日本でのカード発行から60周年を迎えたダイナースクラブ。この節目の年に、カードがリニューアルされ、コンタクトレス決済(タッチ決済)への対応が始まった。

タッチ決済を利用することで、キャッシュレス決済はより便利かつ安心なものとなる。本記事では、ダイナースクラブのタッチ決済について解説する。

タッチ決済とは?

タッチ決済とは、カードや端末を専用リーダーにかざすだけで完了する決済方法のこと。非接触決済コンタクトレス決済などとも呼ばれる。

ダイナースクラブカード コンタクトレス

クレジットカードでは、以下の国際ブランドがタッチ決済サービスを提供している。対応カードにはタッチ決済のマークが印字されている。

  • Visa:Visaのタッチ決済
  • Mastercard:Mastercardコンタクトレス
  • JCB:JCBコンタクトレス
  • American Express:アメックスのタッチ決済
  • ダイナースクラブ:ダイナースクラブ コンタクトレス

タッチ決済が使える店舗は、各国際ブランドの加盟店のうち、タッチ決済の専用リーダーが設置されている店舗。対応店舗にはタッチ決済のマークが掲示されている。基本的に1万円の支払いまでは暗証番号入力やサイン不要で利用できる。

タッチ決済の通信規格

タッチ決済には「NFC」という通信規格が使われており、NFC決済と呼ばれることもある。NFCは「Near Field Communication=近距離無線通信」の略だ。

NFCにはいくつかの規格があり、タッチ決済では「NFC Type A/B」または「NFC Type F(Felica)」が使われている。世界的に主流なのはNFC Type A/Bだが、日本国内ではNFC Type F(Felica)が主流。

具体的には、国際ブランドのタッチ決済サービスはNFC Type A/Bだが、Suicaや楽天Edyのような日本国内でのみ利用できる電子マネーのICカードはNFC Type F(Felica)だ。

NFC Type A/Bはセキュリティ面が強く、NFC Type F(Felica)は通信スピードが早いという特徴がある。

ダイナースクラブのタッチ決済について

ダイナースクラブでは、「ダイナースクラブ コンタクトレス」と呼ばれるタッチ決済サービスを提供している。対応カードは以下の通り。

  • ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード
  • ダイナースクラブ コンパニオンカード
  • ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

※上記に付帯する家族カード、ビジネス・アカウントカード、リボルビングカードも対象。
※SMBC信託銀行との提携で発行されたカードも対象。

Apple PayやGoogle Payで使える?

ダイナースクラブカード自体がApple Payに登録可能であるため利用可能。

Apple Pay・Google Payは、対応している電子マネーやクレジットカードを登録して、iDもしくはQUICPayを利用して対応店舗で決済を行う仕組みだ。iD・QUICPay加盟店で利用できる。

クレジットカードのタッチ決済が対応カードで直接決済を行っているのに対して、Apple Pay・Google PayはiD・QUICPayを経由する仕組みになっている。

そのため、ダイナースクラブ コンタクトレスの機能としては、Apple Pay・Google Payで使うことはできないので違いを覚えておこう。

使える店舗

ダイナースクラブ コンタクトレス(タッチ決済)は、ダイナースクラブ加盟店のうち、専用のカードリーダーを設置している店舗で利用できる。

対応店舗のレジやカードリーダーにはタッチ決済マークが掲示されているので確認しよう。

2021年2月時点で、ダイナースクラブ コンタクトレスが利用できる店舗は以下の通り。

コンビニエンスストアセブン-イレブン
セイコーマート
ドラッグストアサンキュードラッグ
スーパーマーケットイトーヨーカドー
コンフォートマーケット
ヨークフーズ
ヨークプライス
ヨークベニマル
ヨークマート
商業施設・ショッピングセンターアークヒルズ(一部除く)
ヴィーナスフォート(一部除く)
表参道ヒルズ(一部除く)
京都ヨドバシ
虎ノ門ヒルズ(一部除く)
六本木ヒルズ(一部除く)
旅行・交通グリーンキャブ
名鉄タクシー
東京無線
アミューズメントバンテリンドーム ナゴヤ

コンパニオンカードでもタッチ決済に対応

ダイナースクラブカードでは、コンパニオンカードとして以下のカードを年会費無料で所有できる。

  • ダイナースクラブカード:TRUST CLUB プラチナマスターカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード:TRUST CLUB ワールドエリートカード

TRUST CLUBプラチナマスターカード TRUST CLUB ワールドエリートカード

コンパニオンカードはMastercardの加盟店で利用でき、Mastercardのタッチ決済にも対応している。ダイナースクラブが使えない場面でも利用できることが多いので、発行しておくと便利だ。

コンパニオンカードでは利用金額に応じてダイナースクラブ リワードポイントが貯まるので、ポイントをまとめて貯めることができる。

また、Mastercard上位グレードのカード保有者に対して提供されるプログラム「Mastercard Taste of Premium」も利用可能だ。

ダイナースクラブカードで快適なキャッシュレスライフを

ダイナースクラブは、2020年12月で日本でのカード発行から60周年を迎えた。

そのタイミングでカードデザインがリニューアルされると共に、タッチ決済に対応を開始した。タッチ決済を利用することで、支払いがよりスピーディーになる。

また、リニューアル後のカードは、カード番号や有効期限が表面ではなく裏面に記載されたナンバーレスカードとなっている。

これにより、決済時にカード情報が盗み見されるリスクが低減し、セキュリティ面が強化された。

ダイナースクラブを活用することで、日常の決済がより快適になるはずだ。

【60周年記念キャンペーン!】 
オンライン新規入会で初年度年会費無料
期間:2021年3月31日まで

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

クレジットカードの最高峰

最高の瞬間を味わう。グルメサービスが充実、高級ホテルのポイントも利用可能

年会費24,200円(税込)
還元率0.4%
旅行保険海外旅行:最高1億円(利用付帯)
国内旅行:最高1億円(利用付帯)
ダイナースクラブカードの公式サイトを見る
shousai-95-40
シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る