TOP

ファミマTカード ファミリーマートでいつでも2%還元!Tポイントが最も貯まるクレジットカード

ポイントをとにかくTポイントに集約させたい人に特におすすめ

ファミマTカードは、とにかくファミリーマートをよく使うという人におすすめのカード。

通常還元率は0.5%だが、ファミリーマートでのクレジット決済では2.0%となり、Tポイントが貯まる。

また、ファミペイにチャージできるクレジットカードでもある。

ファミマTカードのポイントシステムはTポイント。加盟店舗が多く、使い勝手の良いポイントサービスだ。

貯まったポイントはTポイント連携店舗で1ポイントから使うことができる。

公式サイトを見る

メリット

  • 年会費無料
  • ファミリマートでポイントが貯まりやすい
  • Tポイントを集約できる
  • ファミペイにチャージ可能
デメリット

  • ファミリーマートを利用しない人にはメリットがない
  • 国内・海外保険付帯なし
  • 初期設定はリボ払い

ファミマTカードの特徴

ファミリーマートでポイント還元率2.0%

利用金額に応じてTポイントが貯まる。基本は200円(税込)につき1ポイントで還元率0.5%となっている。

ファミリーマートでは本カードでクレジット決済をすることで、利用金額200円(税込)につきショッピングポイントが1ポイント、クレジットポイントが3ポイント加算され、合計4ポイントで還元率2%となる。

高い還元率のカードで1.0%と言われているところ、ファミリーマートで2.0%の還元を受けられるのは大きいだろう。

Tポイント集約、TSUTAYAレンタルサービス追加が可能

ファミマTカードで貯まるTポイントは、加盟店が多く使い勝手の良いポイントだ。Tポイントを集約するのにも、ファミマTカードは便利。

TSUTAYA店舗で手続きをすることで、ファミマTカードにTSUTAYAレンタルサービスを追加することも可能だ。

また、Tポイントが貯まるということで人気のウエル活でも活躍できるだろう。

ファミペイで支払うより高還元

通常は200円(税込)につき1ポイント付与の還元率0.5%だが、ファミリーマートでの決済では利用金額200円(税込)につき合計4ポイント、つまり還元率2%と高還元率になる。(内訳:ショッピングポイント1ポイント+クレジットポイント3ポイント)

ここで一点、気をつけておきたいのが、ファミペイにチャージして利用する場合、1.5%還元しか付与されないということ。つまりファミペイでの決済より、ファミマTカードで直接支払ったほうが断然お得となるということだ。(内訳:チャージ0.5%+ファミペイ決済0.5%+Tポイント提示0.5%)

また、ファミペイへのチャージではFamiPayボーナス0.5%還元があるものの、Tポイントが貯まらないので二重取りはできない。

以前はクレジット機能のないポイントカード「ファミマTカード」も発行できたが、現在新規発行は終了している。その代わりとなるのがスマホ決済アプリファミペイともいえる。

CHECK POINT

  • ファミペイにチャージするより直接カード支払いがお得
  • ファミペイへのチャージで付与されるのはFamiPayボーナス

初期設定に注意

本カードは、初期設定では月々の支払い金額が固定されるリボ払い方式となる。

ただし、全額払いも指定できるので、リボ払いを避けたい人は忘れずに支払い方法を「全額支払い」に指定しておこう。

電子マネー

・ファミマTカードiD
おサイフケータイに搭載する「ファミマTカードiD」へも無料で加入が可能。

追加カード

ETCカード

入会金・年会費無料で持つことが可能。

カード詳細情報

年会費無料
還元率0.5~2.0%
ブランドlogo_jcb
電子マネーiD
ETC無料
家族カード
国内保険
海外保険
ポイント種類Tポイント
ポイント交換1ptから
その他条件達成でTポイント2,000円分プレゼント

(発行会社:ポケットカード株式会社)

公式サイトを見る

申し込み条件

18歳以上の(高校生を除く)の方が対象なので、学生や主婦の方で申し込み可能だ。

ファミリーマートのコンビニ、ツタヤなどでの利用を想定したカードなので、多くの人が気軽に申し込むことができる。

ネットからの入会で最短2週間でカードが届く。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る