JCBカードエクステージ 29歳以下限定で学生や10代もOK!年会費無料でポイントもじゃんじゃん貯まる

Pocket
LINEで送る

JCBカードエクステージ  

29歳以下限定!「年会費無料・保険付帯・ポイントが貯まる」の三拍子

JCBカードを20代でも持ちやすくしたJCBカードエクステージは、18〜29歳以下の方は持っておきたい一枚。

年会費は無料。

さらにエクステージだけのポイントアップがあり、入会3ヶ月までポイント3倍、入会後4ヶ月移行は1.5%と、他のカードと比較してもかなり高い還元率になる。

海外旅行保険も最高2,000万円まで付帯と、メリットしかなく持っておいて損するこはない。

また、学生や10代、収入が不安定な方でも持つことが出来るので、海外旅行や留学に行く際は入会しておきたい。

ただし、5年後の更新時に30歳を超えた場合、JCB一般カード ORIGINAL SERIES(年会費1,250円)に自動で切り替わる。

だからといってJCB一般カード更新前に退会した場合、カード発行手数料2,000円(税別)が発生してしまうため、「ずっと無料」で持てるわけではないのが難点だ。

どうしても「年会費無料で特典が充実しているカード」にこだわるなら、エクストラステージではなく、39歳以下限定のJCB CARD Wを申し込みするといい。

いずれにせよ、カードエクステージはより限定的で、保証やポイントの貯まりやすさに申し分ないので、一度申込みしてみることをおすすめする。

メリット

  • 学生でも申し込み可
  • 入会から3ヶ月間ポイント3倍!
  • 4ヵ月以降はポイント1.5倍!
  • 海外旅行保険も付帯
  • 海外利用では常にポイント2倍
デメリット

  • 国内保険は付帯していない

公式サイトを見る

おすすめポイント

  • ステータス性・特典・使いやすさを備えたカード<
  • エクステージだけの特別ポイント
  • 海外保険があるので海外でも使える

ステータス性・特典・使いやすさを備えたカード

ゴールドカード

使うシーンを選ばない万能なカード

和を貴重としたカードフェイス。

JCBが出しているプロパーカードだけあり、ビジネスシーンからプライベートまで、どこでだしても恥ずかしくないステータス性がある。

また、カードフェイスに20代など若さを思わせるデザインはないので、スマートに利用することが出来る。

海外にも広がる利用可能店舗

国内ブランドJCBは日本国内であればほとんどで使えることはもちろんのこと、台湾やシンガポール、バンコクなど海外でもJCBが使える店舗は年々増え続けている。

2014年現在加盟店は2,856万店舗にもおよび、特に日本人が良く訪れるエリアであればJCBは問題ないだろう。

とくに最近ではアジア地域での展開に力を入れており、今後ますます利用可能店舗は広がるだろう。

機能のバランスが秀逸

ポイントの貯まりやすさ・使いやすさ・保険や電話サポート、ETCや家族カードまで、最低限クレジットカードに求められる様々な機能をバランスよく持っているので、クレジットカードを持つなら1枚だけという方でも安心出来る。

さらに、エクステージでは、入会後の3ヶ月間は3倍、4ヶ月以降も1.5倍、海外では常に2倍のポイントが貯まる。

年会費も無料なので、年間利用額が少ない方でも安心してカードを持つことが出来る。

海外保険があるので海外でも使える

大学生や専門学校の学生でも29歳以下の方であれば申し込むことが可能。

海外旅行留学海外出張海外研修などの際に一枚持っておくと安心だろう。

ポイントシステム

Bonus cubes


1000円利用ごとに1 Oki Dokiポイント(5円相当)が貯まるので、通常の還元率は0.5%になる。

ポイントを貯める

以下のJCB オリジナル シリーズパートナーで利用すると、スターバックスの以下の店舗などで通常の2倍~5倍のポイントが貯まる。

JCBオリジナルパートナー

また、JCBのショッピングモール Oki Dokiモールを経由すると、以下の店舗でもお得にポイントを貯めることが出来る。

楽天市場2倍
ベルメゾンネット2倍~
Yahoo!ショッピング2倍~
DHCオンラインショッピング2倍~

ビックカメラ.com ジャパネットたかたメディアミックスショッピングショップチャンネル髙島屋オンラインストアSEIYUドットコムファンケルオンラインジョーシンヤフオク!LOHACO / ORBIS / ニッセンオンラインExpedia Japanオンワード・クローゼット ほか

Amazonがオトク!

JCBエクステージカードはAmazonでの買い物の還元率が最大で2.5%にもなる。Amazonが発行しているAmazonマスターカードでも1.5%の還元率なので、いかにお得であるかが分かる。

各サービスの還元率を整理した。

サービス通常還元率パートナー
加算
入会後3ヶ月間合計還元率
Amazon0.5%1.0%(3倍)1.0%2.5%
セブンイレブン0.5%1.0%(3倍)1.0%2.5%
イトーヨーカドー0.5%1.0%(3倍)1.0%2.5%
スターバックス*0.5%5.0%(10倍)1.0%6.5%
サービス通常還元率パートナー
加算
4ヶ月目以降合計還元率
Amazon0.5%1.0%(3倍)0.25%1.75%
セブンイレブン0.5%1.0%(3倍)0.25%1.75%
イトーヨーカドー0.5%1.0%(3倍)0.25%1.75%
スターバックス*0.5%5.0%(10倍)0.25%5.25%

*1 店舗でのクレジットカード支払いではなく、事前にキャンペーンに登録し、オンラインでスターバックスカードへチャージする必要があるので注意。

注目すべきはAmazonの2.5%還元(入会後3ヶ月間)だろう。スターバックは最大で3.5%の還元率にもなる。ただ、コーヒー代はそこまで高額になることはないので、お得さは限られている。

4ヶ月目以降であっても、1.75%の還元率となっている。Amazonクレジットカードの1.5%還元と比べても優位性は高い。

海外ではいつでもポイント2倍!!
海外の加盟店で利用すると面倒な手続きなしでポイント2倍獲得できる。

ポイントを使う

さまざまなポイントプログラムに交換が可能なので、あなたの使いやすい形でポイントを使うことが出来る。
特に交換レートが良い以下のポイントがおすすめ。

  • nanaco
  • スターバックス

他にもさまざまなポイントに移行可能

logo_JCBOS2

この他にもJCBギフトカード現金キャッシュバックなどがある。

他にもディズニーリゾートのチケットなどにも交換できる。

充実の保険


JCBオリジナルのクレジットカードの最大の特徴の一つでもあるのが充実の保険だろう。

年会費無料でここまで保険が充実しているのも29歳以下限定のカードだからこそと言える。

海外旅行障害保険

最高2,000万円の旅行保険が付帯している。

このレベルの保険が付帯しているのはJCBオリジナルシリーズだからこそだろう。

他にも、傷害治療・疾病治療費用(100万円)、賠償責任(2,000万円)、携行品損害、救援者費用などの補償にも対応している。

これらは、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」で支払った場合に適用されるので、注意しておこう。

また、適用される期間も出発から3ヶ月間なので、長期の出張や旅行・留学などの場合保険が切れる可能性もあるので期間にも注意が必要。

ショッピングガード保険

JCBカードで購入された品物を、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高100万円まで補償してくれる。

セキュリティ

インターネットなどで不正利用が発覚した場合は、調査の上請求が取り消されるので、インターネットで買い物をしたい場合でも安心して利用できる。

MyJチェックに登録しよう
「カードご利用代金明細書」の郵送をやめて、インターネットで確認できるサービス。

さまざまなポイントサービスや保険がこのMyJチェックに登録があることを前提にしているので、忘れないように必ずチェック登録するようにしよう。

その他

選べるカードデザイン

通常デザインはQuickPay一体型が選択可。

ディズニーデザインはミッキーマウスがデザインされている。

ただし、こちらはQuicPay一体型は選べない。

QUICPay

年会費無料
後払い式電子マネーQUICPayは、SuicaやPasmoと同じようにコンビニなどでタッチで支払いを済ませることが出来るので便利だ。

カード詳細情報

年会費無料
※初回カード更新時までに退会の場合、発行手数料2,000円
還元率0.5%〜3.5%
ブランドlogo_jcb
電子マネーQUICPay
ETC無料
家族カード無料
国内保険
海外保険最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類OkiDokiポイント
ポイント交換1ptから
その他インターネット入会で2,000円分のギフトカード

(発行会社:株式会社ジェーシービー)

公式サイトを見る

その他

申し込み条件

18歳以上29歳以下(学生も含む)
※ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
(高校生除く)

発行スピード

インターネットからのお申し込みで最短3営業日で発行。

初回更新時(入会から5年後)

入会から5年後の初回更新時に、自動的にJCBカード(一般カード)に切り替わる。

切り替え前に退会した場合、JCBエクステージカードの発行手数料2,000円が発生する。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。