楽天ゴールドカード 楽天の利用で5%の高還元率!切り替えてもっとお得に、楽天カードとの違い

Pocket
LINEで送る

楽天ゴールドカード

楽天の利用で最大5%の還元率!
余計なサービスを削ぎ落としたコストパフォーマンス重視型のゴールドカード

楽天ゴールドカードは、楽天カードと楽天プレミアムカードの中間に位置するゴールドカードである。楽天の利用で5%還元が得られ、利用可能額が最高200万円になるなど、楽天のヘビーユーザーに最適なカードとなっている。

年会費は2000円(税抜)とゴールドカードの中では最安クラスだが、海外旅行傷害保険や空港ラウンジの利用が可能になっているなど充実したサービスはおすすめ。

楽天ユーザーで、高い還元率と同時に、海外旅行傷害保険、空港ラウンジなどのトラベル特典の利用を求める方には最適な一枚となっている。

楽天カードを利用していることで、楽天ゴールドカードへの切り替えのインビテーションが来ることもある。ただし、インビテーションがなくても、自分で申し込むことも出来る。

【期間限定キャンペーン!】   
新規入会&1回利用で最大8,000ポイントプレゼント!!
メリット

  • 国内の空港ラウンジが年2回無料
  • 楽天市場で最大5%還元
  • ETCカード年会費無料
  • 利用限度額が最高200万円
デメリット

  • 楽天プレミアムカードで付帯している以下の機能が付帯していない
  • 国内旅行傷害保険
  • プライオリティパス

楽天ゴールドカードの公式サイトを見る

最大5%の高還元カード

基本ポイント還元

楽天市場で買物をすると、5%の還元を得ることが出来る。

ポイント5倍の内訳
・楽天市場の通常のお買い物 +1倍
・楽天カード利用ポイント +2倍
・楽天ゴールドカード利用ポイント +2倍

5倍=5%還元となるため、100円につき5ポイントが貯まる計算。

楽天市場以外でのクレジットカード利用でも1%還元が得られるので、楽天で買物をしない時でも高還元でポイントを貯めることが出来る。

楽天SPUで最大ポイント16倍

楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天の様々なサービスを利用することで、月単位でポイント倍率が最大16倍まで上がるプログラムのこと。

楽天ゴールドカードを利用することで、+5倍までが自動的に達成される。

※楽天SPUにおける楽天ゴールドカードの達成内容
・楽天市場利用:+1倍
・楽天カード:+2倍
・楽天ゴールドカード:+2倍

楽天ゴールドカードを持つことで、楽天カードの+2倍も付与されるため、全部合わせると+5倍という計算になる。

楽天ゴールドカードは合計ポイント最大5倍

楽天ペイでさらにお得!

スマホQR決済の楽天ペイにも紐付けることができる。楽天カード(楽天ゴールドカード)を楽天ペイに紐付けることで、さらに還元率を得られることが出来る。

2019年9月までは5%の還元キャンペーンも開催している。※要エントリー

楽天ポイントの使い道は?

楽天ポイントの一番分かりやすい使い方は、そのまま楽天市場で商品を購入するときに利用すること。

1ポイント1円で商品の代金に充当出来る。

その他、街中でもポイントを利用することが可能。
楽天ポイントは、以下の様な店舗で利用可能。

楽天ポイント利用可能店舗

ここに掲載されている以外にも、レストランやドラッグストアなど、幅広い店舗で利用可能となっている。

ポイントに交換する

楽天ポイントは楽天EdyとANAマイルに交換出来る。

楽天ポイント 1ポイント → 楽天Edy 1円
楽天ポイント 2ポイント → ANAマイル 1マイル

楽天Edyへの交換は等価なので問題ない。ANAマイルへ移行する場合は、実質50%減となるため、あまりおすすめはできない。

ただし、ANAマイルは国内特典航空券に交換する前提とすると、1マイルの価値は2円以上になるため、実質的な目減りはしない。とはいえ、そこまでANAマイルを貯めたい方であれば、他にもANAマイルを効率的に貯める方法はあるため、楽天カードでポイントを貯める必要はない。

楽天証券で投資に回す

楽天スーパーポイントは楽天証券を経由することで、投資の資金として利用することも出来る。

おすすめは投資信託で、楽天SPUのアップの条件にもなっている。

利用可能額は最大200万円

利用可能額は、通常の楽天カードの最大100万円に対して、最高200万円に増額されている。

高額な決済が多い方に最適なカードとなっている。

実際の上限額は独自の審査基準に応じて決まるため、各人で異なる。

トラベルサービス

空港ラウンジ

楽天ゴールドカードの大きなメリットの一つが国内の空港ラウンジを年2回まで無料で利用できることである。

実は以前は、回数の制限なく利用可能だったが、2018年6月に年2回までの上限が設定された。

利用可能な空港ラウンジは、国内線の主要空港のラウンジと、ハワイ・ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを無料で利用することが出来る。

利用可能な空港ラウンジ

<北海道>
新千歳空港 函館空港
<東北>
青森空港 秋田空港 仙台国際空港
<北陸>
新潟空港 富山空港 小松空港
<関東>
成田国際空港 羽田空港(※)
<中部>
中部国際空港セントレア 富士山静岡空港
<近畿>
関西国際空港 伊丹空港 神戸空港
<中国>
岡山空港 広島空港 米子鬼太郎空港
山口宇部空港 出雲縁結び空港
<四国>
高松空港 松山空港 徳島阿波おどり空港
<九州>
福岡空港 北九州空港 大分空港
長崎空港 阿蘇くまもと空港 鹿児島空港
<沖縄>
那覇空港
<海外>
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 韓国/仁川空港

羽田空港国際線と成田空港のラウンジは利用できないので注意。

旅行保険

海外旅行保険は付帯しているが、これは通常の楽天カードでも付帯しているサービスなので、ゴールドカードならではというサービスではないが、それでも海外旅行保険が付帯しているのは安心出来る。

保険の適用には、旅行の出発前に移動手段の一部を1円以上決済することが条件の利用付帯となっている。

死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:20万円
救援者費用:200万円

なお、国内旅行保険は付帯していない。

トラベルデスクで安心

ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点の現地デスクが様々なトラブルなどに対応してくれる。

・緊急時の対応
パスポード・カードの紛失や盗難、病気やけが

・現地情報の紹介
都市・観光情報

・各種予約
レストラン・オプションツアーの紹介

ハワイの楽天ラウンジが利用可能

楽天カードを持っていると、楽天が運営しているハワイの楽天カードラウンジを利用することが出来る。

どちらも日本語ですべて対応してくれ、ドリンクサービスなどが利用できるため、ハワイを訪れたらおすすめのスポットである。

楽天カード ワイキキラウンジ

楽天カード ワイキキラウンジ

ワイキキラウンジでは以下のようなサービスが利用出来る

・ホットコーヒー、冷たいジュースの提供
・Wi-Fi
・ラウンジ内トイレ
・マッサージチェア
・お荷物当日中預かり
・PC/プリンター
・傘貸し出し

お子様連れのお客様へのサービス
・キッズスペース
・授乳室
・おむつ交換台
・ベビーカー貸出し ※数に限りがございます。

楽天カード アラモアナラウンジ

楽天カード アラモアナラウンジ
楽天アラモアナラウンジは2019年8月8日にオープンしたラウンジで、アラモアナセンター内にある。

楽天カードラウンジには、上級カード会員の専用スペース「Premium Room」があるが、楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードが対象で、楽天ゴールドカードでは残念ながら利用できない。

付帯する機能

楽天Edyも搭載

楽天ゴールドカードには、楽天スーパーポイントの他に、楽天Edyの機能が搭載されている。

楽天Edyはプリペイド型の電子マネーで、PRONTなどでお得に使うことが出来る。

ETCカード

楽天カードでは有料だったETCカードは楽天ゴールドカードから無料になる。

これは楽天ゴールドカードの大きなメリットと言える。

通行料金100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる。

あんしん機能

クレジットカードの盗難や不正に対するサポートも充実している

安心制度
・カード盗難保険
・カード利用お知らせメール
・ネット不正安心制度
・本人認証サービス

楽天ゴールドカード持つべき?

楽天ゴールドカードは、年会費2000円は発生するが、楽天市場内で5%還元が得られるなど、ポイント還元で優遇されているのが大きな魅力だろう。

国内空港ラウンジが利用可能とはいえ、本格的な海外旅行だと少しスペックが寂しい感じで、上位の楽天プレミアムカードを選びたい。

楽天市場をよく利用する方や楽天SPUで上位の還元率を手軽に得たい方に特におすすめしたいカードと言える。

公式サイトを見る

カード詳細情報

年会費2,000円(税抜)
家族会員500円(税抜)
還元率1.0%~5.0%
ブランドブランドロゴ
電子マネー楽天Edy
ETC無料
家族カード500円(税抜)
国内保険
海外保険最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類楽天スーパーポイント
ポイント交換1ptから
その他

(発行会社:楽天カード株式会社)

国際ブランドのAmericanExpressは選べない

楽天ゴールドカードに対応している国際ブランドはVISA、JCB、マスターカードの種類のみ。楽天カードで利用できたアメックスブランドは選択できない。

関連する記事

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る