TOP

楽天ゴールドカードの審査に通るにはココをチェック!審査落ちが不安という方へ

ゴールドカード
楽天ゴールドカードは楽天カードの上位カードで、年会費2,000円という低価格で気軽に申し込めるゴールドカード。

本記事では、楽天ゴールドカードの審査について、公開情報や口コミからわかる基準と、審査に通るために気を付けるべき点をまとめた。

楽天カード自体に審査に厳しい印象はないが、楽天ゴールドカードの審査が不安な方や、落ちてしまったという方は参考にしてほしい。

申込・審査のハードルは比較的低いはず

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、年会費2,000円(税別)というゴールドカードとしては格安の年会費で、気軽に申し込めるゴールドカードだ。

ポイントアッププログラムである楽天SPUのポイントアップの対象で、楽天ゴールドカードを利用して楽天市場で買い物をすると、ポイントが+2倍となる。

楽天ゴールドカードの申込・審査のハードルは比較的低いといわれ、20歳以上で過去に重度の返済遅延などがなければ、派遣社員・自営業・パート・アルバイトなどでも審査に通る可能性がある。

公開情報から推測する審査基準

一般的にクレジットカードの審査条件は公開されておらず、楽天ゴールドカードもその例外ではない。

しかし、申込条件やカードの機能、口コミなどからある程度推察が可能だ。まずは公開されている情報から審査の条件を推測したいと思う。

楽天アカウントが必須

そもそも楽天カードは申込時に楽天アカウントでのログインを求められる。ある意味、楽天会員であることが必要な資格といえる。

これは推測だが、会員期間が長い方が、より多くの行動データを楽天カードが取得しているはずなので、有利に(あるいは不利に)働く可能性もある。

入会条件は年齢のみ、職業・収入は関係ある?

楽天カードの入会条件は以下のように記載されている。

20歳以上(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます)

まず、職業などの指定はない。主婦や学生でも申込みは可能と考えてよい。実際にネット上で審査に通ったとの声がある。

また、年収についても言及はない。以前は「安定した収入がある」という条件も入っていたが、2019年8月時点ではなくなっている。

そのため、年収が少なかったり不安定だったりしても発行可能ということなのかもしれない。

ショッピング枠は関係なさそう

クレジットカードのなかにはショッピング枠の下限が設定される場合があるが、楽天ゴールドカードには設定されていない。

古いネットの記事を見ると設定されていたような記述もあるため、以前はあったのかもしれないが、現在は設定されないと考えられる。

申込の入力項目からわかること

楽天ゴールドカードは、Web上の申込ページから、次の4つのステップで行う(すでに楽天カードを持っている場合、基本情報は入力済みの状態であるため、入力の必要はない)。

  1. 基本情報の入力
  2. 勤務先情報の入力
  3. 口座情報の入力
  4. 同意・確認

まず、「1.基本情報の入力」で注意したいのが、「お勤め先について」の項目だ。ここでは以下の3つの選択肢がある。

  • お勤めの方(家賃収入含む)
  • 年金受給の方
  • お勤めされていない方

ここで、派遣社員・アルバイト・パート・自営業、また家賃収入がある場合は、「お勤めの方」を選択するよう注意書きがある。

次の「2.勤務先情報の入力」では、勤務先情報の入力が必須となっており、「年金受給の方」「お勤めされていない方」は申込を進めることが難しい。

「家賃収入、自営業の方」の場合は、勤務先情報の入力について別途案内があり、申込を進めることができる。

ここからわかるのは、なんらかの仕事をして収入がある人でないと、楽天ゴールドカードの申込を進めることができないということだ。

ただし、それは派遣社員・アルバイト・パート・自営業、また家賃収入でも問題なく、正社員・公務員とあまり区別されないということがわかる。

なお、楽天ゴールドカード申込の入力項目には「世帯年収」を入力する項目もある。そのため個人の収入の大小は問わず、世帯として見られることがわかる。

楽天カード 世帯年収

審査に通るために重要な点

審査に通る可能性を上げるために、申込時の入力においてできることもある。それをまとめた。

正確な情報を入力する

審査に通るための大前提として、情報を正確に入力することが大切だ。故意でなくうっかり情報入力を間違えることも、審査に悪影響なので避けたい。

楽天ゴールドカードの申込は、最初に楽天アカウントでログインを行い、楽天会員情報が入力された状態となっている。

会員登録時点から情報が変わっているところがないか、また、そもそも登録内容に間違いがないかきちんと確認しよう。

あるなら固定電話を記入

電話番号の入力では、必須の電話番号1(自宅・携帯いずれか)と、任意の電話番号2(携帯)とがある。

もし自宅に固定電話がある場合は、電話番号1に記入し、携帯電話番号は電話番号2に記入しよう。

固定電話は携帯電話よりも信用力が高く、法人カードなどでは、携帯電話のみでは審査に通らないケースもある。

個人のカードで携帯電話のみということが問題になることはまずないが、固定電話があるならば入力しておいたほうが、審査に良い影響を与える可能性が考えられる。

預貯金額の選択

楽天ゴールドカードの申込では、預貯金額を以下いずれかから選択する。

  • 300万円以上
  • 200万円~299万円
  • 100万円~199万円
  • 50万円~99万円
  • 10万円~49万円
  • なし
  • 申告しない

ここでは、「預貯金額のうち、1年間にクレジットの支払いに充てることが可能な金額」を選択する。

嘘の申告は絶対に行ってはならないが、できるならば「なし」「申告しない」は避けたい。

特に、他の条件が審査に不利な場合、預貯金額が高いほうが、少しでも審査に通る可能性を上げることができる。

カード入会後の利用目的

楽天ゴールドカードの申込では、「カード入会後の利用目的(複数回答可)」として、以下2つを選択できる。

  • 普段のお買物等に利用
  • 現金のお借り入れ等に利用

審査に通ることを考えるなら、「普段のお買物等に利用」のみを選んだほうが良いし、そもそもクレジットカードはショッピング利用を主目的とするものだ。

現金の借り入れができるのは、あくまでも副次的な機能であり、そのためだけにカードを作るのは避けたほうが良いだろう。

キャッシング枠を利用しない

楽天ゴールドカードの申込では、「カードのキャッシング枠」として、以下いずれかを選択することになる。

50万円/40万円/30万円/20万円/10万円/5万円/0円

他の条件が不利な場合、また、キャッシング利用予定がないのなら、キャッシング枠は「0円」にすることをおすすめする。

キャッシングを希望する場合、高い返済能力が求められ、審査が厳しくなってしまう。

なお、キャッシング枠の設定については、カード発行後でも変更できる。

他社からの借入金額

楽天ゴールドカードの申込では、「他社からの借入金額」を入力する欄がある。

この欄には、利用中の他社キャッシング、その他無担保のローンの借入件数・金額・返済額(銀行からの借入、住宅ローンは除く)を記入する。

借入がないほうが審査には有利だが、嘘を記入するのは絶対に止めよう。

クレヒスの重要性

過去5年間のクレジット利用履歴が確認できるクレジットヒストリー(クレヒス)に支払い遅延の記録が残っていると、審査で不利に働く。

楽天カードの審査について調べていると、過去に返済遅延を起こした人でも審査に通った例があるのだが、複数回・重度の遅延を起こしてしまうとまず難しいだろう。

また、遅延した支払いが残っている状態でクレジットカードに申し込むと、まず審査落ちするので、まずはきちんと支払いを済ませよう。

楽天市場での行動履歴にも注意

過去に楽天市場のサービス内で、問題のある行動(支払いが滞る)などの行為があった場合は、信用情報がきれいでもカードの審査に落ちる可能性がある。

過去に審査上良くない使い方をしたことに見に覚えがある方は、違うアカウントを作ることも検討したほうが良いかもしれない。

一般的なクレジットカードの審査

楽天ゴールドカードに限らず、一般的にクレジットカードの審査は、「3C」と呼ばれる下記3つの観点から、返済能力の確認が行われる。

  • Capacity(資力)
  • Character(性格)
  • Capital(資産)

しかし、それぞれの点について、どの程度で審査に通るのか、審査の厳しさはカードによって差がある。特に、Capacity(資力)に関しては、カードによる差が大きい。

一般的に審査に不利と思える状況の人でも、自分に合ったカードを選ぶことで、審査落ちを回避することができるのだ。

Capacity(資力)

「Capacity(資力)」では、収入と借入について、職業、勤務先、年収、借入額などの確認が行われる。

基本的に申込時の記入内容に基づくが、本人や勤務先への電話確認が行われることもある。

一般的に、正社員・公務員など、いわゆる安定した職業で、大企業・高年収のほうが審査に有利だ。

一方、派遣社員、自営業、アルバイト、パートなどは、審査に不利なことが多い。

Character(性格)

「Character(性格)」では、信用機関に記録されている、クレジット利用履歴(通称「クレジットヒストリー」)の確認が行われる。

クレジットヒストリーでは、過去5年間の記録を確認でき、支払い遅延などの記録があると審査に不利になる。

また、過去にクレジット利用履歴のない、「スーパーホワイト」と呼ばれる状態も、ある程度の年齢になると不利になる。

Capital(資産)

「Capital(資産)」では、返済の担保となり得る資産について、預貯金額・不動産などの確認が行われる。

これも、「Capacity(資力)」と同様、申込時の記入内容に基づいて行われる。

預貯金額が高かったり、自宅を所有していたりすると、審査で有利になる。

楽天ゴールドカードの申し込み

楽天ゴールドカードは、いつ申し込んでもお得なキャンペーンを開催している。現在開催しているキャンペーンはこれ。

【キャンペーン】
新規入会&1回利用で5,000円相当のポイントがプレゼント!

キャンペーン期間中に申し込むことをおすすめする。

楽天ゴールドカード 申し込み

楽天カードで実績を積む

楽天ゴールドカードの下位カードである楽天カードを利用していて、そこから楽天ゴールドカードに切り替えると、審査が早く、審査に通る可能性も高いといわれる。

楽天カードは、年会費無料で、楽天市場でポイント3倍、最高2,000万円の海外旅行保険が利用付帯するなど、優れた機能のクレジットカードだ。

楽天ゴールドカードの審査に不安がある場合は、まずは楽天カードでしっかりと利用実績を積むと良いだろう。

楽天カード 公式サイト

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る