楽天ゴールドカードのメリットと審査基準まとめ!空港ラウンジ利用特典が魅力

Pocket
LINEで送る

ラウンジ
年会費無料で高還元率のカードとして利用者が非常に多い楽天カード。

他のクレジットカードと同様、楽天カードでもグレードアップが可能で、上位カードとして楽天ゴールドカードがある。

楽天ゴールドカードは、年会費2,000円(税抜)と一般カード並みの年会費で持つことができるゴールドカードだ。

還元率も高く、キャンペーンなどポイントアップの機会も多いので、非常にお得なゴールドカードと言える。

一方で、ゴールドカードに相応しく、空港ラウンジの利用海外旅行保険の付帯などサービスは充実している。

さらに、専業主婦や学生でも申込可能で、審査も一般的なゴールドカードに比べ厳しくないと言われる。

こういった点から、収入面などで審査に不安があるが、ゴールドカードを持ちたいという人におすすめのカードなのだ。

また、家族カードも発行可能で、ポイントの合算や、本会員と同様の海外旅行保険の補償など、こちらも魅力的だ。

本記事では、そんな楽天カードのメリットについて詳しく解説すると共に、申込資格と審査条件についても掘り下げていく。

楽天ゴールドカードの5大メリット

楽天ゴールドカードにはさまざまなメリットがあるが、特に本カードならではのメリットと考えると、次の5つが挙げられるだろう。

圧倒的に安い年会費

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円(税抜)

ゴールドカードとしては破格の安さで、一般カード並みの年会費と言える。

通常、ゴールドカードの年会費は10,000円前後が妥当な範囲だ。

その上で、年会費に見合ったサービスがあるかが、切り替えを検討する大きなポイントとなる。

そこで、楽天ゴールドカードは、年会費が安い分サービスは劣るのではないかと思われるかもしれないが、そんなこはない。

詳細は後述するが、ゴールドカードに相応しいサービスを受けられるのだ。

空港ラウンジの無料利用

楽天ゴールドカードを保有していれば、国内主要空港の他、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)、仁川国際空港(韓国)のラウンジを年2回無料で利用できる。

国内主要空港は、成田や羽田、関西国際空港を始めとして下表のように各エリアのメインの空港でほぼ使える。

        

エリア対象の空港
北海道新千歳空港
函館空港
東北青森空港
秋田空港
仙台国際空港
北陸新潟空港
富山空港
小松空港
関東成田国際空港
羽田空港(※)
中部中部国際空港セントレア
近畿関西国際空港
伊丹空港
神戸空港
中国岡山空港
広島空港
米子鬼太郎空港
山口宇部空港
四国高松空港
松山空港
徳島阿波おどり空港
九州福岡空港
北九州空港
大分空港
長崎空港
阿蘇くまもと空港
鹿児島空港
沖縄那覇空港

(※)羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは利用不可。

混雑を避けてゆっくり過ごすことができ、電源なども備えている空港ラウンジは、長いフライトを控えた旅行者にとってありがたい存在だ。

なかには軽食やアルコール類の無料サービスを受けられるところもある。

移動で空港を利用する機会の多い人にとっては、空港ラウンジ利用だけでゴールドカードを持つ意味があると言えるのではないだろうか。

安心の海外旅行保険

空港ラウンジと合わせて、旅行の機会が多い人のニーズが高いのが旅行傷害保険実だ。

楽天ゴールドカードは、利用付帯で最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付いている。

海外旅行保険の補償内容の詳細は以下の通り。

傷害死亡・後遺障害:最高額2,000万円
傷害治療費用:1事故の限度額200万円
疾病治療費用:1疾病の限度額200万円
賠償責任(免責なし):1事故の限度額2,000万円
救援者費用:年間限度額200万円
携行品損害(免責金額3,000円):年間限度額20万円

また、海外旅行保険と合わせて旅行時に活用できるのが、トラベルデスクだ。

ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点に現地デスクがあり、緊急時の対応や現地情報の提供、予約手配などに対応している。

実質無制限のポイントが高還元率

楽天ゴールドカード利用により貯まる楽天スーパーポイント。

その有効期限は、最後のポイントを貯めた月を含めた1年間となっている。

特筆すべきが、ポイントを新たに貯めると、それまでに貯めたポイントの有効期限も1年間延長されるということだ。

これは、有効期限が実質無制限と言えるだろう。

また、もともとポイント還元率の高い楽天ゴールドカードだが、さらにポイントアップの企画やキャンペーンが実施されている。

楽天市場での買い物については、スーパーポイントアッププログラム(SPU)により、普通に買い物をするだけで5倍のポイントアップが可能。

楽天市場以外でも、以下のように楽天関連のサービスでポイントアップが可能だ。SPUのポイントアップ条件をすべて満たすと、楽天市場では最大16倍のポイントアップになる。

楽天トラベル:最大2倍
ポイント加盟店:最大3倍
Rakoo(ラクー)加盟店:最大2倍

また、定期的に開催される楽天市場の「楽天スーパーSALE」では、店舗ごとに設定されたポイント倍率や、さまざまな条件をクリアすることで、大幅なポイントアップが可能だ。

追加カードもお得

楽天ゴールドカードでは、家族カードを年会費500円(税抜)/枚で、5枚まで発行できる。

申込対象は「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)」。

家族カードは>本カードとポイントを合算できる他、相互にポイント移行も可能。

家族カードを活用することにより、ポイントを効率的に貯め、使うことができる。

また、海外旅行保険について、本会員が旅行代金を楽天ゴールドカードで支払えば、家族カード保有者も補償対象となる。

家族カードの他に、さらに追加カードとしてETCカードを無料で発行できる。

通行料金100円につき1ポイントが貯まるので、有料道路の利用が多い人はぜひ活用したいカードだ。

楽天ゴールドカードの審査は厳しくない

審査に通りやすい
楽天ゴールドの申込資格として必要なのが、「年齢が20歳以上であること」「安定した収入があること」の2点。

審査基準は公開されていないが、審査自体は難しくはないと推察される。

カードによっては、申込時の条件として「勤続年数○年以上」「30歳以上」「年収500万円以上」といった厳しい条件を設定しているところもある。

申込条件が厳しいということはそれだけ審査も厳しくなり、申込条件が緩いところは審査の間口も広いと考えられる。

楽天ゴールドカードの申込フォームには世帯年収を入力する箇所がある。

そのため、自身に収入がない専業主婦でも、配偶者に収入があれば申込は可能だ。

学生不可という制約もないため、アルバイトなどでそれなりの収入を得ていれば、学生でもゴールドカードを持てる可能性がある。

入手しやすくメリットの多いゴールドカード

ここまで紹介してきたように、楽天ゴールドカードはゴールドクラスのカードの中でもとりわけ安い年会費が魅力だ。

申込条件も厳しくなく、審査も厳しくないと推察される。

一方で、カードに付帯するサービスは充実しており、空港ラウンジの無料利用海外旅行保険の利用付帯は特に役立つ。

ゴールドカードを持ってみたいが、年会費は抑えたいという人に、楽天ゴールドカードはぴったりだ。

楽天市場を始めとして楽天関連のサービスをよく利用する人ならなおさらだ。

また、ゴールドカードを申し込むには審査が不安という人も、楽天カードであれば審査を通る可能性が上がる。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天市場で最高7.0%還元が得られる、ハイパフォーマンスゴールドカード

年会費を抑えながら、還元率や補償、空港ラウンジなどゴールドカードとしての性能を大幅にアップさせたゴールドカードだ。

年会費2,000円(税抜)
還元率1.0%〜7.0%
旅行保険海外:2000万円(利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る