楽天カードの申し込み方法まとめ!新規入会キャンペーンもチェック!

Pocket
LINEで送る

3分で分かる
年会費無料高還元率のクレジットカードとして人気の楽天カード。

楽天グループのサービスをよく使う人はもちろん、はじめてクレジットカードを作る人にもおすすめだ。

申込・審査の基準が比較的低いため、審査に不安がある人にもおすすめできる。

審査にあたっては、職業や年収よりも、クレジットカードの利用実績、信用情報が重視される傾向にあるようだ。

ただし、クレジットカードの利用履歴がない「スーパーホワイト」の状態は、不利になりにくい。

楽天カードの申込はWeb受付のみで、楽天会員への登録が必要だ。

申込自体は簡単だが、審査が気になる場合は、職業や年収など、情報入力の際にいくつかのポイントがある。

また、新規入会でポイントが付与されるキャンペーンが頻繁に開催されており、時期によって獲得ポイントが異なるので、申込みの際はチェックしよう。

本記事では、楽天カードの申込方から審査の基準、審査を通るためのポイントと、お得なキャンペーンと申込時期について解説する。

申込前の準備

楽天カードに申し込むためには、楽天会員に登録する必要がある。

会員登録は無料で、楽天公式ページの会員登録フォームから行える。

楽天会員になると、楽天会員IDが発行され、パスワードを登録する。

楽天カード申込は、この楽天会員IDとパスワードでログインした上で行うことになる。

また、楽天カードの申込時には以下の情報も必要になる。

  • 住所、電話番号、居住年数、他社借入額など個人情報
  • 勤務先の住所、電話番号
  • 年収、世帯収入
  • 引き落とし口座の支店番号、口座番号

正確な情報を入力できるよう、免許証や会社の名刺、通帳などを事前に準備しておこう。

申込の流れ

申込
楽天カードの申込はインターネットのみの受付となり、店頭や郵送、電話での申し込みには対応していない。

申込からカード到着までの流れは以下の通り。

  1. 楽天カード公式サイトにアクセス
  2. 「申し込みボタン」をクリック
  3. 「楽天カードに入会ボタン」をクリック
  4. 「楽天会員ログイン」をクリック
  5. 楽天カードの入会フォームに必要な情報を正確に入力
  6. 審査通過後、発行手続き完了のお知らせメールが届く
  7. 本人限定郵便でカードが郵送される
  8. 免許証やパスポートなど本人確認書類を配達員に提示、カード受取

なお、カード申込時または後からでも選択できるが、利用明細はWeb明細をおすすめする。

Web明細は無料で登録でき、いつでもクレジットカードの利用状況を確認できるのでとても便利だ。

また、紙の利用明細は郵送手数料として月額80円が徴収されるので、Web明細のほうがお得だ。

審査の基準

審査
楽天カードの入会条件は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」

専業主婦やアルバイト、パート、学生も可と明記されており、申込・審査のハードルが比較的低いカードとされている。

審査基準は公表されていないが、楽天カードに申し込んだ人の体験談や口コミでは、年収100万円程度のフリーターや派遣社員、期間工、収入が不安定なトレーダー、年金受給者や60歳以上の人でも審査に通ったという話も見受けられる。

ただし、過去にクレジットカードやローンで金融事故を起こしている人は要注意だ。

楽天カードの審査では、クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報を重視している。

どれだけ年収が高く安定した職業についていても、過去に支払い遅延自己破産などの経験があると、審査に通過することが難しくなる。

支払い遅延はクレジットカードだけでなく、携帯電話の割賦販売や奨学金も対象となるので気を付けよう。

また、多重債務者リボ払いの未払残高が多い人も審査で不利になりやすい。

一方で、一般的にクレジットカードの審査で不利と言われる、カードの利用歴が一切ない「スーパーホワイト」と呼ばれる人は、楽天カードの審査では大きく不利にはならないとされている。

一般的に、30代以上でスーパーホワイトの場合、過去に何らかの問題があったとみなされクレジットカードの審査に通過しづらくなってしまう。

しかし楽天カードでは、他の条件に大きな問題がなければ、40代、50代のスーパーホワイトであっても審査に通過したという例が見られる。

楽天カードは、長年クレジットカードを使ってこなかった人が、クレジットヒストリーを積み上げたいというときの最初の1枚としても最適と言える。

審査~発行までにかかる時間

楽天カードの審査は、早い場合は申込から10分程度で審査通過の通知メールが届くこともあるようだ。

審査が早い場合としては、次のような条件が挙げられる。

  • 公務員・正社員などで安定した収入がある人
  • クレジットカードの利用実績があり、支払い遅延などの問題がない人

一方で、個人事業主やフリーターなど収入が安定していない職業の場合、返済能力を慎重に審査するため1週間程度かかることもあるようだ。

また、職業に関わらず、過去にクレジットカードやローンの滞納などで金融事故を起こしている場合も審査に時間がかかり、審査落ちの可能性もある。

カードの発行スピードは1週間~10日間とされており、審査が早く完了することで発行も早まる。

審査に通りやすくなるポイント

上記の審査の基準を踏まえた上で、楽天カードの審査において、以下の点に気を付けることで審査に通りやすくなるとされる。

携帯電話より固定電話

電話番号は携帯よりも固定電話の方が高く評価される傾向にある。

固定電話を持っている場合はそちらの電話番号を入力するようにしよう。

職業の選択

職業入力では、できる限り「無職」の入力を避けたい。

ただし、無職でも実家暮らしで世帯収入に問題がなく、返済能力が認められればカードが発行される可能性は高い。

また、大学生・専門学生はアルバイトをしていても「学生」と入力、主婦はパートをしていても「主婦」と入力することをおすすめする。

専業主婦の場合は配偶者が審査対象となるので、配偶者の収入に問題がなければ審査に通過するのは難しくない。

年収は手取りでなく税込

年収欄は、手取りの年収ではなく必ず「税込の年収」を記載しよう。

勤続年数が1年未満の場合や、正確な年収が分からない場合は、想定される年収を入力して問題ない。

預金はすべての口座を

預貯金額は一つの口座の金額だけでなく、保持しているすべての口座の合計金額を記入しよう。

収入がない人や収入が低い人の場合、預貯金額が重視される。

合計金額を入力することで審査通過の可能性を高めることができる。

キャッシング枠をつけない

クレジットカードで現金を借りる「キャッシング枠」を希望しないことで、審査に通る確率を上げることができる。

なお、キャッシングは年収の3分の1までを借り入れられるという仕組みなので、収入のない学生や専業主婦はキャッシング枠がつけられない。

審査状況の照会

楽天カードの審査状況はWeb上で確認することができる。

まず、申込完了時に届くメールに記載のURLもしくは楽天カード公式サイトの「カードお申し込み中の方」より、確認ページへアクセスしよう。

アクセスしたページには、「カード申し込み受けつけID」「生年月日」「電話番号の下4桁」の入力欄があり、これらを入力して「発行状況の確認」を押すと審査状況の照会ができる。

入会するならこの時期がお得


楽天カードでは、頻繁に入会キャンペーンを行っており、入会のタイミングに気を付けることで、お得にポイントを獲得できる。

2016年・2017年の実績でいうと、新規入会で8,000ポイントがもらえるキャンペーンが年4~5回開催された。

楽天スーパーセールが行われる前月の2・5・8・11月はキャンペーンが実施される傾向にある。

また、新規入会で7,000ポイントがもらえるキャンペーンも、月1回程度実施されてきた。

タイミングは毎月バラバラではあったが、こまめにキャンペーン情報をチェックしてタイミングを逃さないようにしたい。

その他、それ以外の期間のほとんどは、新規入会で5,000ポイントがもらえるキャンペーンが行われている。

楽天カードを作ろう

年会費無料で高還元率のカードとして人気の楽天カード。

申込・審査の基準が比較的低く、多くの人が発行しやすいクレジットカードだ。

一般的なクレジットカードでは審査に通りにくい、学生専業主婦、フリーターなども楽天カードでは審査に通る例が多い。

また、クレジットカードの利用履歴のない「スーパーホワイト」の人でも審査に通りやすいと言われ、クレジットカードヒストリーを積むための最初のカードとしてもおすすめだ。

ただし、どれだけ年収が高く安定した職業についていても、過去にカードやローンの支払い遅延があるなど、信用情報に問題があると審査に大きく不利になってしまう。

申込は楽天カード公式サイトから。楽天会員への登録が必要となる。

申込みの際は、開催中のキャンペーンをチェックしよう。

楽天カードでは、新規入会でポイントがもらえるキャンペーンがほぼ常時行われている。

年に4~5回は8,000ポイント、月に1回は7,000ポイント、その他の期間も5,000ポイントはもらえる。

はじめてカードを作る人、審査に不安がある人、楽天グループのサービスをよく利用する人など、ぜひ楽天カードを検討してみてほしい。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。