一般の楽天カードからは想像もできないほど高ランク!「楽天ブラックカード」はどんなカード?スペックや特徴、メリット・デメリットまでを徹底調査!

Pocket

ブラックカード

楽天カードには、最上級のカードである楽天ブラックカードが存在する。

楽天カード会員限定のインビテーション(招待)制のカードのため、存在を知らない人もいるかもしれない。

本記事では、楽天ブラックカードのスペックや付帯サービス、審査などについて紹介する。

スペック

楽天ブラックカードの主なスペックは、以下の通り。

還元率

通常利用では100円あたり1ポイントが貯まり、還元率は1%。

ただし、楽天市場を利用した場合は5%の還元率となる。

年会費

毎年32,400円(税込)の年会費がかかる。

ただし、初年度のみ年会費無料。

国際ブランド

Mastercard、JCBのいずれかから選ぶことができる。

家族カード

2名まで無料で発行できる。

なお通常の家族カードには珍しく、楽天ブラックカードは同性のパートナーも対象となっている。

利用可能額

300万円~1000万円。入会時の審査により決定する。

申し込み方法

楽天ブラックカードは、楽天カード会員を対象としたインビテーション(招待)制のカードである。

楽天カードの利用者の中から選ばれた会員だけに、楽天ブラックカードの案内が郵送やメールで届くようだ。

入会希望者はそこに書かれた方法で、申し込みをおこなう。

あくまで招待制であり、基本的に自分から能動的に申し込むことができないカードである点には注意しよう。

申し込み条件

楽天ブラックカードはインビテーション制のため、公式に定められた条件などはない。

楽天側から選ばれ、案内が送られてきた会員のみ、楽天ブラックカードの申し込み条件を満たしているということになる。

「〇〇万円以上楽天カードを利用すれば案内が来る」「年収が〇〇万円以上ならばカードを作れる」などの基準はないということは知っておきたい。

インビテーションを受けるためには

楽天ブラックカードのインビテーションを受けられる可能性があるのは、以下のカードを持つ会員のみである。

・楽天カード
・楽天ゴールドカード
・楽天プレミアムカード

もちろん会員になったからといってインビテーションが届く保証はなく、難易度はかなり高いことが予想できるが、楽天ブラックカードを作りたいと考えている人は、まずは楽天カードの会員になることが第一歩だ。

審査基準

楽天ブラックカードの審査基準は、明かされていない。

インビテーションが届いたという人の声には、以下のような例がある。

  • 直近2年間、月に約100万円程度楽天カードを利用していた
  • 楽天プレミアムカードの会員歴5年。月の利用額は20~30万円程度
  • 20年以上楽天カードを利用し、数年前に楽天プレミアムカードに変更。年間利用額200万円程度
  • 楽天プレミアムカードを1年利用。年間利用額は約500万円程度
  • 楽天プレミアムカード会員。月の利用額は約20万円程度
  • 楽天カード会員歴10年で、年間利用額は約250万円程度。楽天トラベルを年に数十回利用

基本的には、年間の利用額が多い人や、会員歴が長い人などにインビテーションが届く傾向にあるようだ。

口コミを見ていると、楽天プレミアムカードなど、通常よりもグレードの高いカード会員にインビテーションが届く可能性が高いようだが、通常の楽天カード会員の中にも、インビテーションが届いたという人は存在する。

また、ダイヤモンド会員やプラチナ会員だったという人の声も多く、楽天市場をはじめとする楽天グループなどの利用額が利用回数が多い、会員のグレードが高いことなども、審査に影響する可能性もありそうだ。

その一方で、インビテーションが届かない人の中には以下のような口コミもある。

  • 楽天ゴールドカードを7年利用し、年間利用額約400~600万程度
  • 楽天カードを6年間利用し、年間利用額約500万円程度
  • 楽天カードを6年利用し、毎月の利用額約数十万円程度
  • 年間利用額1000万円程度の年あり。年収1000万円

このように、利用実績がいいのにインビテーションが届かない会員もいるようだ。

また、年収に関しては、上記のように1000万円程度でもインビテーションが届いていない人がいる一方で、「年収500万円以下だがインビテーションが来た」という口コミもあり、年収だけが審査基準に大きな影響を与えるわけでもなさそうである。

実は、インビテーションが届いていない場合でも、楽天会員であれば楽天ブラックカードの公式サイトから申し込み自体をおこなうことは可能である。

ただし、インビテーションなしで申し込みをおこなったが、審査に落ちたという口コミが大半である。

中には、インビテーションが届いていなかったが審査に通ったという口コミもあるが、可能性は極めて低いだろう。

審査期間

楽天ブラックカードに申し込んだ人の口コミを見ると、「申し込みから数時間後に審査に通った」「申し込みをして翌日には審査に通った」など、審査期間は比較的短いようだ。

カードの到着は審査の結果が出てから数日~一週間程度と、通常の楽天カードとそれほど変わらないようである。

連休や年末年始の時期などをのぞけば、申し込みから結果までの審査期間は短く、スピーディな傾向がうかがえる。

付帯サービス

楽天プレミアム1年間無料

通常であれば、年会費3,900円(税込)がかかる楽天グループの特別会員プログラム「楽天プレミアム」が、1年間無料で利用できる。

楽天市場で5%の還元率

通常の楽天カードの場合、楽天市場を利用すると2%の還元率となる。

楽天ブラックカードの場合、特典ポイントが3%つくため、楽天市場の利用時は計5%の高還元率となる。

ポイント特典

楽天トラベルで事前決済をおこなった時と、楽天TVを利用した際は通常の2%に加え、楽天ブラックカード会員特典として1%のポイント還元となり、3%の還元率となる。

そのほかにも、特別指定キャンペーンポイントが1%、毎月特定日プレミアムカードデーにはポイント1%、お誕生月ポイントが1%などの特典もある。

専門コンシェルジュの利用

専門コンシェルジュによる各種サービスを利用できる。主なサービスは以下の通り。

  • 国内外のレストランの紹介、案内、予約
  • 国内外の航空券、ホテル、レンタカーの予約
  • コンサート、バレエ・オペラ、スポーツイベント、ミュージカル等のチケット手配
  • ゴルフ場の空き状況確認

旅行サービス

旅行の際には、以下のようなサービスを受けられる。

  • 専用のデスクにてプランに合わせた宿泊施設の案内、予約
  • 海外滞在中、世界30拠点以上の現地トラベルデスクでレストラン、オプショナルツアーの予約、手配
  • 自宅から空港、または空港から自宅などへ手荷物を無料でお届け(年2回まで)

ラウンジ利用

以下の条件で、空港ラウンジを利用できる。

  • 国内の空港で楽天ブラックカードと航空券を提示すると、全国28の主要空港のラウンジを無料利用
    (楽天ブラックカード本会員家族カード会員が対象)
  • 世界120以上の国や地域で900カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」を無料発行(同伴者2名まで無料で利用可能)

保険・補償サービス

以下の保険、制度が付帯している。

  • 海外旅行傷害保険…最高1億円の補償(本人・家族が対象)
  • 国内旅行傷害保険…最高5千万円の補償(本人・家族が対象)
  • 動産総合保険…楽天ブラックカードで購入してから90日以内に、盗難や破損による損害が起きた場合、年間最高300万円まで補償
  • ネット不正あんしん制度/商品未着あんしん制度…インターネットショッピング利用時の補償

評判

楽天ブラックカードを実際に利用している人の口コミには、以下がある。

  • 空港ラウンジを自分+2名分無料で利用できるので、家族旅行の時にありがたい
  • 空港から自宅への手荷物郵送サービスがひとりにつきトランク2個までOKで助かった
  • コンシェルジュサービスでレストランの予約を頼んだが、対応がよく満足した
  • 家族カードが2枚まで発行無料というところが良い
  • 楽天市場利用時の還元率が高いためポイントがどんどん貯まる

コンシェルジュや旅行時のサービスなど、ブラックカードならではのハイクオリティなサービスに満足している人が多いようだ。

楽天市場をよく使う人は、高還元率も大きな魅力となっていることがわかる。

一方で、以下のような口コミもある。

  • 年会費が高い
  • あまり利点を感じなかったため、年会費無料の初年度で退会することにした
  • 楽天ブラックカードの1/3の年会費である楽天プレミアムカードのサービスで良いと思った
  • 券面にあまり高級感がない

年会費が気になったり、他のカードのサービスで十分だと感じたりする人もいるようである。

メリット・デメリット

メリット

専用コンシェルジュや充実した補償など、ブラックカードならではの質の高いサービスは、他の楽天カードにはない。

特に、海外空港ラウンジの「プライオリティ・パス」は、通常は年間399ドルの費用がかかる。

それだけでも、年会費の元を取ることが可能だ。

旅行やビジネスで海外へ行く機会が多い人は、特にメリットが大きい。

また、招待制で限られた人しか持つことができないレアなカードなため、希少価値の高いクレジットカードを持ちたい人にとっても魅力的といえる。

デメリット

楽天ブラックカードでネックになるのが「年会費」である。

32,400円という年会費は、ブラックカードの中では低額だが、クレジットカードの年会費の中では高額の部類に入る。

インビテーションが届きブラックカードを発行できたとしても、付帯サービスをさほど利用しない場合には、年会費がもったいないと感じる人もいるだろう。

他のブラックカードとの比較

現在日本で発行されているブラックカードと楽天ブラックカードを比較すると、以下となる。

カード 年会費
(税込)
インビテーション 特典
楽天ブラックカード 32,400円 あり ・空港ラウンジ無料
・専用コンシェルジュ
・補償サービス等
アメリカン・エキスプレス 
センチュリオンカード
378,000円 あり ・専任コンシェルジュ
・利用限度額なし
・ホテルや飛行機のアップグレード
・ポイントでアルファロメオなど豪華商品と交換可能等
ダイナースクラブ 
ミレニアムカード
105,000円 あり ・24時間コンシェルジュサービス利用可能
・対象レストラン予約で1名分無料
・グローバルマイレージ
・キャンセルプロテクションサービス等
JCB ザ・クラス 54,000円 あり ・24時間コンシェルジュサービス利用可能
・約20,000円相当の選べるプレゼント
(ザ・クラス・メンバーズセレクション・年1回)
・対象レストラン予約で1名分無料
・プライオリティ・パス等

インビテーション制である点は共通しているが、他のブラックカードは年会費が高いだけあり、豪華なプレゼント、レストラン1名無料や飛行機のアップグレードなど、ハイレベルなサービスを提供していることがわかる。

楽天ブラックカードは他のブラックカードに比べてもっとも年会費が安く、比較的シンプルなサービスを提供しているカードといえるだろう。

発行は簡単ではないが価値のあるカード!

楽天ブラックカードは招待制のため、簡単に発行することは難しいが、他の楽天カードにはないサービスが付帯している貴重なカードだ。

インビテーションが届いたとき、以下の複数に当てはまるのであれば、楽天ブラックカードを作ることをぜひおすすめする。

  • 海外へ行くことが多い
  • 飛行機を使う機会が多い
  • 国内外への旅行、エンターテイメント、グルメなど、ワンランク上の暮らしを楽しみたい
  • 楽天市場のサービスを頻繁に利用する
  • 保険や補償が充実したカードを持ちたい

旅行や空港関連のサービスは特に充実しているため、旅行へ行く回数が多い人は、まずカードを作って損はない。

コンサートへ行ったりレストランを巡ったりなどのアクティブなライフスタイルを持つ人も、楽天ブラックカードならばコンシェルジュが予約や手配をしてくれるためおすすめだ。

その他、保険や補償なども見逃せない。

楽天市場でのポイント還元率は5%と高いが、キャンペーンを活用したり、他の楽天カードでも高還元率のポイントを得たりする方法はあるため、楽天市場の高還元率「のみ」を目的に楽天ブラックカードを発行するのは、あまり得策とはいえないだろう。

ただし初年度の年会費は無料のため、まずは申し込み実際に使ってみてから、継続して利用するかを決めても遅くない。

発行の難易度は高いものの、インビテーションが届いたら、申し込む価値は十分にあるカードといえるだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。