【悲報】楽天ゴールドカードの国内空港ラウンジ利用サービスが改悪?無料の回数が年2回までとなり、使い勝手が大幅にダウン

Pocket

1日、楽天カードは「楽天ゴールドカード」で提供している国内空港ラウンジサービスを、回数制限なしから年2回まで無料に改定し、新たに新サービス「トラベルデスク」を開始すると発表した。

改定日は9月1日で、一部の海外ラウンジを含むすべての国内空港ラウンジが対象。改訂後は、9月1日から8月31日までの間、年2回までラウンジが無料になる。

なお、3回目以降も各ラウンジで一般料金を支払えば利用自体は可能だ。

加えて、今回の改定に合わせて開始されるのが「トラベルデスク」。ニューヨーク・ホノルル・パリなど、世界38拠点の現地デスクが以下のサポートを行うサービスとなる。

○緊急時の各種ご案内
パスポート・カードの紛失や盗難、病気やケガなどの各種ご案内
○現地情報のご紹介
都市・観光情報など様々な情報のご紹介
○各種ご予約・手配
レストラン・オプショナルツアーのご予約
https://www.rakuten-card.co.jp/info/news/20180601/

こちらのサービスに関しては、基本的に回数制限はない。

なお上記には、実費・手数料を要するサービスもあり、デスク所在地以外でのサービス提供は基本的に実費がかかる。

また、デスクによっては提供できないサービスも存在するとのことだ。

空港ラウンジを多用するヘビーユーザーには辛い変更。年2回という中途半端さもネック

今回、空港ラウンジサービスが年2回しか無料で使えなくなったため、頻繁にラウンジを利用するユーザーには厳しい仕様変更だろう。

どちらかというと、そういったヘビーユーザーに対する改定とも見受けられるが、年に何回か海外に行くユーザーにとっても年2回(1往復分)では少ないと感じる人がほとんどではないだろうか。

「空港ラウンジ目的でゴールドカードを発行する層」は決して多くないとはいえ、クラシックカードと差別化できる点が少なくなってしまった点は痛い。

この改定の代わりとして「トラベルデスク」が登場したものの、Webで情報収集や予約が簡単にできる現代において、正直な所どの程度活用できるのかは未知数だ。

ラウンジ使用回数に制限のないクレジットカードでおすすめは?

今回の改定を受け、他のラウンジ使用無制限のカードに乗り換えるなら、以下の3券種がおすすめだ。

カード名 年会費 利用可能なラウンジ 還元率
MUFGカード 2,057円(税込・初年度無料) 国際線のある国内空港ラウンジのみ 0.47%~0.50%
JCB GOLD EXTAGE
(20代限定)
3,240円(税込・初年度無料) 国内主要空港に対応 0.50%〜2.50%
楽天プレミアムカード 10,800円(税込) 国内・海外の主要ラウンジ 1.00%〜5.00%

この中で、海外のラウンジも使うなら「楽天プレミアムカード」がおすすめ。MUFGカードは、年会費が楽天ゴールドカード並に安いが、「国際線のある国内ラウンジ」でしか使えないと少々特徴的だ。

20代であれば、「JCB GOLD EXTAGE」が、年会費の安さと性能を両立させており、使い勝手が良い。

上に挙げた以外にも、ゴールドカードであれば基本的に主要なカードはラウンジに入れるので、乗り換え先として最適なカードを検討してみると良いだろう。

Pocket

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。 国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。