クレジットカードを審査なしで持つ方法まとめ!秘密はプリペイドカードにあり!

Pocket

クレジットカードを持つためには一般的に必ず「審査」に通過しなければならない。しかし、審査がないクレジットカードがあることをご存知だろうか。

プリペイド型クレジットカードは審査なしで持つことが可能だ。

本記事では、プリペイド型カードの仕組みと使い方をまとめると共に、おすすめのプリペイド型カードを紹介する。

また、プリペイド型以外にも審査不要のカードとしてよく紹介されるのが、デビットカード家族カードだ。

これらとプリペイド型カードがどう違うのか、なぜプリペイド型がおすすめなのかも考察していく。

審査なしで持てない理由

クレジットカードには審査に比較的通りやすいカードから非常に通りにくいカードまであるが、どんなに審査に通りやすいと言われているカードでも、審査は必ずある

クレジットカードは後払い式であり、カード会社が一時的にカードの利用代金を立て替えている形になる。

よって、カード利用者がカード利用代金を毎回期日までに支払いできる人物であるか、程度の差はあれ必ず支払い能力を確認する必要があるからだ。

審査を行わず誰にでもカードを発行してしまうと、中にはカードを使うだけ使って支払いはできないという人が出てくる可能性がある。

もしそうなれば、カード会社にとって損害になるだけでなく、最悪の場合カード会社自体が事業を継続できなくなるという事態になりかねない。

審査基準

クレジットカードの審査ではどのような点がチェックされているのだろうか。

審査基準はどのクレジットカード会社でも公開はされていない

しかし、審査とは一言で言えば「支払い能力」の確認だ。

支払い能力を確認するために「収入」「借入金の返済状況」などがチェックされる。

なお、年収の多い少ないよりも、安定した収入があるかどうかの方がクレジットカードの審査では重要と言われている。

そのため、いくら年収が高くても収入が不安定な職業の場合は審査に落ちやすい。

逆に、年収はそれほど高くなくても安定した収入のある職業に就いていれば、審査が厳しいと言われるカードでも審査に通ることがあるほどだ。

また、これまで他にクレジットカードを所有したことがあれば、「クレジットヒストリー」と呼ばれる支払い履歴もチェックされる。

情報は第三者機関である個人信用情報センターに蓄積されており、クレジットカード会社は他社カードの支払い状況まで確認することができる。

もし、これまでに支払い遅延などがあると審査に落ちやすくなってしまう。

これまできちんとクレジットカードの支払いを行ってきた人は、支払い履歴が綺麗な状態にあるため他のカードの審査にも通りやすい。

クレジットヒストリーは非常に重要で、若いうちからカードを継続して使っておくと、ある程度の年齢になってからステータス性の高いカードなどが作りやすくなるのでおすすめだ。

プリペイド型は審査がない?

上述のようクレジットカードは審査なしで持つことはできないが、前払い式のプリペイド型クレジットカードであれば審査なしで持つことができる。

プリペイド型クレジットカードの場合は審査がないだけでなく、銀行口座も不要なのが特徴的だ。

また、カードによっては年齢制限もない

年齢制限があるカードでも、12歳以上や15歳以上など未成年でも使用できるカードがほとんどだ。

審査がない理由

「プリペイドカード」は、広い意味では、前払い式のカードを指す。

あらかじめカードに入金(チャージ)を行い、チャージ残高がゼロになるまで繰り返し利用できる。

たとえば、スターバックスカードのような特定のショップが発行するカード、SUICAやPASOMOなどの交通系電子カードもプリペイドカードの一種だ。

ただし、今回紹介みていくプリペイド型クレジットカードとは、Visa、マスターカード、JCBいずれかの国際ブランドが付いたクレジットカードだ。

あらかじめチャージを行うのは他のプリペイドカードと同様だが、国際ブランドの加盟店でクレジットカードと同様に使うことができるのが特徴だ。

クレジットカードと同じように使えるが、使える金額はチャージ残高の範囲に限られているため、クレジットカードのように利用者が支払いをできなくなってカード会社が損害を受けるということがない。

よって、審査不要となっているのだ。

年齢制限がなかったり、10代前半~半ばから使えたりするのも同じ理由だ(未成年は保護者の同意が必要)。

また、デビットカードのように銀行口座から引き落とすこともないため、口座を持っていなくても作ることができる

こんな人におすすめ!

プリペイド型クレジットカードは、クレジットカードに限りなく近い使い方ができるが、後述するようにクレジットカードに比べると制限がある。

クレジットカードを問題なく使える人はクレジットカードを使った方が良いだろう。

プリペイド型クレジットカードがおすすめなのは、以下のような人だ。

クレジットカードの審査に通りにくい状況の人

最初に述べたようなクレジットカードの審査に引っ掛かってしまう人もプリペイドカードであれば作りやすく、クレジットカードとほぼ同じように使える。

クレジットカードが不安な人

クレジットカードを持つことはできるが、使い過ぎや不正利用などが不安で何となく持てないという人にとってもプリペイド型カードは安心感がある。

チャージ残高分までしか使うことはないので使い過ぎを防げるし、万が一盗難や紛失で不正利用をされた場合もチャージ残高分までしか使うことができない。

そして、プリペイド型カードの多くはそれほど高額なチャージをすることができないようになっているのだ。

未成年、海外への留学時

上述したように、18歳未満でも持つことができるため、海外での利用に特化したカードもあり、子供の留学時に持たせる場合も多い。

プリペイドカードが使えない場合

実店舗でもインターネットショッピングでも、チャージ残高がある限りはクレジットカードとほぼ同様に利用できるプリペイド型クレジットカード。

しかし、前払いという仕組み上、以下のように利用できない場面がいくつかある。

  • 公共料金や光熱費、通信費のような定期的な支払い
  • 課金サービス、ホテルの宿泊料など金額が確定しない支払い
  • 分割払い

また、大手アパレル通販サイトの「ZOZOTOWN」では、プリペイドカードを使用すると一時的に二重引き落としになる可能性があり、サイトとしてプリペイドカードの使用が推奨されていない。

ほとんどの場合、インターネットショッピングで使用して問題ないが、サイトによってはこういったケースがあるので決済方法の注意書きはきちんと確認しよう。

さらに、プリペイド型クレジットカードにはチャージ金額と残高に上限があるものがほとんどで、残高の上限があまり高くないため高額な買い物には向かない

利用上の注意点

プリペイド型クレジットカードには、上述のように使えない場合があることに加え、手数料にも注意が必要だ。

年会費はかからないが、発行手数料チャージ手数料がかかることが多い。

特にチャージ手数料は銀行のATM手数料程度の金額がかかることが多く、頻繁にチャージをするとそれなりの金額になってしまう。

カードの種類によってはチャージ手数料をかからないようにすることもできるので、発行前に確認しておこう。

おすすめのプリペイドカード

クレジットカードほどではないにせよプリペイドカードにも種類がある。

特定のポイントが付いたりキャッシュバックがあったりすることが多いので、利用機会の多いものを選ぶと良いだろう。

今回は目的別におすすめのプリペイドカードを3枚紹介する。

LINE Pay

LINE Pay

電子マネー「LINE Pay」のプリペイドカードで、LINE Payアカウントを所有していれば、誰でも申し込むことができる

利用金額100円ごとに2ポイントが貯まり、ポイント還元率2%の高還元率なプリペイドカード。

手数料もかからずお得なのも魅力だ。

国際ブランド JCB
カード残高上限 10万円
チャージ方法 ・銀行口座
・LAWSONレジチャージ
・コンビニ
・オートチャージ(銀行口座)
koushiki-200-40

Vプリカ

Vプリカ

日本在住で18歳以上が利用可能なインターネット専用のVISAプリペイドカード。

プラスチックカードは発行されずカード情報のみ提供され、ネット上のマイページで確認できる。

500円~30,000円までの8種類の券種があり、必要金額に応じた券種を購入する。

複数の券種をまとめることで最大10万円まで利用できる。

手数料はかからないが、未利用期間が3ヶ月を超えた場合「休眠カード維持費」として月額125円が発生する。

カードを使用しない際はセキュリティロックをかけることができる他、VISA認証サービス(3-Dセキュア)対応などセキュリティ面の安心感が高く、カード情報を入力するのが不安なサイトの利用時に便利。

国際ブランド VISA
カード残高上限 10万円
購入方法 ・コンビニ
・インターネット
koushiki-200-40

マネーティーグローバル

money-t-global

日本在住で、連絡可能なEメールアドレスがあれば申し込みができる。

留学、出張、旅行など、海外での利用を目的としたICチップ搭載のプリペイド型クレジットカード。

決済手数料等はかかるが残高上限がなく、プリペイドカードながら大きな金額も利用できる

また、「Visa」「PLUS」マークのある海外ATMで1日10万円分までの現地通貨の引き出しも可能。

その他、「危険回避速報」メール24時間365日のサポート体制など、海外滞在時に役立つサービスが充実している。

国際ブランド VISA
カード残高上限 制限なし
(振込は1回100万円、月200万円、年1,000万円まで)
チャージ方法 ・金融機関
・コンビニATM
・インターネットバンキング等から専用口座へ振込
koushiki-200-40
shousai-95-40

デビットカード、家族カード

審査なしで持てるクレジットカードとして、プリペイド型カードの他にデビットカードや家族カードが紹介されることもある。

いずれも一定の条件はあるが、クレジットカードと同様に使うことができる。

これらはどう使い分けると良いのだろうか?

デビットカード

デビットカードは、銀行口座から即時引き落としとなるカード。

審査がないカードが多いが銀行口座からの引き落としとなるため、口座を所有している必要がある

お金の管理を分かりやすくまとめたい場合デビットカードはおすすめだ。

一方、万が一不正利用された際に補償の対象外となりやすいことや、ポイント還元などのお得さがあまりないことはデメリットだ。

家族カード

家族カードはクレジットカードの追加カード

カード会員本人の家族が持つことのできるカードだ。カード会員本人の審査はあるが家族には審査がない

家族カードは本会員のカードと合わせてポイントを貯めることができるなど、お得さがある。

一方、カードが複数枚になってしまうのでお金の管理はしにくくなるかもしれない。

審査なしで一人で簡単に持つことができ、日常生活の中でクレジットカードと同等の使い方を求めるのならばまずプリペイドカードをおすすめする。

子供に持たせる場合もプリペイドカードならば年齢制限が緩く、利用できる金額も管理しやすいので安心だ。

ただし、家族カードを使った方が利便性やお得さは上がる。

また、銀行口座を持っていて、お得さよりもお金の管理をしっかりしたいならデビットカードを使うのもありだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。