スマホ決済とポイント二重取りは可能?ファミマが楽天スーパーポイント、dポイント導入!詳細を広報に問い合わせてみた!

Pocket
LINEで送る

2019年4月10日、大手コンビニチェーンの「ファミリーマート」はデジタル戦略の一環として、dポイントと楽天スーパーポイントの導入を予定していると発表した。

現時点でファミリーマートではTポイントが採用されているが、これに加えて2種類のポイントサービスが利用できることになる。

【ポイント還元率】

  • 楽天スーパーポイント:200円(税込)の買い物で1ポイント
  • dポイント:200円(税込)の買い物で1ポイント

導入時期は2019年の11月を予定しており、ファミリーマートは自社の公式サイトで「お客様のライフスタイルにあわせたポイントを選んできただき、お買い物がもっと便利でお得になる」と発言。

また2019年7月にはファミペイも登場予定で、今回のポイントサービスの導入はTポイントへの不満を考慮した結果といえる。

スマホ決済アプリのポイントと二重取りは可能か?

今回のdポイントと楽天スーパーポイントの導入で気になるのは、「ポイントの二重取り」はできるのかという点だろう。

現在でもファミマにおいてスマホ決済アプリの利用で楽天スーパーポイント(楽天ペイ)やdポイント(d払い)を貯めることができるため、ポイントカードとスマホ決済のポイントを同時に獲得できるならば大きなメリットになる。

この点をファミリーマートの広報室に問い合わせてみたところ、「現時点で答えられる範囲だと、ポイントカードを提示して貯めるショッピングポイントと、スマホ決済アプリで貯まる決済ポイントは二重取りが可能。」という回答を得られた。

分かりやすくまとめると、ファミリーマートでの会計時に「ポイントカード+スマホ決済アプリ」をセットで利用することで、その両方のポイントを獲得できるということになる。

例)楽天スーパーポイントの場合

  • 楽天ポイントカード提示:ポイント還元率0.5%
  • 楽天ペイ:ポイント還元率0.5%
  • 楽天ペイの楽天カード連携:ポイント還元率1.0%

上記の楽天スーパーポイントの場合、会計時に楽天ポイントカードを提示+楽天カードを連携させた楽天ペイで支払いをすると、0.5%+0.5%+1.0%=2.0%分のポイントが手に入る計算に。

dポイントも同様にポイントの二重取りが可能になると予想されるので、ファミリーマートでスマホ決済アプリを活用できる可能性がより向上する結果となった。

ファミペイに連携できるポイントカード

2019年にリリースが予定されているファミペイ。

ファミリーマートの広報室に連携できるポイントカードはどれか質問してみたところ、「現時点では、7月リリース時にTポイントカードが連携可能となる。その後11月から楽天ポイントカードやdポイントカードとの連携も予定している。」という回答を入手した。

またファミリーマート公式サイトでは「今後、オープン主義のもと様々なポイントプログラムとの連携を検討する」としているので、今回の楽天スーパーポイントやdポイント以外のポイントサービスとファミペイが連携を進める可能性は高い。

ポイントでの支払いも可能に

楽天スーパーポイントやdポイントがファミリーマートで貯めることができるようになったと同時に、公式のニュースリリースにもあるようにポイントを使うことも可能になる。

ファミリーマートで楽天スーパーポイントやdポイントを貯め、そのポイントをファミリーマートで再利用することができるということだ。

ただでさえコンビニの中でもローソンに次いでスマホ決済アプリの対応数が多いファミリーマートだが、ポイントサービスも導入することで他のコンビニチェーンの追随を許さない存在になりつつある。

今回の楽天スーパーポイントとdポイントの導入は序章に過ぎず、今後もファミリーマートのキャッシュレス化から目が離せない。

【リンク】
ファミリーマートニュースリリース

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る