TOP

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)が到着!インビテーション(招待)までの経緯と、申し込みから審査、到着までの過程を全公開

JCB THE CLASSインビテーション
今回、憧れのJCB THE CLASSを獲得したので、インビテーションに至るまでの経緯、申し込みからカードが到着するまでの経緯をすべて紹介していきたいと思う。

JCB THE CLASSとは

JCB the class
JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)は株式会社ジェーシービーが発行するJCBオリジナルシリーズの最高ランクのクレジットカード。JCBプラチナカードの上位カードに位置づけられていることから、JCBのブラックカードという位置づけになる。インビテーション(招待)でのみ所持することができるまさに憧れのカードである。

インビテーションまでの経緯

まずはインビテーションまでの経緯を見ていこう。

2017年7月JCBゴールド申し込み
2017年11月JCBプラチナに切り替え
2018年 300万円決済(※ロイヤルαプラス達成)
2019年 100万円決済

このように見るとかなり順当にステータスを上げてきたことが分かる。詳細を以下で見ていこう。

JCBゴールドカード申し込み

JCBオリジナルシリーズゴールド

2017年7月にJCBゴールドに申し込みした。JCBゴールドは、JCBザ・クラスを目指すのをスタートするのに、いいスタートを切れるカードである。

JCBプラチナカードが登場するまでは、こちらが王道のルートであった。

JCBゴールドカードスペック:
年会費:初年度年会費無料、2年目以降:10,000円(税抜)
旅行傷害保険:最高1億円
空港ラウンジ:国内空港ラウンジ利用可能

JCBゴールドは年間100万円以上利用することで、JCBザ・プレミアに必ずインビテーションされる。JCBザ・プレミアからさらにJCB THE CLASSにインビテーションされるユーザーもかなり多い。

早くJCB THE CLASSを目指したい方であれば、JCBプラチナカードをダイレクトに申し込むと良いだろう。

JCBプラチナカードに切り替え

JCBプラチナカード

申し込み直後の2017年11月にJCBプラチナカードが新登場したことによりすぐに切り替えた。JCBプラチナカードは申込可能なクレジットカードとしては最高ランクのクレジットカードで、25,000円という年会費ながら、サービスの面でJCB THE CLASSと比べてもほとんど遜色ないスペックを有している。

大きな違いとしてはJCB THE CLASSで利用できるメンバーズセレクションというサービスが利用できない。

メンバーズセレクションは年に1回(3月頃)、25,000円相当の様々な商品と交換できるサービス。JCB THE CLASSの年会費が50,000円なので、実質的にJCB THE CLASSからメンバーズセレクションをなくしたものがJCBプラチナと考えることができる。

言い方を変えれば、JCBプラチナカードのコストパフォーマンスがかなり高い。

JCBプラチナカードスペック:
年会費:25,000円(税抜)
旅行傷害保険:最高1億円
空港ラウンジ:国内空港ラウンジ利用可能、プライオリティパス
グルメ:グルメ・ベネフィット
コンシェルジュデスク利用可

その他JCBプラチナカードの詳細はこちらから

2018年はJCBプラチナに支払いを集中させることで、年間300万円以上の決済を達成した。(2019年がロイヤルαプラスだったため、300万円以上使ったことは間違いないが、実際いくら使ったかは不明。おそらく340万円程度と推測。)

一度はザ・クラスを諦める

2018年はフルでカードを利用していたが、2019年2月頃になり、果たして本当にJCB THE CLASSのインビテーションは来るのか不安になり決済額を減らし始めた。

JCB THE CLASSはロイヤルαプラスランクであっても、最高0.85%の還元率となり、他の高還元率カードでポイントを貯めたい欲求が高まったためだ。

2019年3月頃からは、変更するのが面倒な継続支払い系のみ残して、メインカードを他のカードに変更した。

JCB THE CLASSのインビテーション到着!

2019年11月になり、Twitter界隈でJCB THE CLASSのインビテーションが来たという報告が相次いでいたため、ソワソワと待っていたところ、なんと2019年12月7日にインビテーションが到着した。

JCB THE CLASSインビテーション

インビテーションが来る条件や審査は?

JCBではJCB THE CLASSの来る条件は開示されておらず、また電話で問い合わせても、審査の詳細は教えてくれないようである。

過去のインターネットの情報では、電凸(電話でインビテーションが欲しい旨を依頼すること)などで、インビテーションがゲット出来たこともあったようだが、現在はかなり厳し目になっているようである。

また、インビテーションが来る条件として、合計1000万円の決済が必要であるとか、100万円でも10年以上の利用があればインビテーションが来るなど、様々な噂?が飛び交っているが、明確な基準はわかっていない。

今回の筆者のケースでいえば、合計の決済金額は約450万円程度と、過去のネット上の話に比べればかなり低い決済額でインビテーションが来たことになる。

2019年のインビテーションが届き始めた11月下旬から12月上旬のTwitterでも、利用履歴を公開する人は多かったが、やはり1000万円近い決済をしてインビテーションが来た人もいれば、筆者よりも利用額が大いにも関わらず、インビテーションが来なかった人もいたようである。

この方は合計400万円程度?

決済額が多いにも関わらずこない方も

ちなみに筆者は30代だが、20代の方だと決済額が多くてもインビが来ないという情報もあり。

申し込みから到着までの経緯

さて、ここからはインビテーションが到着してから、申込書の送付、カードの到着までの経緯を報告したいと思う。

まずは申し込みから到着までのサマリーを紹介。

2019/12/7インビ到着
2019/12/9返信
2019/12/28利用限度額エラー
2019/12/30管理画面がザ・クラスに
2020/1/9 不在票到着
2020/1/11 受け取り!

12月7日、なんの前触れもなく、突然ポストにインビテーションが投函されていた。

インビテーションの中身はシンプルで、招待の紙と申込書が入っていた。

JCB THE CLASSのご案内
JCB THE CLASSインビテーション

中身はパンフレットと申込書
JCB THE CLASSインビテーション

12月9日申込書を返送する。

JCB THE CLASSインビテーション

封筒は鳥取県宛で、「クラススイッチDM用」と記載がある。(DM(Direct Message)以外もあるのだろうか・・?)

2019年12月28日、利用限度額エラー
利用限度額エラーが何なのかというと、MyJCBから利用限度額を照会しようとしたときに、エラーが出ることがカード切り替えのサインであると言われている。

申し込みから2週間以上なにも音沙汰がなかったため、審査に落ちたのかとかなり不安に感じていたが杞憂であった。

2019年12月30日 MyJCBの管理画面がザ・クラスに
ここまでくれば、審査通過も確定的だ。ザ・クラスに通過したことで、気持ちのいい年末を過ごすことができた。

2020年1月11日 受け取り
ようやく到着!申し込みから1ヶ月以上経っていたが、なんとか審査に無事に通過したようである。

封筒は簡易書留で到着した。封筒の中身は思ったよりもシンプルであった。

到着後にやること

JCB THE CLASSに変わったことで、カード番号が変わったため、これから色々と手続きをしていく必要がある。まもなくJCBプラチナカードも利用できなくなるだろう。

JCB THE CLASSが到着したので、今後色々とサービスを利用していきたいと思っている。

最後にJCB THE CLASSを最速で目指すなら、私と同じ用にJCBプラチナカードを申し込むのが良いだろう。自信がない場合や、年会費がちょっと高いと感じる方であれば、JCBゴールドもおすすめだ。
a

JCBゴールドカード 公式サイト【PR】
JCBプラチナカード 公式サイト【PR】

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る