JCBカードお得なポイントOkiDokiポイントの使い方、交換先

Pocket
LINEで送る

使い方
JCBカードの利用で貯まるOkiDokiポイント。

高還元率のカードやポイントサイト「OkiDokiランド」、キャンペーンの活用などで効率的にポイントを貯めることができる。

OkiDokiポイントの使い方は、商品との交換や買い物での使用、他のポイントへの移行などさまざま。

その中でも最もお得なのが「nanacoポイントへの移行」と「JCBプレモカードへのチャージ」だ。

Tポイントへの移行や、JCBギフトカードとの交換も、条件によって同様にお得な使い方となる。

本記事では、OkiDokiポイントの使い方とその中でも特にお得な方法を紹介すると共に、OkiDokiポイントをお得に貯める方法も紹介する。

おすすめの使い方

OkiDokiポイントにはさまざまな使い方があるが、その中でもお得な使い方は「JCBプレモカードにチャージする」もしくは「nanacoポイントに移行する」ことだ。

いずれも1ポイント=5円相当となる。

JCBカードWはポイントが2倍たまるため、1000円の利用につき2ポイントが貯まる。この場合の還元率は1000円につき10円相当のポイントが付与されるため、還元率1%となる。

JCBオリジナルシリーズのような、一般JCBカードは1000円の利用につき1ポイントが貯まる。この場合の還元率は1000円につき5円相当のポイントが付与されるため、還元率0.5%となる。

このようにOkidokiポイントの交換レートは変わらないが、使うカードによってOkidokiポイントの貯まり方が変わるため、還元率は利用しているカードに依存している点は覚えておきたい。

交換レート一覧

はじめにお得な交換方法を整理しておこう。

POINT
・nanacoポイントの移行→1 Okidokiポイント=1円 nanacoポイント
・JCBプレモカードへのチャージ→1 Okidokiポイント=1円相当

OkiDokiポイントの使い方のうち、他ポイントへの移行やチャージ、ギフト券やオンラインギフトとの交換などを、交換レートの良い順に並べると、下表のようになる。

使い方OkiDOkiポイント1ポイントの交換レート1ポイントの価値
nanacoポイント5ポイント5円相当
JCBプレモカード5ポイント5円相当
Tポイント4~5ポイント5円相当
JCBギフト券~5,000円分まで:4.7円4.7円相当
~10,000円分まで:4.8円4.8円
~15,000円分まで:4.9円4.8円
~50,000円分まで:5.0円5.0円
WAONポイント4ポイント4円
楽天スーパーポイント4ポイント4円
dポイント
WALLETポイント
App Store&iTunes コード(オンラインギフト)4ポイント4円
自治体ギフト(オンラインギフト)
Amazonでの利用充当3.5円3.5円
JALマイル3マイル3円〜6円※1
ANAマイル
スカイマイル
JCBカードの支払い充当3円3円〜6円※
楽天Edy3円3円

※ANAマイル、JALマイルはマイルの利用方法応じて、1マイル=1円相当〜2円相当に該当する。
ただし、Okidokiポイントをマイルに変換する場合、交換レートはやや低いので、当サイトではあまりおすすめしない。

nanacoポイントに移行

OkiDokiポイントの使い方として、JCBプレモカードへのチャージと並んでお得なのがnancoポイントへの移行だ。

nanacoポイントは、nanacoカードもしくはnanacoモバイルでの買い物に応じて貯まるポイント。

1ポイント=1円分として電子マネーに交換後、セブンイレブンやイトーヨーカドー、そごうや西武百貨店など、全国のnanaco加盟店で利用できる。

nanacoポイントへの移行は、200ポイント以上1ポイント単位で、OkiDokiポイント1ポイント=nanacoポイント5ポイントとなる。

JCBプレモカードにチャージ

OkiDokiポイントの使い道で最もお得な方法のひとつが、JCBプレモカードにチャージをする方法だ。

JCBプレモカードは、JCBが発行するチャージ可能なギフトカード

Amazon、ファミリーマート、ローソンを始め、百貨店・家電量販店・レジャー施設など全国30万店以上で利用できる。

200ポイント以上1ポイント単位でチャージ可能で、OkiDokiポイント1ポイント=プレモバリュー5円分に移行できる。

1回のチャージ上限は5,800ポイント(29,000円分)だ。

JCBプレモカードの利用可能店には、主に下表の通り。

多くの人にとって利用頻度の高い店舗が多く、利便性が高い。

ネットショップAmazon
コンビニエンスストアローソン
ファミリーマート
百貨店マルイ
伊勢丹
高島屋
電気屋ビックカメラ
ヤマダ電機
アミューズメントラウンド1
飲食店マクドナルド
ガスト
バーミヤン
ケンタッキー・フライド・チキン
ロイヤルホスト
書店ブックファースト
有隣堂
丸善・ジュンク堂・丸善&ジュンク堂
ブックオフ
アパレルユニクロ
西松屋
CD・DVDレンタル、販売TSUTAYA
ゲオ

ポイントの使い方一覧

ギフト
OkiDokiポイントは通常、カードのショッピング利用1,000円(税込)につき1ポイントが貯まる。

ポイントの使い方としては次のような方法がある。

商品に交換

  • 商品カタログ(OkiDokiポイントプログラム デジタルカタログ)から交換商品を選ぶ
  • キャンペーンなど期間限定アイテムの中から選ぶ(時期によって内容は異なる)

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであり、東京ディズニーリゾート関連のキャンペーンもよく開催される。

たとえば、東京ディズニーリゾートパークチケットを1枚あたり4.9ポイントで交換することができ、還元率は0.49%となる。

買い物に利用

  • JCBカードの支払いに使う
  • Amazonの買い物の際に使う
  • 「OkiDokiポイント即時交換サービス」で商品券と交換
  • オンラインギフトと交換
  • JCBプレモカードにチャージ
  • JCBトラベルの旅行代金に充当
  • 提携ポイントへ移行
  • マイル、クーポンと交換

その他

  • 寄付をする(日本ユニセフ協会、WWFジャパン、日本赤十字社、国境なき医師団など)

ポイント移行・交換の手続き

OkiDOkiポイントの使い方によって、手続きが異なる。

商品と交換する場合は、会員専用WEBサービス「MyJCB」にログインし、希望する商品を選択するだけで良い。

それ以外の使い方については、次のような手続きを行う。

Amazon

Amazon.co.jpのページから、パートナーポイントプログラムに申し込む。

決済時、「お支払い方法を選択」画面で、ポイントで支払う金額を入力する。

Tポイント

MyJCBから、JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブに登録する。

次の2つのコースがあるが、お得なのは「らくらく自動移行コース」

らくらく自動移行コース:Oki Dokiポイント1ポイント=Tポイント5ポイント。すべてのOki Dokiポイントを自動移行する。
好きなときコース:Oki Dokiポイント1ポイント=Tポイント4ポイント。希望する分だけ移行できる。

商品券、電子マネー

対象店舗に設置されている「Oki Dokiポイント即時交換サービス機」で交換する。

JCBプレモカードチャージ

「MyJCB」のサイトまたは電話、郵送のいずれかで申し込みが可能。

ポイント移行(楽天スーパーポイント、WAONポイント、マイルなど)

基本的には、「MyJCB」のサイトまたは電話から申し込みを行う。

一部、郵送で申し込みが可能なものもある。

JCBカード利用時のポイント充当

「MyJCB」のサイト、電話、郵送いずれかの方法で申し込みを行う。

毎月15日までの受付完了分が、翌月支払い分のカードご利用代金明細に反映される。

ポイントをお得に貯める方法

貯める
OkiDokiポイントをなるべく多く貯めることで、使い方の幅が広がる。

通常、カードのショッピング利用1,000円につき1ポイントが貯まるOkiDokiポイントだが、次の方法でポイントアップが可能。

OkiDokiランドを経由

JCBが運営するポイントサイト「OkiDokiランド」を経由して買い物をすると、通常の2倍~20倍のOkiDokiポイントを獲得できる。

OkiDokiランドで経由で以下のネットショップを利用した場合、ショップごとに決められた倍率でポイントアップが適用される。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!JAPANショッピング
  • イトーヨーカドーネットスーパー
  • セブンネットショッピング
  • ロハコ
  • ショップジャパン
  • 高島屋オンラインストア
  • ロフトネットストア
  • エクスペディア
  • ビックカメラ.com
  • 成城石井.com

キャンペーンを利用

JCBカードでは、ポイントがお得に貯まるキャンペーンが随時実施されている。

期間中にカードを利用すると、普段よりもお得にポイントが貯まったり、より多くのポイントがキャッシュバックされたりするのだ。

例えば2018年9月18日~11月15日の期間には、MyJCBからOkiDokiポイントを「キャッシュバック」に申し込むと、1ポイントあたり3円のところ、4円のキャッシュバックとなるキャンペーンが実施されている。

ポイント還元率の高いカード

以下のJCBカードは、通常のJCBカードよりも多くのポイントを貯めることができる。

JCB CARD W

年会費無料で、ポイント還元率が常に2倍以上になる。

WEB入会限定で、39歳以下を対象としたカードとなっている。

若い人、初めてJCBカードを発行する人は、ぜひ活用したいカードだ。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年6月30日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

JCBオリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズの対象カードの場合、「JCBオリジナルパートナー」店舗でポイントアップや割引などのサービスを受けられる。

JCBオリジナルパートナーの主な対象店舗は以下の通り。

  • Amazon
  • ビックカメラ
  • セブンイレブン
  • スターバックス
  • 高島屋
  • 昭和シェル石油

JCBカード

JCBオリジナルシリーズ

補償・サービス・ポイント還元率の3拍子揃った定番カード

JCBカードはサービス、還元率、保険、サポート、電子マネーとの連携などクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。

年会費初年度無料
2年目以降:1,250円(税抜)
2年目以降も条件により無料
還元率0.5%以上
旅行保険国内・海外:最高3,000万円(利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

JCBスターメンバーズを利用

JCBカードでは、年間の利用金額に応じてポイントアップなどの特典を受けられる「JCBスターメンバーズ」というメンバーシップサービスがある。

登録は不要で、年間50万円以上利用していれば、自動的に特典が受けられるようになる。

年間の利用額によりメンバーランクが異なり、10%~70%のボーナスポイントが付与される。

利用カードによってもポイントアップの倍率は異なり、基本的にJCBオリジナルシリーズやハイステータスのカードの方が倍率は高い。

ただし、JCB CARD W、JCB CARD Rなど、一部対象外のカードもあるため注意が必要だ。

ポイント利用時の注意点

期日
OkiDOkiポイントを使う場合、次の点に注意しよう。

有効期限内に利用する

OkiDokiポイントには有効期限があり、期限内に利用しなかったポイントは失効する。

カードの種類により、以下のように有効期限が異なる。

カードの種類有効期限
一般カード獲得月より2年間
ゴールドカード獲得月より3年間
CBゴールドザ・プレミアプラチナ獲得月より5年間
JCB ザ・クラス

交換受付の終了

ポイントとの交換・移行の対象となっている商品やサービスが、受付終了となることもある。

たとえば以下の商品は、現在交換受付を終了している。

  • 東京ディズニーリゾート 2パーク年間パスポート(1名分)
  • 東京ディズニーランド年間パスポート(1名分)
  • 東京ディズニーシー年間パスポート(1名分)

また、期間限定商品は、受付期間に注意しよう。

OkiDokiポイントを上手に使おう

OkiDokiポイントの使い方としては、1ポイント=5円相当で使える「JCBプレモカードへのチャージ」「nanacoポイントへの移行」が最もお得である。

Tポイントへの移行で「らくらく自動移行コース」を利用する場合と、15,000円以上のJCBギフトカードと交換する場合も、同様にお得な交換レートとなる。

OkiDokiポイントは、通常、カードの利用1,000円(税込)につき1ポイント付与と、還元率が良いわけではない。

しかし、キャンペーンやポイントサイトの活用、還元率の高いカードやメンバーズサービスの利用など、ポイントアップの機会は多い

貯まったOkiDokiポイントは、お得さを重視するのであれば前述の使い方がおすすめだが、その他にも、提携しているポイントは多く、商品やギフト券との交換などもあり、使い道は広い。

また、JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであり、チケットとの交換などのディズニー関連の使い道もある。

ポイントの有効期限や、商品の交換受付の終了などには気を付ける必要があるが、それ以外は活用しやすいポイントと言えるだろう。

今回紹介した内容を参考に、OkiDokiポイントを上手に活用してほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。