TOP

月最大1,500のPontaポイントが貯まる!auじぶん銀行の優遇制度「じぶんプラス」がリニューアル

2022年4月1日より、auじぶん銀行の優遇制度「じぶんプラス」がリニューアルされる。

サービス名称をはじめ、ポイント制度やステージ条件など変更点が多い。

本記事では、リニューアル後の「じぶんプラス」の概要を解説。

優遇制度「じぶんプラス」のリニューアル内容

auじぶん銀行の優遇制度「じぶんプラス」のリニューアル内容は以下の通り。

  • ステージ名称・条件の変更
  • Pontaポイント付与
  • ATM手数料の無料回数アップ
  • 振込手数料の無料回数アップ

それぞれ詳細を解説する。

ステージ名称・条件の変更

「じぶんプラス」の特典は各ステージごとに決定し、リニューアル後は名称が変更される。

獲得スタンプ数ステージ
5個以上プレミアム
4個ゴールド
2~3個シルバー
0~1個レギュラー

ステージの判定基準はauじぶん銀行の取引で獲得できるスタンプ数。

給与受取や口座振替など獲得条件をクリアすることでスタンプが付与される仕組みだ。

また、スタンプ数に関わらずステージ判定が優遇されるスペシャルオファーも存在する。

例えば総資産残高が100万円以上の場合はゴールド、1,000万円以上ならプレミアムのステージ判定を受けれる。

Pontaポイント付与

リニューアル後の新たな特典としてPontaポイントの付与が挙げられる。

具体的には以下表の通り。

レギュラーシルバーゴールドプレミアム
入金1ポイント5ポイント10ポイント15ポイント
口座振替1ポイント5ポイント10ポイント15ポイント
キャッシュレス決済
(10,000円ごと)
1ポイント5ポイント10ポイント15ポイント
積立投資
(1,000円ごと)
1ポイント5ポイント10ポイント15ポイント

それぞれポイント付与上限が決められており、積立投資の場合は合計金額10万円まで。

つまり、プレミアムステージ会員なら毎月最大1,500ポイント獲得できるということだ。

ATM手数料の無料回数アップ

リニューアル後のATM入金手数料に関しては、シルバーステージ以上であれば常に無料となっている。

出金手数料の無料回数はシルバーが月5回、ゴールドが月10回、プレミアムが月15回。

レギュラーステージの場合、入金・出金ともに月2回まで無料だ。

振込手数料の無料回数アップ

「じぶんプラス」のリニューアル後は振込手数料の無料回数もアップする。

auじぶん銀行・三菱UFJ銀行への振り込みは常時無料。

それ以外の銀行へ振り込む場合は以下の通りだ。

  • プレミアム:月15回
  • ゴールド:月10回
  • シルバー:月5回
  • レギュラー:月3回

auじぶん銀行は普通預金金利最大0.2%

auじぶん銀行でau PAYカード・auカムコム証券を連携した場合、普通預金金利が最大0.2%になる。

  • au PAYと口座連携:+0.05%
  • au PAYカードの引き落とし:+0.05%
  • auカプコム証券と口座連携:+0.099%

詳細は別記事で解説しているので参考にしてほしい。

au経済圏ユーザーにおすすめ

auじぶん銀行を効果的に活用するには、au PAYカードやauカプコム証券との連携が必要になる。

普段からau関連サービスを利用している人におすすめだ。

楽天銀行と比較

au経済圏の比較対象として挙げられる楽天経済圏。

中でも楽天銀行を利用するメリットは以下の通り。

  • ATM手数料無料(月7回まで)
  • 他行への振込手数料無料(月3回まで)
  • 楽天証券との連携で普通預金金利が0.10%

回数だけ見るとauじぶん銀行の方がお得だが、楽天銀行はステージアップの条件が緩い。

残高が300万円以上または取引回数30回以上で最高ステージの「スーパーVIP」に到達できる。

キャンペーン

auじぶん銀行で開催中のキャンペーンは以下の通り。

  • 期間:2021年12月1日~2022年1月31日
  • 特典①:定額自動入金サービスの初回利用+入金で最大1,500円プレゼント
  • 特典②:円定期預金を10万円以上預け入れると1,500円プレゼント

来月末までの期間限定なので見逃さないようにしよう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る