「クレジットカード」「プリペイド」「デビットカード」の違いとメリットデメリットは?

Pocket

クレジットカード

多様化するクレジットカード

従来、現金以外の支払方法としてはクレジットカードがメインであったが、近年デビットカードやプリペイドカードなど様々な支払方法がにわかに注目を集めている。

3つのカードの共通点を挙げるとすれば、「現金がなくても買い物ができる、現金の代わりに使える」ことだろう。

しかし、クレジットカードは分かるがデビットカードとプリペイドカードの違いが分からないという方のために、この記事ではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを踏まえてそれらの違いを説明したいと思う。

クレジットカード

まずはクレジットカードの特徴について事前に押さえておこう。

クレジットカードは購入時は商品の代金をクレジットカード会社が肩代わりし、後日利用者に請求が行くという仕組みであり。

クレジットカードの申し込むとカードを発行するカード会社の「入会審査」がある。

入会審査は、カード利用希望者に支払(返済)能力があるかどうかを確認するもので、年収や勤続年数などが判断材料とされる。

この審査によってカードの利用可能金額上限も決められる。

審査に通った場合にのみクレジットカードが発行され、利用者は決められた利用可能額の範囲内でショッピングやキャッシングに利用することができるようになる。

利用した金額はひと月単位で集計され、翌月以降にカード会社へ支払う(返済する)。銀行口座からの自動引き落としとなるのが一般的だ。

なお、クレジットカードを利用することは、カード会社へ「借金する」認識である方も多いだろう。借金といっても、決められたサイクルで利用金額をきちんと返済している限りは、問題になることは全くない。

他の特徴として、カード会員向けに限定して提供されているサービス(「カード付帯サービス」と呼ばれる)を利用できることも大きい。

カード付帯サービスには、ポイントシステムや割引サービス、保険サービスなどがあり、これらを上手に利用することで、日々の生活において大きなメリットとなることも多い。

プリペイドカード

「プリペイド」とは、日本語に訳すと「前払い」の意味である。その名のとおり、先に支払いを済ませることで、そのカードが使えるようになる。

Suica、Edyなどの電子マネーを利用できるICカードも、プリペイドカードの一種である。「チャージ」が前払いとなり、あらかじめカードにチャージした金額分だけ支払いに利用することができる。

また、図書カードや国際テレホンカード、iTunesカードやミュージックカードなども、このカードの一種である。1,000円や2,000円などと決められた金額のカードを買うことで「前払い」になり、その支払った金額分まで、あとから特定の商品やサービスと交換できる仕組みだ。

この他に、クレジットカードの国際ブランドと提携しているプリペイドカードがある。「前払い」することに関しては前述のカードと全く同じであるが、国際ブランドがつくことでクレジットカード払いのような使い方もできるようになる。

デビットカード

このカードの最大の特徴は、カードを作るために銀行口座が必要であること。だがクレジットカードのような入会審査はなく、年齢制限はあるが高校生から申し込んで利用できるため、クレジットカードと比較すると作りやすい。

カードを発行する際に指定した銀行口座の残高がそのまま、デビットカードの利用可能金額となる。クレジットカードと同様に利用できるカードではあるが、利用金額はカード会社に「返済」するのではなく、自分の銀行口座のお金を使うことになるため「借金」ではないことになる。

カード利用時には銀行口座残高にも即時反映される。使える金額は口座残高次第、自分のお金を使っていることで安心感があったり、口座残高をコントロールすることで使いすぎを防ぐことも、容易にできたりすることになる。

クレジットカードを利用することに抵抗がある人が、クレジットカード払いを利用したい場合に持つと便利なカードとも言える。

なお、デビットカードには日本国内の銀行キャッシュカードをそのまま使える「J-デビット」と、クレジットカードの国際ブランドと提携する「ブランドデビット」と呼ばれる2種類のタイプがあるが、今回ご紹介するのは「ブランドデビット」についてである。(現に「J-デビット」は、利用に際してあまり便利ではなく、さほど普及していない)

残高はどのように管理されている?

デビットカードは、デビットカード作成時に指定した銀行口座と直結していて、その個人の銀行口座で管理されている。

プリペイドカードは、タイプによって残高の管理も異なる。ICカード型電子マネーの場合は、カードに内蔵されているICチップの中で残高が管理されている。国際ブランドつきのカードの場合は、カード発行会社のサーバーで残高が管理されている。

クレジットカードの場合、残高というよりは利用可能額や利用済金額ということになるが、これらはカード発行会社がサーバーで管理している。

「クレジットカード」「プリペイド」「デビットカード」のメリット、デメリット

クレジットカード

クレジットカードのメリット

クレジットカードの場合、利用した金額によってポイントがつくサービスが付帯している。

貯まったポイントは、商品やサービスと交換したり、電子マネーや他社のポイントに交換したりすることができる。

実質的に「お金」と同等の価値として利用できることになるため、「還元」と呼ばれ、これを上手に利用することで現金払いにはないお得感が得られるものである。このポイントサービスがあるからこそ、クレジットカードはこんなにも人気があるのだ。

だだしポイントは、たくさん貯めたとしても、それを実際に使わなければ「還元された」ことにはならない。この点には注意が必要である。貯めやすさだけが強調されていることが多いが、使いやすさのほうがより重要なのである。

ポイントサービスの他に、特別割引や優待サービスを利用できるカードは多い。年会費がかかるカードには、海外旅行保険やショッピング保険を利用できるサービスもついている。

これらのカード付帯サービスが、自分のライフスタイルに合っていて日頃よく利用するサービスと一致すれば、生活がお得に豊かになるきっかけとなる。よく調べて積極的に利用してみよう。

クレジットカードのデメリット

人によって入会審査がハードルとなる場合があることは、デメリットと言えるかもしれない。

雇用形態が一昔前とは変わってきて、派遣社員やパートは今では普通になってきているにもかかわらず、その肩書だけで「収入が安定していない」とみなされて、カードの審査に落とされてしまう。クレジットカードが作れなくて困っている、特に年齢が若い人は近年多くなっているようだ。

そのほか、カードを持ってからのデメリットといえば、自分の身の丈にあった金銭感覚が身についていない人や、クレジットカードに慣れていない人が、つい買う必要のないものまで買って使いすぎてしまうことではないだろうか。

使いすぎたことで利用代金が支払えなくなり、カード会社への毎月の返済が滞るとその後カードが使えなくなったり、第三者機関によって管理されている個人の金融関連信用情報に傷がついて、将来必要なときにローンが組めなくなったりする悪影響にもつながる可能性がある。

このためできるだけ早く、正しい金銭感覚を身につけて快適にカードを利用できるようになっていただきたい。

プリペイドカード

プリペイドカードのメリット

プリペイドカードは、クレジットカードのような入会審査がなく、銀行口座も必要ない。

プリペイドカードを買うお金とチャージするお金があるだけで、誰にでも作れて利用できる。商品と交換したりサービスを利用するときには代金は支払い済みであるため、クレジットカードのような予想外に使いすぎる心配もない。

また、日本の電子マネーのICカードは日本国内での利用に限定されてしまうが、カード表面にクレジットカードの国際ブランド(VISA、Master)のマークがついているプリペイドカードは、日本国内のお店だけでなく世界中のクレジットカード加盟店でのショッピングの支払いに利用することができる。

例えば海外旅行の予定があって、何らかの理由でクレジットカードやデビットカードを作れない人は、国際ブランドつきプリペイドカードを作り、ある程度の金額をチャージしておけばよい。

こうすれば、通貨の異なる国を数か国周遊する海外旅行のときにも、現地通貨への両替のことを気にする必要が一切なく、現金を持ち歩くときのような盗難や紛失の心配もすることなく、安全便利にお金の管理をすることが可能になるのだ。

ちなみに、支払いの時に店舗のスタッフに「クレジット オア デビット?」と聞かれたときには、「デビット」と答えるのが正しい。

プリペイドカードのデメリット

カードを利用して支払いができるサービスや交換できる商品、使える店舗が限定されているのがプリペイドカードの特徴でもあるが、限定されていることはデメリットとも言えるだろう。

やはり「前払い」するためのものなのである。また、一度購入したカードや、チャージした金額は原則として払い戻しができなく、(一部Suicaのように、カードを解約することで手数料はかかるが払い戻し可能なものもある)残高を使い切るのが難しい場合もある。

SuicaやEdyの場合残高が少なくなったらまたチャージして使えるため、「残高を使い切る」ことは意識する必要はない。だが、追加チャージができないタイプのプリペイドカードには、残高を使い切るのが難しい場合があるため、知っておいたほうがよいだろう。

昔のいわゆる「商品券」の代わりに、お祝いなどに「プリペイドギフトカード」を贈る人も増えているようだ。

コンビニエンスストアの一角に、カラフルなギフトカードが並んでいるのを思い浮かべた人も多いことだろう。

利用できる店舗や商品を限定しないタイプのプリペイドギフトカードを、対面の店舗で利用するのなら問題ない。カードの金額以上の商品を選び、カード額面を超えた金額は現金などで支払うことで使い切れるからだ。

だが、利用可能な商品やサービスが限定されていて、金額が1,500円、2,000円などと固定されているプリペイドカードや、ネットショッピングで利用することのみを想定した「バーチャル(カードレスと呼ばれることもある)ギフトカード」は、最後に残高が数十円ほど残り、額面ぴったり使い切ることは難しい。

これは、支払方法をカードと現金に分けるようなことに、ネットショップ側が対応していないためである。

わずかな金額だとしても、使えずに残るとなんだかスッキリしないのが人の心理というもの。プリペイドギフトカードを贈ることを考えている方は、贈る相手がこの点を仕方がないと認識しているかどうかも考慮して選んだほうがよいだろう。

デビットカード

デビットカードのメリット

「銀行口座があれば」が基本条件となっており、与信審査なくカードを持つことができる。年齢制限もたいていは15歳以上とハードルも低い。また、何らかの理由でクレジットカードを持てない人も持てる「クレジットカードのように使えるカード」のひとつがデビットカードである。

利用代金は利用した時に銀行口座から即決済され、次の時も口座残高分までしかカードを利用できないため、クレジットカードのような「後で支払えなくなる」ことがない。

銀行ATMで現金を引き出す手間なく、現金で支払っているようなイメージになるため、支出が分かりやすく即時管理しやすいのもメリットと言える。

デビットカードのデメリット

分割払いができないこと。また、カード付帯サービスやポイント還元率は(クレジットカードほどは)期待できないこと。

さらに、日本国内での認知度が低く、利用可能な店舗にもかかわらず、店舗スタッフが使えることを知らなかったり、ポイントがつくブランドデビットで支払いたいのに、ポイントがつかない「J-デビット」で決済手続きされてしまったりと、たびたびトラブルが起きていることはデメリットである。

なお、日本ではまだまだなじみの薄いデビットカードであるが、海外ではかなり普及している国も多く、海外旅行中の支払いにカードを出せば「デビット オア クレジット?」と聞かれることも多くなってきた。

だがその肝心な時「デビット」と言っても、使えないことが実際にときどきあるのは頭が痛い事実である。日本の銀行口座側のセキュリティが手厚いせいでブロックされるのか、たまたま通信エラーが発生したためなのか、詳しい原因はその場では調べようがないが、他に手持ちがないと大変困ることだけは確実である。

海外に行くときにはぜひ、たった1枚のデビットカードだけに頼りすぎないように、他の支払い手段も準備しておくことをおすすめしておきたい。

主なデビットカードの紹介

楽天銀行デビットカード

楽天銀行が発行するカードで、満16歳以上であれば申込みが可能。VISAとJCBがあり、年会費が異なる。

ゴールドVISAデビットは税込3,086円、VISAデビットは税込1,029円、JCBデビットは永年無料となっている。

利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まる。VISAゴールドデビットは1000円利用につき5ポイント、VISAデビットは2ポイント。

また、JCBデビットは100円利用につき1ポイント。貯まったポイントは、ネットショッピングモール楽天市場をはじめとした楽天グループのサービスを利用時に「1ポイント=1円」として利用できるほか、Edyに電子マネーとしてチャージすることなどもできる。

ポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月を含めて1年間。

Sony Bank WALLET

ソニー銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。年会費は永年無料。

国内ショッピングの利用金額に応じて、毎月0.5%が銀行口座に自動的にキャッシュバックされる。
海外ショッピングで利用したい場合は、あらかじめソニー銀行に外貨普通預金口座を開設しておく必要がある。

ジャパンネット銀行 JNB Visaデビット

ジャパンネット銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。年会費は永年無料。

カードの種類は複数あり、プラスチックカードが発行されるタイプ、番号のみ発行されるカードレスタイプから選ぶことができる。

カードレスタイプはセキュリティに配慮されており、1回利用後は使えなくなる(別の番号を何度も発行可能)。ファミリーマートと提携していてTポイントが貯まるプラスチックカードもある。

ジャパンネット銀行のネットショッピングモール「キャッシュバックモール」経由でネットショッピングを利用すると、利用金額の1%が銀行口座に自動的にキャッシュバックされる。

また、それとは別に利用金額500円につき1JNBスターポイントが貯まる。貯まったポイントは、「1ポイント=1円」に交換できる。ポイントの有効期限は獲得した月の翌月から1年間。

三菱東京UFJ銀行-VISAデビット

三菱東京UFJ銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。

年会費は税込1,080円となっているが、初年度は無料、23歳以下および前年10万円以上利用すれば翌年無料と、実質無料で利用できる。

毎月の利用金額の0.2%が銀行口座に自動的にキャッシュバックされる。誕生月の利用分はプラス0.1%、また1年間の利用金額が20万円以上なると、さらにプラス0.05%がキャッシュバックされる。

住信SBIネット銀行 VISAデビットカード

住信SBIネット銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。年会費は永年無料。

利用金額に応じて貯まるポイントは、ひと月の利用金額合計額1000円につき3ポイント貯まる。

さらに半年間の利用金額25万円以上で250ポイント、50万円以上で1,000ポイントなどといったボーナスポイントも貯まる。

貯まったポイントは、キャッシュバック申請が必要だが、1,000ポイント以上100ポイント単位で「1ポイント=1円」に交換可能。ポイントの有効期限は、付与月の翌年度3月末。

りそな銀行 VISAデビットカード

りそな銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。

年会費は、貯まるポイントが異なる2種類のカードによって異なる。

ひと月の利用金額合計額1000円につき5ポイントの「りそなクラブポイント」貯まるオリジナルカードは、初年度年会費無料、2年目以降は税込540円。ただし1年に1回以上の利用があれば翌年500ポイント(500円相当)がプレゼントされるため、実質ほぼ無料で利用できる。

ひと月の利用金額合計額200円につきJALマイレージバンク(JMB)のマイルが1マイル貯まるJMBカードは、初年度年会費無料、2年目以降は税込1,080円。こちらは1年に1回以上の利用があれば翌年500JMBマイルがプレゼントされる。

あおぞら銀行 VISAデビットカード

あおぞら銀行が発行するカードで、満15歳以上であれば申込みが可能。年会費は永年無料。

年2回、半年間の利用金額の0.25%が銀行口座に自動的にキャッシュバックされる。また、期間限定ではあるが、期間中の利用金額に応じてギフトカードやQuoカードがプレゼントされるタイアップキャンペーンもよく行われている。

主なプリペイドカードの紹介

Softbank

ソフトバンクのプリペイド式携帯電話(「リスマ」と「プリモバ」の2種類)の利用料金としてのみに使えるプリペイドカードで、国際ブランドはついていない。

3,000円と5,000円の2種類があり、利用有効期限は利用開始日から60日間。有効期限が過ぎた未使用分の料金は無効となる。

三井住友VISAプリペイド

三井住友カードが発行するVISAブランドのプリペイドカード。あらかじめチャージした金額分だけをクレジットカードのように利用できる。

入会審査はないが、申し込みの最初に三井住友カードの専用サイトから会員登録が必要。満18歳以上であれば申込みが可能。

カードの種類は、プラスチックカードと、番号のみ発行されるカードレスタイプから選ぶことができる。年会費は無料だが、最初の購入時と追加チャージの都度手数料がかかる。購入時の手数料は、プラスチックカードは税込640円、カードレスの場合は税込200円。チャージの手数料は、申込方法とチャージ方法によって細かく異なる。

ひと月の利用金額2,000円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは三井住友VISAプリペイドの購入やチャージに利用できる。

au WALLET

KDDIが発行するMasterブランドのプリペイドカード。

あらかじめチャージした金額分だけをクレジットカードのように利用できる。入会審査はないが、利用申し込みをするにはau携帯電話やタブレット、データ専用端末、または「auひかり/auひかり ちゅら」の契約が登録されたau IDが必要。年会費は無料。

チャージ方法は、auかんたん決済、じぶん銀行口座、各種クレジットカード、auショップ店頭、金額が決まったau WALLETチャージカードなどさまざまあるが、チャージ手数料はかからない。

利用金額200円につき「au WALLET ポイント」が1ポイント貯まり、貯まったポイントは「1.2ポイント=1円」としてau WALLETチャージして利用することができる。

マネパカード

マネーパートナーズが発行するMasterブランドのプリペイドカード。

海外での利用専用で、1枚のカードで米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨のチャージに対応している。

チャージのときに「パートナーズFXレートに一定のコストを加えた」為替レートを適用して外貨に両替した状態でチャージするため、海外でカードを使う際には、(一般的な日本国内発行の他社クレジットカード利用時には都度かかることになる)為替手数料や海外利用手数料がかからない。

なおマネーパートナーズは、海外旅行をよくする人の間では外貨両替がお得にできることで密かに知られている。

申し込みにはマネーパートナーズに口座開設が必要で、本人確認書類とマイナンバー(個人番号)の提示が必要。満18歳以上であれば申込みが可能。発行時に審査はあるがクレジットカードのような与信審査はない。年会費、チャージ手数料は無料。

カードに保有する通貨以外の通貨でカード決済したい場合、米ドルの残高があれば利用可能となっている。この場合の為替レートは「MasterCardが定めるレート」が適用される。(マネーパートナーズの上乗せ分もあるはずだが、明確には公開はされていない )

海外専用プリペイドトラベルマネー「 Tポイント付きキャッシュパスポート」

マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパンが発行するMasterブランドのプリペイドカード。

海外での利用専用で、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7つの通貨を1枚のカードにチャージできる。日本円もチャージできるが、日本国内では使用できない。チャージ時の為替レートは「マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパンが定めた為替レート」が適用される。

申し込みには、マイナンバー(個人番号)の提示が必要。年齢制限はない。最小チャージ額は10,000円。

「年会費」名目の費用はかからないが、12か月利用がなかった場合13か月目から毎月150円通貨相当の「月間カード管理料」がかかる。チャージ手数料は、チャージ金額の1%。

通貨から通貨への移動のための為替レートは「当社のシステムレートに5.5%を乗じたレート」となることと、カードに保有する通貨以外の通貨で決済する場合は、MasterCardが定めるレートに4%の為替手数料が上乗せされることは知っておいたほうがよいだろう。(あまりお得とは言えないため)

利用金額200円につき「Tポイント」が1ポイント貯まる。貯まったポイントは、「1ポイント=1円」としてTポイント提携店での支払いに利用できる。

海外プリペイドカード「GAICA」

アプラスが発行するVISAブランドのプリペイドカード。

GAICAの専用サイトから会員登録を行って申し込む。会員登録には本人確認書類とマイナンバー(個人番号)の提示が必要。年会費は無料で、満13歳以上であれば申込みが可能。

チャージを日本円でのみ行えるカードと、新生銀行の総合口座パワーフレックスと提携する「Flex機能付き」カードの2種類がある。

日本円でチャージするカードは、海外でカード利用時に都度、現地通貨に対してそのときの為替レートが適用され、利用金額の4%の為替手数料がかかる。(これはお得とは言えないため、ぜひ覚えておこう。)

クレジットカードと同様に通貨を選ばず、世界200以上の国と地域で利用することができる。

「Flex機能付き」カードは、新生総合口座パワーフレックスの外貨普通預金口座から直接チャージが可能になる。通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの5つに対応しており、外国通貨のチャージ手数料は入金金額の3.5%。なお、日本円もチャージできるが、日本国内では使用できない。

この方法でチャージした場合、海外での利用時の為替手数料はかからないが、日本円でチャージした場合には利用金額の4%の為替手数料がかかる。

まとめ

どのカードも種類が豊富で、サービスも手数料もカードによってさまざまである。とても奥が深くて、どれがどれかを一度に理解して覚えるのは難しいかもしれない。でも、このような便利なカードがあるということは覚えておいていただき、いつかお役に立てば幸いである。

Pocket

こちらの記事も読まれています