nanaco(ナナコ)カードでポイントを貯めるチャージ術!おすすめのクレジットカードでポイント二重取り

Pocket

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど全国で使えるnanacoカード。すでに利用している人も、まだ持っていない人も。この記事を読めばnanacoカードをお得に使いこなす節約術がわかるだろう。

card_nanaco

nanacoポイントとは?

nanacoはセブンイレブンをはじめ、セブン&アイグループの店舗で利用できる電子マネーだ。

利用額100円ごとにnanacoポイントが貯まり1ポイント1円として利用できる。コンビニのセブンイレブンの他、スーパーのイトーヨーカドーでも利用できるため便利だ。そのnanacoポイントをより貯めてお得に使える方法を伝えていきたい。

nanacoの作り方

nanacoにはカードタイプのnanacoカードとスマートフォンで利用できるnanacoモバイルがある。nanacoカードはセブンイレブン、またはイトーヨーカドー等で300円(税込)の手数料を払うことで発行できる。

発行手数料は不定期に行っているキャンペーンや、毎月8日、18日、28日にイトーヨーカドーで発行することで無料となるのでこれから新規発行する方はこのタイミングに合わせて申し込むと良いだろう。

nanacoモバイルはアプリを携帯電話にインストールするだけなのでいつでも手数料は無料だ。nanacoの使い方は現金やクレジットカードでチャージした後、セブンイレブン等の支払いでnanacoをかざすと利用できる。

モバイルnanaco
(公式サイトより引用)

※モバイルnanacoはおサイフケータイに対応した端末でのみ利用可能。(対応端末一覧

利用額100円ごとに1nanacoポイントが貯まるので還元率は1.0%だ。通常クレジットカードを利用しても0.5%還元が普通なので、クレジットアードを利用しなくても1.0%の還元を得られるのはすごいことだろう。

また毎月8日、18日、28日はカード発行無料に加え、イトーヨーカドーハッピーデーが開催されておりnanacoでの支払いで全品5%OFFとなる。

nanacoポイントの使い方

nanacoポイントは通常1ポイント1円として提携店でのお買い物に利用できる。

使い方は提携店でポイントを電子マネーに交換して欲しいと伝えるだけだ。ポイント交換が不可能な店舗もあるので注意して欲しい。

また店舗で利用する以外にANAマイルへの交換がある。(2016年7月時点でnanacoを移行できるのはANAマイルだけとなっている。)

ただし、交換レートは500nanacoポイントにつき250ANAマイルとなっており、交換レートは50%となっているので交換レートがいいとは言えないだろう。その他の使い道としては、nanacoのぬいぐるみ等のグッズに交換ということも可能だ。

nanacoポイントの貯め方

nanacoポイントは提携店で100円の支払いにつき1ポイント貯まる。

但し、税金、公共料金の支払いではポイントは貯まらない。ここでは提携店とさらにnanacoポイントを貯める方法を伝えていく。

nanacoポイントが貯まる店舗一覧

nanacoポイントが貯まる店舗にはレジにてチャージ、ポイントの交換が可能な店舗、支払いのみが可能な店舗などいくつか種類がある。表にまとめたので確認していただきたい。

ここで「ポイント交換」とは貯まったnanacoポイントをnanacoの電子マネーに交換できることを意味している。「センター預かり分の受け取り」とは、以下の店舗で貯まったnanacoポイントを受け取り可能であることを意味している。

LOFT、ビックカメラ、ココカラファイン、コカコーラなど。
※これらの店舗ではnanacoポイントが毎月10日のAM6:00に一括で付与される。

店舗 チャージ ポイント交換 センター預かり分の受け取り
セブンイレブン OK OK OK
イトーヨーカドー
ヨークマート
デニーズ
西武・そごう
アカチャンホンポ
デリシア
ビックカメラ OK OK NG
コジマ
ソフマップ
オムニ7 NG NG NG
アリオ
ロフト
エッソ・モービル・ゼネラル
ココカラファイン
東京駅一番街
ANA FESTA
ディスクユニオン
カメレオンクラブ
カクヤス
サンリオピューロランド
ミスタードーナッツ
タイトー
小僧寿し
コカコーラ自販機
ヤマト運輸

この表に載せた店舗以外にもnanacoが貯まる店舗あるのでこちらから検索して欲しい。
nanacoが使えるお店

nanacoポイントをより貯める方法

普通に提携店でお買い物をする以上にポイントを貯める方法がいくつかあるので紹介したい。

キャンペーン期間やボーナスポイント商品を狙って購入

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートなどでは期間限定だがnanacoポイントが2倍のキャンペーンやボーナスポイントが付く商品があるのでそれを狙って購入してけばさらに効率的にポイントを貯めることが出来る。

アプリやメールで細かくポイントをもらう

メールマガジンのnanacoニュースを登録して購読する、またイトーヨーカドーアプリのチラシを見るだけで1日1ポイント貰える。

またイトーヨーカドーのお店でWi-Fiに接続しアプリでチェックインするだけで1日1回5ポイントもらうことが出来る。毎日のお買い物時に細かくためることが出来る。

家賃支払い・賃貸契約でnanacoポイント獲得

インサイトとセブン・カードサービスが行っているサービス「TAMARU」を利用すると対象物件の家賃支払い、賃貸契約時にnanacoポイントをもらうことが出来る。実質、家賃や契約金の割引となるのでもし賃貸を借りる際にサービスを受けることが出来る物件なら検討してみてほしい。

nanaco最大の魅力! 税金・社会保険料や公共料金の支払いが可能

住民税、国民年金、自動車税などの税金や電気、水道、ガスなどの公共料金は銀行口座引き落としにしていなければ支払い用紙を利用して支払うこととなる。

コンビニ等でいつでも支払い可能だが基本的には現金支払いのみとなっている。しかしセブンイレブンではnanacoを使って支払うことが可能だ。

残念ながらnanacoポイントは付かないのだが後述するnanacoにチャージすることが出来るクレジットカードを利用すればクレジットカード独自のポイントが付く分お得となるのだ。

nanacoで支払える主な税金の種類をまとめてみた。どの税金もまとまった金額となるため、この支払いにポイントが反映されれば多くのポイントを得ることが出来るのでコンビニ支払いが可能な方は是非試して欲しい。

・固定資産税
・自動車税
・軽自動車税
・不動産取得税
・所得税
・住民税
・国民年金
・国民健康保険

※注意事項として一部の自治体ではコンビニ決済が不可なものもあるので事前に確認していただきたい。

nanacoへのチャージはクレジットカードを利用することでお得に!

税金・公共料金の支払いの項目で紹介したようにnanacoへのチャージはクレジットカードを使うことによってそのクレジットカード独自のポイントが貯まるためその分、現金のチャージよりお得だ。

クレジットカード

しかしクレジットカードからnanacoにチャージする際には少し手間が掛かる。また支払い時にも制限があるためちょっとややこしいことが多いため説明していく。

クレジットカードの事前登録

nanacoにチャージをする際、現金ならばレジやセブン銀行のATM端末で簡単に行うことが出来る。しかしクレジットカードからnanacoにチャージする際には少し手間が掛かる。まず、クレジットカードの本人認証サービスに登録する必要がある。

これは各クレジットカードによって方法が違うため会員サイト等を参考に登録して欲しい。本人認証サービスへの登録が済んだらPCやスマートフォンでnanacoの会員サイトへアクセスし利用するクレジットカードの事前登録を行う。

注意事項としてnanacoカードは発行後の10日後、nanacoモバイルは入会、導入後から4日後の朝6時以降にクレジットカードの登録が可能となるで気をつけてほしい。

クレジットカードからのチャージと制限

はれて事前登録が済むとnanacoへのクレジットカードからのチャージが可能となる。チャージの方法はパソコン、携帯からアクセスできるnanacoの会員サイトから、nanacoモバイルでは専用アプリから行うことが出来る。

注意して欲しいのはチャージした後すぐに買い物には使うことが出来ないということだ。これはチャージした後、残高はセンター預かり状態となっておりnanaco自体には反映されていないためだ。

チャージしたnanacoの残高を反映させるためには「残高確認」という処理が必要となっており、この処理を行えるのがセブンイレブン、イトーヨーカドー等のレジやサービスカウンターとなっている。またセブン銀行のATMでも行うことが出来るので、残高確認だけならばレジに並ばずATMで行うほうが良いだろう。

nanacoカードへのチャージ回数や金額には下記にまとめた制限があるので注意して欲しい。
・1回あたり2万9千円まで
・1日3回まで
・1ヶ月では15回まで
・1ヶ月の合計チャージ金額は20万円まで
・nanacoの残高の上限は5万円

ちなみに以下のnanacoカードはクレジットカードからのチャージが出来ないので注意が必要だ。

・nanaco機能付きクロネコメンバーズカード
・iPhone nanacoシール
・株主カードnanaco

nanacoでの支払いに関する注意

nanacoの残高上限は5万円となっている。普段の買い物で5万円を越えることはそうそう無いが、税金の支払いやイトーヨーカドーなどで大きい買い物をする際には残高が足りなくなる場合がある。

では5万円を超える支払いが出来ないかというとそういうわけではないのだが、少し特殊な方法が必要となるので説明する。

センター預かり状態と残高確認を利用する

5万円を超えた金額で支払いをしたい場合、まずnanacoに5万円分をチャージ、残高確認を行う。その次の日に再度、5万円を超えた差額をnanacoにチャージする。するとnanacoに5万円分、センター預かりに差額分の金額がチャージされている状態だ。

この状態でレジにて支払いを行うとnanacoの残高が0になる。その時点で店員さんに残高確認をお願いすると、nanacoに差額がチャージされ足りない金額を支払うことが出来る。

複数のnanacoを利用する

nanacoの支払いには複数枚(おサイフケータイ含む)のnanacoカードを利用することが出来る。これを利用してチャージ、センター預かりを上限金額までチャージすればさらに大きい金額を支払うことが出来る。しかし注意事項が二つある。

一つはnanacoのクレジットチャージはnanaco一枚に付き個別のクレジットカードが必要なこと、そしてnanacoで一度に支払うことが出来る上限金額が25万円ということだ。それ以上の金額になる場合は他の支払い方法で行おう。

nanacoチャージで独自ポイントが貯まるクレジットカードは?

nanacoへチャージが出来るクレジットカードは実は多数あるのだが、チャージ時にそのカードの独自ポイントが付与されるかどうかはカードやカードのクレジットカードブランドによって変わってくる。

またポイント付与の対象カードでもnanacoチャージ時の還元率はカードごとに大きく変わる。ここではポイントの還元率が高いカードをいくつか紹介していきたい。

セブンカードプラス

最後に紹介するのがセブンアイグループが発行しているクレジットカードと電子マネーnanacoの機能が一緒になったセブンカードプラスである。

その他のクレジットカードと異なり、クレジットカードの利用額に応じてnanacoポイントが直接貯まる仕組みとなっており、セブンイレブン、イトーヨーカドーで使いやすいカードとなっている。

初年度は年会費無料次年度も前年度のクレジットカード利用額が5万円以上なら無料となる。

ポイント還元率はセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでの利用で1.5%、西武百貨店、そごう、一部のポイント優良店で1.0%、その他の支払いとnanacoへのチャージは還元率は0.5%となっている。

電子マネーとクレジットカードが一緒になっているのでカードが1枚ですみ、ポイントも直接nanacoポイントが貯まるので交換などを考えず楽に貯めることが可能だ。

このカードの最大の特徴は、セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズではnanaco支払いにせずクレジットカード払いにすることでよりnanacoポイントを貯めることが出来るという点だ。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでクレジット払いにすると200円(税込)で3nanacoポイントが付く。還元率は1.5%となり、チャージしたnanaco支払いの還元率と変わらない。

しかしクレジット払いは月間合計金額に対して200円(税込)ごとにポイントが付与されるのに対し、nanaco支払いは利用1回ごとに100円(税込)ごとにポイントが貯まる。

例えば150円の買い物を月に4回したとすると、nanaco支払いでは1回ごとにポイントが加算されるので4ポイントだが、クレジット払いでは月間合計金額なので600円となり9ポイントとなり倍以上のポイントが貯まるため無駄なくポイントを貯めていくことが可能となるのだ。

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用している方にはおすすめのカードとなっている。

セブンカードプラス

button_shousai3  button_koushiki3

楽天カードJCB

楽天カードではJCBブランドに限りnanacoのチャージで楽天スーパーポイントが貯まる。年会費無料カードでnanacoチャージでの還元率1.0%は高還元率だ。楽天スーパーポイントは1ポイント1円で加盟店やネットショッピング、楽天Edyへのチャージに利用することが出来る。

楽天カードVISA

button_shousai3  button_koushiki3

Yahoo!Japanカード(YJカード)

Yahoo!JapanカードはJCBブランドに限りnanacoチャージでTポイントが貯まる。nanacoチャージ時の還元率は1.0%となっている。チャージしたnanacoをセブンイレブンで使えば実質的にセブンイレブンで100円で1Tポイントを貯めることが出来るのでTポイントを貯めている方にはお得だ。


YJカード

ファミマTカード

ファミリーマートが発行しているファミマTカードでもnanacoチャージが可能だ。チャージ時の還元率は0.5%となっている。ファミリーマートをよく使うが次にセブンイレブンも使うという方にはこちらをお勧めしたい。

ファミマTカード

button_shousai3  button_koushiki3

まとめ

nanacoポイントはTポイントやPontaポイントと比べると利用方法の幅が少ないようにも感じるが、やはり最大の魅力である税金・公共料金の支払いでポイントがたまるというところが強みだろう。

イトーヨーカドーを普段使っている人にとっては普段からのお買い物で貯まりやすくそのまま使いやすいという点も魅力だ。是非nanacoを利用してポイントを貯めお得にすごしていただきたい。

Pocket