TOP

建設業界におすすめの法人カードの使い方

建設業界

法人カードを活用することで、ビジネスにかかる支払いが通常よりお得になったり、業務が効率化したりすることも多い。

建設業界においては、ガソリンスタンドやホームセンターで割引になるカードや、ETCカードを無料で発行できるカードがおすすめ。

ガソリンスタンドと提携している法人カードや、ホームセンターなどと提携する法人カードなどが該当する。

そういったカードを利用することで、現場への移動に必要なガソリンや資材などを通常よりもお得に購入でき、有料道路の利用もスムーズになる。

本記事では、建設業界で法人カードを利用する場合の、おすすめの使い方とカードについて解説する。

現場への車移動がお得に

建設業界において、作業現場への移動は社用車やトラックを利用することが多い。

そこで、ガソリンスタンドの特典がある法人カードや、ETCカードをお得に発行できる法人カードがおすすめだ。

ガソリン代がお得なカード

石油元売り系が提携・発行してクレジットカードは、対象のガソリンスタンドにおいて割引が適用されるなど、通常のカード払いよりお得になる。

ENEOS BUSINESS/ENEOS BUSINESS II

入会金・年会費無料のENEOSのサービスステーションでのみ利用できるハウスカード。

法人・個人事業主が利用でき、ENEOSサービスステーションで販売する商品・サービスを購入できる。

ガソリン・軽油に関して、ENEOS BUSINESSはカード発券店と取り決めた契約価格、ENEOS BUSINESS IIは店頭価格で購入できる。

締め日・支払日を選択できるのも法人カードとして便利な点だ。

ENEOS BUSINESS

ENEOS専用の法人カード

年会費無料
申込条件入会時に入会申込書の提出および必要書類による確認ができる法人様・個人事業主
利用可能店舗全国のENEOSのサービスステーション
購入可能商品ENEOSサービスステーションで販売している商品・サービス
支払方法「毎月末日締め、翌々月2日口座引き落とし」「毎月20日締め、翌月17日口座引き落とし」のいずれかから選択可能
有効期限入会月より7年
ETCカード年会費550円(税込)
支払回数1回払いのみ
koushiki-200-40

シェルビジネスカード

昭和シェル石油提携のクレジットカード。JCB加盟店で利用できる。

カード利用金額に応じて下表のようにキャッシュバックがある。また、昭和シェル石油SS利用分については、キャッシュバック対象金額が2倍で計算される。

月間利用合計金額キャッシュバック率
100万円以上3.0%
80万円~100万円未満2.5%
60万円~80万円未満2.0%
40万円~60万円未満1.5%
20万円~40万円未満1.0%
5万円~20万円未満0.5%
5万円未満0%

なお、キャッシュバックの対象となるのは、翌々月のカード利用分のうち、以下のように交通費・出張旅費利用分。

  • 昭和シェル石油「シェルビジネスカード」加盟SS利用分
  • レンタカー料金
  • 高速料金(ETC利用を含む)
  • 宿泊料金
  • JR券
  • 航空券
  • タクシー料金
  • 旅費

また、キャッシュバックの対象金額の上限は月間50万円で、年間最大18万円までキャッシュバックが可能。

クレジットカード機能が付いたカードの他に、以下2種類のカードを同時発行可能。これら2種類のカードの利用金額も、前述のキャッシュバック対象金額に合算される。

  • SS専用カード:シェルのSS内のすべての商品に利用可能
  • FUELカード:シェルのSS内のガソリン、軽油、灯油のみ利用可能

これらのカードを発行することで、利用者に応じたカードの使い分けができる。

なお、「SS専用カード」「FUELカード」のみの発行もできるが、その場合キャッシュバックは対象外となる。

シェルビジネスカード

昭和シェル石油でお得な法人カード

年会費初年度無料
次年度以降1,375円(税込)
申込条件法人または個人事業主
限度額40~100万円
ETCカード年会費無料
キャッシュバックあり
支払日毎月15日締め翌月10日払い
支払回数1回払い、2回払い
koushiki-200-40

ETCカード発行が便利

建設業界での作業現場への移動では、高速道路・有料道路を利用することも多い。その際に活躍するのがETCカードだ。

ETCカードを利用することで、料金所を自動で通過できて利用者が便利なだけでなく、事務・経理にとっても出納管理が楽になり業務が効率化される。

法人クレジットカードでは、ETCカードを年会費・手数料無料で発行でき、複数枚発行できるカードもある。

UC法人一般カード

1枚のクレジットカードに対してETCカードを複数枚、年会費無料で発行できる。

また大規模法人に限り、法人クレジットカードを発行せずにETCカードのみを発行することも可能だ。

クレジットカード利用分、ETCカード利用分ともに1,000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まる。

「永久不滅ポイント1,000ポイント=出光キャッシュプリカ5,000円分」や「永久不滅ポイント500ポイント=UCギフトカード2,000円分」などの交換ができ、ガソリン代節約や各種備品の購入にも効果的だ。

UC法人一般カード

UC法人カード 一般

ETCカードを複数枚無料で発行可能

年会費1,375円(税込)
申込条件法人および個人事業主
限度額20~300万円
支払日毎月10日締め、翌月5日引き落とし
引き落とし口座法人口座
ETCカード発行手数料・年会費無料
ポイント永久不滅ポイント
koushiki-200-40
shousai-95-40

仕入れ業務をお得かつ効率化

建設業界では、必要な資材などをいったん自分たちで購入して仕入れ、後から取引業者に請求するのが一般的だ。

このとき、クレジットカード払いではポイントが付くので、現金よりもお得だ。さらに、仕入先の提携・発行クレジットカードでは優待や特典が付くこともある。

さらにカード払いでは、代金の支払いを先延ばしにできるのもメリットとして大きい。

建設業界では、取引先からの支払いがあるまで材料費などが一時的な持ち出しとなるため、キャッシュフローが苦しくなることがある。しかしカード払いにすれば、支払いの猶予を作ることができる。

また、カード払いでは自動的に銀行口座から引き落としがされ、仕入れ日時や金額、仕入先などはすべて明細に記録されるので、お金の流れを管理しやすいというのもメリットだ。

ホームセンターでお得な法人カード

コーナンPRO BusinessCard

ポケットカードとホームセンター「コーナン」の提携カード。年会費無料、従業員カードは5枚まで発行可能でこちらも年会費無料。

カード利用1,000円(税込)ごとにポケット・ポイントが1ポイント貯まる。ポケット・ポイントは200ポイントでコーナン商品券1,000円分と交換できる。

ショッピング1回払い利用分は、支払いが最長3ヶ月後となるのが特徴のひとつ。キャッシュフローに余裕が持てるカードだ。

さらに、伊藤忠エネクス系列の提携SSで割引あり。ハイオク・レギュラー・軽油がカード利用で1リッターごとに2円引きとなる(月間500リッターまで)。直営店なら店頭でさらに1円引きとなり、合計3円引き。

コーナンPRO BusinessCard

コーナンPRO BusinessCard

現場での細かい仕入れに強い味方

年会費無料
利用~支払いまでの日数最長3カ月
利用可能枠ショッピング:上限300万円
キャッシング:上限300万円
※審査あり
カード発行可能枚数5枚
ポイントポケット・ポイント(1,000円=1ポイント)
支払回数1回払い/リボ払い
koushiki-200-40

Web経由の仕入れもお得に

定期的な仕入れについては、法人であってもWebショッピングがお得になることがある。

実際に、ビジネス用品専門のサイト「大塚商会」や、「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」などの総合通販サイト、「ヨドバシカメラ」などの家電量販店サイトなどで、建設業界の仕入れが増えているようだ。

大量注文をすれば送料も無料もしくは格安になることが多いので、場所をとらない小物建材ならばWebサイトで購入するのも良いだろう。

ただし、個人用クレカで法人の仕入れを行なうことは利用規約違反の可能性がある。

Webショップの提携で発行されている法人カードはほとんどないが、「楽天プレミアムカード」とセットで「楽天ビジネスカード」を発行することができる。

楽天ビジネスカード

支払い口座が法人名義の場合、商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書を提出する必要がある。

楽天プレミアムカードの支払い口座は個人口座を指定するので、支払いを分けられて経費処理も簡略化できる。

楽天ビジネスカード

プライベートでもビジネスでも楽天を賢く使いたい方に

年会費2,200円(税込)
※楽天プレミアムカードは年会費1万円(税込)
ETCカード年会費550円(税込)
※1枚目のみ無料
限度額最高300万円
※2枚のカードと合算
申込条件20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)、及び個人事業主
支払回数1回払いのみ
ポイント楽天ポイント(100円=1ポイント)
koushiki-200-40
shousai-95-40

自社に合う法人カードを選ぼう

法人カード選びのポイントは、会社として求めるポイントを明確にすることである。

たとえば、ガソリン代をお得にしたいなら石油元売り系カード、ネットショッピングがメインなら、ネット系カードがおすすめだ。

個人向けクレジットカードと比較して、法人向けカードは限度額が多いが、キャッシング枠が付いていないカードも多い。

また、法人向けカードを個人利用すると、利用規約違反になる恐れがあるため、個人向けカードとの棲み分けはしっかりとしておこう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

ono

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る