現場の仕入れやガソリン代対策に強い!建設業界にお勧めの法人カード

Pocket

建設業界

法人、とりわけ建設業界は何かとお金がかかるものだ。特に支出としては、取引業者からお金が入るまでの立て替え金、作業現場への移動や営業周りで使用する車のガソリン代、この2点が大きい。

逆に言えば、この2つを節約できれば会社の経費節減も効率化もうまくいくということだ。

個人向けクレジットカードには、支払日を自分で設定できるカードやガソリン代がお得になるカードなどがあるが、実は法人向けカードにも存在する。

そこで今回は、仕入れ時や移動時にお得になるカードを中心に、建設業界におすすめのクレジットカードを紹介する。

建設業界において、クレジットカードを有効に使う2つのポイント

建設業界において、クレジットカードを有効に使う2つのポイント、それは「仕入れ時」と「現場への移動時」である。

仕入れ時のメリット

建設作業をするときは、資材などの材料を一時的に自分たちで仕入れて、後ほど取引業者に請求するのが一般的だ。この際、現金払いでなくクレカ払いをすると、以下のようなメリットがある。

優待・特典がある

仕入先が発行するクレジットカードを持っていれば、仕入先で優待や特典を受けることができる。建設作業に必要な工具を優待料金でレンタルできたり、関連施設の利用料・入園料などの優待があったりなど、優待や特典はぜひ活用したいところだ。

また、仕入先でない会社が発行しているクレジットカードでも、利用金額に応じてポイントが付与される。貯まったポイントはギフトカードや他のポイントへの移行もできるため、それを会社の備品購入時に充てれば、経費削減にもつながる。

クレジットカード払いならば支払いを先延ばしにできる

クレジットカード払いを仕入れ時に利用すれば、商品代金の支払いを先延ばしにできるのも、大きなメリットだ。

他の業界でも同様だが、建設業界でも取引業者が前払いでお金を払ってくれるとは限らない。取引先からお金が支払われるまで、材料の仕入れ代などは一時的ではあるが自分たちで持ち出しとなる。会社の給料日前や取引先に代金を支払った直後などは、持ち出せるお金にも限りがあるため、キャッシュフロー的にはかなり苦しい状況だ。

そこで活用したいのが、クレジットカード払いである。クレジットカード払いを利用すれば、口座引き落としまでのタイムラグが発生するため、支払いを猶予することが可能。翌月払い、翌々月払いの取引先も多く存在する建設業界にはありがたい所だ。

例えば、1日に仕入れをクレカ払いして、当月末日締め、翌々月5日引き落としとなれば、仕入れから実際の支払いまでは65日間の猶予がある。これは、キャッシュフロー的にも大きなメリットであろう。

会計処理もシンプルに

仕入のたびに会社の事務員に領収書を渡して、それと引き換えに現金を受け取る、このような会計処理をしていると、手続きが非常に煩雑になるばかりでなく、間違いが起こる可能性も否定できない。

一方、クレジットカードで仕入れを行なえば、仕入れの日時や金額、仕入先もカードの利用明細に記録されている。支払いも、銀行口座から自動的に引き落とされるので、間違いはない。

現場への移動時のメリット

作業現場へ行くときは、自社の車やトラックなどに乗って移動することが多い。現場移動をする際にも、クレジットカードを持っていると以下のようなメリットがある。

ガソリン代がお得

従業員や資材をトラックに乗せて現場へ移動する、営業の社員が営業車で取引先を回る、仕入れのために店を訪れるなど、建設業にとって車はなくてはならない。

利用頻度が多ければ、それだけ消費するガソリンも多くなるため、ガソリン代もかなりのものである。

そんなとき、石油元売り系が発行するクレカで給油をすると、通常のクレカ払いよりさらにお得な価格で給油ができるため、経費削減が可能だ。

ETCカードも発行される

現場が遠くの場合、あるいは遠方に営業に行く場合には高速道路を利用することが多いが、その際にあると便利なのが、ETCカードである。

利用者からすれば、小銭を用意しなくても高速道路を通行できる利便性が魅力的であるが、事務や経理の人にとっても、煩雑な現金の出納の手間がなくなるため、仕事の効率化にもつながる。

クレジットカードの中には、ETCカードを無料で発行できるものも多く、高速道路を利用する車が多くても、台数分のETCカードを発行できるクレカ会社もある。

仕入れ時など、よく使うお店に特典のあるカード

建設業界の会社がクレジットカードを利用する主なメリットには、「仕入れ時」「現場への移動時」と2つのシチュエーションがあることが分かった。そこでここからは、2つのシチュエーションごとにおすすめの法人用クレジットカードを紹介していこう。

ホームセンターなど店舗での臨時仕入れが多い場合

建設業界の会社にとって、ホームセンターはなくてはならないお店だ。建設資材や部品はもちろんのこと、事務用品なども販売しており、ホームセンターがあれば会社で必要なものが全て揃うほどである。

ドイト、プロドイト

ドイト(プロドイト)は、埼玉県を中心に店舗展開を行なっているホームセンターだが、現在は、ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」の子会社となっている。

ホームセンターならではの商品を販売しつつ、ドン・キホーテならではのユニークな品揃えも、他のホームセンターにはない特徴である。ホームセンター関連の品揃えとしては、電気系統や水道用品などの備品が特に充実している。

そのため、水道工事や電気工事の現場で急に部品が必要になった時、ドイトは頼れる味方だ。 そんなドイトでは、「ドイトビジネスカード」を発行している。

ドイトビジネスカード


現場での細かい仕入れに強い味方

年会費 無料
利用~支払いまでの日数 最長117日
カード発行可能枚数 9枚
ポイント majicaポイント(100円=1ポイント)
支払回数 1回払いのみ
口座振替手数料 無料
koushiki-200-40


「ドイトビジネスカード」はオリコとの提携カードで、発行の際にはオリコによる審査がある。ドイトビジネスカードは、希望の限度額に応じて会社の営業年数が以下のように定められている。

限度額 条件
100万円以下 営業年数1年以上
200万円以下 営業年数3年以上(自宅または店舗所有)
300万円以下(法人のみ) 営業年数3年以上(自宅または店舗所有)

1回払いのみのクレジット払いが利用可能なカードだが、ドイト以外では利用できない。ただし、利用~引き落としが最長117日間あるので、キャッシュフローにも余裕が出てくる。

また、ドイトビジネスカードはドン・キホーテの電子マネー「majica」を採用しており、ドイトビジネスカードで支払いをしてmajicaカードを提示するだけで、100円につき1ポイントのmajicaポイントが付与される。

貯まったポイントは、1ポイント=1円のレートで、ドン・キホーテや長崎屋、そしてドイトで利用可能だ。ドイトビジネスカード限定の特典として、半期に1回、ドイトビジネスカードの利用金額に応じてmajicaのボーナスポイントが付与される。

ジョイフル本田

ジョイフル本田は、茨城県を中心に関東地方で店舗展開を行なっているホームセンターである。郊外型の超大型店舗が多く、それぞれが東京ドーム2~3個分の敷地面積を有する。

角となるホームセンター事業のみならず、エクステリアやペット、ガーデン、カー用品やガソリンスタンドなど幅広い事業展開を見せている。

ジョイフル本田は、ドイトよりもホームセンター色が色濃く、取り扱う商品も非常に幅広い。そんなジョイフル本田では、法人専用のカード「ジョイフル本田グループ法人カード」を発行している。

ジョイフル本田グループ法人カード


ジョイフル本田グループ法人カード

臨時の細かい仕入れに便利&ジョイフルホンダの専用ガソリンスタンドが安い

年会費 税別300円
利用~支払いまでの日数 毎月月末締め、翌月27日払い
カード発行可能枚数 3枚(1枚発行ごとに年会費が税別300円)
ポイント majicaポイント(100円=1ポイント)
支払回数 1回払いのみ
口座振替手数料 無料
koushiki-200-40


ジョイフル本田に併設されているガソリンスタンド「ジョイフルSS」は、ガソリン価格が安いのが大きなメリットだ。通常のクレジット払いだと、現金払いと比べてガソリン価格が割高になるが、ジョイフル本田グループ法人カードならば、現金払いと同じガソリン価格でクレジット払いの給油ができる。その他、以下のような特典もある。

店舗名 特典内容
新田エリア「A&Wボタニックガーデン」 入園料大人550円→200円
ジョイフル本田エクステリアセンター 指定の物置を優待価格で販売
ジョイフル本田ペットセンター ドッグウォッシュマシーンを500円で利用可能

webショッピングなどでの仕入れが多い場合

臨時の仕入れはホームセンターが便利だが、定期的な仕入れならばwebショッピングも見逃せない。ビジネス用品を専門にしたサイト「大塚商会」はもちろんのこと、「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」などの総合通販サイト、「ヨドバシカメラ」などの家電量販店サイトでも仕入れをする人が増えている。

実は安く仕入れられる

基本的にはメーカー直送で建材を仕入れている会社が大多数だが、実はwebでより安い価格で建材を仕入れられる事は多い。ネットショッピングだと送料が気になるが、大量注文をすれば送料無料になりやすいため、大量注文をしても場所をとらない小物建材ならば、メーカー直販はホームセンターで買うよりもお得になる。

webショッピングでお得になる法人カードは

webショッピングでは銀行引き落としもできるが、クレカ払いが主流だ。しかし、個人用クレカで法人の仕入れを行なうと利用規約違反の可能性があるため、法人用クレカを持っておきたい。ところが、前述のサイトの中で法人用カードを発行しているところは少ない。唯一、楽天のみが「楽天ビジネスカード」を発行している。ただし、楽天ビジネスカードは単独では発行できず、「楽天プレミアムカード」とのセット発行となる。

楽天ビジネスカード

プライベートでもビジネスでも楽天を賢く使いたい方に

年会費 税別2,000円(楽天プレミアムカードは年会費税別1万円)
ETCカード 年会費税別500円(1枚目のみ無料)
限度額 最高300万円(2枚のカードの合算)
申込条件 20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)、及び個人事業主
支払回数 1回払いのみ
ポイント 楽天ポイント(100円=1ポイント)
koushiki-200-40
shousai-95-40

楽天ビジネスカードの支払い口座が法人名義の場合、商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書を提出しなければならない。楽天プレミアムカードの支払い口座は個人口座を指定するので、支払いを分けられて経費処理も簡略化できる。

ガソリンやETCカードでのメリットがあるカード

建設業界にとって、車は非常に重要な道具である。作業員や建設資材の運搬はもちろんのこと、外回りの営業にも重宝する。ただし、車にはガソリン代などの維持費やETCカード年会費などの経費がかかるため、経費削減のためにはガソリンやETCでメリットがあると、うれしいものだ。

ここでは、ガソリンやETCカードデメリットのある法人カードを紹介する。

ETCカード発行が複数無料の法人カード

ETCカードを利用するには、車載器の費用はもちろんだが、カード自体の発行手数料や年会費も無視できない。特に年会費は、毎年発生するもののため、複数のETCカードを利用したい法人にとっては無料に越したことはない。

そんな法人におすすめなカードが「UC法人一般カード」である。

UC法人一般カード

ETCカードが99枚まで無料

年会費 税別1,250円
申込条件 法人および個人事業主
限度額 20~300万円
支払日 毎月10日締め、翌月5日引き落とし
引き落とし口座 法人口座
ETCカード 99枚まで発行手数料、年会費無料
ポイント 永久不滅ポイント(1,000円=1ポイント)
koushiki-200-40
shousai-95-40

やはり特筆すべきはETCカードで、何と99枚まで年会費無料で発行できる。大規模法人に限られるが、法人クレジットカードを発行せずにETCカードのみを発行することも可能だ。

ETCカード利用分もしっかりと永久不滅ポイントが貯まり、「3,000ポイント=出光キャッシュプリカ15,000円相当」や「3,000ポイント=UCギフトカード12,000円相当」にも交換できるので、ガソリン代の節約や各種備品の購入にも効果的だ。

ガソリンの割引率が高い法人カード

UC法人一般カードで貯まったポイントを「出光キャッシュプリカ」に交換すれば、間接的にガソリン代の削減につながる。しかし、ガソリン代がバカにならない法人などは、より節約効果の大きい石油元売り系の発行する法人カードがおすすめだ。

ENEOS BUSINESS

ENEOS専用の法人カード

年会費 無料
申込条件 入会時に入会申込書の提出および必要書類による確認ができる法人様・個人事業主
利用可能店舗 全国のENEOSのサービスステーション
購入可能商品 ENEOSサービスステーションで販売している商品・サービス
支払方法 「毎月末日締め、翌々月2日口座引き落とし」「毎月20日締め、翌月17日口座引き落とし」のいずれかから選択可能
有効期限 入会月より7年
ETCカード 年会費税別500円
支払回数 1回払いのみ
koushiki-200-40

「ENEOS BUSINESS 」は、入会金、年会費が無料だが、ENEOSのサービスステーションでしか利用できないハウスカードである。

ガソリンと軽油に関しては、ENEOS BUSINESSに入会したサービスステーションと事前に取り決めた契約価格を採用し、その価格で全国のENEOSのSSで給油できます。締め日と支払日を選択できるので、会社の状況に応じて選ぶと良い。

シェルビジネスカード

昭和シェル石油専用の法人カード

年会費 税別1,250円(初年度無料)
申込条件 法人または個人事業主
限度額 40~100万円
ETCカード 年会費無料
キャッシュバック あり
支払日 毎月15日締め翌月10日払い
支払回数 1回払い、2回払い
koushiki-200-40


昭和シェル石油の法人カード「シェルビジネスカード」は、「クレジットカード」「SS専用カード」「FUELカード」の3種類がある。クレジットカード(一般カード)の概要は、上記のとおりである。
クレジットカードだけの特典として、キャッシュバックがある。カード利用額に応じてキャッシュバックがなされ、月間100万円以上利用すれば、3%分のキャッシュバックも夢ではない。

注目すべきは、2回払いも手数料無料で利用できる点だ。今回紹介したほかの法人カードは、支払い猶予こそあるものの、全て1回払いだったが、2回払いを利用できることにより資金的にも余裕が生まれてくる。

しかも、昭和シェル・ETCカード利用分については「毎月末日締め、翌々月10日引き落とし」なので、1回払いでもキャッシュフローに余裕が生まれる。

「SS専用カード」は昭和シェル石油SSの燃料やサービスの購入に、「FUELカード」は昭和シェル石油の燃料購入のみに使える。「SS専用カード」「FUELカード」単独での発行も、クレジットカードと組み合わせての発行も可能だ。

いずれのカードも、ガソリンを会員価格で給油できる。

自社に合った法人向けカードを選ぼう

法人向けカード選びのポイントは、自社がカード選びで改善したいポイントを明確にすることである。キャッシュフローを改善したいなら、口座引き落としまでの期間が長いカード、ガソリン代をお得にしたいなら石油元売り系カード、ネットショッピングがメインなら、ネット系カードがおすすめだ。

個人向けクレジットカードと比較して、法人向けカードは限度額が多いが、キャッシング枠が付いていないこともある。また、法人向けカードを個人利用すると、利用規約違反になる恐れがあるため、個人向けカードとの棲み分けはしっかりとしておこう。

Pocket