TOP

スタートアップが法人カードを選ぶならココを見よう!おすすめのクレジットカード5選

business-for-startups
今回は法人カードの中でも創業直後でも申し込みしやすい、スタートアップならではのスピード感をもった方におすすめしたいクレジットカードを紹介する。

法人カードは一般カードと違う?

スタートアップの経営者におすすめなのは、法人向けのクレジットカード。一般向けのクレジットカードと違い、引き落とし口座を法人口座に指定することができるため、経理上の経費計上で個人の利用と切り分けて使用できるのが大きな特徴。

法人カードを選ぶ基準

今回紹介するクレジットカードは以下の観点で選んでいる。

【カードを選ぶ基準】

  • 国際ブランド
  • メインで利用するシーン
  • 利用上限額
  • 社員カードやETCの必要性
  • 審査や申込みやすさ

これらの基準に加えて、発行を開始したのが新しいカードを選んだ方がお得である場合もある。クレジットカード会社からしても、ライバル会社よりも優れたカードを出さなければ、競争に勝つことはできないからだ。

クレジットカードを選ぶ場合には、発行を開始したタイミングも考慮すると良いだろう。

【この記事で紹介するカード】

  • 三井住友ビジネスカード for owners
  • JCB CARD Biz
  • アメックスビジネスゴールド
  • セゾンコバルトビジネスアメックス
  • freee セゾンプラチナアメックス

三井住友ビジネスカード for owners

三井住友ビジネスカード for Owners

年会費:1,250円(税抜)

国際ブランドと利用シーン

三井住友カード株式会社が発行するクレジットカード。国際ブランドはVISAとなっており、日本国内は元より海外で最も利用可能範囲が広い国際ブランドとなっている。

実店舗からネットショッピングまで幅広く活躍できる。支払い方法として、リボ払いや分割払いにも対応している。法人カードは一般的に一括のみの支払いとなっているカードが多いが、起業直後で資金繰りが苦しい場合には重宝する。

セブンイレブン、ローソン、特定の店舗ではポイントが5倍(2.5%還元)

利用上限額

利用可能限度額は10万~150万円(1回払い)という設定となっているので、利用限度額を上げたい場合はゴールドカードかプラチナカード、またはこのあと紹介するプラチナカードなどを検討すると良いだろう。

審査や申込みやすさ

このカードは申込の際、登記簿謄本や決算書などの書類が不要で、固定電話がなくても申し込みができる。

これまで法人カードと言えば、会社の存在確認のチェックが厳しく、中には固定電話があることが条件になっているカードもある。企業直後のスタートアップではもはや固定電話がないことは当たり前となっており、そういった時代の流れに対応しているカードといえる。

少しからくりを話すと、このカードは法人カードという存在ではあるが、発行時の審査は代表者個人の信用情報で審査されている。会社の信用があるかどうかよりも、代表者個人の信用があるかどうかが重要となっている。

そのため個人の信用情報に問題ないように注意したい。特に携帯電話の支払い遅延は信用情報に事故情報となることがあるので注意が必要。

社員カード、ETCカード

ETCカードは、初年度年会費無料、年1回の利用で翌年も無料。利用がない場合は年会費500円(税抜)
社員カードはパートナー会員1名につき 400円(税抜)で発行可能 

三井住友ビジネスカード for owners 公式サイト

JCB CARD Biz(一般)

JCB CARD Biz 一般
2020年2月に発行が開始した比較的新しい法人カード。

カードはステータスに応じて以下の3種類が発行されている。

・JCB CARD Biz 一般(年会費:1250円)
・JCB CARD Biz ゴールド(年会費:10,000円)
・JCB CARD Biz プラチナ(年会費:30,000円)
※()は年会費(税抜)

国際ブランド

国際ブランドはJCBとなっている。JCBはVISAやMastercardに比べると、使えない店舗がある場合があるが、メジャーな店舗や楽天やAmazonといったEコマースではいずれも利用可能。

カードの利用金額に応じて貯まるポイントはAmazon内で1ポイント=3.5円相当で直接利用できるため、経費精算で貯まったポイントを効率的に活用することができる。

その他、交換レートを考えればJCBギフト券に交換するのが効率がいい。

利用上限額

10万円~100万円となっており、申込者の状況に応じて上限額は変わる。ゴールド、プラチナと上位のカードを選ぶことで、上限額は増えていく。

審査や申込みやすさ

通常法人カードであれば、引き落とし口座は法人を指定する必要があるが、このカードは代表者個人の口座を指定することもできる。

法人カードである以上、本来は法人口座を引き落とし口座として指定した方が良いのは言うまでもないが、創業直後で法人口座を持っていない方でも個人口座を指定できるのは安心できる。

社員カード、ETCカード

ETCカードは1枚のみ無料で発行可能。
社員カードの発行は出来ない。

JCB CARD Bizはスピード感を持ってビジネスを進めたい方におすすめできるカードとなっている。

JCB CARD Biz 公式サイト

アメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールド

年会費:31,000円(税抜)

アメックスビジネスゴールド(正式名称:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード)アメックスゴールドというステータス性や、誰が見てもゴールドと分かるその券面のかっこよさが魅力のカードである。

ステータスカードとして時代を切り開いたクレジットカードだからこそ、起業の経営者として見栄えのするカードと言える。

国際ブランド

国際ブランドはアメリカンエキスプレス。国内ではJCBと提携しているため、アメックスの店舗に加えて、JCBが利用可能な店舗も利用可能。

VISAやMastercardに比べると、まれに利用できない店舗を見かけるが、日常的に使う分にそこまでは支障はない。

利用シーン

ビジネス系のサービスが充実

四半期ごとの利用レポートやビジネス・コンサルティング・サービス、福利厚生プログラムなどカード会員価格で利用できる。ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」も年会費無料で利用できる。

国内・海外旅行傷害保険

国内、海外ともの最高1億円の旅行傷害保険が付帯している。また家族特約も付いているので、家族にも保険が適用される。

各種プロテクションが充実

アメックスといえば様々なプロテクションが特徴だろう。オンライン・プロテクション、リターンプロテクション、ショッピングプロテクション、キャンセルプロテクションが付帯している。

キャンセルプロテクションでは、カード会員や家族の怪我や病気などで出張やコンサートに行けなくなった場合に、その費用を補償してくれるゴールドカードだけのサービスだ。

マイルへの移行レートがかなり高い

ANA、デルタ航空の航空会社へのマイルに1ポイント1マイル相当で移行できる。
1マイルの価値は1円以上と言われているので、マイルへ交換するならば、1%以上の還元率も実現可能だ。

トラベルサービスが充実

メンバーシップ・トラベル・サービスなどは電話一本で出張に必要な航空券の手配、ホテルの手配を代行してくれる。その他、空港ラウンジが利用可能など様々なトラベルサービスが充実している。

利用上限額

アメックスビジネスゴールドは一律の利用上限をもうけていない。また事前にデポジットという形で入金しておけば、デポジットの分だけ上限を増やすことも可能。

多額の決済をできるだけクレジットカードで行いたい方には重宝する。

社員カードやETCの必要性

追加カードは1枚12,000円(税抜)で発行可能
ETCカードは新規発行手数料は無料で、年会費500円(税抜)がかかる。発行は基本会員に対して5枚まで、追加カードは1枚につきETCカード1枚まで。

審査や申込みやすさ

固定電話は必須ではなく、携帯電話やSkypeのIP固定電話でも申込みが可能。また法人設立0ヶ月でも発行されたなど、アメックスゴールドという高級感のあるイメージとは裏腹に審査の難易度は高くない。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード 公式サイト

セゾンコバルトビジネスアメックス

セゾンコバルト ビジネス アメックス

年会費:1,000円(税抜)

セゾンコバルトアメックスは2020年に新たに登場した法人カード。年会費が安く、AWSなどサーバー代、モノタロウなどでポイントが4倍つくなど、特にIT系やものづくり系で活躍するスタートアップに最適なカードである。

国際ブランド

国際ブランドはアメリカンエキスプレス。上記と繰り返しになるが、国内ではJCBと提携しているため、アメックスの店舗に加えて、JCBが利用可能な店舗も利用可能。

利用シーン

セゾンコバルトビジネスアメックスは、特定のネットや店舗の利用でポイント4倍(2%還元)が得られる。

セゾンコバルトのポイントアップ対象店舗

特にAWS(Amazon Web Service)やエックスサーバーなどITに関する業務がある方であれば、ポイント還元で非常にお得にポイントを貯めることができる。

また、モノタロウなどを使う方でも効率的にポイントを貯めることができる。

貯まるポイントは永久不滅ポイント。貯まったポイントは支払いに充当できるほか、Amazonギフト券やnanacoポイントに交換することができる。

利用上限額

利用限度額は審査状況によって異なるが最高500万円となっている。また必要に応じて一時増額などの対応も可能だ。

審査や申込みやすさ

登記簿謄本や決算書などは不要。またセゾンカード自体それほど高い審査難易度ではないため、それほど構える必要もないだろう。

セゾンコバルト・ビジネスアメックス 公式サイト

freee セゾンプラチナアメックス

freeeセゾン プラチナビジネスカード

2020年に登場した新しいビジネスカード。

セゾンカードと会計ソフトのfreeeが提携して作成したクレジットカードである。

freeeのユーザーであれば与信情報として、登録されている決算情報を元に審査を行うことで、より柔軟な利用上限額の設定が行われるのが特徴である。

国際ブランド

国際ブランドはアメックスとなっている。

利用上限額

セゾンプラチナアメックスは、審査状況にもよるが利用上限額が最大1000万円となっている。
高額な支払いが必要な方にはセゾンプラチナカードをおすすめしたい。

審査と申し込みやすさ

プラチナカードというステータスではあるが、それほど難易度は高くない。

こちらのカードの発行会社はクレディセゾンであって、アメリカンエキスプレスが発行しているわけではない。審査はあくまでもクレディセゾンの基準に基づいている。

freeeセゾンプラチナアメックス 公式サイト

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る