TOP

三井住友カード ゴールドNL(ナンバーレス)が新登場!SNSで話題沸騰の理由は年会費にあった

三井住友カードからナンバーレスカードの「三井住友カード ゴールドNL」がリリースされた。

TwitterなどSNSでも話題になっており、今最も目が離せないクレジットカードの1枚だ。

本記事では、ゴールドNLが注目される理由をはじめ、本カードの特徴を解説する。ぜひ参考にしてほしい。

条件達成で翌年の年会費永年無料に

三井住友カード ゴールドNL(NLはナンバーレスの略)は、特定の条件を達成することで翌年以降の年会費が永年無料になる。

具体的には、ゴールドNLを発行してから11か月後末までに100万円利用すればOK。

例えば2021年7月12日がカード加入日の場合、2022年6月30日までに100万円すると条件クリアとなる。

一般的にゴールドカードの年会費が高めに設定されており、ゴールドNLも通常は5,500円(税込)だ。

しかし、約1年間で100万円分の買い物をすれば、半永久的に年会費を無料にできる。

衝撃的かつ魅力的なサービス内容なので、このチャンスを見逃さないようにしよう。

利用集計対象とならないケース

ゴールドNLで100万円を達成するためには、集計対象に”ならない”ケースを把握しておく必要がある。

具体的には以下の通りだ。

  • 年会費(クレジットカード、ETCカード、PiTaPaカード)
  • 三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
  • キャッシングリボ
  • 海外キャッシュサービス
  • ローンの返済金
  • リボ払い・分割払いの手数料
  • 電子マネーへのチャージ
  • 三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージ
  • 「Vポイント」へのチャージ
  • 国民年金保険料
  • 提携会社からの収納事務を委託された保険料(一部)

また、家族カードやETCカードなどの利用分に関しては、100万円の集計対象となる。

1人で100万円も利用できないという方も安心だ。

万が一、初年度で条件を達成できなかった場合、翌年度に100万年利用すれば3年目以降の年会費が永年無料になる。

年会費以外の三井住友カード ゴールドNLの主な特徴

三井住友カード ゴールドNLでは、年会費が永年無料になる以外にも様々な特徴がある。

  • 継続特典で10,000ポイント還元
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円
  • 空港ラウンジ無料
  • SBI証券の投資信託を積み立てる場合はポイント還元率アップ

最大の特徴は継続特典で、カードを発行してから11か月後末までに100万円利用すれば、10,000ポイント還元される。

さらに本特典は毎年適用される予定。

つまり、ゴールドNLを年間で100万円利用し続ければ、毎年10,000ポイント獲得できるということだ。

また、SBI証券の投資信託を積み立てる際、ゴールドNLを利用すればポイント還元率が1.0%になる。

エポスゴールドとの比較

三井住友カード ゴールドNL以外にも年会費が無料になるゴールドカードが存在する。

エポスゴールドだ。

三井住友カード ゴールドNLエポスゴールド
年会費5,500円(税込)
※条件達成で永年無料
5,000円(税込)
※条件達成で永年無料
ポイント還元率0.5%0.5%
スマホ決済Apple Pay、Google PayApple Pay
海外旅行傷害保険最高2,000万円最高1,000万円
その他特典SBI証券でポイント還元率アップ条件クリアでポイント還元率3倍

基本的な特徴は似ているが、年会費が無料になる条件とその他特典には要注目。

ゴールド(NL)が年間100万利用なのに対して、エポスゴールドは年間50万円とハードルが低め。

ポイント還元率に関しても、ゴールド(NL)は選べるポイントショップを活用すれば1.5%までアップさせられる。

ただ、海外旅行傷害保険はゴールド(NL)の方が高めに設定されており、Google Payに対応しているといった強みもある。

自分のライフスタイルと照らし合わせながら、どちらを発行するか選ぶといいだろう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る