TOP

三井住友銀行のSMBCポイントパックとは?手数料優遇の内容と達成条件【2021年7月改定】

SMBCポイントパック

三井住友銀行では、ATM手数料が優遇されるSMBCポイントパックというサービスが利用できる。

2021年7月にサービス内容が変更されている。本記事では、SMBCポイントパックの基本情報をおさらい。

SMBCポイントバックとは

SMBCポイントパックとは、ATMをお得に利用できたり、ポイントが貯まりやすくなったりする特典サービスのこと。

「残高別金利型普通預金」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」に申し込めば利用できる。

他行でも同様のサービスがある

大手都市銀行は同様のサービスを展開しており、ネットバンクを活用することで、よりお得に銀行を利用できるものだ。

三井住友銀行SMBCポイントパック
三菱UFJ銀行スーパー普通預金(メインバンクプラス)
みずほ銀行みずほマイレージクラブ
りそな銀行りそなクラブ

他行のサービスでは、利用状況に応じてサービス内容が優遇されるステージ制が採用されているが、SMBCポイントパックはそういったステージ制はない。

SMBCポイントパックの主な特典

主な特典内容は以下の通り。

  • Vポイントサービス
  • 手数料優待
  • ライフイベントサービス

それぞれ詳細を解説する。

Vポイントサービス

Vポイントは、三井住友銀行と三井住友カードが提供するポイント制度のこと。従来まで別々のポイントが貯まる仕組みだったが、2020年6月にVポイントに統合され、使いやすくなった。

アプリやATMを利用したり、クレジットカードで買い物をしたりすることでポイントが貯まる。

SMBCポイントパックに切り替え300ポイント
SMBCダイレクトにログイン(月1回)5ポイント
三井住友銀行のATMを利用(月3回まで)10ポイント
SMBCデビットを利用0.5%還元
三井住友クレジットカードを利用0.5%還元
投資信託の購入10,000円につき15ポイント
外貨預金の預け入れ10,000円につき15ポイント

貯まったポイントに関しては、振込手数料の割引や景品交換など様々な使い道がある。このVポイントは三井住友カードの利用で貯まるVポイントと統合できるため、三井住友カードを併用することでお得に使うことができる仕組み。

「Vポイント」アプリを利用すれば、1ポイント=1円として買い物にも利用可能だ。ANAマイルにも対応しており、1ポイント=2マイルで交換できる。

Vポイントのその他の使い方は以下の記事も参考になる。

手数料優待

SMBCポイントパックでは、所定の条件を満たすことで手数料が優待される。

取引内容三井住友銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
イーネットATM
ローソン銀行ATM
セブン銀行ATM
①残高500万円以上
②投信+外貨残高100万円以上
③NISA残高がある
④投信積立
⑤外貨積立
※いずれかをクリア
無料月3回まで無料
⑥給与・年金
※いずれかをクリア
無料月2回まで無料
⑦SMBCデビットの利用
⑧クレジットカードの利用
⑨満15~24歳
※いずれかをクリア
無料月1回まで無料

ATMの利用手数料220円と時間外手数料110円(または330円)が無料になる仕組みだ。

本人名義の口座なら、SMBCダイレクトでPayPay銀行に振り込む際の手数料も無料になる。

※2021年7月に手数料無料の条件を変更している。以前まで利用回数の制限はなかったが、改定後は上記の表の通り、回数制限が設けられる改悪となった。

設定方法

SMBCポイントパックを利用するためには口座の切り替えが必要だ。

切り替え方法に関してはSMBCダイレクトと電話の2種類が用意されている。

SMBCダイレクトであれば、ログイン後に「各種サービス」から変更することが出来る。電話の場合は三井住友銀行フリーダイヤル(0120-56-3143)が窓口になる。

お得なクレジットカード

Vポイントを効率的に貯めたい場合、三井住友カードVISA(NL)をおすすめ。

最大の魅力はコンビニでのポイント還元率で、対象店舗はセブンイレブン、ファミリマート、ローソンとマクドナルド。

通常ポイント(0.5%)に加えて2.0%還元され、Visaのタッチ決済(またはMastercardコンタクトレス)を利用すれば、さらに+2.5%される。

事前エントリー等も必要なく、合計5.0%の高還元率を手軽に実現可能だ。

年会費永年無料、最高2,000万円の海外旅行傷害保険、Apple payやGoogle Payに対応など、非常に使いやすい1枚となっている。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る