TOP

三井住友カード、SBI証券の投資信託が積立ができるサービス開始。楽天証券との違いを比較

2021年6月30日より、「三井住友カード つみたて投資」がスタートする。

三井住友カードが発行するクレジットカードで、SBI証券が取り扱う投資信託を購入できるサービスだ。

もちろん、カードを利用するたびにVポイントを獲得できる。

また、SBI証券での取引状況に応じて、Vポイントが貯まる「SBI証券Vポイントサービス」も合わせて開始。

本記事では、楽天証券×楽天カードとの比較も行っているので参考にしてほしい。

三井住友カード つみたて投資のサービス

「三井住友カード つみたて投資」で押さえておきたいポイントは以下の通り。

  • 対象ユーザー:SBI証券の証券総合口座を持っている個人ユーザー
  • 対象商品:SBI証券が取り扱う積立買付が可能な全投資信託(ジュニアNISAは対象外)
  • 対象カード:三井住友カード発行のクレジットカード
  • 積立設定金額:毎月100円~50,000円まで
  • クレジットカードによるポイント還元:投資積立額の0.5%(Vポイント)

ただし、家族カード、銀聯カード、ビジネスカード、コーポレートカード、デビットカード、プリペイドカードなどは対象外となる。

また、ポイント還元率は0.5%で貯まるポイントの種類はVポイントだ。

スタートダッシュキャンペーンを開催中

「三井住友カード つみたて投資」のリリースを記念して、スタートダッシュキャンペーンが開催される。

  • 期間:2021年6月30日~12月10日
  • 特典内容:投資積立金額の1.5%のVポイントを還元
  • 対象ユーザー:三井住友カードが発行したクレジットカードで、期間中に投資積立を行ったユーザー

通常時のポイント還元率は0.5%なので、キャンペーン期間中は3倍のVポイントを獲得可能。

ただ、三井住友カード発行のクレジットカードなら何でもいいわけではない。

Vポイントが貯まるクレジットカードが必要なので覚えておこう。 

SBI証券Vポイントサービス

SBI証券Vポイントサービスとは、SBI証券の取引状況に応じてVポイントが貯まるサービス。

金融商品仲介サービスで、三井住友カードのWEBサイトから口座開設をしたユーザー、または既にSBI証券総合口座を持っており、三井住友カードの金融商品仲介サービスへ変更手続きをしたユーザーが対象。

具体的な内容は以下の通りだ。

  • 国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ):スタンダードプランおよびPTS取引の月間合計手数料の3%
  • 投資信託取引(投信マイレージ):対象となる投資信託の月間平均保有額が1,000万円未満なら年率0.1%、1,000万円以上なら年率0.2%
  • 金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ):スポット取引および積立買付の月間合計手数料の1%
  • 新規口座開設:100ポイント
  • 国内株式移管入庫:移管入庫1回につき100ポイント

楽天証券×楽天カードとの違いは?

同じく、積立可能な投資信託をクレジットカードで購入が可能なのが、楽天証券✕楽天カードだ。

まずはSBI証券×三井住友カードのポイント還元率と比較してみよう。

SBI証券楽天証券
クレジットカード三井住友カード楽天カード
ポイント還元率0.5%1.0%

上記表のように、ポイント還元率だけなら楽天証券×楽天カードに軍配が上がる。

ただ、ポイント還元率以外にも両者には異なる点があるので、一概にどちらがお得とは言えない。

事実、2020年のIPO実績を比較しても、SBI証券は85社なのに対して、楽天証券は38社にとどまっている。

SBI証券×三井住友カードなのか、それとも楽天証券×楽天カードなのか、組み合わせで悩んでいる人はずだ。

はじめて証券口座を開設する場合、還元率が1.5%のスタートダッシュキャンペーンの期間中はSBI証券がおすすめ。

IPO株購入の抽選確率を上げたい方は、両方の口座とクレジットカードを用意しておくといいだろう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る