ガソリンスタンド別!割引で得するおすすめクレジットカード特集!ENEOS、出光、昭和シェル、ESSO主要スタンドを網羅

Pocket

ガソリンスタンドクレジットカードとは?

ガソリンスタンドで割引が受けられるクレジットカードは一般的にガソリンカードと呼ばれることが多い。

今回の記事では、日本の主要なガソリンスタンド別に代表的なクレジットカードを紹介したいと思う。よく利用するガソリンスタンドのクレジットカードはセカンドカードとしても、メインカードとしても1枚持っておいて損はないだろう。

ガソリンスタンド別!得するクレジットカード

ENEOS(エネオス)

エネオスは店舗数が12000店舗以上存在しており、日本に存在しているガソリンスタンドの30%程度がENEOSであると言われている。全国的にも幅広く展開しているので、迷ったら取り敢えずENEOSカードを申し込んで行くとよいだろう。

ENEOSカードS

エネオスカードS
ENEOSカードは実はタイプS(スタンダード)、タイプP(ポイント)、タイプC(キャッシュバック)が存在している。この記事ではこの三種類の中でも特に実質還元率が高いタイプSを紹介したいと思う。

ENEOSカードタイプSの特徴を簡単にまとめると
・ガソリン代の請求時に2円/リットル割引
・店舗によっては2円以上の割引もある
・年一回の利用で翌年無料

単純にガソリン代が割引になるので、非常に分かりやすいと言える。また、ENEOSカードはキー閉じ込みやバッテリー上がりなど基礎的なロードサービスが付帯しているので、車によく乗る方には大きな安心材料と言えるだろう。

エネオスカードS

いつでもガソリン代が2円/リットル割引!実質年会費は無料

エネオスのガソリンスタンドは日本で最も多いので、全国どこでも使いやすいクレジットカード。月のガソリン代が8万円以上ならタイプCがおすすめ

年会費 初年度年会費無料
還元率 ガソリン代だけなら1%以上
通常のクレジットカード利用は0.5%
主な割引 2円/リットル
koushiki-200-40

出光興産

出光カード

出光カード
出光カードは利用金額に応じて割引額が変わってくるクレジットカードで使えば使うほどお得になる。ガソリン代が値引きになる「ね〜びき」コースと利用額に応じてポイントが貯まる「た〜まる」コースが選択できるが、ガソリン代が特になる「ね〜びき」コースを選ぶのがおすすめである。

出光カードの特徴を簡単にまとめると
・月間支払い金額1万円ごとに1円/リットルずつ割引
・最大20円/リットル割引
・割引対象は150リットルまで

月間の利用額によって割引率は変わってくるが、ガソリン代以外のクレジットカード利用分も対象になるので、カード利用額が多いかたはそのままガソリン代の割引に繋がるところが特徴的である。

出光カード

ガソリン代が最大20円/リットル割引

月の利用額に応じて翌月の割引率が決まる。その他、通常有料のロードサービスも初年度無料

年会費 初年度年会費無料
翌年以降1250円(税抜)
還元率 1.5%相当
主な割引 最大20円/リットル
koushiki-200-40
shousai-95-40

昭和シェル

シェル系はシェル-Pontaクレジットカードとシェルスターレックスカードの2種類が存在している。

シェル-Pontaクレジットカード

昭和Shellポンタ
シェルPontaクレジットカードは、基本的にPontaポイントがお得に貯まるクレジットカードである。ガソリン代が直接割引になるのではなく、ガソリンの給油で追加ポイントが付与されるカードとなっている。

シェルPontaクレジットカードの特徴を整理すると

給油1リットルにつき2ポイント貯まる。
ローソンやAOkiなどの提携店では100円につき2ポイントが貯まる。
ガソリン給油以外にも100円につき1ポイント貯まる。
貯まるポイントがPontaなので、貯まったポイントが使いやすい。

Pontaであれば、身の回りの様々な店舗でポイントが貯まり、使いやすいのが特徴と言えるだろう。

ponta提携店

キー型の昭和Shell Easy Payを利用すれば、スタンドでかざすだけでガソリンを給油出来るので、給油が多い方は是非利用して欲しい。
昭和シェルEasy Pay

この他、海外旅行傷害保険やショッピング保険などポイント以外のサービスが充実している。

昭和Shellポンタ

ガソリン代の給油でポイントが付与される。

2pontaポイント/リットルが付与される。ポイントはpontaポイントで貯まるので、ガソリン以外でも様々な店舗でポイントを利用できる。

年会費 初年度年会費無料
年1回の利用で翌年無料
通常1250円(税抜)
還元率 1.0%以上
主な割引 2pontaポイント/リットル
koushiki-200-40
shousai-95-40

シェルスターレックスカード

昭和シェルスターレックス
カードご利用金額に応じてガソリン・軽油代が還元されるコース。WEB明細サービス(「ご利用明細ネット切替サービス」)のご利用で、さらにおトクに。

特徴をまとめると

・6ヶ月間の利用金額に応じてスターランクが決定。
・スターランクに応じて翌6ヶ月間の割引率が決まる。(以下の表参考)


(公式サイトより)

昭和シェルスターレックス

レギュラーガソリンが割引に、ハイオクならさらにお得

最低でも2円/リットル〜、最大でハイオクが13円/リットルの割引が適用される。利用金額が多い方はシェルスターレックスがおすすめ。

年会費 初年度年会費無料
通常1250円(税抜)
還元率 1.0%以上
主な割引 レギュラー:2円/リットル〜
ハイオク:4円/リットル〜
koushiki-200-40

ESSO(エッソ)・ゼネラル・Mobile(モービル)

ESSO(エッソ)・ゼネラル・Mobile(モービル)は全国約3,000店舗以上のサービスステーションで使用可能。

シナジーカード

シナジーカード

シナジーカードの最大の特徴はガソリン代が最大で7円/リットル割引になること。

・利用金額に応じて最大で7円/リットルが割引になる。
・会員限定サービス Club Offが利用可能。
・キーホルダー型のスピードパスでスマートに決済出来る。

Club Offでは国内外約75,000ヵ所以上の宿泊施設、レジャー施設、グルメ施設などがお得な会員価格にてご利用頂ける会員限定サービスを受けることが出来る。
スピードパスではQUICPayの機能を利用しているので、スタンドはもちろん、コンビニなのでかざすだけで簡単に決済することが出来る。

シナジーカード

レギュラーガソリンが割引に、ハイオクならさらにお得

最低でも2円/リットル〜、最大でハイオクが13円/リットルの割引が適用される。利用金額が多い方はシェルスターレックスがおすすめ。

年会費 初年度年会費無料
翌年以降2000円(税抜)
年間259,200円(税込)以上の利用で翌年無料
還元率 1.0%以上
主な割引 1円/リットル〜7円/リットル
koushiki-200-40

コスモ石油

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパスはコスモ石油で会員価格で給油が出来るクレジットカード

主な特徴としては
・入会時、 燃料油50リットル(最大500円)
・コスモ石油で会員価格で給油が可能
・イオンカードの機能を備えているので、イオングループでポイント2倍
・年会費無料

このカードは年会費無料で、会員価格で給油を受けることが出来るので、コスモ石油で給油する機会がある方であれば、取り敢えず1枚持っておくとよいだろう。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油で会員価格で給油が可能

イオンカードの機能があるので、ポイントアップやお客様感謝デーで割引を受けることが出来る。WAONポイントも貯まる!

年会費 無料
還元率 0.5%
主な割引 店舗による
koushiki-200-40

ガソリン専用でなくても得するクレジットカードも!

ガソリンスタンド専用のクレジットカードは特定のガソリンスタンドで大きな割引を受けることが出来るが、特に給油するガソリンスタンドが決まっていないという方であれば、高還元率のクレジットカードを使うのも一つの手だろう。

高還元率クレジットカードであれば、ガソリンの給油以外でも、様々なショッピングで高い還元率を得ることが出来る。

当サイトでも特におすすめしたい年会費が無料の高還元率カードはこれ

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

注目度急上昇中のカード!いつでも還元率は1%

年会費無料でポイントは高還元なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費 無料
還元率 1.0%~2.0%
キャンペーン 入会後6ヶ月間は還元率2倍
koushiki-200-40
shousai-95-40

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る