TOP

ENEOSでためるべきポイントカードは? 楽天ポイント・dポイント・Tポイントの3種類を比較

2022年4月1日より、ENEOSのサービスステーションで楽天ポイントとdポイントが使えるようになった。

従来のTポイントに加えて、3種類のメジャーなポイント制度を網羅した形だ。

そこで本記事では、ENEOSでためるべきポイントについてわかりやすく解説する。

普段からENEOSで給油している方はぜひ参考にしてほしい。

ENEOSで楽天ポイント・dポイントも対応

2022年4月1日より、ENEOSのSS(サービスステーション)で楽天ポイント・dポイントが使えるようになった。

従来のTポイントに加えて2種類のメジャーなポイントが加わったことで、利便性の大幅な向上が期待できる。

詳細は以下の通り。

対象ポイントTポイント、楽天ポイント、dポイント
対象店舗全国約11,000箇所のENEOS SS
対象商品燃料油、カーメンテ商品など
ポイントレート・燃料油:2L=1ポイント
・その他:200円(税別)=1ポイント

またTポイントに関しては、通常のTカードだけでなくモバイルTカードにも対応している。

しかし、それぞれのポイント併用はできないので要注意だ。

キャンペーンも開催予定

ENEOS SSではポイント制度に応じたキャンペーンを開催予定。

詳細は以下の通り。

Tポイント4/11~5/31ENEOSスマホdeスロットくじ
楽天ポイント4/11~5/31エントリーで1ポイント+200万ポイント山分け
dポイント4/11~5/8ポイント還元が5倍
5/9~5/31500万ポイント山分け

お得な特典内容になっているので、積極的に参加しよう。

ポイントカードと併用できないケースも

注意しておきたいのが、ENEOS SSでポイントカードと併用できないカード・電子マネーが存在するということ。

具体的には以下の通り。

  • ENEOS発行の個人向けクレジットカード
  • 特別提携カード(楽天カード・dカード・TカードPrime含む)
  • ENEOS発行の法人・団体向けクレジットカード(提携FC=AMS含む)
  • ENEOS発行の現金会員カード
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • 交通系電子マネー

例えばENEOSカード C/P/Sなどは、ENEOS発行の個人向けクレジットカードなのでポイントカードと併用できない。

ANAカードやビューカードといった特別提携カードも同様だ。

またENEOSキャッシュやENEOS BUSINESSのほか、SuicaやICOCAといった交通系電子マネーも併用不可なので覚えておこう。

ENEOSでためるべきポイントカードは?

ENEOS SSでためるべきポイントカードについてだが、基本的には普段利用しているクレジットカードに紐付いてるポイントを選ぶといいだろう。

なかでも楽天カードやdカードは特別提携クレジットカードという扱いなので、ポイント還元率が1.5%にアップする。
どちらも年会費が無料のクレジットカードなのでおすすめだ。

またTポイントをためている方の場合、役に立つのがTカードPrime。

本カードの通常ポイント還元率は1%(100円=1ポイント)だが、日曜日のみ1.5%還元(200円=3ポイント)にアップするからだ。

日曜日にENEOSでまとめて給油すればかなりお得になるだろう。

しかし、いずれのクレジットカードもポイントカード提示による併用はできない。

どの支払方法が最もお得になるのか見極めた上で選択してほしい。

最終更新日:2022/04/19

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る