セブンイレブンで税金や公共料金をnanacoを使って払うとお得!

Pocket

税金や公共料金などはクレジットカードで支払うことができる。

しかし、所持しているクレジットカードが税金や公共料金の支払いに対応していないという場合もある。

また、そのために新たなクレジットカードを発行するのは面倒だ。

そんな時は、クレジットカードからnanancoカードにチャージして、セブンイレブンにて支払うというのがおすすめだ。

nanacoカードは発行料が300円かかるが、年会費無料で還元率1%でポイントが貯まる。

そして、クレジットカードからnanacoチャージするとカードのポイントも獲得できる。

クレジットカードのポイントとnanaacoのポイントを二重取りできるのだ。

これにより、本来は税金や公共料金の支払いに対応していないクレジットカードでも、ポイントを貯められるというわけだ。

ただし、税金や公共料金をnanacoで支払っても、nanacoポイントは貯まらないという点には注意が必要だ。

【nanacoで支払い可能な税金と公共料金】

  • 住民税
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 電気代
  • 水道代
  • 携帯電話料金

一般的に会社勤の方は、住民税などの税金は給料からの天引きとなっていることが多い。

しかし、固定資産税や自動車税などは自分で支払うことになる。

さらに、金額も数万円〜数十万円になることが多く、ポイント還元をうけるメリットが大きい。

クレジットカードやnanancoで支払って、確実にポイントを獲得することをおすすめする。

電気代・水道代・ガス代などの公共料金は、多くのクレジットカード会社が支払いに対応している。

しかし、仮に所持しているクレジットカードが対応していなくても、クレジットカードでチャージしたnanacoで支払うことでポイントが獲得できるのはメリットだ。

チャージ上限は実質10万円

また、注意点として、10万円を超えるような金額を一度に支払う場合、nanacoチャージ上限5万円を超過してしまうという問題がある。

毎月の公共料金を支払うだけならば5万円で問題ないかもしれない。

しかし、固定資産税や自動車税などは5万円では上限が足りない場合が多いだろう。

実は、nanacoは10万円分をチャージしても、チャージ残高上限の5万円に加えて、センターお預かり分として5万円が保管される。

よって、チャージ上限は実質10万円となっているのだ。

【nanacoで10万円分の税金や公共料金などを支払う手順】

  1. 10万円分チャージする
  2. セブンイレブンで一度、5万円分をnanacoで納税する
  3. 店員にチャージ残高の確認をお願いする
  4. センターお預かり分の5万円が自動でチャージされる
  5. お預かり分からチャージされた5万円分にて残りを支払う

さらに、クレジットカードの納税に対応していない地域に住んでいたとしても、セブンイレブンがあればカードで納税と同等の利点を得られる。

複数カード発行で最高30万円分の納税ができる

複数カードを利用することで、nanacoで支払える料金の上限は30万円まで増加する。

30万円あれば家族分の税金や公共料金、携帯電話料金もnanacoでまとめて支払うことができるだろう。

nanacoで30万円分を支払う方法は非常に簡単で、nanacoカードを新たに発行し複数所持するだけだ。

nanacoカードの発行手数料は1枚につき300円で、2枚目以降も年会費は無料だから出費はほとんどない。

それぞれのnanacoカードに10万円をチャージして、セブンイレブンにて納税しよう。

nanacoカードは1人につき最大5枚まで発行可能だが、セブンイレブンで1度に納税できる金額は30万円が上限と決まっている。

加えて、1ヶ月でnanacoカードにチャージできる限度は20万円だ。

そのため、1度に30万円を支払うという場合、あらかじめ2ヶ月にわけてチャージすることが必要となる。

計画的なチャージ残高管理を心がけよう。

セブンイレブンにてnanacoで税金や公共料金を支払うメリットは、nanacoを経由して実質クレジットカードで納税していることだ。

公共料金や携帯電話料金のクレジットカード払いは対応している店舗や地域が多くなってきたが、納税は非対応のカードもまだ多い。

そこで、nanacoにクレジットカードでチャージし、税金や公共料金をセブンイレブンで支払えば、間接的にクレジットカードのポイントを獲得できる。

税金・公共料金などの支払いによってnanacoポイントを貯めることはできないが、ポイントを何も獲得できないよりは良いだろう。

Pocket

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。