セブンイレブンのポイントはnanacoとアプリで貯める!消費期限間近の弁当5%値引きも登場

Pocket
LINEで送る

セブンイレブンで貯まるnanacoポイント。ポイント還元率の改悪が続き、近頃は評判が悪かったが、2020年5月11日より実質5%のポイント還元率になるサービスがスタートする。

また、特定のクレジットカードや専用アプリを合わせると、よりnanacoをお得に利用できる可能性も。

本記事では、電子マネーのnanacoをフル活用するノウハウを解説しているので参考にしてほしい。

消費期限間近の弁当が実質5%値引きの話

2020年5月11日から、全国の約21,000店舗のセブンイレブンで、消費期限の近い弁当が実質5%値引きになるサービスがスタートする。

具体的には、おにぎり・弁当・サンドイッチなどが対象商品になっており、電子マネーのnanacoで購入すると、税別価格の5%分をポイントとして獲得できる仕組みだ。

売れ残り商品のロスを削減するために始まった本サービスだが、2019年10月末から北海道・四国地方などで実施したところ、一定の効果を確認できたとのこと。

環境面でメリットがあるのはもちろんだが、何よりもポイント還元率の改悪が続いたnanacoの救済措置とも捉えられ、利便性が非常に向上する結果となった。

ちなみに、弁当が本サービスの対象になるタイミングは、消費期限が長い「丼もの」の場合だと、9時間前からなので参考にしてほしい。

nanacoカードでポイントが貯まる仕組み

電子マネーのnanacoにポイントを貯める仕組みは、大きく分けて3つの方法が存在する。

  • 買い物やチャージ
  • サービスの利用
  • キャンペーン

買い物やチャージでnanacoポイントを貯める場合、基本の還元率は200円(税別)=1ポイントになっており、一部対象店舗でセブンカード・プラスを利用すると200円(税別)=2ポイント獲得可能。

他にも、セブン銀行との取引やオムニ7など、各種サービスを利用することでもnanacoポイントは貯まり、定期的に開催されるキャンペーンも同様だ。

例)nanaco新規入会で400ポイント獲得など

難しく考えずに、セブン&アイグループではnanacoポイントが貯まりやすく、他では0.5%程度のポイント還元率という認識で問題ない。

nanacoにチャージするならセブンカード・プラスがいい

nanacoに残高をチャージする場合、おすすめなのがセブンカード・プラス。

セブンカード・プラスとは、セブンイレブンのクレジットカードのことで、200円(税別)チャージするごとに1ポイント貯まる仕組みになっているからだ。

以前は、リクルートカードやJMBローソンPontaカードVisaなど、nanacoチャージに利用できるクレジットカードが他にも存在した。

しかし、2020年3月12日からは、セブンカード・プラス以外のクレジットカードチャージができず、どちらも対象外になっているので要注意。

セブンイレブンアプリでポイント(セブンマイル)が貯まる仕組み(クーポンもある)

セブンイレブンアプリには「セブンマイルプログラム」と呼ばれるサービスが存在し、活用することで独自のマイルを貯めることができる。

具体的なセブンマイルの貯め方は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの対象店舗で、専用アプリのバーコードを読み取ってもらうだけ。

いわゆるスマホQR決済のような仕組みで、200円(税別)=1マイルという還元率になっているので覚えておこう。

また、セブンマイルは、ネット通販のオムニ7でも貯めることができるという特徴がある。

貯まったマイルは1マイル=1nanacoポイントと交換したり、お得な特典と交換したりすることが可能。

しかし、セブンマイルをnanacoポイントに交換する場合、50マイル単位からとなる点は注意が必要だ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る