デビットカードとは?使い方から仕組み、現在発行されているデビットカードの種類を全網羅

Pocket

デビットカード
今、クレジットカードと並んで注目を集めているのがデビットカードである。

クレジットカードよりも簡単に発行でき、クレジットカードに不安を覚えている人でも、デビットカードはリアルタイムに口座から引き落とされるため、比較的抵抗なく使える。最近では、ポイントやサービスを充実させたデビットカードも続々登場している。

今回は、デビットカードの仕組みや審査、メリットやデメリット、そしておすすめデビットカードも紹介しようと思う。

デビットカードのしくみ

まずは、デビットカードの仕組みについて説明しよう。

デビットカードとは、金融機関の預金口座と連動しており、デビットカードを利用すると、その都度、銀行口座から利用金額が引き落とされるカードである。

基本的には、「預金口座の残高=利用限度額」となる。

使い方は基本的にクレジットカードと同じ

使い方は、基本的にクレジットカードと同じだ。

店舗や飲食店、あるいはネットショップで対応している国際ブランドと、手持ちのデビットカードの国際ブランドが同一であれば、基本的にデビットカードでも支払いができる。

店舗や飲食店であれば、サインもしくは暗証番号の入力で本人確認を行ない、ネットショップであればカード番号やカード有効期限などで本人認証を行なう。

海外でも利用可能

クレジットカードと同様に、日本国内だけでなく海外でもデビットカードは利用可能である。海外にある店舗や飲食店、海外のショッピングサイトでもデビットカードは利用可能だ。

ショッピングだけでなく、海外の銀行ATMを使って現地通貨を引き出すこともできる。ちなみに、日本ではクレジットカードが主流となっているが、海外ではカードデビューをデビットカードで行う人も少なくない。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとよく似たカードとして、クレジットカード以外にはプリペイドカードがある。プリペイドカードとは、事前にカードにお金を入金(チャージ)しておき、チャージ金額の範囲内で利用可能なカードだ。

ここでは、3種類のカードの違いについて明確にしておこう。

デビットカードは即時払い、クレジットカードは後払い

まずは、利用代金が決済されるタイミングである。

カード利用があると、デビットカードは預金口座の残高から、プリペイドカードはチャージ金額の中からリアルタイムで支払われる。

一方のクレジットカードは、カード決済が行なわれた1~2か月後に、カード利用代金がまとめて口座振替される。

デビットカード利用には必ず銀行口座が必要

デビットカードを利用するには、銀行口座が欠かせない。デビットカードを発行しているカード会社の多くが銀行系であることからも、デビットカードと銀行との結びつきの強さが分かる。

利用金額が銀行口座からリアルタイムで引き落とされるという、デビットカードの性質上、銀行口座は不可欠である。クレジットカードもゆくゆくは銀行口座が必要となるものの、コンビニ払いやATMからの返済も可能だ。

プリペイドカードに関しては、必ずしも銀行口座を必要としない。チャージ用口座の開設は必要となるが、銀行口座とは別物である。

デビットカードは申込のハードルが低い

クレジットカードは、基本的に18歳以上でないと申し込めない。

海外留学に行くお子さんに持たせるため、18歳未満でも家族カードを発行するクレジットカード会社もあるが、あくまでも例外的な措置である。

一方のデビットカードやプリペイドカードは、クレジットカードよりもはるかに申込のハードルが低い。
16歳以上であればOKというカード会社が多く、プリペイドカードの中には年齢制限がないカード会社もある。もちろん、定年後のシニアでも申し込み可能だ。

デビットカードは基本的に審査がない、クレジットカードには審査がある

デビットカードとプリペイドカードには、原則として審査がない。

一方のクレジットカードには、必ず審査があるため、場合によっては審査落ちでカードが持てない可能性もある。

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカードとクレジットカードの違いが分かったと思うが、次に、クレジットカードと比較した場合の、デビットカードのメリットやデメリットを紹介しよう。

使いすぎる心配がない

まずメリットとしては、使いすぎる心配がないことが挙げられる。

クレジットカードは、銀行口座の残高や手持ちの現金が全くなくても利用することが可能だ。
クレジットカードはあくまでも「借金」であるため、お金がなくても利用できるのはいいのだが、それが使い過ぎにつながってしまう。

一方のデビットカードは、銀行口座の残高以上の利用はできないため、使いすぎる心配がない。万が一カードを落としたりなくしたりした場合、限度額の多く設定されているクレジットカードでは、多額の被害が発生してしまう。

一方のデビットカードは、銀行口座の残高以上の利用はできないため、紛失・盗難の際の被害額を少なくするメリットもあるのだ。

限度額を自分でコントロールできる

クレジットカードの限度額は、審査によって決定される。

新規申込者の限度額は少なく設定されるため、海外でたくさん使いたい人にとってはもどかしい状況だ。海外渡航時のみ限度額を引き上げてくれるカード会社もあるが、引き上げてくれないカード会社もある。

キャッシング(お金の借入)の利用枠を希望すると、さらに審査は厳しくなる。学生や専業主婦がキャッシング枠を希望しても、キャッシング枠が「0円」になる可能性も高い。

一方のデビットカードは、1回あるいは1日あたりの利用上限額は設定されているものの、それ以外に特に限度額は設定されていない。18歳未満の学生であっても、銀行口座に30万円の預金が入っていれば、30万円を使うことができるのだ。

お金の引き出しに金利が発生しない

クレジットカードのキャッシングは、あくまでも「借金」であるため、銀行や消費者金融のカードローンと似ている。キャッシングしたお金に対して、年15~18%の金利が発生するのだ。

一方のデビットカードでのお金の引き出しは、キャッシュカードでの預金引き出しと似ている。ATM利用手数料などは発生するが、引き出したお金に対して金利は発生しない。

預金口座の範囲内であれば、海外ATMから現地通貨を引き出す際にも、金利は発生しない(海外事務手数料、ATM手数料は発生する)。

海外留学のお子さんに最適

海外留学のお子さんには、特にデビットカードがおすすめだ。申込条件が緩いため、お子さんにもカードを持たせられる。

多額の現金を持たせるのは心配だが、日本の銀行口座に親御さんが入金しておけば、海外のお子さんがショッピングや現地通貨の引き出しに使えるため、手数料や時間のかかる国際送金の代わりに手段として最適だ。
使い過ぎないように、日本国内で管理もできる。

デビットカードの種類が少ない

ここまでは、デビットカードのメリットを紹介したが、もちろんデメリットもある。まず、そもそもデビットカードの選択肢はそれほど多くはない。クレジットカードは、銀行系以外にも信販系や流通系、消費者金融系など様々な会社が発行している。

一方のデビットカードを発行しているのは、銀行系に限られるため、そもそもカードの種類が多くない。また、日本国内で発行しているデビットカードの国際ブランドは、現在はVISAとJCBしかない。

※かつては、東京スター銀行からマスターカードのデビットカードが発行されていたが、現在では発行されていない。

残り3つの主要な国際ブランドのうち、ダイナースクラブとアメリカンエキスプレスは、そもそもデビットカードの発行をしていない。

銀聯カードは元々中国のデビットカードであるが、日本で発行されている銀聯カードは、クレジットカードの付帯カードの位置づけであり、デビットカードとは異なる。

分割払いができない

次に、デビットカードは分割払いができない。

デビットカードは利用金額を即時に銀行口座から引き落とす方法なため、分割払いには対応していないのだ。高額の買い物をしたいのであれば、銀行口座に多額の預金をしておかないといけないが、利用制限に引っかかってしまうとそれすらできない。

クレジットカードならば、1回払いに以外にも分割払いやリボ払い、ボーナス払いなど多様な返済方法を選べる。
高額な買い物は、クレジットカードの方がしやすいのだ。

公共料金や携帯電話などの定期支払ができない

そして、Visaデビットなど一部のデビットカードを除いて、公共料金や携帯電話などの定期支払ができないのもデメリットである。

また、海外ではホテルやレンタカーの利用にデポジット(預り金、保証金)を要求するところが多い。現金だと数万円を預ける必要があるが、クレジットカードならば現金を用意する必要がない。

しかし、デビットカードはデポジットに対応していない場合もあるので、注意が必要だ。デポジット以外にも、高速道路料金、機内販売などの支払いには利用できないカードもある。

デビットカードの審査

クレジットカードを申し込むと、書類審査、信用情報(お金の借入に関する情報)の審査、在籍確認(申込書に記載された勤務先に勤めているかの審査)が行われる。もちろん、審査の結果次第では審査落ちの可能性もある。

一方のデビットカードは、基本的には審査がないため、申込条件を満たしていれば誰でも発行できる。しかし、中には「デビットカードの申込をしたのに発行してくれなかった」という人もいる。これには、以下のような理由が考えられる。

一部デビットカードは審査が行われている

まず、一部のデビットカード発行会社では審査を行なっており、その審査に落ちた可能性だ。

「イオンデビットカード」では、一時的に10万円まで立て替えてくれる「バックアップサービス」が売りだが、これは「借金」扱いとなるため、審査が必要になってくる。

口座開設を断られる

もう一つ考えられるのが、口座開設を断られるケースである。スルガ銀行のホームページでは、「当社の総合的判断により、口座開設をお断りする場合がある」と明記されている。

「総合的判断」の意味するところは様々であり、スルガ銀行のある静岡県からあまりに遠いと、口座開設を断られる場合がある。また、過去にスルガ銀行で金融事故(クレジットカードや住宅ローンの延滞など)を起こした人は、口座開設を断られる場合もある。

そして、反社会的勢力の人も、マネーロンダリングの可能性から口座開設を断られるのだ。

デビットカード一覧

現在、多くの銀行からたくさんのデビットカードが発行されている。
一覧を掲載した上で、中でもおすすめのデビットカードを紹介しよう。

カード名 年会費(税別)
住信SBIネット銀行visaデビットカード 無料
住信SBIネット銀行visaデビットカード(法人向け) 無料
Sony Bank WALLET 無料
JNB Visaデビットカード 無料
Visaビジネスデビット/JNB Visaデビットカード 無料
JNBカードレスVisaデビット 無料
ファミマTカード(ジャパンネット銀行) 無料
北國Visaデビットカード(クラシック) 無料
北國デビットカード(ゴールド) 5000円(初年度無料)
りそなVisaデビットカード(オリジナル) 500円(初年度無料)
りそなVisaデビットカード(JMB) 1000円(初年度無料)
埼玉りそなVisaデビットカード(オリジナル) 500円(初年度無料)
埼玉りそなVisaデビットカード(JMB) 1000円(初年度無料)
セブン銀行デビット付きキャッシュカード 無料
西日本シティ銀行NCBデビット-JCB 1000円(初年度無料)
西日本シティ銀行NCBデビット-VISA 1000円(初年度無料)
三菱東京UFJ-VISAデビット 1000円(初年度無料)
みずほJCBデビット 1000円(初年度無料)
SMBCデビット 無料
ちばぎんスーパーカードデビット 1250円(初年度無料)
ちばぎんスーパーカードデビットゴールド 1万円
OKBデビットカード 1000円
北洋-JCBデビットカード 500円(初年度無料)
福岡銀行Debit+(一般) 1250円(初年度無料)
福岡銀行Debit+(ゴールド) 1万円(初年度無料)
りゅうぎんVisaデビットカード 500円(初年度無料)
近畿大阪デビットカード(オリジナル) 500円(初年度無料)
近畿大阪デビットカード(JMB) 1000円(初年度無料)
もみじ銀行ワイエムデビットJCBカード(一般) 1250円(初年度無料)
もみじ銀行ワイエムデビットJCBカード(ゴールド) 1万円
山口銀行ワイエムデビットJCBカード(一般) 1250円(初年度無料)
山口銀行ワイエムデビットJCBカード(ゴールド) 1万円
北九州銀行ワイエムデビットJCBカード(一般) 1250円(初年度無料)
北九州銀行ワイエムデビットJCBカード(ゴールド) 1万円
東邦AlwaysデビットカードJCB(一般) 1250円(初年度無料)
東邦AlwaysデビットカードJCB(ゴールド) 1万円
楽天銀行デビットカード(Visa) 952円
楽天銀行デビットカード(JCB) 無料
楽天銀行VISAデビットカード(ゴールド) 2857円
VisaデビットTカード(スルガ銀行) 無料
スルガ銀行デビットカード 無料
Financial Pass Visaデビットカード 無料
ゆうちょ銀行デビットカード 無料
イオンデビットカード 無料
イオン銀行CASH+DEBIT 無料
あおぞらキャッシュカードプラス 無料
ひめぎんJCBデビット 1250円(初年度無料)

SMBCデビット




SMBCデビットは、三井住友銀行が発行するVisaデビットだ。

15歳以上の日本在住者(中学生、事業口座を除く)の個人ならば、誰でも申し込める。また、デビットカード利用金額の0.25%がキャッシュバックされ、「iD」「Visa payWave」などの電子マネーも利用可能だ。さらに、不正利用補償が最高で100万円(自己負担3000円)が付くのもユニークだ。

button_HP

ファミマTカード

ファミマTカード

ファミマTカードは、ジャパンネット銀行が発行するJCBデビットカードだ。

Tポイントカード機能が搭載されており、Tポイント加盟店のファミリーマートで支払うと、ショッピングポイントに加えてデビットポイントが加算される。ファミマTカード会員限定で、会員特別価格で購入できる商品もある。

button_HP

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビットは、JCBブランドが搭載されたデビットカードである。

15歳以上の日本在住者(中学生を除く)の個人ならば、年会費無料で誰でも申し込める。年間最高50万円のショッピング保険が付帯し、イオン銀行の普通預金金利が年0.1%にアップ、イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONポイントがプレゼントされる。

クレジットカードのイオンカードと同様に、イオングループの対象店舗でときめきポイント2倍、毎月20・30日にはイオンで5%オフ、搭載されている電子マネー「WAON」へのオートチャージでもWAONポイントがプレゼントされるなど、特典がいっぱいだ。

button_HP

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカードには、VISAとJCBがあるが、特におススメがJCBブランドである。

年会費は永年無料ながら、16歳以上の日本在住者ならば、誰でも申し込み可能だ。しかも、ポイント還元率は1%で、楽天グループのサービス利用でさらにポイントが貯まるなど、楽天カード並みのスペックを誇る。

button_HP

まとめ

クレジットカードと比べて、デビットカードは申し込み条件がゆるく、審査もほぼないため、誰でも持ちやすいカードだ。そのため、初めてのカードライフにはおススメの1枚である。

補償が充実のデビットカード、ポイントが多くもらえるデビットカード、サービスが多いデビットカードなど、バリエーションも豊富だ。

自分のスタイルに合ったデビットカードを使い倒すもよし、使い慣れたころにクレジットカードに乗り換えても、またよしである。

Pocket