dカード プリペイドの申し込みを開始

Pocket

2016年11月17日

NTTドコモと三井住友カードは、前払い式のプリペイドカードにdポイントカードの機能を合わせた「dカード プリペイド」を2016年11月21日から発行した。全国のiD(後払い式電子マネー・65.3万カ所)、MasterCard加盟店で利用できる。

審査なし!年会費、発行手数料無料!

dカード プリペイドは、基本的に誰でも持つことができ、維持費がかからないのが特徴だ。プリペイドカードの場合、クレジットカードと比べて最大の違いは、入会審査がないため、高校生以下の若年層が保有できる。事前の入金額によって利用限度額が決まるため、与信調査がいらないからだ。

【dカードプリペイドの概要】

  • 申し込み条件:docomo回線契約、dアカウントを保有する満12歳以上
  • 年会費:無料
  • 申し込み方法:Webサイト
  • 利用できる店舗:MasterCard、iD加盟店
  • カード残高上限額:30万円
  • 有効期限:5年間

dカード プリペイドの国際ブランドはMasterCardだが、VISAと並んで世界で加盟店が多いのがメリットになる。VISAとMasterCardの場合、加盟店を開拓する営業システムが同じため、ほぼ同数の加盟店になっている。このため、決済力は世界のどこに行っても使え、ストレスを感じることが少ない。利便性が非常に優れている。

チャージの方法はローソンとマイページによる方法の2通り。ローソンの場合、1,000円から49,000円まで1円単位でチャージができる。200円(税別)かかるチャージ手数料が2017年9月30日まで無料になる。マイページは1回につき500円~50,000円まで1円単位でチャージできる。マイページによるチャージは次の3通りある。

  • 1.電話料金合算払い
  • 2.dカード払い
  • 3.dポイント利用

dカード プリペイドはローソンで得する

dカード プリペイドは、200円(税込)ごとに1ポイントが付与され、還元率が0.5%と平均的だ。ただ、dポイントカードとしての機能もあるので、dポイント加盟店でdカード プリペイドを提示して決済すると、ポイントが二重取りできる。決済分0.5%+共通ポイント機能の1%=1.5%の還元率になる。ローソンでは、合計で4.5%と超高還元率になる。買い物金額の3%が割引になり、利用日の翌月中旬にチャージされる。

dカード プリペイドの発行開始を記念して、先着10万枚は初回限定のポインコデザインカードを発行する。ブルーを基調とし、テレビCMに登場するなどおなじみのキャラクター・ポインコのイエローと、鮮やかなコントラストを見せる配色だ。なくなり次第、イエローを基調とした、通常デザインのカード発行になる。
Dカードプリベイト

Pocket