絶対におすすめ!JR東日本エリアの定期券をクレジットカードで買うならビューカードが一番お得!

Pocket

JR改札

通勤・通学のために定期券を購入する際、クレジットカードで購入した方が現金払いよりもお得だ。

理由は、クレジットカード決済により、ポイント還元が受けられるためである。

今回は、JR東日本で定期券をクレジットカードで購入する際の方法や、おすすめのカードなどを紹介する。

クレジットカードで買う方法

全ての鉄道会社ではないものの、クレジットカードで定期券を購入することができる鉄道会社は多い。

定期券の利用額は年間で数万円~十数万円の金額になることも多いため、クレジットカードを利用することでポイントがもらえるメリットは大きい。

JR東日本の定期券をクレジットカードで購入する際には、以下のブランドのカードが利用可能だ。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

定期券の購入方法

JRで定期券や連絡定期券を購入する方法は、主に以下の通りだ。

    定期券(JR線のみ)

  • JR東日本の駅の指定席券売機
  • 多機能券売機
  • みどりの窓口
  • モバイルSuica
    連絡定期券(JR線と他社線を含む)

  • JR東日本の駅の指定席券売機
  • 多機能券売機
  • みどりの窓口
  • モバイルSuica

ただし、下記の定期券はみどりの窓口のみの販売となるため、購入の際には気をつけたい。

  • 通学定期券 (中・高・大学生)
  • 新幹線定期券 (FREXパル)

注意点

JR東日本の駅では、JR東日本発行のSuica以外のICカード(例:PASMOなど)に対しては、定期券を発売していない。

また、他の鉄道会社線区間のみの定期券も発売していないため注意が必要だ。

一番お得に買う方法

クレジットカードでJR東日本エリアの定期券を購入する場合に一番お得なのはビューカードだ。

ビューカードを利用した際のポイント還元率は下記の通り。

還元率
通常のショッピングなど:0.5%(1,000円につき2ポイント付与)
定期券購入:1.5%(1,000円につき6ポイント付与)

つまり、ビューカードで定期券を購入すると、ポイントが通常の3倍貯まる。

他のクレジットカードでも定期券の購入は可能だが、最もお得にポイントを貯めたいならビューカードを利用するのが一番だ。

また、定期券購入のほかに下記の場合もポイント3倍の対象となる。

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券
  • JR東日本国内ツアー商品
  • ビューカードでのSuicaへのチャージ
  • Suicaへのオートチャージ
  • モバイルSuica、Suicaアプリケーション

ビューカードを利用して支払いやチャージを行うことでお得にポイントを貯められるのは大きなメリットだ。

Suica一体型が便利

カードタイプのSuicaには下記の2種類がある。

カードタイプ
□通常:Suica(電子マネー)機能、定期券機能が利用できるICカード
□一体型:Suica機能、定期券機能が付いたクレジットカード機能がひとつになったカード)

Suica一体型のクレジットカードは、ビューカードのみとなる。

一体型のメリットは、主に以下だ。

ポイントが貯まる・使える

現金で支払う場合、定期券を購入したりチャージをしたりしても、ポイントが貯まることはない。

ビューカードで購入すると、利用額に応じてビューサンクスポイント*1が貯まる。

(*1ビューサンクスポイントは2018年6月28日より「JER POINT」へ変更。https://www.jreast.co.jp/card/point/pre/)

JR関連の利用だけでなく、買い物や公共料金の支払いなどでも0.5%のポイント還元が受けられるため、日常的にポイントを貯めることも可能だ。

貯まったポイントは以下のような使い道がある。

電子マネーと交換

上述のように、1,000円利用につき2ポイント(定期券や乗車券などは1,000円につき6ポイント)が付与され、1ポイントあたり2.5円相当のSuica電子マネーと交換できる。

NEWDAYSやKIOSK、エキュート、自動販売機などJR以外の店舗でも、ビューカードでチャージしたSuicaを使って支払いを行う際に利用できる。

Suicaを利用した支払いが可能な店舗・サービスを、一部紹介する。

店舗一覧
・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・ドン・キホーテ
・ビックカメラ
・紀伊國屋書店
・トモズドラッグ
・ガスト
・マクドナルド
・ドトール
・カラオケ館
・タイムズ駐車場
・トヨタレンタカー
・ヤマト運輸

全国チェーンや有名店などでもSuicaが使える場所は多いため、普段の買い物や飲食、レジャーなどでも活用できる。

ビューサンクスプレゼントと交換

貯まったポイントを使って、ビューサンクスプレゼントと交換できる。

グルメ・ドリンク、キッチングッズ、ファッショングッズ、ベビーグッズ、Suicaのペンギングッズ、商品券、旅行券、グリーン車利用券など、ラインナップは幅広い。

中にはビューサンクスプレゼント限定商品や、個数に限りのある商品などもある。

欲しい商品を目標に、ポイントを貯めていくのも楽しいだろう。

紛失時も安心

電子マネー一体型のクレジットカードを持つ場合、万が一紛失した時のことが心配だと考える人もいるだろう。

Suica一体型のビューカードを紛失した際は、紛失・盗難デスクに連絡することで、以下の機能を止めることができる。

  • クレジットカード機能
  • Suica機能

カードを止めた後は、再発行の手続きを行うことになる。

オートチャージが便利でお得

Suica一体型のビューカードを使う場合にぜひ設定したいのが、オートチャージだ。

オートチャージ設定をしていれば、自動改札機にタッチするだけで、Suicaへの入金(チャージ)が完了する。

残額が設定金額以下になると、改札入出場の際に自動でチャージ(入金)される。

オートチャージの設定方法は、以下の通り。とても簡単なので、煩わしい手間はかからない。

設定方法
□入会時に設定する場合
インターネット入会画面の入力か入会申込書の記入時に、オートチャージを利用する旨にチェックを入れる、またはマルをつける。
□入会後に設定する場合
駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)にて設定する。

メリット

オートチャージはポイント3倍となるほか、以下のメリットがある。

電車に乗る際にチャージをする手間がない

Suicaで電車に乗降する際、Suicaのチャージが足りずに改札で引っかかってしまった、という経験をしたことがある人は多いのではないだろうか。

その場合、券売機やのりこし精算機でチャージ・精算を行わなければならないため、時間がかかる。

券売機が混んでいる場合や、待ち合わせ時間が迫ってきている場合などには、極力手間がかかるのは避けたいはずだ。

オートチャージならば、上記のような心配は不要だ。

改札に入出場する際に、設定金額以下になっている場合は自動的にチャージされるため、スムーズに改札を通ることができる。

買い物が便利になる

Suicaの電子マネーで買い物をしようとしたが、残高が足りずに使えなかった、という経験がある人もいるだろう。

オートチャージの設定をしておけば、設定金額以下になれば自動でチャージされるため、日常の中で残高不足になる可能性が低くなる。

チャージ金額を少し高めにしておけば、少し大きな買い物などをする場合にも安心だ。

ただし、オートチャージが行われるのは自動改札機の入出場時のみ。

よって、スーパーやコンビニなどでの支払い時にオートチャージがされることはない、という点のみ注意しておきたい。

設定金額

ビューカードのオートチャージ機能は、カード入会時に設定を希望した場合チャージ残高が1,000円以下になると、自動的に3,000円がチャージされる設定になっている。

オートチャージの設定金額は、VIEW ALTTEから変更できる。金額は、下記のように変更が可能だ。

設定金額
□オートチャージを実行する残高:1,000円以上10,000円以下で設定可能
□チャージする金額:1,000円以上10,000円以下で設定可能

普段の利用金額や使う頻度などを考慮して設定を変えることもできるため、便利だ。

紛失時の対応

Suicaのチャージは上限2万円まで可能のため、紛失時に多めの金額をチャージしていた場合、「チャージしていた分は戻ってこない?」と不安に思う人もいるかもしれない。

しかし、安心してほしい。

上述したように、Suica一体型のビューカードを紛失した時には、紛失・盗難デスクに連絡することで、以下の機能を止めることができる。

  • クレジットカード機能
  • Suica機能

カードを止めた後は、再発行の手続きを行うことになる。

また、再発行のカードには、Suica機能停止処理を完了した時のカード残高が、そのまま引き継がれる。

ビューカードの紛失・盗難に普段から注意することや、紛失・盗難に気付いた時に速やかな対応が必要なのはもちろんだが、チャージ分の残高が引き継がれるので、もしもの時も安心だ。

JR駅近の店舗でもポイントがたまる

JR東日本の駅ビルの利用でポイントがお得に貯まったり、お得な割引が受けられたりするビューカードもある。

買い物をする機会が多い人は、以下のカードを活用したい。

アトレビューSuicaカード

「アトレ」「アトレヴィ」で買い物をすると、以下のポイントがつく。

JREポイント:100円(税抜)につき3ポイント
ビューサンクスポイント:1,000円(税込)につき2ポイント

アトレビューSuicaカードを利用してアトレで買い物をすることで、ポイントの二重取りが可能となる。

さらに、「アトレ」「アトレヴィ」での年間のクレジット支払いが5万円以上の場合、JRE POINTが500ポイントプレゼントされる。

また、ホテルや美術館などの提携施設でカードを提示すると、割引などが受けられるサービスもある。

ルミネカード

「ルミネ」「NEWoMan」「ネット通販アイルミネ」でルミネカードを使って買い物をする際、会計が5%OFFとなる。

また、年に数回だが、ルミネカード会員限定の 10%OFFキャンペーンも実施される。

また、ルミネ、NEWoMAN、ネット通販アイルミネでの1年間(1/1~12/31)のルミネカードでの支払い額に応じて、以下の金額のルミネ商品券がプレゼントされる。

  • 20万円~50万円未満:ルミネ商品券1,000円分
  • 50万円~70万円未満:ルミネ商品券2,000円分
  • 70万円~100万円未満:ルミネ商品券3,000円分
  • 100万円以上:ルミネ商品券5,000円分

また、ルミネカード会員限定サービス「LUMINE STYLE」に登録すれば、レジャー施設や飲食店などの割引、特典などが受けられる。

おすすめカード一覧

「ビュー・スイカ」カード

card_view_suica

こんな人におすすめ

Suicaを使っているおすすめ
Suicaのオートチャージを使いたいおすすめ
Suicaの定期券を使いたいおすすめ

3つのポイント

・最高還元率1.5%
Suicaへのチャージで還元率1.5%と破格の還元率だ。

・オートチャージ利用可能
自動改札機を通過する際に、事前に設定した残高を下回った場合に自動的にクレジットカードからチャージしてくれる。
さらに、オートチャージで1.5%相当のポイントが付与されるので、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていくのが魅力的。

・定期券としても使える
カード裏面に定期券の情報を印字できるので、クレジットカードの機能と同時に定期券としての機能を利用することができる。
財布がかさばらず、すっきりと持ち運ぶことができる。

「ビュー・スイカ」カード

ビューSuicaカード

年会費 477円(税抜)
還元率 0.5%~1.5%
ETCカード 477円(税抜)
家族カード 477円(税抜)
旅行傷害保険 国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高500万円(自動付帯)
国際ブランド logo-visa-jcb-master2
koushiki-200-40

アトレビューSuicaカード

アトレビューsuica

こんな人におすすめ

「アトレ」「アトレヴィ」をよく使うおすすめ
Suicaのオートチャージを使いたいおすすめ
Suicaの定期券を使いたいおすすめ

3つのポイント

・最高還元率3.5%
「アトレ」「アトレヴィ」でクレジットカード払いをするとJRE POINTが通常の3倍(税抜き100円利用ごとに3ポイント)貯まる。
還元率にすると驚異の3%ととなり、非常にお得。たまったポイントはJRE POINT加盟店で1ポイント=1円から利用可能。

・オートチャージ利用可能
自動改札機を通過する際に、事前に設定した残高を下回った場合に自動的にクレジットカードからチャージしてくれる。
さらに、オートチャージで1.5%相当のポイントが付与されるので、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていくのが魅力的。

・定期券としても使える
カード裏面に定期券の情報を印字できるので、クレジットカードの機能と同時に定期券としての機能を利用することができる。
財布がかさばらず、すっきりと持ち運ぶことができる。

アトレビューSuicaカード

アトレビューsuica

年会費 初年度年会費無料
2年目以降:477円(税抜)
還元率 0.5%~3.5%
ETCカード 477円(税抜)
旅行傷害保険 国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高500万円(自動付帯)
国際ブランド
koushiki-200-40

ルミネカード

ルミネカード

こんな人におすすめ

「ルミネ」「NEWoMan」「アイルミネ」をよく使うおすすめ
Suicaのオートチャージを使いたいおすすめおすすめ
Suicaの定期券を使いたいおすすめおすすめ

3つのポイント

・ルミネでいつでも5%OFF
「ルミネ」「NEWoMan」「アイルミネ」での買い物がいつでも5%OFFになるため、日頃から対象の店舗を利用する方にはおすすめ。
また、「ルミネ」のネット通販「アイルミネ」の買い物もいつでも5%OFFになる。
さらに、カード会員向けに年に数回10%OFFキャンペーンなども実施されている。

・オートチャージ利用可能
自動改札機を通過する際に、事前に設定した残高を下回った場合に自動的にクレジットカードからチャージしてくれる。
さらに、オートチャージで1.5%相当のポイントが付与されるので、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていくのは魅力的だ。

・定期券としても使える
カード裏面に定期券の情報を印字できるので、クレジットカードの機能と同時に定期券としての機能を利用することができる。
財布がかさばらず、すっきりと持ち運ぶことができる。

ルミネカード

ルミネカード

年会費 初年度年会費無料
2年目以降:953円(税抜)
還元率 0.5%~1.5%
ETCカード 477円(税抜)
旅行傷害保険 国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高500万円(自動付帯)
国際ブランド logo-visa-jcb-master2
koushiki-200-40

Pocket

こちらの記事も読まれています