nanacoオートチャージの設定手順確認!オートチャージできない、反映されない場合の対処法

Pocket

支払い

セブン-イレブンやイトーヨーカドーで利用できる電子マネー「nanaco」

nanacoでは、2017年よりオートチャージ機能が利用できるようになった。

便利なオートチャージ機能だが、設定金額や設定方法によって、オートチャージができない、反映されないということもあるようだ。

基本的に、オートチャージができない時は残高不足が原因である可能性が高い。

また、オートチャージが反映されない場合はクレジットカードの登録後24時間が経過していないことが原因であることが多い。

本記事では、nanacoオートチャージ機能を活用するために、おさえておきたいポイントをまとめた。

便利でお得なnanaco

nanaco

nanacoは電子マネーの一種。セブン-イレブンイトーヨーカドー西武・そごう、デニーズなど加盟店での買い物に使える。

プリペイド式で、事前にnanacoカードやnanacoモバイル(スマホアプリ)にお金をチャージしておくことで、会計の時にカードやスマホを専用の端末にかざすだけで支払いができる。

買い物の度にnanacoポイントが貯まり、電子マネーに交換することで次回の買い物時にポイントを消化できる。

ポイント還元率は1.0%、8のつく日にイトーヨーカドーで5%オフ、アリオ・イトーヨーカドー専門店でポイント2倍など、加盟店ごとにお得な特典がある。

nanacoへのチャージ方法

nanacoへのチャージ(入金)は、以下の3つの方法で行うことができる。

  • 現金
  • nanacoギフト
  • クレジットカード

現金でチャージする場合は、加盟店のレジやセブン銀行ATM、nanacoチャージ機を利用して入金を行う。

nanacoギフトの場合、nanaco会員メニューにアクセスしてギフトIDを入力することでチャージされる。

nanacoギフトは、キャンペーンで入手する他、加盟店で購入もできる。

クレジットカードでのチャージには、残高がなくなったら都度チャージする方法とオートチャージの2種類がある。

都度チャージする方法は、必要なときに必要な金額をクレジットカード決済で入金する方法だ。

オートチャージは、2017年よりセブン-イレブンイトーヨーカドーでの買い物で利用できるようになった。

カード残高が一定金額を下回ると自動でクレジットカード決済により入金されるので、残高を気にすることなく買い物ができる。

オートチャージの注意点

オートチャージの金額は、以下のような設定金額を下回ると自動でチャージされる

  • 1,000円~10,000円 (1,000円単位)
  • 15,000円
  • 20,000円

また、一回のチャージで入金される金額は次の金額から選べる。利用金額に見合った額を設定しておこう。

  • 5,000円~10,000円 (1,000円単位)
  • 15,000円
  • 20,000円
  • 25,000円
  • 30,000円

オートチャージを利用したい場合、オートチャージ対応のクレジットカードを作る必要がある。対応カードは次の通り。

  • セブンカード・プラス(一体型/紐付型)
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • セブンカード
  • セブンカード(ゴールド)

nanacoでオートチャージ機能を使いたい人は、まずは対象のクレジットカードを作成しよう。

設定手順

オートチャージは、nanaco会員メニューまたはnanacoモバイル利用者はアプリから設定できる。

利用するためには、利用するクレジットカードを本人認証サービスに登録しておく必要がある。

セブンカードに関しては、セブンカードのサイトから登録画面に飛ぶことができる。

JCBかVISAかで別のページになるので、該当する方から手続きに進もう。本人認証サービスに登録できたら、次の手順で設定を行おう。

設定方法

nanaco会員メニューにログイン
 ↓
「クレジットチャージ」をクリック
パスワードを入力してクレジットチャージ画面に移動
 ↓
「オートチャージ設定・解除」より
特約内容を確認してから「特約に同意のうえ、登録」をクリック
 ↓
オートチャージの残高条件や金額など必要事項を入力
 ↓
本人認証サービスのパスワードを入力
 ↓
設定完了
反映可能時間が記載された設定完了メールが配信される

オートチャージできない場合

通常は残高が設定した金額を下回ると自動で入金されるが、まれにオートチャージできないケースがある。

オートチャージ後の金額が支払金額よりも低い場合だ。オートチャージは1日1回しか実行されないので、「オートチャージ後の金額<買い物金額」となると、支払いとオートチャージができない。

例えば、残高が1,000円未満になると5,000円チャージされるよう設定していた場合

次の1と2のパターンはオートチャージと支払いが問題なくできるが、3の場合はオートチャージと支払いができない

  1. 残高2,000円で1,500円の買い物をする
  2. →残高2,000円+オートチャージ5,000円=7,000円>買い物金額1,500円

  3. 残高2,000円で3,000円の買い物をする
  4. →残高2,000円+オートチャージ5,000円=7,000円>買い物金額3,000円

  5. 残高2,000円で10,000円の買い物をする
  6. →残高2,000円+オートチャージ5,000円=7,000円<買い物金額10,000円

1と2は、残高2,000円+チャージ5,000円=7,000円が買い物金額より大きいので、オートチャージと支払いができた。

しかし3は、残高2,000円+チャージ5,000円=7,000円が買い物金額より小さいので、オートチャージと支払いができなかった。

以上のことから、オートチャージが実行される残高の条件やオートチャージ金額自体が低いと、高額な買い物をするときに不便だ。

日頃使う金額に見合った設定をすることが重要だ。

また、オートチャージには月あたりの上限回数上限金額もある。

オートチャージは1日1回、1か月最大15回までとなっており、利用金額は1か月20万円までとなっている。月の利用回数や金額が上限に達している場合もオートチャージされないので注意しておこう。

オートチャージが反映されない場合

オートチャージの設定を行ったら、セブン-イレブンやイトーヨーカドーのレジ、またはnanacoチャージ機で設定反映をする必要がある。

レジで手続きをする場合は、残高確認をしよう。

また、クレジットカードの事前登録を行っておらず、オートチャージ設定と一緒に登録を行った場合は、登録後24時間経ってから設定反映ができるようになる。

オートチャージが反映されない場合、まだ登録後24時間経っていないということが多い。

nanacoモバイルでは、アプリ上でも設定反映ができるので便利だ。

まとめ

nanacoでオートチャージ機能を利用したい場合は、まず対象のクレジットカードを作成しよう。

すでにnanacoカードを持っている人でも、紐付型のクレジットカードを作れば、今使っているnanacoにポイントを貯められる。

クレジットカードを手に入れたら、事前登録の上、オートチャージ機能を設定し、店頭もしくは専用機で反映させてから使おう。

オートチャージの金額が低い場合や、限度回数・金額オーバーでオートチャージできないケースもあるため、使用状況に見合った設定をするように気を付けたい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。