法人クレジットカードでカードローンやキャッシングによる資金調達や融資は可能?

Pocket

法人カードでカードローンやキャッシングは可能?

法人経営者や個人事業主で、細かい資金繰りに頭を悩ませている人も多いだろう。

銀行からの融資は低金利で融資額も多いが、審査が厳しく手続きが面倒、さらに融資までに時間がかかる。スピードや利便性重視ならば、ビジネスローンや法人カードのキャッシング枠を使うという手もある。

今回は、ビジネスローンのメリットやデメリットはもちろん、キャッシング枠のある法人カードも紹介していこう。

カードローンとクレジットカードの違いについて

資金調達の方法を考える前に、まずはカードローンとクレジットカードの違いについて認識しておく必要がある。

実はクレジットカードとカードローンは別ものである。

法人クレジットカードはショッピング枠を利用して商品を購入する目的であって、キャッシングなどの資金調達を目的とするものではない。

一方でカードローンは、ローン専用のカードであり、銀行や商社金融が発行している。カードローンはこれらのATMでお金を引き出したりローンを組むことは可能であるが、クレジットカードの様に店舗で商品を購入することはできない。

例外的にカードローンつきクレジットカードも存在するが、今回は別のカードとして紹介したいと思う。

これらの違いを認識して頂いた上で、法人クレジットカードのキャッシングとカードローンについてそれぞれ詳しく見ていきたいと思う。

法人クレジットカードのキャッシングについて

経営者であるならば、個人用クレジットカードとは別に、法人や個人事業主専用のクレジットカードを持っている方も多いことだろう。

個人向けクレジットカードならば、買い物や公共料金の支払いができる「ショッピング枠」とは別に、ATMなどからお金を借入れできる「キャッシング枠」が設定されているカードも多い。

法人カードにはキャッシング枠が付いていないのが一般的

実は、法人向けクレジットカード(法人カード)でキャッシング枠が付いているものは、非常に限られている。

個人向けクレジットカードであれば、会社員はもちろんパートやアルバイトであっても、ある程度安定した収入があれば破産リスクはさほど高くはない。

一方、会社は個人と比べて破産リスクが高く、キャッシングの貸し倒れリスクも高くなる。

さらに、キャッシングを利用する法人は、資金繰りがうまくいっていない可能性が高いため、カード会社としても、法人カードにキャッシング枠をつけることには積極的ではないのだ。

個人事業主は個人の延長として、キャッシング利用が認められる
(キャッシング限度額が設定される)ことがある

一方、個人事業主向けクレジットカードに関しては、法人カードよりもキャッシング限度額が設定されるケースが多い。

法人のキャッシングは明らかに事業資金だが、個人事業主のキャッシングは「個人の延長」とみなされる。法人の事業資金と比較すれば額も少ないため、貸し倒れのリスクも少ないと判断される。

よって、個人事業主はクレジットカードキャッシングが可能なケースが多いのだ。

キャッシング機能付き法人カードを利用する

以上のように、法人カードは原則としてキャッシングができないのだが、例外的にキャッシングが可能なカードが何枚か存在する。

ここでは、そんな珍しい法人カードを紹介しよう。

EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ )


オリコカードが発行するクレジットカード「EX Gold for Biz」には、個人事業者向けの「EX Gold for Biz S iD×QUICPay」と、法人代表者向けの「EX Gold for Biz M iD×QUICPay」がある。

「EX Gold for Biz M iD×QUICPay」にはキャッシング枠の設定がないため、ここでは、「EX Gold for Biz S iD×QUICPay」を紹介しよう。

ショッピング枠 10万円~300万円
ショッピング支払方法 1回、2回、据置1回、リボ(実質年率15%)
キャッシング枠 10万円~100万円
キャッシング支払方法 1回、リボ(最長55回、実質年率15%~18%)
申込資格 個人事業主
返済日 毎月末日締め、翌月27日払い

①キャッシングについて
キャッシング枠は、10万円~100万円である。返済回数も最長55回まで設定できるので、キャッシュフローにも比較的余裕が生まれる。

以下のATM・CDでキャッシングが可能である。

  • ゆうちょ銀行
  • 都市銀行(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など)
  • 「Orico」マークのある地方銀行、信金、信組など
  • コンビニATM(セブン銀行、ローソンATM、イーネット、イオン銀行)

利用の際は、ATM利用手数料として108円~216円かかる(利用金額によって変動)。

②ビジネスに役立つ特典
「EX Gold for Biz S iD×QUICPay」には、以下のようなビジネスに役立つ特典も満載。

  • 会計ソフトをお得に導入可能
  • カード会社の優待特典(レストラン、ホテルなど)
  • 証書貸付商品とローンカードを優遇金利(最大年2%優遇)で用意可能
  • 旅行傷害保険(国内、海外)、ショッピング保険
  • 福利厚生サービス

最初の一枚としても、十分に検討の価値がある法人クレジットカードといえよう。

EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ )

年会費:初年度は無料、次年度から2,000円(税抜)
通常還元率:0.6%~1.2%
国際ブランド:VISA、MasterCard

koushiki-200-40
shousai-95-40

三井住友ビジネスカード for Owners (一般カード・ゴールドカード)

 
三井住友カードが発行する「三井住友ビジネスカード for Owners」には、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードがある。

ここでは、一般カードとゴールドカードについて見ていこう。

  一般カード ゴールドカード
ショッピング枠 10万円~80万円 50万円~200万円
ショッピング支払方法 1回、リボ、分割、2回、ボーナス1回
キャッシング枠 0~50万円
キャッシング支払方法 1回、リボ(最長32回、実質年率15%)
返済日 毎月15日締め翌月10日払い、毎月月末締め翌月26日払い

①キャッシングについて
キャッシング枠はカードによって、限度額が80万円と50万円の2種類に分かれる。
ただし、いずれも金利は年15%と、一般的な消費者金融で借りるよりも低金利だ。
ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM、提携金融機関ATMのほか、海外でも利用できる。
個人事業主は、年収の3分の1以上の借入も可能だ(法人はキャッシングを利用できない)。

③ビジネスに役立つ特典
「三井住友ビジネスカード for Owners」には、以下のようにビジネスに役立つ特典が満載だ。

  • 空港ラウンジサービス(ゴールド)
  • 国内旅行傷害保険(ゴールド)、海外旅行傷害保険
  • ビジネスサポートサービス(アスクル、DHL、レンタカー、引っ越しなど)
  • 福利厚生代行サービス
  • 決済法座は個人口座と法人口座のいずれかから選択可能

三井住友ビジネスカード for Owners


年会費:初年度無料。2年目以降1,250円(税別)
通常還元率:0.5%
国際ブランド:VISA、MasterCard

koushiki-200-40
shousai-95-40


三井住友ビジネスゴールドカード for Owners


年会費:初年度無料。2年目以降10,000円(税別)
通常還元率:0.454%
国際ブランド:VISA、MasterCard

koushiki-200-40
shousai-95-40

カードローン(ビジネスローン)について

カードローンはクレジットカードと同じようにカードが発行されるが、これはクレジットカードとはことなり、銀行や消費者金融期間から限度額の範囲内で、資金融資を受ける目的で発行される。

融資の種類において、個人事業主や自営業者、会社経営者などが事業資金の融資において、「銀行からの融資」と「ビジネスローン」があるが、カードローンはこのうちビジネスローンに分類される。

銀行からの融資とビジネスローンの違い

銀行融資とビジネスローンはどちらも融資であることに違いはないが、融資までのプロセスに大きな違いがある。

銀行融資は、事前に稟議書による審査により、返済計画から返済能力まで詳しく審査された上で融資される性質がある。一方でビジネスローンは申込み時点のクレジットヒストリーなどのスコアリングから審査を行い限度額などを決定する性質がある。

どちらも一長一短があり、申込みから融資実行までのスピードや、金利などで大きな違いが生まれる。

これらの違いについてメリット、デメリットの観点から詳細を見ていこうと思う。

ビジネスローンのメリット

使用用途が限定されない

ビジネスローンやカードローンの大きな特徴の一つが、ローンとして借りたお金の使用用途が限定されないことが挙げられる。

一般的にローンという言葉がつくものだと、自動車ローンや住宅ローンなどが挙げられるが、これらは自動車や住宅などの資金としてしか利用することができない。

ビジネスローンの場合は、こういった制限がないので、自由な用途で資金を使うことが出来るのがメリットと言えるだろう。

無担保

ビジネスローンには担保を設定する必要が必ずしもない。

もちろん、ビジネスローンの中にも担保設定型ローンがあり、担保を設定した方がより融資な条件(審査のハードルが低い、低金利、融資金額が多いなど)で融資をしてもらえる。

ただし、担保がなくても融資をしてくれるビジネスローンは、設定すべき担保がない法人には強い味方だ。

デメリットでも記載しているが、担保がない分、金利は高く設定されている。

保証人が不要

ビジネスローンならば第三者保証人はもちろんのこと、身内を保証人に設定する必要がない商品がほとんどだ。

ビジネスローンを契約する法人の代表者が連帯保証人になる必要があるものの、それ以外は誰に迷惑をかけるわけでない。

最短即日で借り入れが可能

ビジネスローンはスピード重視だ。

担保や保証人の設定がないのも、余計な審査項目を増やしてスピードを鈍らせたくないからである。通常の銀行融資は、法人の様々な事情を考慮して審査を行なうため、審査に時間を要するが、ビジネスローンは融資基準が事前に決まっている。

その条件を満たした法人のみが次の審査に進み、チェックして融資金額や金利、返済期間が決められる。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」などは、最短60分で審査結果の回答がもらえ、振込で即日融資が受けられる可能性もある。

法人の銀行融資は審査期間が長い

ビジネスローンではない一般的な銀行融資の場合、法人が銀行などから融資を受けようとしても、すぐには融資してもらえない。その融資がどのようなものであれ、審査にかかる期間は異なる。

まず、銀行の支店長が決裁権を持つような融資の場合は、法人融資の中でも比較的審査スピードが速い方だが、それでも2週間前後はかかる。

支店長に決済権限がある融資金額を超えるような融資は、銀行本部の審査部に決済権が移るが、そうなると審査期間はよりかかる。おおむね3週間~1か月程度といったところだろうか。

そして、信用保証協会付の融資の場合、さらに審査期間はかかる。少なくても審査に1か月はかかると見ておくといいだろう。

銀行よりも融資条件が良い公的機関から融資を受けようとなると、さらに審査期間はかかる。

審査基準が緩め

ビジネスローンはスピード審査が売りのため、審査に多くの時間はかけられない。

また、ビジネスローンの限度額は、法人の銀行融資と比較して少ないため、さほど厳密な審査も必要ないのである。法人の銀行融資と比べて提出する書類が格段に少ないため、審査の判断材料も少ない。

総量規制の対象外

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができない規則であり、大規模な設備投資や先行投資をしたくても、これではできない。

ビジネスローンは総量規制の対象にはなっていないため、年収以上の融資を受けることも理論上は可能である。

ビジネスローンのデメリット

通常の融資に比べて高金利

ビジネスローンは、銀行融資もはるかに高金利である。

一般的な銀行融資の場合、金利は1~5%と低金利であることが多いが、カードローンの具体例でいうと、「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の金利は年6~17.8%、「CREST for Biz」の金利は年6~18%など、金利は高くなる。

限度額が低め

金利だけでなく、限度額の面でもビジネスローンは不利である。「CREST for Biz」の限度額は最高300万円、「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の限度額は最高500万円である。

一方、法人が受けられる銀行からの融資には、ビジネスローンほど厳密ではない。借入限度額を決める基準としては、以下のようなものがある。

  • 借入金対月商比…売上高の何倍の借入があるか)
  • 債務償還年数…借入がキャッシュフローの何年分あるか
  • 支払利息負担度…利息を支払う利益がどの程度あるか
  • 流動比率…「現金+現金化可能な資産」で1年以内に支払う負債を賄えるか

これらの条件を好条件で満たせば、融資限度額は上がっていく。

審査の融通が利かない

ビジネスローンの審査は、個人向けカードローンと似ており、審査を通過する基準がある程度決められている。

個人向けカードローンの審査には、スコアリングシステムが採用されており、申込者の属性や借入状況などを点数化し、一定以上の点数に満たなければ容赦なく審査落ちとなる。いわゆる「パッケージ型」という形式であり、ビジネスローンの審査もこれと似ている。

法人の銀行融資の場合は「オーダーメイド型」と言え、まず審査の可否が決まり、その後限度額や金利、借入期間などの融資条件を検討していく。

融資条件を若干悪くする代わりに、審査に通ることももちろん可能だ。

返済期間が短い

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の返済期間は、最長で10年2ヶ月である。

一見長いようだが、金利が高いうえにリボ払いを採用しているため、返済期間が長引くほど利息支払いがかさんでしまう。

一方の法人への銀行融資は、10年~30年(担保などによって異なる)となっており、返済方式もリボ払いではないため、ビジネスローンよりも利息の支払いに困ることはない。

まとめ

個人向けクレジットカード以外でも、個人事業主ならば法人カードでキャッシングを利用できる。しかも、総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の借入も可能だ。

ショッピングの返済方法も、1回だけでなくリボや分割、据え置きやボーナス払いなど、バリエーション豊富である。

法人の場合は法人クレジットカードでキャッシングできないが、一緒にローンカードを申し込むと、審査や金利面で優遇を受けられるかもしれない。そして何より、法人にとってすぐにお金を借りることができる手段を持つことは、お金に困った時に非常にありがたいに違いない。

ただし、通常の銀行融資よりは高金利なので、あくまでも急に必要なお金を少額利用するに留めておこう。

Pocket