三井住友ビジネスカード for Owners (一般カード) 個人事業主、法人代表者向けの最初の1枚に

Pocket

三井住友カード for Owners

個人事業主、法人代表者向けの最初の1枚に

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主の方、又は法人代表者がもつことができる法人カードとなっている。

【期間限定キャンペーン!】
もれなく最大7,000円分のVJAギフトカードプレゼント!
期間:2018年9月28日まで

公式サイトを見る

個人口座と法人口座を選択できる

通常の法人カードと異なっているのは、引き落としに指定する口座を法人口座か個人名義の口座のどちらかを選択することができ、申込み者の様々なシチュエーションに対応できるカードとなっている点だろう。

申し込みと審査

申込みにあたっては登記簿謄本や決算書などの書類を用意する必要がないので、創業間もない会社でもスムーズに申し込むことができるのも魅力的だ。
三井住友ビジネスカード for Owners は固定電話を持っていなくても申し込み可能なので、まだ電話回線をもっていない方には特におすすめしたいカードである。(ほとんどの法人カードは固定電話の設置が条件となっていることが多い。)

年会費は初年度無料。翌年度以降は1,250円(税別)だが、「マイ・ペイすリボ」申込で翌年度以降も無料になる。また、カードご利用代金WEB明細書サービスを利用した上で、条件を満たすと、本会員の翌年度以降の年会費が500円割引される(消費税等を除く)。

ポイント還元

ショッピングの利用で貯まるポイントはVISAカードの「ワールドプレゼント」で、1,000円(税込)利用につき1ポイント貯まる。1ポイントは5円相当で、貯まったポイントは他社ポイントプログラムとの交換の他、さまざまな景品と交換できる。

ビジネスサービス

カード付帯サービスとして『事務用品のデリバリーサービス』『国際宅配便やレンタカー』『引越しサービスの優待割引』などのビジネスサポートサービスも利用できる。

安心の保険

海外旅行保険

最高2000万円までの海外旅行保険が付帯している。海外出張旅費をこのカードで決済すれば適用される「利用付帯」となっている。

ショッピング保険

海外での利用のみが対象となるが、年間100万円までのお買物安心保険が付帯している。、購入された商品の破損・盗難による損害を、ご購入日およびご購入日の翌日から90日間補償してくれるサービスとなっている。

三井住友ビジネスカードとの違い

こちらとは別の券種で「三井住友ビジネスカード」もあるが、こちらは法人として申込むことができるカードで、法人口座のみが指定口座とすることができる。

また、for Ownersカードは個人カードとしての側面も強く、支払い回数も分割払い、リボ払いも利用することができる。
※三井住友ビジネスカードは1回払いのみ。

その他

利用可能限度額は10万~80万円(1回払い)となっている。利用限度額がもう少し多い必要がある方はゴールドカードかプラチナカードを申し込むとよいだろう。

また、通常の法人カードでは利用することができないキャッシング枠がついているのも魅力だろう。ちょっとした資金需要でキャッシングできるのはうれしいポイントである。

カード詳細情報

年会費 初年度年会費無料
税抜1,250円+税
※条件により翌年以降も割引あり
追加カード パートナーカード
年会費400円(税抜)
追加カード限度
還元率 0.5%
ブランド VISAMasterCard
電子マネー iD、WAON、ApplePay、Pitapa
ETC 初年度年会費無料
※年1回の利用で翌年も無料
※通常年会費500円(税)
ETC申し込み可能枚数 複数枚可
国内保険
海外保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピングガード保険 海外:100万円
ショッピングガード保険
(補償期間)
購入から90日
ポイント種類 ワールドプレゼント
その他

(発行会社:三井住友カード)

公式サイトを見る

入会条件

満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行)

審査スピード

申し込みから最短2週間

評判・口コミ

イイコミ

  • 開業直後で固定電話を持っていなかったのですが、固定電話なしでカードを作ることが出来ました。
  • 年会費が安いので助かっています。
ワルコミ

  • 利用上限額が少ないので、使い勝手が悪い。
Pocket